年末商戦に向けて食のECが攻勢強める。世界的ウイスキーメーカーやイオンが上位に|2021年11月急上昇サイト

年末商戦に向けて食のECが攻勢強める。世界的ウイスキーメーカーやイオンが上位に|2021年11月急上昇サイト

2021年11月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


2021年11月の急上昇サイトは?

こんにちは、マナミナ編集部です。まず早速、2021年11月の急上昇サイトランキングを見てみましょう。

2021年11月の前月比急上昇サイトランキング(対象はPC&スマートフォン、「Dockpit」トレンド分析より)

こちらは、Web行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のトレンド分析機能を用いて、Webサイト訪問ユーザー数の前月比Top30をランキング表示したもの。この中から注目のサイトを紹介することで、市場のトレンドを紐解いていきます。

▼先月の急上昇サイトはこちらよりご覧ください。

未来の消費予測の種は?SDGsビジネスやパスタのサブスクにユーザー集まる|2021年10月急上昇サイト

https://manamina.valuesccg.com/articles/1568

2021年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。

1位にはワイルドターキーがランクイン。ディスプレイ広告の影響か

それでは、1位〜30位にランクインしたなかで、トレンドとして注目のサイトをいくつかご紹介します。

1位:ワイルドターキー

1位にランクインしたのは「ワイルドターキー」のブランドサイトでした。ワイルドターキーはオースティン・ニコルズ社が製造するバーボン・ウイスキーの銘柄で、七面鳥を描いたラベルが特徴です。

ではどのようにユーザーをサイトに集客したのか、集客構造の推移から探っていきましょう。

2021年10月〜2021年11月の「ワイルドターキー」の集客構造推移(「Dockpit」競合分析より)

先月と比べてディスプレイ広告が大幅に増加し、それによってサイト訪問者数が一気に増えたことがわかります。

CT Spirits Japan株式会社は2021年11月19日からワイルドターキーのテレビCMと動画広告を開始。このCMは「ワイルドターキー」が全世界で展開を始めた“TRUST YOUR SPIRIT”というキャンペーンのテーマに基づくもので、「たとえ時流に逆行しても、ありのままの自分に自信を持ち、強い信念を持って生きること」を応援するメッセージが込められていると言います。CMには同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務める俳優マシュー・マコノヒーが語り部として出演。テレビCMは関東圏で放映され、動画広告は全国に配信されました。

同社ではマス広告と連動してWeb上でもディスプレイ広告を展開する大規模なキャンペーンを行ったと考えられます。こうした施策が今回のサイト急上昇につながったのではないでしょうか。(参考:『プレミアム バーボン 「ワイルドターキー」 がテレビCM・動画広告を開始』)

4位:はがきデザインキット

4位には郵便局が提供する年賀状の作成・印刷サービス「はがきデザインキット」がランクイン。

急上昇の原因を集客構造から探っていきましょう。

2021年11月の「はがきデザインキット」の集客構造(「Dockpit」競合分析より)

外部サイトからの流入が全体のうちの約75%であることが分かります。さらに外部サイトの流入元内訳を確認すると、日本郵便からの流入が大半を占めていました。

2021年11月の「はがきデザインキット」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

年末も近づき、そろそろ年賀状を準備する時期です。特に喪中欠礼は11月上旬~12月上旬までに届くように贈るため、11月中に準備する必要があります。はがきデザインキットは日本郵便が運営しているサイト。既存の顧客基盤を活かして訪問者数を急増させたのではないでしょうか。

▼本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのDockpitを使用しています。詳細な機能を知りたい方はぜひ無料版を使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

ユニリーバ公式やイオンショップも上位にランクイン

13位:ユニリーバ・ジャパンホームページ

13位は「ユニリーバ・ジャパン」の公式サイトでした。

急上昇の原因をコンテンツランキングから確認しましょう。

「ユニリーバ・ジャパン」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

ランキング1位のページは、以下のようなユニリーバのポイントバックキャンペーンに関するページでした。

キャンペーンは、ユニリーバの対象製品を税込600円以上購入し、そのレシートと製品画像をLINEで申請すると、必ず購入金額の最大50%分のLINEポイントがポイントバックされるというもの。キャンペーンの対象商品は詰め替え製品であるため、プラスチックの使用量削減に貢献しています。

ユニリーバは「環境負荷を減らし、社会に貢献しながらビジネスを成長させる」というビジョンを掲げ、ビジネスの成長とサステナビリティの両立を目指し、SDGsの取り組みに積極的です。本キャンペーンは抽選で当たった対象者ではなく、応募者全員が必ずポイントバックされることもあり、多くの注目を集めたと考えられます。

18位:イオンショップ

18位はイオンの通販サイト「イオンショップ」でした。イオンのお中元、お歳暮、母の日ギフトをはじめ、カタログ掲載品、WEB限定品などを取り扱っています。

では急上昇の原因をコンテンツランキングから確認しましょう。

「イオンショップ」のコンテンツランキング(「Dockpit」競合分析より)

圧倒的にUU数を稼いだ1位のページは、ブラックフライデーに関するページでした。ではどのようにユーザーがサイトに流入したのか集客構造から確認しましょう。

2021年11月の「イオンショップ」の集客構造(「Dockpit」競合分析より)

外部サイトからの流入が目立ちます。さらに外部サイトの流入元内訳を確認すると、イオンリテールやイオンスクエアなどイオンのグループサイトからの流入が大半を占めていました。

2021年11月の「イオンショップ」の集客構造・外部サイトランキング (「Dockpit」画面より)

感謝祭翌日の金曜日に行われるブラックフライデーはアメリカ最大規模のセールの1つです。イオンでは19日から10日間に渡り「イオン ブラックフライデー」を開催。緊急事態宣言解除後の消費マインド回復が鈍い中で、「イオン ブラックフライデー」をフックに需要喚起策を積極的に推進しました。イオンショップではグループサイトのつながりを活かしてブラックフライデーを宣伝し、訪問者数を急増させたと考えられます。

23位:Huobi / 27位:Huobi Japan

23位には中国で設立された暗号通貨取引所「Huobi」がランクインし、27位にはHuobiグループが手がける日本法人の暗号通貨取引所「Huobi Japan」がランクインしました。

Huobi とHuobi Japan では11月11日からHuobiグループ8周年記念キャンペーンを開催。記念キャンペーンを通して1人につき最大3,000円相当の暗号資産がプレゼントされました。

こうしたお得な記念キャンペーンにより両サイトとも訪問者数を急増させたと考えられます。

サイト急上昇の要因を考察

最後に11月に急上昇したサイトと、その増加要因をまとめます。

11月はポイントキャンペーンをフックに急上昇したサイトが目立ちました。13位の「ユニリーバ・ジャパン」では、最大50%分のLINEポイントバックキャンペーンを実施。キャンペーン対象商品は詰め替え製品となっており、サステナビリティを組み込んだ設計であることが特徴です。23位の「Huobi」とでは27位の「Huobi Japan」ではグループ8周年を記念して、最大3,000円相当の暗号資産をプレゼントするキャンペーンを開催。こうしたポイントキャンペーンを活用して両サイトとも訪問者数を急増させたと考えられます。

一方で、年末商戦に向けて食のECが攻勢を強めていました。1位のウイスキーメーカー「ワイルドターキー」は世界的にプロモーションを展開し、国内ではCMと連動したディスプレイ広告でサイト訪問者数を急増させました。また18位の「イオンショップ」では、グループサイトのつながりを活かしながらブラックフライデーをフックに訪問者数を増加させました。イオングループでは緊急事態宣言解除後の消費マインド回復が鈍い、「イオン ブラックフライデー」を開催。年に数回のビッグセールの1つとも言われるブラックフライデーの効果がユーザー数に表れたと言えるでしょう。

本記事のデータはWeb行動ログ調査ツールのDockpitを使用しています。詳細な機能を知りたい方はぜひ無料版を使ってみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


大ヒット「スプラトゥーン3」。各フェーズの任天堂の戦略と消費者の反応は?

大ヒット「スプラトゥーン3」。各フェーズの任天堂の戦略と消費者の反応は?

任天堂の大人気ゲーム「スプラトゥーン(Splatoon)」の3作目である「スプラトゥーン3」が、2022年9月に発売されてからわずか3日間で国内販売本数345万本を突破しました。発表から発売後までの約1年半、各フェーズでどのようなニーズがあり、任天堂がどのように動いてきたのかを分析し、ヒットの背景を探ります。ヒット作を作るには、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

2022年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら