Zoomのバーチャル背景設定方法を解説。うまくいかない場合の回避方法も!

Zoomのバーチャル背景設定方法を解説。うまくいかない場合の回避方法も!

リモートワークや在宅ワークの増加に伴い、Zoomの利用頻度が高くなっています。手軽にWeb会議できるZoomですが、背景がごちゃごちゃしているので映したくない、プライバシー的に背景を映したくない場合は、バーチャル背景(仮想背景)の設定をおすすめします。無料版のZoomでも設定可能なバーチャル背景について、詳しく解説します。


人物を切り抜いて任意の画像で差し替える“バーチャル背景”

まず、Zoomのバーチャル背景という機能について。バーチャル背景とは、Zoomがカメラに映った人物を自動で認識し、背景だけを任意の画像に変更できる機能です。バーチャル背景を設定すれば、生活感がある背景を映さない環境を作れます。

Zoomには有料版もありますが、バーチャル背景は無料版でも設定できるので、オフィス以外の場所で背景を映したくない場合は、積極的にこの機能を利用してみましょう。

Zoomの基本や録画方法、その他のWeb会議ツールについて

新型コロナウイルス感染症の影響で世界中のリモートワークが増えたことから、Zoomの利用者は2019年12月の1,000万人から2020年4月のピーク時で3億人と、30倍に急増しました。参加者側は無料なので、Web会議でZoomに参加した経験がある方も多いのではないでしょうか。そのZoomの基本やホストになった場合の録画方法、その他のWeb会議ツールの比較については、以下の記事も御覧ください。

Zoomでテレビ会議!無料版は何人まで?コロナ対策で一部の時間制限緩和中

https://manamina.valuesccg.com/articles/846

新型コロナ対策で高まるテレワーク需要でテレビ会議ツールの需要が高まっています。なかでも「Zoom(ズーム)」は敷居の低さや通話品質が評価され、急激にユーザーを増やしています。人気になった理由や無料版と有料版の違いなどZoomの基本を解説します。

Zoomの録画は無料版でもOK?録画の方法を確認しよう

https://manamina.valuesccg.com/articles/1065

Web会議やセミナーの録画機能は、Googleの「Hangouts Meet」が無料対応していましたが、2020年10月1日以降有料版のみの制限が付きます。有料無料で動画の保存場所の違いはありますが、「Zoom」でも録画は可能です。今回は、Zoomの録画機能について紹介します。

無料で使い勝手もよいWeb会議ツールおすすめ6選

https://manamina.valuesccg.com/articles/845

新型コロナ対策で緊急事態宣言もでるなか「テレワーク」がにわかに脚光を浴びています。物理的に会えない状況で社内会議に営業、セミナーを実現するには「Web会議」ツールが必要です。今回はWeb会議ツールで無料でどこまでできるのか、Teams、Googleハングアウト(Meet)、Zoom、Skype、Webex、Wherebyの6つを比較します。

Zoomのバーチャル背景が使えない場合も?パソコンの仕様を確認

Zoomのバーチャル背景機能を使うには、PCにも一定のスペックが必要です。近年の新しめのPCなら問題有りませんが、会社から支給されたPCが5年前10年前のスペック/OSの場合は、使えない場合があります。

システム要件としてOSがWindows7/OS X以上にくわえ、快適に使える推奨スペックとしてデュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMDと同等)、メモリ4GB以上が挙げられています。

スマホ(タブレット)版Zoomでもバーチャル背景を設定できる?

以前はiPhoneやiPadといったiOS版のZoomのみバーチャル背景に対応していましたが、2020年9月からAndroid版のZoomでもバーチャル背景機能を利用できるようになりました!

Android版のZoomでバーチャル背景を設定する場合、比較的高スペックのCPUが推奨されています。ただし、AndroidはiOSと異なりシステム構成がさまざまなので、とりあえずインストールして使ってみないとわからないところがあります。

CPU:Snapdragon 835 or Kirin 980

iPhoneやiPadの場合は、iPhone8以降、iPad Pro、第5世代/第6世代 iPad 9.7であればバーチャル背景を利用できます。

バーチャル背景の設定方法:事前に準備しておく方法

バーチャル背景に慣れないうちはオンライン会議を開始する前にあらかじめ背景の設定をおすすめします。といっても、それほど難しいものではありません。手順自体は3ステップで完了します。

1.Zoomアプリ起動後、画面右上の歯車アイコン(設定のためのアイコン)をクリックします。

※右上の赤い丸で囲んだ部分です

2.続いて設定画面左側の「背景とフィルター」をクリック。

※左側の赤い四角で囲んだ部分です

3.「背景とフィルター」画面下側の「バーチャル背景」から任意の背景を選択します。背景用の画像や動画を追加する方法については、記事本文をご覧ください。

上の画像にある「バーチャル背景」はデフォルトで用意されているものです。いずれかをクリックするだけでバーチャル背景の設定は完了します。

オリジナルの背景を追加する方法

デフォルトのバーチャル背景に納得できなければ、自分で用意した画像をバーチャル背景として設定できます。

用意する画像は「1920px × 1080px」もしくは「1280px × 720px」のサイズ設定が推奨されています。画像が用意できたら、Zoomの「バーチャル背景」右側の中ほどにある「+」ボタンから追加できます。

※右側の赤い丸で囲んだ部分です

バーチャル背景の設定方法:Zoom使用中に設定する方法

Zoomでの会議やミーティングの最中(=Zoom使用中)にバーチャル背景を設定する方法も簡単です。

画面下部の左側「ビデオの停止」アイコンの右側にある「^」をクリック。その後表示されるメニュー項目内に「バーチャル背景を選択…」をクリックします。

その後のバーチャル背景選択方法は、先ほど紹介した手順と同様になります。

バーチャル背景の要件を満たしていないパソコンの場合は?

手持ちのパソコンが古いなどの理由で、バーチャル背景を利用するスペックの要件を満たしておらず、うまく設定できないという場合でもバーチャル背景を利用できる方法を2つ紹介します。

グリーンバックを用意する

CG合成で用いられるグリーンバック(クロマキー)を自分の背後に置けばバーチャル背景を設定しやすくなります。カメラに映る範囲すべてをグリーンバックで覆う必要があるので、意外と大掛かりになってしまい手間がかかるのがデメリットです。

グリーンバックはAmazonで数多くの種類が販売されています。手芸店で販売されている緑一色の布での代用も可能です。

グリーンバックを使う場合、バーチャル背景設定画面で「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れます。

コンピュータ上でグリーンバックを設定する

グリーンバックを用意する手間を省きたい、簡易的に済ませたいという場合は『Snap Camera』というソフトを利用し、コンピュータ上でグリーンバックを出現させます。

Snap Cameraをインストール後、画面中央付近にある検索窓に「green screen」と入力し、同名のタイトルのものをクリックすると擬似的にグリーンバックが設定されます。

その後、Zoomの設定画面で「ビデオ」を選択し、「カメラ」を「Snap Camera」を設定します。続いて「背景とフィルター」で任意のバーチャル背景を設定すれば完了です。

TPOに応じてバーチャル背景を変更

Zoomは仕事だけではなく、プライベートでも“Zoom飲み”などで利用するという場合、ユニークなバーチャル背景を設定して場を盛り上げられます。

現在、さまざまな企業がバーチャル背景用画像を無料で配布していますので、それらを利用してみるのもおすすめです。

まとめ

Zoomのバーチャル背景の設定にあたっては、一定のパソコンやスマホのスペックが必要になります。もしZoomを利用するハードが要件を満たしていなくてもグリーンバックを用意したり、「Snap Camera」を使用すれば、バーチャル背景を利用できます。会議やミーティングではその場にふさわしいバーチャル背景にしておくべきですが、Zoom飲み会などの場合はユニークなバーチャル背景にしてその場を盛り上げるというようなTPOに応じた使い方ができるのも、バーチャル背景機能を使ったZoomの活用方法と言えます。

Zoomのバーチャル背景に関するFAQ

MacでZoomのバーチャル背景がうまくいかない?

要因はいくつか考えられます。まずZoomのバージョンが古い場合→Ver4.6.0(13614.1202)以降以上が必要。次にハードが古い場合で、要件など具体的には記事本文をご確認ください。

Zoomのバーチャル背景で顔が欠けてしまう?

顔の輪郭の検出に失敗すると、顔が消えたり欠けてしまいます。背景の色や模様が複雑だと難易度が上がるので単一食の布やグリーンバックにする方法が安定します。また顔に均一に照明が当たるように小型のライトを使う方法も有効です。

どうしてもバーチャル背景を使いたいんだけど?

Zoomのバーチャル背景が何らかの原因でうまく設定できない場合、カメラの映像を加工してくれる「ScanSnap」というアプリを使う方法があります。詳しくは、記事本文をご確認ください。

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Web会議 ツール zoom

関連する投稿


マーケター必見!ソーシャルリスニングを無料で行えるツール5選

マーケター必見!ソーシャルリスニングを無料で行えるツール5選

ソーシャルメディアから消費者の声を収集し、調査・分析してマーケティングに活かす「ソーシャルリスニング」。トレンドや業界の流れはもちろん、自社商品・サービスの評判をリアルタイムにキャッチできる手法です。ソーシャルリスニングに使えるツールはさまざまですが、今回は始めの一歩として、利用しやすい無料のソーシャルリスニングツールを5つ紹介します。


ホスト以外もOK!Zoomで会議資料を画面共有する方法

ホスト以外もOK!Zoomで会議資料を画面共有する方法

Zoomの画面共有は、資料の画面を共有する機能。画面共有すれば、よりリアルなWeb会議やミーティングを行えます。Zoomの画面共有機能はホストでなくてもOK!Zoomの画面共有機能のやり方から画面共有ができない場合のトラブルシューティングまで解説します。


今、人々の関心を集めているものとは?日々変化するトレンドを瞬時に把握できる『Dockpit(ドックピット)』のトレンド分析機能まとめ

今、人々の関心を集めているものとは?日々変化するトレンドを瞬時に把握できる『Dockpit(ドックピット)』のトレンド分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「トレンド分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


リモートワークに役立つ!おすすめの「タスク管理ツール」10選

リモートワークに役立つ!おすすめの「タスク管理ツール」10選

コロナ対策でリモートワークしている企業では、仕事の見える化が課題となっています。タスク管理ツールを使えば担当者や期限、進捗状況などが組織で共有できます。今回は個人からチームでの使用、コミュニケーション管理やスマホ対応なども備えたツールなど、10個厳選して紹介します。


多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「業界分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


最新の投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング