クラフトコーラは第2のスパイスカレーになれるのか?検索ワード分析で見えた意外な共通項

クラフトコーラは第2のスパイスカレーになれるのか?検索ワード分析で見えた意外な共通項

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層をターゲットに、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「クラフトコーラ」と「スパイスカレー」。直接的には関連のなさそうなこの2つの食品ですが、「健康志向」「スパイスを使用している」そして「特別感のある遊び系料理」という点が共通しています。そこで今回は「クラフトコーラ」と「スパイスカレー」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


スパイスカレーはコロナ禍にブームが加速

まずはスパイスカレーの検索者データを見てみましょう。以下は「スパイスカレー」と検索したユーザー数の過去2年の推移データとなっています。

「スパイスカレー」検索ユーザー数推移

「スパイスカレー」検索ユーザー数推移
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

ユーザー数推移では何度か山が来ている印象ですが、特に2021年1月~7月にかけて検索ユーザー数が大きく増加していたことが分かります。また、直近の2022年5月でも上昇傾向にあることがわかりました。

次に、「スパイスカレー」検索者の流入ページを見てみましょう。

「スパイスカレー」流入ページ
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

流入ページを見ると、レシピや作り方を検索している人が多いことがわかります。自宅で食事をする機会が増え、またテレワークなどで時間ができたことから、それまで料理をあまりしなかったけれど手軽にオリジナリティを出しやすい「スパイスカレー」に興味を持った人が増えたことが予想できます。

さらに、スパイスカレーの人気を後押しした別の要因もあります。コロナ禍で飲食店が苦戦する中、注目を浴びた「間借り」という営業スタイルです。

それまでもコロナ前の2019年頃からじわじわと増加傾向にあった「間借り」という飲食店の運営スタイル。夜にしか営業していないバーの店内を昼間に格安の家賃で借りてランチ営業をしたり、本屋など異業種の店内でカフェなどを営業したりするスタイルです。「固定費を浮かせることができる」「保証料などが不要で初期投資を抑えられる」とこれから飲食店を始めたい人のお試し営業手段としても増えていました。

特にカレーは材料費が高額でなく、大掛かりな調理設備なども不要で鍋さえあれば作れるうえにオリジナリティを出しやすいことから「間借りカレー屋」は急増。

そこから人気に火が付き、大人気店となったお店も多い様子。さらにSNSへの投稿が日常となった今、「映える」スパイスカレーはSNSへの投稿数も多く、投稿を見て食べたくなる→お店を訪れ(あるいは自分で作り)投稿する→見た人がまた食べたくなる→……というサイクルが生まれているのではないでしょうか。その影響か、大阪で人気だったスパイスカレー屋がここ数年で80軒以上も東京進出を果たしたと言われています。

さらに検索データを見ていると、妙に気になるワードが頻出していることに気づきました。

「スパイスカレー」流入ページ
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

「スパイスカレー」季節比較
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

東大院生のスパイス料理研究家である「印度カリー子」さんという存在です。

大学在学中からカレーのレシピを紹介したりオリジナルスパイスセットの販売をしたりするなど、カレーに関する活動を幅広く行っていた印度カリー子さん。東京大学大学院進学後は「東大院生のスパイス料理研究家」としても大きな話題となり、メディアにも多く登場していました。

彼女が提唱するのは、「スパイスが3種類あればスパイスカレーは簡単に作れる」という考え方。これが人々の心を掴み、彼女のレシピはコロナ禍でスパイスカレーブームの後押しに!

これまで「スパイスカレーはたくさんスパイスを揃えて複雑なことをしないと作れなそう」というイメージを一気にくつがえしたことで、様々な雑誌・Web媒体・テレビなどでひっぱりだこに。そんな印度カリー子さんの存在がスパイスカレー作りのハードルを下げてくれたこともブームの要因のひとつと言えるでしょう。

【関連記事】食のアーリーアダプターとアーリーマジョリティの違いとは?キャズムを超えたマリトッツォのデータから考察

https://manamina.valuesccg.com/articles/1811

新しい商品を世の中に広めたいとき、マーケターは無視できないキャズム理論。今回は2021年に大ブームとなった「マリトッツォ」の検索データを基に、「食のアーリーアダプター」「食のアーリーマジョリティ」を定義。各セグメントがマリトッツォを検索したワードや、検索後に閲覧したサイトを比較します。加えて、普段の利用メディアなどから各セグメントの人となりについても分析することで、マリトッツォはなぜキャズムを超えられたのか、その要因を考察していきます。

クラフトコーラはノンアルコール市場の拡大により注目が高まる

続いてはクラフトコーラについてみていきましょう。そもそもクラフトコーラとはなにか?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、明確な定義はありません。コーラの定義は厳密には「コーラナッツという木の実を使用している飲み物」ということになるのですが、実際には現在コーラとして販売されているものにはコーラナッツはほとんど使用されていません。コーラ専門情報メディア「Cola-Fan」編集長を務める空水りょーすけ氏は「結局コーラと名乗っているものがコーラ」とお話されているほど、その存在は曖昧。

しかし、近年注目が集まっているクラフトコーラの傾向を見ると「スパイスを多く使用している」「砂糖は(ほとんど)使用していない」「ノンアルコールながら独自の味わいを追求している」と健康志向のものが人気を集めており、特にその先駆けといわれている「伊良コーラ」が人気です。

そんなクラフトコーラの検索ユーザー数を見てみると……

「クラフトコーラ」検索ユーザー数推移
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

2021年の夏頃から急激に検索数が増えています。なぜこのタイミングで急激に注目が集まったのでしょうか。要因を調べるため、「クラフトコーラ」の検索ワードランキングを調べてみます。

「クラフトコーラ」検索キーワード
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

検索ワードを見ると、大手メーカーがこぞってクラフトコーラを販売していたことがわかります。実は2021年6月頃から、カルディーコーヒーファーム、成城石井、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、ペプシコーラなど大手メーカーから続々とクラフトコーラが発売されました。

特にカルディのクラフトコーラは、「手に入らない!」と騒がれるほど注目を集めていました。

さらに、ブームになるものは必ずこの番組が影響を与えているのでは……というほど絶大なる影響力を持つ「マツコの知らない世界」でもクラフトコーラを紹介していました。

先ほどの検索ユーザー数が急増した箇所は、このように「カルディ・成城石井・ポッカ・三ツ矢サイダーからクラフトコーラが発売されたタイミング」、そして「マツコの知らない世界が放送されたタイミング」でした。

「クラフトコーラ」検索ユーザー数推移
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

とはいえ、なぜここまで注目が集まったのか……ここ数年の世の中の流れも大きな要因となっています。

「若者のアルコール離れ」などという言い方もされますが、アルコールを体質や病気などではなく、飲めるのに敢えて飲まない人が増えています。2019年にサントリーが行った調査によると、ノンアルコール市場は2009年から2019年の10年間で4倍以上にも拡大しているとの結果が。こうした敢えてアルコールを飲まない人のことを「ソーバーキュリアス」と呼ぶなど、その人口は増えてきています。

「ソーバーキュリアス」検索ユーザー数推移
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

「ソーバーキュリアス」の検索ユーザー数を調べてみると、クラフトコーラが注目され始めたタイミングで一定の伸びが見られました。クラフトコーラのようにノンアルコールでも飲料として楽しめるものが増えてきたことは、ソーバーキュリアスの人にとっても朗報でしょう。

クラフトコーラは「ネクスト・スパイスカレー」になるのか?

さて、そんなクラフトコーラですが、スパイスカレーほどのブームを巻き起こすことができるのでしょうか?かなり注目されているとはいえ、まだまだ未知数な存在ではあります。

「スパイスカレーvsクラフトコーラ」検索ユーザー数推移
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

スパイスカレーとクラフトコーラの検索ユーザー数を比較してみると、圧倒的にスパイスカレー(赤)の方が検索数は多いものの、なんとクラフトコーラ(青)が逆転している瞬間も(マツコの知らない世界の影響であることは明白ですが……)。

「スパイスカレーvsクラフトコーラ」検索ユーザー属性(性別)
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

気になるのは、スパイスカレーとクラフトコーラの検索ユーザー属性の男女比。クラフトコーラの方が男性が多いのです。

スパイスカレーブームは、実は男性がハマったこともブームの牽引とされていました。普段料理はしないけれど、スパイスカレーはハマっていろいろ作ったと話す人も多く、「複雑な調理工程が不要であること」、そして「こだわりを持った人がハマりやすい実験的な要素があること」が多くの男性を引き込んだのではないかと思います。

「スパイスカレーvsクラフトコーラ」検索掛け合わせワード
(集計期間:2020年6月〜2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

「クラフトコーラ」検索掛け合わせワードを見てみると、販売されているものを飲むだけでなく、クラフトコーラを「手作りしたい」と考えている人が(スパイスカレーほどではないにせよ)多いこともうかがえます。

そのため、スパイスカレーのように手軽にクラフトコーラを自宅で手作りできるキットなどが販売されれば、こうした手作りニーズに応えることができ、さらに大きなブームが期待できるのではないでしょうか?

【関連記事】ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

https://manamina.valuesccg.com/articles/1801

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。

【関連記事】コンビニやスタバでも新商品登場の「あんバター」熱が沸騰中?検索ワードでトレンドを調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1725

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層をターゲットに、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「あんバター」。2022年2月8日放送の「マツコの知らない世界」でも特集され話題となった「あんバター」は、なぜ今ここまで注目されているのでしょうか?「あんバター」検索者のデータから分析します。

まとめ

前述の印度カリー子さんもクラフトコーラとスパイスカレーの共通点に言及しています。材料にスパイスを使用していること、そして健康に良いということは共通項です。今後さまざまなクラフトコーラ関連商品が登場し、クラフトコーラとスパイスカレーの相乗効果が生まれることを期待したいと思います!

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。

関連する投稿


【急上昇サイト】ヤクルトのオウンドメディアや冷凍食品サイトが集客に成功した理由|2022年5月

【急上昇サイト】ヤクルトのオウンドメディアや冷凍食品サイトが集客に成功した理由|2022年5月

2022年5月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


「フードデリバリー市場の動向と2大サービスユーザーのペルソナ像」レポート

「フードデリバリー市場の動向と2大サービスユーザーのペルソナ像」レポート

コロナ禍で、より身近な存在となったフードデリバリー。コロナ禍の巣ごもり需要を経て今なお、注目すべき業界と言えるのではないでしょうか。本レポートではDockpitとstory bankを用いて、市場動向や主要サービス利用者のペルソナ像を分析しました。(ページ数|38ページ)


「品切れ続出!? 人気急上昇中の『ヤクルト1000』 深掘り調査」レポート

「品切れ続出!? 人気急上昇中の『ヤクルト1000』 深掘り調査」レポート

店舗から自販機まで品切れ続出と言われ、人気急上昇中の「ヤクルト1000」 。ブームの背景には何があったのか。どんな人が関心を持っているのか。Dockpitとstory bankを用いて深掘り分析を行いました。(ページ数|27ページ)


Who are the major players of the Twitter-based word game “Wordle”? An investigation into the online behavior log

Who are the major players of the Twitter-based word game “Wordle”? An investigation into the online behavior log

An investigation has been under way into “Wordle”, a popular Twitter-based word game. We conducted a thorough investigation of the number and characteristics of its users using their online behavior log that we came to know that the game is played by youths, well-offs, and individuals’ genuine interest in learning.


大ヒットRPGゲーム「エルデンリング」のオンライン上での話題性を分析

大ヒットRPGゲーム「エルデンリング」のオンライン上での話題性を分析

本記事では、2022年2月の発売と同時に大きな話題を呼んだ、オープンワールドのアクションRPG「エルデンリング」に着目し、どのようなタイミングでどのようなトピックがオンライン上で話題になっていたのか調査。ヴァリューズが保有するWeb行動ログデータを活用して、消費者の興味関心を定量的に分析します。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら