中国SNSでもトップを独走した「#星野源と新垣結衣の結婚」をつぶやいているのはどんな人?

中国SNSでもトップを独走した「#星野源と新垣結衣の結婚」をつぶやいているのはどんな人?

俳優でミュージシャンの星野源さんと女優の新垣結衣さんの結婚に関するニュースは、日本のSNSではハッシュタグ「#ガッキーロス」などで拡散し、ショックを受けた人も少なくないようですが、日本のみならず、このニュースは中国でも大きな話題となっています。中国SNS「微博(ウェイボー)」での反響と、投稿している人のユーザー層、キーワードをソーシャルリスニングで分析しました。


中国版ツイッターのウェイボーでもトップを独走!

新垣さんは、中国では映画「恋空」やドラマ「リーガルハイ」を通じてファンが多く、中国で最も有名な日本人女優の一人です。2016年に星野さんと共演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は中国のビリビリ動画で3000万回以上の再生回数を獲得しました。

2人の結婚の速報をインターネットメディアなどが流し始めると、中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」では「#新垣結衣星野源結婚」のハッシュタグがついたつぶやきの閲読数が、ほんの数分で300万回を超え、約1時間で閲覧数が4億回になりました。トレンドでもトップを独走です。

出典:2021年5月19日ウェイボーホットリサーチ

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では「#新垣結衣星野源結婚」のハッシュタグが大差で1位に

出典:2021年5月19日ウェイボーホットリサーチ

星野さんも、その後自分のウェイボー公式アカウントでファンに向けて結婚を発表しました。
その投稿は1日で2万件以上のコメントと、20万以上のいいねがありました。

星野源さんのウェイボー公式アカウントより

中国ウェイボーで「星野源と新垣結衣の結婚」のつぶやきを見ていた人は?

ウェイボーでどのような人たちが「#新垣結衣星野源結婚」に関するつぶやきを見ていたかを調査しました。

まず、男女比を見てみましょう。

ウェイボーで「#新垣結衣星野源結婚」を見ていた人の男女の比率

ウェイボーで「#新垣結衣星野源結婚」を見ていた人の男女の比率

中国では、新垣さんの人気は男性に留まらず、女性にも多大な人気と知名度があります。
「#新垣結衣星野源結婚」を見ていた人の男女差は、ほとんど見られませんでした。

続いて、年齢構成です。

ウェイボーで「#新垣結衣星野源結婚」を見ていた人の年齢構成

ウェイボーで「#新垣結衣星野源結婚」を見ていた人の年齢構成

星野さん・新垣さん共に中国の若年層に認知度が高く、「#新垣結衣星野源結婚」に関する記事を閲覧した人は18歳~25歳未満が最も多く、全体の30%を超えていました。35歳未満の人で8割以上を占めています。

ウェイボーでは日本と同様、「青春が終わった」など“ガッキーロス”と思われる人もいましたが、「お似合いだと思っていた」「おめでとうございます!」「お幸せに」など、祝福の声が次々と投稿されていました。

中国ウェイボー利用者のつぶやき

日本語訳「ガッキーおめでとう!今までずっと私の癒しでした。これからもずっと応援します。」

中国ウェイボー利用者のつぶやき

日本語訳「親愛なるガッキー、何年前からずっとあなたのことが好きで、一緒に青春時代を過ごしたね。幸せになれ×3。」

中国ウェイボーの頻出キーワードは「祝福」

ウェイボーで星野さんと新垣さんの結婚に関する投稿内容の頻出キーワードを見てみても、やはり「祝福」や「幸せ」「おめでとう」などのお祝い投稿が多くなっていました。

「#新垣結衣星野源結婚」投稿内容の頻出キーワード

「#新垣結衣星野源結婚」投稿内容の頻出キーワード

SNS上で星野さんと新垣さんの結婚に関する反応は日本も中国も大差がなく、どちらでも大人気で、祝福ムードに包まれていることがうかがえます。

ご結婚おめでとうございます!素晴らしいご家庭をお築きください。

分析概要

今回は株式会社ヴァリューズの中国マーケティングソリューションの1つである、ソーシャルリスニングを使ってトレンド速報を出しました。

株式会社ヴァリューズの中国マーケティングソリューション

株式会社ヴァリューズの中国マーケティングソリューション

中国のマーケティングリサーチ、ソーシャルリスニング分析のご相談は下記フォームよりご連絡ください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


中国トレンド調査 SNS

関連する投稿


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年7月24日、中国教育部(文部科学省)の公式サイトに『義務教育段階の生徒に対する宿題・校外学習の負担軽減を図るための意見』という文書が掲載され、「二重削減」政策の実施が正式に発表されました。 この方針では、学習塾産業を規制し、休日を利用して授業を開講することを禁止し、教育の公平性の維持に乗じて、学生が十分な休憩時間や運動時間を確保できるようにするだけでなく、「内巻」(Involution/「不条理な内部競争」を意味する中国のネット流行語)を防ぐという政策でもあるでしょう。 本稿では、中国における学習塾政策の動向や、教育業界に与える影響、今後の展開の3つの側面から、今回の「二重削減」政策について解説していきます。


【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

若者を中心に世界中で多数のユーザーを抱える動画配信プラットフォーム「TikTok」。そのユーザー像はどんな人なのか、ユーザーの属性や興味関心を寄せている分野を媒体資料とWeb行動ログデータをかけ合わせて分析していきます。


C Channelなどインスタメディアが女性の情報収集のメインに?Web記事はより深い課題解決のために利用か

C Channelなどインスタメディアが女性の情報収集のメインに?Web記事はより深い課題解決のために利用か

情報収集ツールとしてインスタグラムが定着したことで、美容やファッション、グルメなど、様々なコンテンツを雑誌のように発信する「インスタメディア」が登場しています。ここ数年で利用者が拡大し、ユーザーの情報収集のタッチポイントとしてマーケティング上でも重要なチャネルに。本記事ではそんな「インスタメディア」を深掘りします。「C Channel」「Mery」「sucle(シュクレ)」「RiLi(リリ)」を取り上げ、それぞれの特徴やフォロワー数、Web版のユーザー数等を調査しました。


中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


最新の投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング