Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomには背景画像を設定しなくても、背景をぼかす便利な機能が備わっています。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


Zoomの背景ぼかし機能とは?

Zoom会議は自宅など、好きな場所でミーティングに参加できる便利なツールです。しかし、自分を含めて背後も映ってしまいますので、ミーティングに参加するほかのメンバーに、自室をあまり見せたくないという場合には不都合です。

背後を映さない方法として便利なのが、「背景ぼかし」です。これはその名のとおり、背景のみをぼかせる機能で、自分自身(人物)はくっきりと映せます。なお、背景を映したくない場合に類似する機能として「バーチャル背景」があります。

Zoomのバーチャル背景設定方法を解説。うまくいかない場合の回避方法も!

https://manamina.valuesccg.com/articles/1256

リモートワークや在宅ワークの増加に伴い、Zoomの利用頻度が高くなっています。手軽にWeb会議できるZoomですが、背景がごちゃごちゃしているので映したくない、プライバシー的に背景を映したくない場合は、バーチャル背景(仮想背景)の設定をおすすめします。無料版のZoomでも設定可能なバーチャル背景について、詳しく解説します。

ブラウザ版のZoomでは背景ぼかし不可!無料でアプリをダウンロード!!

Zoomの背景ぼかしについて解説する前に、ひとつ重要なことをお伝えします。メールに送られてきたZoomのURLからWebブラウザ(IEやChromeなど)でZoom会議に参加している場合、背景ぼかしはできません。

Zoomで背景をぼかす場合は、パソコンでもZoomアプリのインストールが必須条件になります。アプリのダウンロードはこちらから行えます。ちなみに、Zoomアプリは無料でダウンロードできます。

背景をぼかすためにはZoomのバージョン確認が必須

Zoomの背景をぼかすにあたって必須となるのが、Zoomのバージョンです。背景をぼかすためにはZoomのバージョンが「5.5.0」以上であることが条件となります。このバージョンはWindows、Mac共通です。

Zoomのバージョンの確認方法ですが、起動時の画面下部に「バージョンx.x.x」と表示されます。この数字が「5.5.0」よりも大きい数字(新しいバージョン)になっていれば、Zoomでの背景ぼかしの最低条件はクリアできています。

バージョンが「5.5.0」よりも小さい数字(古いバージョン)の場合、アップデートの必要があります。代表的な方法は以下のとおりです。

手順1:Zoomを起動
手順2:画面右上にあるプロフィールアイコンをクリック
手順3:「アップデートを確認」をクリック

Zoom 背景ぼかし 手順 バージョン確認

バージョンが古い場合は「更新可能!」というポップアップが出現し、「更新」ボタンをクリックすれば新バージョンへアップデートできます。

バージョンによってはZoom起動時、画面上部に「新しいバージョンを使用できます。更新」と表示されます。ここで「更新」をクリックすると、即座にアップデートが始まります。

Zoom 背景ぼかし 手順 アプリ アップデート

Zoomで背景をぼかす手順

Zoomのバージョンを「5.5.0」にアップデートできたら、背景をぼかす手順はいたってシンプルです。
※例として挙げている画像はMac版ですが、Windows版のZoomと手順はほぼ同じです。

手順1:画面右上の歯車アイコン(設定)をクリック

Zoom 背景ぼかし 手順 設定

手順2:「背景とフィルター」をクリック
手順3:「バーチャル背景」から「ぼかし」を選択

Zoom 背景ぼかし 手順 バーチャル背景

Zoomで背景をぼかす際に重要なのが、この手順2と3です。「背景とフィルター」の項目にある「バーチャル背景」内から「ぼかし」を選択する、という流れになります。

「ぼかし」を選択し、その上のプレビューモニターで背景がぼけていれば成功です。このように、Zoomで背景をぼかす場合、バージョンが5.5.0以降であれば、たったの3ステップで完了させられます。

Zoom 5.5.0以上なのに「ぼかし」がないケース

Zoomのバージョンが5.5.0以上になっているのにもかかわらず、「バーチャル背景」内に「ぼかし」が表示されていないケースもあります。

これはハード(パソコン)側がバーチャル背景に対応していない可能性が高くなります。パソコンが対応していない=ロースペックの場合はバーチャル背景の要件を満たせない可能性が高くなります。

バーチャル背景の要件を満たすPC(Windows)のスペックは以下のとおりです。

Windows 7、8、10(64ビット)
サポート対象プロセッサ(720p のバックグランド ビデオ)
Intel i5、i7、i9
2 コア以上
第 6 世代以降
Atom と Y シリーズ以外
Intel GPU 搭載プロセッサが必要
OS は Windows 10、64 ビット版である必要があります。
サポート対象プロセッサ(1080p のバックグランド ビデオ)
Intel i5
4 コア以上
第 6 世代以降
U シリーズ以外
Intel i7、i9、Xeon
4 コア以上
第 4 世代以上
Intel CPU、HD 620 内蔵グラフィックス搭載の場合の要件:
Windows 10(64 ビット)
Zoom クライアント バージョン 5.0.4 以降
ドライバ バージョン 26.20.xx.xx 以降
i7 2 コアまたは
i5 2 コア、主要バージョン 26.20 以降のサブバージョン 7323 以降
その他の Intel プロセッサ
6 コア以上
第 4 世代以上
Atom と Y シリーズ以外
Intel 以外のプロセッサ
8 コア以上、3.0 GHz 以上または
12 コア以上
AMD - Ryzen 5、7、9 以降

では、要件を満たしていないパソコンでは背景はぼかせない?と思われるかもしれませんが、別の方法で背景をぼかすことができます。その手順はのちほど紹介します。

Zoom会議の途中から背景をぼかす方法

これまでは紹介したZoomでの背景のぼかし方は、ミーティング前からあらかじめぼかしを設定するものですが、ミーティング中に急遽背景をぼかしたい、という場合もすぐに対応可能です。

手順1:ミーティング画面下部「ビデオの開始」の右側「^」をクリック
手順2:「バーチャル背景を選択」をクリック

Zoom 背景ぼかし 手順 会議中

手順3:「バーチャル背景」から「ぼかし」を選択

Zoom 背景ぼかし 会議中 バーチャル背景 手順

最初の「ビデオの開始」アイコン右にある「^」ボタンが少々わかりづらいため、要注意です。それ以降の手順は最初に設定する方法と同じなので、こちらも簡単に設定できます。

スマホ版Zoomでも背景をぼかすことは可能

ここまでおもにパソコン版のZoomでの背景のぼかし方を紹介してきましたが、スマホ版Zoom(Android、iPhone、iPad)での背景のぼかしも可能です。なお、スマホ版Zoomでは背景ぼかしの対応が遅かった(2021年5月以降)ため、利用の際は念のためバージョンの確認、アップデートをおすすめします。

Android版、iOS版ともに手順は同じです。

手順1:画面をタップし、下部にツールバーを表示させる
手順2:「…」ボタンをタップし「背景とフィルター」を選択
手順3:「背景」タブから「ぼかし」を選択

スマホ版Zoomで背景をぼかす場合、パソコン版のように事前の設定はできず、ミーティング中にしか設定できませんのでご注意ください。

Zoomで背景をぼかせない!ハードウェア別トラブルシューティング

Zoomの背景ぼかしができない主な理由として
・ブラウザ版の使用
・古いバージョンを利用している
・PC、スマホ、ハードウェアが要件を満たしていない

の3つが挙げられます。すでに紹介した各要件をしっかり満たしているかを、まずはご確認ください。すべて問題ないという前提で、Mac版やAndroid、iPhone版といった、ハードウェア別のトラブルシューティングについて解説します。

Zoomで不具合が出た場合、すべてのハードウェアでもう一度確認すべき事項

Zoomで背景ぼかしができない!という場合、改めて確認すべき事項を紹介します。

・Zoomにサインインしていますか?
・バーチャル背景は有効になっていますか?
・バージョンは5.5.0になっていますか?
・バーチャル背景の要件を満たすハードですか?

最初の2つは意外と見落としがちなので、改めてご確認ください。

MacでZoomの背景ぼかしができない場合

さほど古くない、むしろ新しめのMacであっても背景ぼかしができない事例もあります。それは、2020年にリリースされたi3プロセッサ搭載のMacBook(Air)では、背景ぼかしの要件を満たしておらず、背景ぼかしができないという事例です。

背景ぼかしができるMacのスペックは以下のとおりです。

macOS 10.13 以降

サポート対象プロセッサ(720p のバックグランド ビデオ)
Apple M1(Macbook Air、Pro)
Intel i5
2 コア以上
第 6 世代以降
macOS 10.14 以降
Intel i5、i7、i9、Xeon
4 コア以上
Intel i7、i9、Xeon
2 コア以上
第 6 世代以降
その他の Intel プロセッサ
6 コア以上
Atom と Y シリーズ以外
Intel 以外のプロセッサ
8 コア以上
サポート対象プロセッサ(1080p のバックグランド ビデオ)
Apple M1(Macbook Pro のみ)
Intel i5
4 コア以上、第 5 世代以降または
2 コア以上、第 7 世代以降、2.0 GHz 以上
Intel i7
4 コア以上
第 2 世代以降
Intel i9、Xeon
4 コア以上
その他の Intel プロセッサ
6 コア以上
Atom と Y シリーズ以外
Intel 以外のプロセッサ
8 コア以上

AndroidでZoomの背景ぼかしができない場合

「RAM」や「GPU」の条件を見ると、比較的新しいAndroidスマホであることが条件のようです。ハードが以下の要件にあてはまるかどうかをご確認ください。

Zoom モバイルアプリ バージョン 5.6.6 以降

Android 8.0 以降
arm64 プロセッサ
8 コア以上
RAM 3 GB 以上
GPU
Qualcomm Adreno:
540(Snapdragon 835 または Snapdragon SDM835)または 615 より新しいバージョン(QCS605 または Snapdragon SDM710)
Mali:
G シリーズ バージョン G72 以降
exynos 9810、exynos 990、kirin 980 より新しいバージョンの CPU が必要

iPhone、iPad(iOS)でZoomの背景ぼかしができない場合

iPhoneやiPadも新し目、かつハイスペックのものが条件になっています。ハードが以下の要件にあてはまるかどうかをご確認ください。

Zoom モバイルアプリ バージョン 5.6.6以降

iPhone 8、8+、X 以降のモデル
第 5 世代、第 6 世代の 9.7 インチ型 iPad
第 7 世代以降の 10.2 インチ型 iPad
iPad Pro

Zoomの「バーチャル背景のシステム要件」詳細はこちら

どうしてもZoomで背景をぼかせない場合の奥の手

Zoomアプリ自体はアップデートしてバージョン5.5.0以上にしたものの、ハードがぼかしの要件を満たせないから背景ぼかしはできない……とあきらめる前に、最後の手段として以下の方法を試してみてください。背景ぼかしの加工アプリを通して映像を出力する方法です。

「Snap Camera」をインストール

Snap Camera - Snap Camera

https://snapcamera.snapchat.com/

Snap Camera. Bring the magic of Snapchat Lenses to your live streams and video chats

「Snap Camera」というアプリをインストールすることにより、Zoomで使用できるカメラがデフォルトのほか、「Snap Camera」を選択できるようになります。

「Snap Camera」には「レンズ」という機能が備わっており、レンズの変更によってさまざまなバーチャル背景を利用できる仕組みです。

ボケているような背景は、「Snap Camera」の検索窓から「Background Blur」や「Background」と入力すると、さまざまな種類の背景がでてきます。

「Snap Camera」ですが、WindowsはもちろんMac版も用意されています。

Zoomの基本や録画方法、その他のWeb会議ツールについて

新型コロナウイルス感染症の影響で世界中のリモートワークが増えたことから、Zoomの利用者は2019年12月の1,000万人から2020年4月のピーク時で3億人と、30倍に急増しました。参加者側は無料なので、Web会議でZoomに参加した経験がある方も多いのではないでしょうか。Zoomの基本やホストになった場合の録画方法、その他のWeb会議ツールの比較については、以下の記事もご覧ください。

Zoomの背景ぼかしについてのまとめ

Zoomの背景ぼかしを行うにあり、もっとも重要なのは、Zoomのバージョンチェックです。バージョンが5.5.0以上であることが必須なので、Windowsにせよ、Macにせよ、まずはバージョン5.5.0以上へのアップデートが最初の一歩となります。

スマホ版のZoomで背景をぼかす場合、対応されたのが2021年5月以降となっているため、バージョンのチェック(Android、iOSともに5.6.6以降)は、パソコン版よりも重要になります。

ハード的に要件を満たしてない場合は、「Snap Camera」の利用でZoomの背景ぼかしを実現できます。Snap Camera利用の際は、Zoomのカメラ選択で「Snap Camera」に変更することが肝心です。

Zoomの背景ぼかし機能に関するFAQ

Zoomの背景ぼかし機能とは?

Web会議の際に背景が写り込んでほしくない場合に、Zoomでは背景画像を設定する「バーチャル背景」機能と人物以外の背景をぼかす「背景ぼかし」機能が使えます。

Zoomの背景ぼかしはスマホやタブレットでも使える?

出先でPCがない場合に、スマホやタブレットからWeb会議に参加することもあるはず。スマホ版Zoomでも2021年5月以降背景ぼかし機能が使えるようになりました!設定方法については本文をご確認ください。

Zoomの背景ぼかしはMacでもできる?

Mac版のZoomでも、もちろん背景ぼかしはできます。Zoomのバーションが「5.5.0」以上であること、そしてMacのスペックが背景ぼかしの要件を満たしていれば問題ありません。

Mac版のZoomでひとつ注意しておきたいのが、2020年にリリースされたi3プロセッサ搭載のMacBook(Air)は、スペック的に要件を満たしていないので、背景ぼかしができません。

Zoomの背景ぼかしができない場合、まず確認すべきポイントは?

ブラウザ版のZoomではないか、Zoomのバーションが古くないか、使っているハードウェアが背景ぼかしの要件を満たしているか、この3点を順番にチェックしてみてください。

どうしてもZoomで背景ぼかしできない場合の代替方法

設定あるいはハードの問題でZoomの背景ぼかしがうまく動かない場合は、「Snap Camera」などの映像加工アプリをインストールする方法があります。設定方法については本文をご確認ください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Web会議 ツール

関連する投稿


SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略?初心者もスグできる対策と3つの分析ツールを紹介

SEOとは何の略か知りたい。Webサイトの運営とアクセスを増やすのにSEOが必要らしいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない。こんな疑問をお持ちの方に向けてSEOの意味から、初心者でもわかるSEO対策の設定と考え方を解説していきます。間違ったSEO対策やサイト設計をして、逆効果にならないようにしておきましょう。


SEOに役立つ!競合分析に使えるツール

SEOに役立つ!競合分析に使えるツール

競合サイトを分析してSEOの参考にするには、ツールの利用が効率的です。今回はSEOの観点からのWebサイトの競合分析、そして有用なツールをご紹介します。


広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

広告出稿に役立つ!競合サイト分析をツールで効率化

競合サイト分析で自社サイトのアクセスを増やすには?ツールを使った分析手法が一般的になったSEOのほか、流入増の手段は一つではありません。広告出稿や顧客のペルソナの把握などの分野でも、ツールを使って競合サイトを分析することで、効率的に対策を立案することに役立ちます。Webサイトの流入構造の基本とツールを使った競合サイト分析手法についてまとめます。


仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

仮説のレベルを一段上げる。電通の分析ツール活用法 |「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナーの全体テーマは「Update Your Marketing」。これからの時代、生活者には新たな価値観や購買行動が生まれ、マーケティング戦略や施策はさらなるアップデートが求められます。本講演では電通のプランナーをお迎えし、「仮説のレベルを一段上げる Dockpit活用法」と題して、リアルな声をふまえたツール活用法をご紹介いただきました。


生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例 | 「VALUES Marketing Dive」レポート

生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例 | 「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、マーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5/26に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『生活者ストーリー全体を捉えるためのデータ分析、花王のツール活用事例』と題し、花王の顧客分析についてお届けしました。


最新の投稿


急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月18日~9月24日の検索急上昇ワードでは、降雨状況の変化を短い周期で追える「東京アメッシュ」といったサイトの他、台風関連のワードが多数ランクイン。劇場版最新作が公開中の「ガリレオ」シリーズに関する検索も複数見られました。


【2022年10月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年10月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


SNS × ユーザーリサーチ対談|マナミナ・トークLIVE

SNS × ユーザーリサーチ対談|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが10月14日(金) 17:00〜18:00で配信決定!「SNS×ユーザーリサーチ」をテーマに、企業のSNS運営支援実績を多数お持ちのマーケティングコンサルタント・吉田啓介さんと、SNSを使ったユーザーリサーチのnote記事が人気のリサーチャー・菅原大介さんによる対談をLIVE配信します。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。インフルエンサーマーケティング3.0とは?バーチャルインフルエンサーの最新トレンドは?押さえておくべきSEO最新ニュースは?など、コンテンツマーケター必見のレポートを、今月もお届けします。(ページ数|53ページ)


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら