SNSで脚光を浴びる音楽プロジェクト「MAISONdes」をデータで分析。新しい音楽配信の姿を調べてみた

SNSで脚光を浴びる音楽プロジェクト「MAISONdes」をデータで分析。新しい音楽配信の姿を調べてみた

昨年、SNSを中心に「ヨワネハキ feat.和ぬか&asmi」が大ヒット。この曲を発表したMAISONdes(メゾン・デ)は、日経トレンディ「2022ヒット予測」にも選出されるなど、新時代のトレンドセッターとして今注目を集めています。今回は、そんなMAISONdesについて、検索ユーザー数の推移、年代別属性や関連ワードなどを分析。今“最もSNSで使われる”新たな音楽トレンドについて考察しました。


2021年、SNSを中心に音楽プロジェクト「MAISONdes(メゾン・デ)」の楽曲である「ヨワネハキ feat.和ぬか&asmi」が大流行しました。TikTokが発表した「2021年投稿に使われた音楽ランキング」では、BTSなどの名だたるアーティストを抑え、楽曲別・アーティスト別ともに1位を獲得。MAISONdesは、今“最もSNSで使われる楽曲”を生み出す存在として注目を集めています。

今回は、そんなMAISONdesについて、検索データを中心に分析を行いました。分析には、毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用します。

【関連】ヨルシカ・YOASOBIなど「夜好性」アーティストのヒットの要因を検索データから分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/1368

「ヨルシカ」「YOASOBI」「ずっと真夜中でいいのに。」の3組のネットカルチャー発のアーティストについて、ヒットの理由を検索データから分析します。検索者数の推移を見ると、いずれも人気爆発とともに検索者数が急増していました。

「MAISONdes」検索者数は過去1年で3回急増

MAISONdesとは、「どこかのアパート、六畳半。誰かの歌。」というコンセプトのもと、架空のアパートの入居者同士が自由にコラボして各々の部屋から楽曲を創るという新しい形のアーティストです。2021年2月にYouTubeチャンネルを開設して以来、次々と話題の楽曲を発表しています。

MAISONdesには、オリジナル曲「なにやってもうまくいかない」がTikTokで話題となったmeiyoや変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGなど、インターネットカルチャーで絶大な支持を集める人を中心に多くの有名アーティストが「入居」しています。これらの入居者のコラボは他ではあまり見ることができないため、MAISONdesは新たな形のアーティストとして注目を集めているのです。

では、ユーザーはMAISONdesの何に興味を持っていて、どのような傾向があるのでしょうか。検索ユーザーを分析し、MAISONdesについて様々な角度から考察していきたいと思います。

はじめに、「MAISONdes」の検索推移をみてみます。過去1年で検索数が上昇した時期が3回みられました。

「MAISONdes」検索者の検索推移

「MAISONdes」検索者の検索推移
(集計期間:2021年3月~2022年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

1回目は、デビュー1カ月後の2021年3月です。話題のアーティストが多く参加したこともあり、最初の楽曲リリースからじわじわと認知を獲得していったことがうかがえます。

2回目は2021年5月。この時期は、冒頭でも触れた大ヒット曲「ヨワネハキ feat.和ぬか&asmi」のリリース時期であるため、この曲をきっかけに検索した人が多いと考えられます。

3回目は2021年10月でした。同月、MAISONdesではすでに発表された楽曲をリミックスする新シリーズ「Re: MAISONdes」がスタート。第一弾として「ダンス・ダンス・ダダ feat. EMA, たなか(Misumi Remix)」がリリースされていました。また、「ヨワネハキ feat.和ぬか&asmi」の音源がTikTokで流行り始めたのもちょうどこの時期であるため、検索数が増加した原因の1つであると考えられます。

その後もピーク時に近い検索数を維持しており、デビューから1年経ってじわじわと注目度が上がってきている様子がうかがえます。

検索ユーザー分析でみる「MAISONdes」

興味を持っているユーザーの姿をより鮮明にするため、次にユーザー属性を分析してみましょう。まず年代別の構成比を見ると、やはりSNSをよく利用する20代の割合が最も高い結果となりました。

「MAISONdes」検索者の年代比

「MAISONdes」検索者の年代比
(集計期間:2021年3月~2022年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

ただし、ネット利用者のボリュームの多い40代も、20代に次いで検索割合が高いことがわかります。若者だけでなく、幅広い層から注目されていることがうかがえます。

次に検索者の性別比では男性が約72%と、女性割合よりも断然多いことがわかりました。

「MAISONdes」検索者の性別比

「MAISONdes」検索者の性別比
(集計期間:2021年3月~2022年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

TikTokで流行「ヨワネハキ」がMAISONdesを有名に

次に、MAISONdesの検索キーワードをみていきます。

「MAISONdes」検索者の検索キーワード

「MAISONdes」検索者の検索キーワード
(集計期間:2021年3月~2022年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

「MAISONdesヨワネハキ」「MAISONdes夏風に溶ける」など、楽曲名とともに検索するケースが多い結果となりました。アーティストそのものよりも、その楽曲が検索者の興味の対象となっていると考えることができます。とはいえ、「MAISONdes」「MAISONdes とは」といった検索もみられることから、この新しいプロジェクト自体に興味を示している人も一定数いることがわかります。

季節ごとのトレンド把握が可能な季節分析も行ってみましょう。今回は3カ月ごとに掛け合わせワードを集計しました。

「MAISONdes」検索者の季節分析

「MAISONdes」検索者の季節分析
(集計期間:2021年3月~2022年2月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

デビュー後約半年間は、「MAISONdes」単体での検索が多いことがわかりました。また、2021年9月~11月には、他の時期に比べて大ヒット曲「ヨワネハキ」との検索が極めて多い結果となりました。

「ヨワネハキ」のリリース自体は5月であるため、その後TikTokをはじめとしたSNSでの流行を経て、検索数が伸びたと考えられます。最新の2021年12月~2022年2月の区分でも「ヨワネハキ」というワードがみられることから、この曲のヒットがMAISONdesを知るきっかけとなっていることがうかがえます。

【関連】動画配信サービスのユーザー数はコロナ影響で伸びたのか?市場全体と各サービスの動向を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1667

Amazon prime videoやNetflixといった動画配信サービスのユーザー動向とは。海外発のサービスだけでなく、TVerやGyao、Huluといった日本発のサービス、ディズニーが運営するDisney+など、動画配信サービスの種類は拡大。本記事では動画配信サービスのユーザー規模のコロナ影響による変化や、サービスごとのユーザー属性の違いについて調査します。

まとめ

今回は、今話題の「MAISONdes」について検索ユーザーのデータを用いて様々な角度から分析を行いました。その結果、MAISONdesについて語る上で「ヨワネハキ」の大ヒットが重要となってくることがわかりました。

季節分析で「ヨワネハキ」が特徴的なキーワードとして挙げられていたことや、この曲がSNS上で流行し始めた頃からMAISONdesの検索数が伸びていることがその根拠として挙げられます。また、MAISONdesの検索者は、そのアーティスト自体よりも、その楽曲に強い興味を示していることもわかりました。MAISONdesの今後の活躍に要注目です。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

大学では広報PR・広告を専攻。2022年の春からは新卒としてヴァリューズに入社。

関連する投稿


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年11月20日~11月26日は、「FIFAワールドカップ」で持ちきりだった様子。テレビで視聴できる日本戦だけでなく、W杯の全試合を無料生中継しており、「本田圭佑」さんの解説が話題になっている「ABEMA」も多く検索されていました。


大ヒット「スプラトゥーン3」。各フェーズの任天堂の戦略と消費者の反応は?

大ヒット「スプラトゥーン3」。各フェーズの任天堂の戦略と消費者の反応は?

任天堂の大人気ゲーム「スプラトゥーン(Splatoon)」の3作目である「スプラトゥーン3」が、2022年9月に発売されてからわずか3日間で国内販売本数345万本を突破しました。発表から発売後までの約1年半、各フェーズでどのようなニーズがあり、任天堂がどのように動いてきたのかを分析し、ヒットの背景を探ります。ヒット作を作るには、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら