年代ごとの検索エンジンシェアを調査!シニア層でもGoogleが首位

年代ごとの検索エンジンシェアを調査!シニア層でもGoogleが首位

ユーザーとWebサイトを繋げる重要な集客窓口である検索エンジン。GoogleやYahoo!をはじめとする検索エンジンの利用者にはどのような違いがあるのでしょうか? 本記事ではユーザー数や年代別のシェアについて、Web行動ログデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて調査し、それぞれの特徴を探ります。


昨今では「SNSでの検索」やストリーミングサービス等に見られる「レコメンド」が台頭してきているものの、いまだに「検索エンジン」は多くの人が何かを知りたいときに頻繁に利用するツールです。

Web広告の運用者にとって、日々の業務の中でGoogle広告・Yahoo広告にはどのように予算配分すべきか、Bingユーザーへの広告出稿は必要か…などを検討する際、各検索エンジンの利用者の違いやシェアを理解しておくべきシーンは少なくありません。

そこで今回は、5つの主要検索エンジンの利用者の特徴について、Web行動ログデータを用いて分析していきます。分析には国内のWebサイトのユーザー数や属性、流入元などがブラウザ上で分析できる「マーケターのためのリサーチエンジン」Dockpitを使用しました。

※アプリは含まずブラウザの検索エンジンシェアとなります

GoogleとYahoo!の二強?Bingの伸びにも注目

まずは、各検索エンジンでどれくらいのユーザー数がいるのか見てみましょう。

Google、Yahoo!の訪問ユーザー数推移
期間:2020年8月~2021年7月
分析ツール:Dockpit

「Bing」「BIGLOBE」「goo検索」の訪問ユーザー数推移
期間:2020年8月~2021年7月
分析ツール:Dockpit

ユーザー数が多い順に、Google、Yahoo!、Bing、BIGLOBE、goo検索という結果になりました。

他の検索エンジンに比べて、Google、Yahoo!のユーザー数は際立って多いことが分かりますね。ユーザー数が3番目に多いBingと比較しても、Googleは約4~5倍、Yahoo!は約3~4倍のユーザー数を誇っています(2021年7月時点)。

参考までに、statcounterが発表している世界での検索エンジンシェアは1位がGoogle、2位がBing、3位がYahoo!となっています。世界と比べると、日本市場ではYahoo!の利用率が高い状況です。

ここ1年間で安定してユーザー数が増えているのはGoogleとBingです。特にBingのユーザー数は約25%増加しており、増加率は他の検索エンジンと比較しても高い結果となりました。

Bingのユーザー数の伸びは、PCのコロナ特需が要因の一つとしてありそうです。BingはMicrosoftの検索エンジンで、WindowsのPCではデフォルトで設定されています。電子情報技術産業協会(JEITA)の発表によると、2020年度のノートPC出荷台数は前年比56.1%増の1077万5000台と過去最高となったそうです。

Webサイトの運営やデジタル広告の出稿を考えるにあたり、Google、Yahoo!を考慮することはもちろんですが、シェアが1割を超えるBingを考慮するかしないかは、状況に合わせて適切に判断する必要がありそうです。

シニア層でYahoo!シェアは高いものの、約4割はGoogleを利用

続いて、年代ごとの検索エンジンのシェアを見てみましょう。

主要検索エンジンの年代ごとのシェア
期間:2020年8月~2021年7月
分析ツール:Dockpit

全体的な傾向として、どの年代においてもGoogleのシェアが最も高く、次いでYahoo!、Bing、BIGLOBE、goo検索の順でシェアが多い構造が見受けられました。

Googleは若年層ほどシェアが高いことが分かります。特に20~30代は半数以上がGoogleのユーザーであるようです。デジタルネイティブ世代は拡張機能の豊富なGoogle Chromeやファイル管理、共有に便利なGoogleドライブなどのGoogle関連サービスの利用率が高く、これらのサービスとの相性のよいGoogleの検索エンジンの利用を好んでいると思われます。

Yahoo!は、中・高年層である40~50代のシェアが最も高い結果になりました。しかし、GoogleやBingに比べると、世代間のシェアの違いは大きくなく、幅広い世代に好まれているように見受けられます。

Yahoo! は日本人のニーズにきめ細かく応えるように設計されており、トップページを開いた瞬間に乗り換え案内からヤフオク!、ニュース、メール、検索、など豊富なコンテンツが利用できるようになっています。こういった部分が幅広い世代に支持されている理由の一つかと思われます。

Yahoo!のトップページ
引用:www.yahoo.co.jp

また、Bingは高年層ほどシェアが高い傾向が見受けられました。特に70歳以上の世代のシェアが高く、約20.6%のシェアとなっています。

これは、WindowsのPCに標準搭載されていることが大きな要因かと思われます。「デフォルトで開かれる検索エンジンの変更方法が分からない」「各検索エンジンの違いが分からない」といった理由から、そのままBingを利用し続けている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、主要検索エンジンのユーザー数や年代別のシェアについて調査しました。

若年層はGoogle、高齢層はYahoo!というイメージがある一方、実際にはすべての世代でGoogleのシェアがトップであることが分かりました。年代ごとのシェアの特徴としては、Googleは20~30代の若年層に特に利用されており、Yahoo!は40~50代の中・高年層に特に支持されていることが分かりました。また、Bingは高年層ほど利用率が高く、70代以上ではYahoo!に迫るシェアが見受けられました。

今後は高年代層もさらにデジタルに精通していくと思われるなか、検索エンジンのシェアがどうなってゆくか要注目です。今回のデータをぜひ業務に活かしてみてください。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2019年7月~2021年6月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査に役立ちます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

2022年4月に新卒としてヴァリューズに入社しました。それまでは大学院でダイヤモンド半導体について研究しつつ、ヴァリューズの内定者アルバイトとして働いていました。

関連する投稿


BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

2013年にデビューし、2019年頃から2021年にかけて日本国内のみならず世界中を席巻したBTS。 では、BTSに関心を持ち始めた人はどのようにして推し活をするようなコアファンとして定着していくのか?今回は、2019年の時点でBTS初心者と思われるユーザーを検索行動から類推し、その後3年間のWeb行動分析から、ファン定着のシナリオを推察します。


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

【学びたい人へ】リサーチの基本〜応用まで網羅!リサーチャー・菅原大介さんの寄稿&取材記事まとめ

本記事では、マナミナでこれまで公開してきたリサーチャーの菅原大介さんによる寄稿・取材記事を一覧にまとめました。業界別にリサーチで気をつける観点や、マーケティングアクションと併用するリサーチの枠組みなど、リサーチの手法や考え方を複数のテーマにわたって菅原さんが伝授。いずれも濃い内容となっていますので、本記事をブックマークなどして、じっくりとご自身の学びに役立ててみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら