年代ごとの検索エンジンシェアを調査!シニア層でもGoogleが首位

年代ごとの検索エンジンシェアを調査!シニア層でもGoogleが首位

ユーザーとWebサイトを繋げる重要な集客窓口である検索エンジン。GoogleやYahoo!をはじめとする検索エンジンの利用者にはどのような違いがあるのでしょうか? 本記事ではユーザー数や年代別のシェアについて、Web行動ログデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて調査し、それぞれの特徴を探ります。


昨今では「SNSでの検索」やストリーミングサービス等に見られる「レコメンド」が台頭してきているものの、いまだに「検索エンジン」は多くの人が何かを知りたいときに頻繁に利用するツールです。

Web広告の運用者にとって、日々の業務の中でGoogle広告・Yahoo広告にはどのように予算配分すべきか、Bingユーザーへの広告出稿は必要か…などを検討する際、各検索エンジンの利用者の違いやシェアを理解しておくべきシーンは少なくありません。

そこで今回は、5つの主要検索エンジンの利用者の特徴について、Web行動ログデータを用いて分析していきます。分析には国内のWebサイトのユーザー数や属性、流入元などがブラウザ上で分析できる「マーケターのためのリサーチエンジン」Dockpitを使用しました。

※アプリは含まずブラウザの検索エンジンシェアとなります

GoogleとYahoo!の二強?Bingの伸びにも注目

まずは、各検索エンジンでどれくらいのユーザー数がいるのか見てみましょう。

Google、Yahoo!の訪問ユーザー数推移
期間:2020年8月~2021年7月
分析ツール:Dockpit

「Bing」「BIGLOBE」「goo検索」の訪問ユーザー数推移
期間:2020年8月~2021年7月
分析ツール:Dockpit

ユーザー数が多い順に、Google、Yahoo!、Bing、goo検索、BIGLOBEという結果になりました。

他の検索エンジンに比べて、Google、Yahoo!のユーザー数は際立って多いことが分かりますね。ユーザー数が3番目に多いBingと比較しても、Googleは約4~5倍、Yahoo!は約3~4倍のユーザー数を誇っています(2021年7月時点)。

参考までに、statcounterが発表している世界での検索エンジンシェアは1位がGoogle、2位がBing、3位がYahoo!となっています。世界と比べると、日本市場ではYahoo!の利用率が高い状況です。

ここ1年間で安定してユーザー数が増えているのはGoogleとBingです。特にBingのユーザー数は約25%増加しており、増加率は他の検索エンジンと比較しても高い結果となりました。

Bingのユーザー数の伸びは、PCのコロナ特需が要因の一つとしてありそうです。BingはMicrosoftの検索エンジンで、WindowsのPCではデフォルトで設定されています。電子情報技術産業協会(JEITA)の発表によると、2020年度のノートPC出荷台数は前年比56.1%増の1077万5000台と過去最高となったそうです。

Webサイトの運営やデジタル広告の出稿を考えるにあたり、Google、Yahoo!を考慮することはもちろんですが、シェアが1割を超えるBingを考慮するかしないかは、状況に合わせて適切に判断する必要がありそうです。

シニア層でYahoo!シェアは高いものの、約4割はGoogleを利用

続いて、年代ごとの検索エンジンのシェアを見てみましょう。

主要検索エンジンの年代ごとのシェア
期間:2020年8月~2021年7月
分析ツール:Dockpit

全体的な傾向として、どの年代においてもGoogleのシェアが最も高く、次いでYahoo!、Bing、BIGLOBE、goo検索の順でシェアが多い構造が見受けられました。

Googleは若年層ほどシェアが高いことが分かります。特に20~30代は半数以上がGoogleのユーザーであるようです。デジタルネイティブ世代は拡張機能の豊富なGoogle Chromeやファイル管理、共有に便利なGoogleドライブなどのGoogle関連サービスの利用率が高く、これらのサービスとの相性のよいGoogleの検索エンジンの利用を好んでいると思われます。

Yahoo!は、中・高年層である40~50代のシェアが最も高い結果になりました。しかし、GoogleやBingに比べると、世代間のシェアの違いは大きくなく、幅広い世代に好まれているように見受けられます。

Yahoo! は日本人のニーズにきめ細かく応えるように設計されており、トップページを開いた瞬間に乗り換え案内からヤフオク!、ニュース、メール、検索、など豊富なコンテンツが利用できるようになっています。こういった部分が幅広い世代に支持されている理由の一つかと思われます。

Yahoo!のトップページ
引用:www.yahoo.co.jp

また、Bingは高年層ほどシェアが高い傾向が見受けられました。特に70歳以上の世代のシェアが高く、約20.6%のシェアとなっています。

これは、WindowsのPCに標準搭載されていることが大きな要因かと思われます。「デフォルトで開かれる検索エンジンの変更方法が分からない」「各検索エンジンの違いが分からない」といった理由から、そのままBingを利用し続けている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、主要検索エンジンのユーザー数や年代別のシェアについて調査しました。

若年層はGoogle、高齢層はYahoo!というイメージがある一方、実際にはすべての世代でGoogleのシェアがトップであることが分かりました。年代ごとのシェアの特徴としては、Googleは20~30代の若年層に特に利用されており、Yahoo!は40~50代の中・高年層に特に支持されていることが分かりました。また、Bingは高年層ほど利用率が高く、70代以上ではYahoo!に迫るシェアが見受けられました。

今後は高年代層もさらにデジタルに精通していくと思われるなか、検索エンジンのシェアがどうなってゆくか要注目です。今回のデータをぜひ業務に活かしてみてください。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2019年7月~2021年6月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査に役立ちます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

※本文記載内容に誤りがございました。 深くお詫び申し上げますとともに、以下の通り訂正させていただきます。(2023/01/17)

誤:ユーザー数が多い順に、Google、Yahoo!、Bing、BIGLOBE、goo検索という結果になりました。

正:ユーザー数が多い順に、Google、Yahoo!、Bing、goo検索、BIGLOBEという結果になりました。

→「goo検索」と「BIGLOBE」の記載順が逆になっておりました

この記事のライター

2022年4月に新卒としてヴァリューズに入社しました。それまでは大学院でダイヤモンド半導体について研究しつつ、ヴァリューズの内定者アルバイトとして働いていました。

関連する投稿


Why are certain AI English conversation apps “chosen” over others? Exploring how each app is used

Why are certain AI English conversation apps “chosen” over others? Exploring how each app is used

Spring is the season for trying something new, and many want to commit to learning English. Many apps have emerged that offer easy, self-paced English-learning. We will focus on Speak, ELSA Speak, SpeakBUDDY, and Duolingo and analyze the data to investigate the latest trends in AI English conversation apps.


”選ばれる”AI英会話アプリの差別化要因とは? データで各サービスの使われ方を探る

”選ばれる”AI英会話アプリの差別化要因とは? データで各サービスの使われ方を探る

なにかと新しいことに挑戦したくなる春。「今年こそは英語学習に力を入れたい!」と考える人も多いかもしれません。近年、自分のペースで手軽に英語の勉強ができるアプリが数多くリリースされています。今回はそのなかから「Speak」、「ELSA Speak」、「SpeakBuddy」、「Duolingo」に注目し、データを分析。AI英会話アプリの最新の動向を調査します。


Search needs for “pain.” Types of pain vary by age, AI-powered search engines for searching symptoms are popular

Search needs for “pain.” Types of pain vary by age, AI-powered search engines for searching symptoms are popular

When people feel body pain, they first search online to find out the disease and how to treat it. Using keywords "painful" and "pain," we investigated searches in the past year. We’ll use the data to understand the kind of pain people are concerned about, and the user attributes.


若者層に広がるコンテンツの「考察」ブーム。検索データの分析からその思考に迫る

若者層に広がるコンテンツの「考察」ブーム。検索データの分析からその思考に迫る

ここ数年でよく耳にする、コンテンツへの「考察」。若年男女の間で特に人気になっています。対象となるコンテンツは幅広く、自分の意見を文章で表現できるメディアが「考察」の場として人気を集めています。「ネタバレ」「あらすじ」の検索者とは異なる「考察」人気の背景を、データから探ります!


「痛み」の検索ニーズを調査。年齢によって異なる痛み、AI搭載の症状検索エンジンが人気

「痛み」の検索ニーズを調査。年齢によって異なる痛み、AI搭載の症状検索エンジンが人気

身体に痛みを感じた時、まずはネット上で検索して病名を調べたり、対処法を探す人も多いのではないでしょうか。今回は「痛い」「痛み」というキーワードに注目し、直近1年間でどのような検索がされていたか調査しました。みんなの気になる痛みは何なのか、また痛みの種類ごとに検索者の特徴に傾向はあるのか、データから読み解いていきます。


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ