ネットユーザー行動分析トレンドreport【2018夏の旅行】

ネットユーザー行動分析トレンドreport【2018夏の旅行】

夏の旅行 クチコミサイトが1年で急躍進


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、この夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析しました。また、昨年も同様の調査・分析を実施しており、前年度データとの傾向比較も行っています。

分析概要

夏の旅行予定については、全国のVALUESモニターを対象として、2018年6月29日~7月9日にアンケート調査を実施、その回答者10,184人をネット行動分析の対象としました。
前年度データについては、2017年6月30日~7月10日に、全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施、その回答者11,394人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPC上の行動ログを分析対象としています。
※サイト分類のカテゴリは、ヴァリューズが独自に定義しています。

考察サマリ

旅行業界のサイト訪問者数ランキング(2018年6月度)

「トリップアドバイザー」が3位に躍進!「フォートラベル」などクチコミサイトが前年比大幅アップ

 ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」関連のサイトにおいて、2018年6月度のサイト訪問者数ランキングを集計したところ【図1】、1位「楽天トラベル」、2位「じゃらんnet」、3位「トリップアドバイザー」、4位「日本航空(JAL)」、5位「全日本空輸(ANA)」となりました。
特に「トリップアドバイザー」は前年比+37.2%と大きく伸びており、前年度5位から今年は3位にランクアップ。「旅行のクチコミ フォートラベル」も前年比+24.1%とユーザー数を増やし、クチコミを主力コンテンツとする両サイトの集客が好調のようです。
【図1】

今夏は「格安予約」「クチコミ」「キャンプ」に関連するメディアが人気

次に、同じく「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、サイト訪問者数の対前年比の伸び率でランキングしたところ【図2】、1位はJR東日本の共通ポイントサイト「JRE POINT」(前年比:+367.1%)となりました。2位には「Point Vacation Relo」、また、3位「格安移動」や5位にも、格安旅行の検索・比較ができる「Travel.jp」がランクインしており、安くお得に旅行の予約をしたい消費者のニーズがうかがえます。

また、サイト訪問者数ランキングで躍進していた「トリップアドバイザー」のキュレーションメディア「どこいく?×トリップアドバイザー」が7位にランクイン。トリップアドバイザーに掲載されたクチコミや、ユーザーが撮影・投稿した現地の写真が旅のテーマごとにまとめられたメディアです。ランキング記事も多様で、例えば、2018年6月でユーザー数の多いページの1位は、「旅好きが選ぶ!朝食のおいしいホテル ランキング 2018」(https://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-breakfast-hotels/
となっており、この記事には、国内で朝食が美味しいとされるホテルのトップ20が掲載されています。

10位以下もみていくと、14位に「CAMP HACK」、19位に「なっぷ」などキャンプ情報サイトやキャンプ場予約サイトもあがっていました。BBQなどのアウトドアレジャーやキャンプ人気の高まりが現れています。

「JR西日本」、「京阪電気鉄道」、「阪急電鉄」、「南海電鉄」など近畿エリアの鉄道会社のWebサイトが複数ランクインしているのは、6月18日に発生した大阪府北部地震の影響が考えられます。
【図2】

今夏の旅行予定は、国内派:31.4%、海外派6.8% 前年から大きな変動なし

アンケートで、今年の夏に旅行予定があるかどうかをたずねると【図3】、「国内旅行派」は31.1%、「海外旅行派」は7.5%、「行先は決めていないが旅行を検討中」が7.9%となり、合わせると46.5%が、この夏の旅行を予定していることが分かりました。夏の旅行を予定している人の割合は、前年と比べて大きな変動は見られませんでした。
【図3】

旅行を予定/検討している人に旅行時期をたずねると【図4】、今夏も「8月」と回答した人が44.5%と最も多くなっていましたが、9月に旅行を予定している人が昨年より2.5ポイント増加していました。今年は敬老の日と、秋分の日の振替休日で、3連休が9月に2回あることも、旅行計画の後押しになっているのかもしれません。
【図4】

今夏に旅行を予約・検討している人がよく閲覧しているサイトは?

●国内旅行派 ─「じゃらんnet」が1位。2位に「トリップアドバイザー」、3位に「食べログ」
●海外旅行派 ─ クチコミサイト強し。「フォートラベル」「トリップアドバイザー」が上位

次に、旅行予定者と、旅行を検討していない人(非検討者)とで、サイトへの接触率の差が大きい順に集計し、国内旅行予定者、海外旅行予定者、それぞれのサイトランキングを作成しました。

旅行を検討していない人に比べて国内旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトの1位は、昨年に続き「じゃらんnet」で、2位に「トリップアドバイザー」が入りました【図5】。3位「食べログ」、7位に「Rettyグルメ」が入っており、グルメ情報でも、クチコミサイトが人気を博しています。
【図5】

一方、旅行を検討していない人に比べて海外旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトをみてみると【図6】、1位「旅行のクチコミ フォートラベル」、2位「トリップアドバイザー」、3位「Gmail」となり、こちらもクチコミサイトが上位にあがりました。

また、「エキサイトブログ」、「アメーバブログ」、「FC2ブログ」、「So-netブログ」、「楽天ブログ」などブログサイトも多数ランクインしており、個人が発信するリアルで詳細な情報を旅の参考にしたいニーズがうかがえます。
【図6】

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

日本生活協同組合連合会の「節約と値上げ」の意識についてのアンケート調査結果によると、回答者全体の93.3%の人が節約を意識しているという今、何かとメディアで取り上げられているのが「プチ贅沢」。本レポートでは、どのようにして「プチ贅沢」が生活に取り入れられているのか、日常生活における小さな幸せの追求が、どのようにして個人の生活の質を向上させているかという視点で、中でも手軽に取り入れられる「スイーツのプチ贅沢」にフォーカスを当て、考察しました。<br>※調査レポートは記事末尾のフォームより無料でダウンロードいただけます。商品企画やマーケティングをご担当の方はぜひご確認ください。


YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

Compared to YouTube, which has a high usage rate, what is the usage rate of short-form videos, like YouTube Shorts and TikTok? What are their most popular videos, their position in daily life, how are they used? Which leads to purchasing a product? Based on the survey data, we investigated the usage of each medium.


最新の投稿


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズコスメへの注目が高まる中、生活者の日焼け止めへのニーズはどのようになっているのでしょうか。また、夏と冬、シーズンによって日焼け止めに求められるものは異なるのでしょうか。本記事では、日焼け止めの検討行動から、ニーズの移り変わりと消費者心理を紐解いていきます。


HYUNDAI(ヒョンデ)の新EV「KONA(コナ)」への関心は?サイト訪問者から分析

HYUNDAI(ヒョンデ)の新EV「KONA(コナ)」への関心は?サイト訪問者から分析

2022年に日本市場に再進出したHYUNDAI(ヒョンデ)は、2023年11月にコンパクトSUVのEV「KONA(コナ)」の販売を開始しました。SUVのEVでありながら、車体価格が399万3,000円からと、他の高額なモデルと比較して手頃な価格であることが注目されています。今回は ヒョンデKONA(コナ)Webページの訪問者の調査を行い、どのような人が関心を持っているかや比較対象となるメーカー、集客構造を調査していきます。


Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Marketing strategy of three Chinese & Taiwanese home appliance manufacturers: HUAWEI, Xiaomi, & ASUS

Chinese and Taiwanese manufacturers have been growing their market share and number of users, and they are expected to compete with Japanese companies. We will analyze the current sales trends of HUAWEI, Xiaomi, and ASUS in Japan and predict their future while comparing with Japanese brands.


Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

Z世代の最新トレンドは「猫ミーム」!男女すべての年代で1位に【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチでは、四半期毎に実施しているZ世代(15~24歳)の男女への流行調査を実施し、2024年3月期の結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ