タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

中国の大型クリエイティブイベントであるタオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)が先日開幕。過去1年間に急速な成長を遂げつつも、まだまだ客層が狭く、多くの人に知られていない不思議なブランド・お店が参加しました。本記事ではそれらのブランドやお店から、今後の中国市場の動向を分析・予測します。


タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)とは

中国のECサイト「Taobao(タオバオ)」によるタオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)が2021年7月17日に開幕しました。

タオバオ・メーカー・フェスティバルは、2016年にスタートし、今年で6回目となる世界中の若者に想像力のカーニバルを提供するクリエイティブイベントです。また、そのシンボルマークである「TAO」は、それぞれTechnology(テクノロジー)、Art(芸術)、Originality(オリジナリティ)を意味しています。

今年のテーマは「失われた宝物」を掲げ、開催地である上海の国家展覧コンベンションセンターに30,000㎡の「幻の古城」が建てられました。古城は大きく「展示」、「エンターテイメント」、「文化」、「テクノロジー」の4エリアに分割され、それぞれのエリアには映画で使われるような超大型セットがあります。また、今回のタオバオ・メーカー・フェスティバルは、参加者が古城内のお店を周ったり、展示物を眺めながら脱出ゲームを楽しめるようにデザインされています。

タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)の全景図

タオバオ・メーカー・フェスティバルは楽しいイベントであると同時に、中国市場の動向も教えてくれます。

例えば、去年のタオバオ・メーカー・フェスティバルは7月30日から8月23日に開催され、漢服(中国漢民族の伝統的な民族服)やペット用品などが大人気でしたが、その間のタオバオにおける漢服の売上高は前期比184%増加、漢服の要素が入ったクリエイティブ製品の売上高も前期比56%増加しました。

そして、今年は「失われた宝物」というテーマに即して、過去1年間に急速な成長を遂げつつも、まだまだ客層が狭く、多くの人に知られていない不思議なブランド・お店が、今年のタオバオ・メーカー・フェスティバルの出展者に選ばれました。

話題の商品から中国市場の動向を予測

美味しく・健康になる間食

昨年度、「バズるグルメ」のタオバオにおける検索量は70%増えたように、中国人にとって美食は大きな意義を持っています。

特に若者にとっては、主食はもちろん、間食も不動な人気を占めています。しかしながら、伝統的な間食の食べ物は少量であっても糖質や脂質、カロリーの高いものが多く、不健康だというデメリットがあります。

養生意識の高い中国人若年層としては、罪悪感を感じながらおやつに手を出すのが、常に悩みどころでした。そのため、今回のタオバオ・メーカー・フェスティバルでは、美味しく・健康になる間食の食べ物が注目を集め、こういった商品は今後さらにトレンドになるのではないかと考えられます。

透明ハンバーガー

2017年に発足した中国の食品メーカー「Chloe Chan」は、透明なハンバーガーをタオバオ・メーカー・フェスティバルに持ってきました。

ハンバーガーのパンの部分は海藻エキスで作られており、その見た目も味わいもゼリーそっくりです。「パン」の間には野菜、そしてエビとコウイカで作られたはんぺんが挟まれており、ソースとしてはハニーマスタードが使われています。そのため、この透明ハンバーガーのカロリーは1個につきたったの4.18kcalになり、ダイエット中にも安心して食べられます。

透明ハンバーガー

ブロッコリーアイスクリーム

もう一つ注目されている商品はブロッコリーアイスクリームです。

ブロッコリーアイスクリームは中国のアイスクリームメーカー「Nice Cream」の新品で、ブロッコリーとメロンを使っています。ブロッコリーの味が薄くてメロンが目立っており、意外と美味しいという口コミが多いです。

また、ブロッコリーアイスクリームは健康面においてもとても秀でます。1カップのカロリーは98kcalでバナナ一本よりも少なく、その上、不溶性食物繊維も含まれています。まさに美味しく・健康になるアイスクリームです。

ブロッコリーアイスクリーム

揚げないチキンナゲット

2017年に成立した中国の食品メーカー「iShape」も今年のタオバオ・メーカー・フェスティバルに参戦しました。「iShape」はサラダチキンをはじめとした鶏むね肉加工品を主に販売しており、その累計販売数は1億パックを超えてます。

今回「iShape」は「揚げないπチキンナゲット」を売り出しました。パッケージはまるでお菓子のように見えますが、実は冷凍食品で、中身もきちんとしたナゲットになります。「揚げないπチキンナゲット」は揚げるのではなく、オーブンで焼くことで、その脂質を従来のチキンナゲットの37%に、カロリーを66%に抑えることができます。満足感はあるけれど罪悪感のない間食になりました。

揚げないπチキンナゲット

漢方コーヒー

世界各地で愛飲されている嗜好飲料であるコーヒーも、中国では健康ブームから逃れられませんでした。

中国の老舗薬局「同仁堂」は漢方薬とコーヒーを組み合わせて、バリエーション豊かな漢方コーヒーを開発しました。例えば、クコカフェラテとサンザシ陳皮エスプレッソ、メハジキローズカフェラテなどが最も人気で、1日で1000杯以上を販売しています。また、コーヒー購入後に同仁堂の漢方専門医に診察してもらえるのも、とても魅力的なサービスで人気を呼んでいます。

「国潮」ブーム

近年中国の若者の間では、とにかく「国潮」がブームになっています。「国潮」とは、中国伝統文化の要素が取り入れられている、伝統文化と現在の潮流を組み合わせた商品のトレンドです。

例えば、前記の漢服の流行もこの国潮のトレンドに乗っています。去年に引き続き、今年も中国伝統文化の代表の一つとも言える漢服は大人気です。

今年のタオバオ・メーカー・フェスティバルでは、「マッチ箱に入る漢服」が注目を浴びています。

24歳のデザイナー、林春英は西漢時代の素紗襌衣(1972年马王堆一号漢墓から出土した漢服の一種)からインスピレーションを受け、この「マッチ箱に入る漢服」シリーズをデザインしました。このシリーズの漢服はシルクで作られており、重さは24g〜49gになります。また、「マッチ箱に入る漢服」には生薬の柄が描かれているだけでなく、生薬の香りも染み込ませられているところも目新しい点だと考えます。

マッチ箱に入る漢服

まとめ

アリババグループのチーフマーケティングオフィサーである董本洪は、「若者の今日は、ビジネスの明日である。」と語っています。若者のアイデアを集めたタオバオ・メーカー・フェスティバルは、今後の市場動向を示しています。

今回ご紹介した健康志向に合わせた食品と国潮ブーム、そして本文に挙げられなかった脱出ゲームやARゲームなども、今後の流行になるはずです。

<参考文献>
「优形C位出道 淘宝造物节绑定新消费品牌」
https://www.sohu.com/a/478617787_121118712
「淘宝造物节的“生意经”:创造力也是生产力」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1706087068263043565&wfr=spider&for=pc
「成都三利爱琴海购物公园启动招商;“2021淘宝造物节”打造3万平密室」
https://www.sohu.com/a/478712948_120882732
「2020淘宝造物节收官:造唤新生之后,下一站路遇何方?」
https://www.digitaling.com/articles/337609.html
「2020淘宝造物节活动都有什么?先睹为快!」
https://www.hishop.com.cn/wztb/show_73850.html
「2021淘宝造物节来了!宝藏“神店”大集结,致敬中国年」
https://www.jiemian.com/article/2480583_qq.html
「城会玩!2021淘宝造物节来了,寻找“遗失的宝藏”!」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/384462845
「2021淘宝造物节饕餮盛宴,s级商家独角兽透明汉堡吸睛亮相」
https://www.sohu.com/a/18179089_196212
「淘宝造物节惊现神秘的优形卡路里当铺!吃肉居然还能当掉卡路里?」
https://www.163.com/news/article/GFH94RGL00019OH3.html
「95后女生设计汉服火了:仅24g 能装入火柴盒」
http://finance.eastmoney.com/a/202106251974239749.html
「中国伝統の要素が盛り込まれた「国潮」がトレンドに」
http://j.people.com.cn/n3/2019/0821/c206603-9607820.html
「上海这回“赢了”杭州,造物节第6年,淘宝在想什么?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1703609860285333334&wfr=spider&for=pc

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


Z世代のネットショッピングはサイトよりアプリが主流?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のネットショッピングはサイトよりアプリが主流?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマはネットショッピング。Z世代は“ECサイト”より“ECアプリ”を好むと言われますが、その実態はどうなっているのでしょうか。Z世代メンバーによるリアルな声を取り入れつつ、深掘りしていきます。


外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

韓国コスメや中国メイクがトレンドになる昨今。海外勢がめきめきと認知を上げる中、日本の化粧品ブランドはどう対抗していくべきなのでしょうか。各国の戦略と日本の現状とは。シャネルパリ本社でエグゼクティブメイクアップアーティストを務め、化粧品開発からコンサルティングに至るまで、世界を股にかけて活動する東風上尚江さんにお話を伺いました。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら