ネットユーザー行動分析トレンドreport【2016夏の旅行】

ネットユーザー行動分析トレンドreport【2016夏の旅行】

―今夏はお得な旅行を探すユーザーが増加―


 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、この夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析しました。また、昨年も同様の調査・分析を実施しており、前年度データとの傾向比較も行っています。

分析概要

 夏の旅行予定については、全国のVALUESモニターを対象として、2016年7月4日~7月12日にアンケート調査を実施、その回答者12,133人をネット行動分析の対象としました。
 前年度データについては、2015年6月25日~7月1日に、全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施、その回答者14,562人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPC上の行動ログを分析対象としています。
※サイト分類のカテゴリは、ヴァリューズが独自に定義しています。
※サイト名は正式名称と異なる場合がございます。

考察サマリ

旅行業界のサイト訪問者数ランキング(6月度) 上位の顔ぶれは昨年と変わらず。「Find Travel」「Retrip」などのキュレーションメディアが急伸。

 ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、2016年6月度のサイト訪問者数ランキングを集計したところ、1位「楽天トラベル」、2位「じゃらんnet」、3位「日本航空(JAL)」4位「Yahoo!トラベル」5位「全日本空輸(ANA)」となり、上位5サイトの顔ぶれは2014年度から3年連続で同じとなりました。しかしながら、前年比で見ると5サイト中4サイトがユーザー数を減少させている中、「日本航空(JAL)」だけがユーザー数を伸ばしています。
 対して、6位~10位を見ると、5サイト中4サイトがユーザー数を伸ばしています。特に、「Find Travel」は前年比で約3倍、「RETRIP」は前年比で約5倍と、大きくユーザー数を伸ばしており、旅先やグルメの情報を投稿できるキュレーションメディアが躍進しています。

 また、同じく「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、サイト訪問者数の対前年比でランキングしたところ、1位は訪問者数ランキングでも7位にランクインした「RETRIP」(前年比:507.3%)となりました。その他にも、「TravelBook」、「たびらい」など、上位10サイト中7サイトがメディアとなり、旅行をテーマとしたキュレーションサイトや比較サイトの全体的な伸びが見られました。

今夏の旅行予定は、国内派:31.3%、海外派6.1% 昨年とほぼ変わらず。

 2016年7月4日~7月12日に実施したアンケートで、今年の夏に旅行予定があるかどうかを尋ねると、「国内旅行派」は31.3%、「海外旅行派」は6.1%、「行先は決めていないが旅行を検討中」が7.8%となり、合わせると45%が、この夏の旅行を予定していることが分かりました。夏の旅行を予定している人の割合は昨年とほぼ同率となりました。

 旅行を予定/検討している時期を見てみると、8月に旅行を予定している人が昨年より3.1ポイント増加していました。昨年はカレンダーの日並びでシルバーウィークが長かったことから9月に旅行を予定している人が多かったのですが、今年は8月に旅行予定時期が早まっていることがわかります。

今夏に旅行を予約・検討している人のサイト閲覧傾向は?

● 国内旅行派 ─「じゃらんnet」が不動の1位。「トリップアドバイザー」が5位に躍進。
地図サイトでは「ナビタイム」が大幅に順位を上げる。

● 海外旅行派 ─「Booking.com」「ホテルズドットコム」「ジェットスター」など、
格安ホテルや格安航空券の予約サイトが上昇。

 次に、旅行を検討していない人(非検討者)との乖離(差)が大きい順にランキングを集計し、国内旅行予定者、海外旅行予定者、それぞれでよく閲覧しているサイトのランキングを作成しました。

 旅行を検討していない人に比べて国内旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトの1位は「じゃらんnet」で、3年連続1位となりました。2位は「楽天トラベル」、3位「食べログ」となっています。また、昨年度15位だった「トリップアドバイザー」が5位にランクインしており、昨年度より大きく順位を上げています。
 また、6位に「Yahoo!路線情報」、11位に「Yahoo!地図」、19位に「ナビタイム」が入っており、具体的に現地での移動手段や位置情報を確認している様子が伺えます。特に「ナビタイム」は昨年度30位以下でしたが、今年は19位となっており、昨年よりも順位を大幅に上げています。

 一方、旅行を検討していない人に比べて海外旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトをみてみると、1位「エイチ・アイ・エス」、2位「トリップアドバイザー」、3位「エクスペディア」などユーザーのレビューやクチコミが充実しているホテル予約サイトが上位3サイトのうち2サイトとなる結果になりました。
また、昨年度は上位30位に入っていなかった「Booking.com」「ホテルズドットコム 海外格安ホテル予約」「ジェットスタージャパン」などの、格安ホテルや格安航空券を探せるサイトが上位30位にランクインしています。

今夏の旅行予定者の検索キーワードランキング

 GoogleおよびYahoo!の検索を対象に、今年の夏に旅行を予定している人が、どのようなキーワードで検索しているか、2016年6月度の検索キーワードランキングを作成しました。

 国内旅行予定者では、5位「じゃらん」、6位「ANA」7位「楽天トラベル」、8位「JAL」などの旅行系ワードがTOP20に入りました。また、15位に「ふるさと納税」が入っており、ふるさと納税をすると旅行をプレゼントする自治体もあることから、国内旅行検討者の検索であがってきたと見られます。海外旅行予定者では、4位「ANA」、8位「HIS」、9位「JAL」、13位「じゃらん」、16位「JTB」、19位「エクスペディア」などがTOP20にランクインしています。

 一方、旅行を検討していない人(非検討者)の検索キーワードランキングをみてみると、旅行系のキーワードに該当するものはありませんでした。

「ふっこう割」検索キーワードランキング 検索者が7月に大きく増加。ご当地サイトがTOP20に多数ランクイン。

 国内旅行予定者の中で関心が高いキーワードに「ふるさと納税」がありますが、同じく政府の地方支援策である、「九州ふっこう割」が注目を集めています。
 今年4月に起こった熊本地震の影響により、九州全体で宿泊キャンセルが相次いだため、政府が九州の観光事業の早期復興のために「九州ふっこう割」の実施を決めました。最大70%旅行代金が安くなることから、ユーザーからの反響も大きいようですが、ネット上ではどのような反応が見られるか、ヴァリューズの「【eMark+】Keyword Finder」を用いて、検索動向を調査しました。
「九州ふっこう割」検索者数は、推計値で6月に4万8900人、7月は25万8000人となりました。ネット上でも多くのユーザーが「九州ふっこう割」について調べているようです。

 また、「ふっこう割」を含むキーワードを検索後にアクセスしたサイトを見てみると、1位は九州観光推進機構が運営する「九州ふっこう割お知らせサイト」、2位はお得に旅行ができる情報を提供する「Travelers Navi」、3位は「じゃらんnet」となりました。
 20位までのサイトを見ると、ふっこう割の申し込みができるサイトのほか、「Yahoo!ニュース」や「NAVERまとめ」、ブログなども見られていることから、「ふっこう割」についてユーザーが情報収集をしている様子が見受けられます。また、「VISIT熊本県」や「ながさき旅ネット」、「別府温泉 杉乃井ホテル」などの九州のご当地サイトが見られているのも特徴的です。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

新型コロナウイルスと戦い続けて3年。2022年は9月のシルバーウィークで、長い連休を取って遠出した人も多いのではないでしょうか。感染症の流行がある程度落ち着いていた2022年のシルバーウィークは、「コロナが落ち着いたら旅行動向はどう変化するのか」を分析するのに適した時期でもあります。そこで今回は、旅を計画したときに検索するであろう「旅行」と「観光」という2つのワードを中心に、消費者の要望や行動を調査しました。


「ホカンス」注目層は若い女性だけじゃない?トレンドの「ホテル×バカンス」を調査

「ホカンス」注目層は若い女性だけじゃない?トレンドの「ホテル×バカンス」を調査

近場のホテルなどでリッチなバカンス(休暇)を楽しむという『ホカンス』。韓国発祥のトレンドですが、日本でも2021年下旬ごろから注目を集め始めています。今回は、そんな『ホカンス』についてそのユーザー層を詳細に調査。若い女性がユーザーとして挙げられることが多いですが、2022年に入り、ユーザー層が少しずつ変化している様子が見られました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら