気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「燃費」関心ユーザーの人物像は?

※この調査は、消費者の検討背景やニーズを、実際のWeb行動データから定量的に分析・把握することができるツール「story bank(ストーリーバンク)」を使って分析しています。今回は、2021年7月~2022年6月の1年間に「燃費」と検索した人を「燃費」関心ユーザーと定義し、前後180分間のWeb行動ログを分析しました。

まず、「燃費」に関心を持つ人達の属性について見てみましょう。

性年代では、ネット利用者全体と比較すると男性が8割以上を占めており、男性割合が非常に高いことがうかがえました。女性よりも男性の方が「燃費」について気になっているようです。

中でも、20代~40代の年代が6割以上となっており、これらの層が「燃費」への興味関心が高いことを示しています。

「燃費」関心ユーザーの属性:性年代

「燃費」関心ユーザーの属性:性年代

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

世帯年収では、世帯年収1,000万円以上の層も比較的多く、幅広い世帯で省エネ意識が高い結果となっていました。

「燃費」関心ユーザーの属性:世帯年収

「燃費」関心ユーザーの属性:世帯年収

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「燃費」関心ユーザーを6クラスタに分類

次に、「燃費」関心ユーザーを、検索したワードからクラスタ分析しました。その結果、『燃費計算』『国内メーカー』『バイク・原付』『外車』『ハイブリッド』『レンタカー』の6つのクラスタに分類されました。

各クラスタの特徴は以下の通りです。

燃費計算

燃費の良い車ランキングなど燃費に関連するワードの他に、エンジンオイルなどメンテナンス関連、アウトランダーミライなど車種名を検索。

国内メーカー
トヨタスズキスバルなどのメーカー名の他に、アクアハリアーなどの車種名を検索。
バイク・原付
シグナススーパーカブなどのバイク名や、ネイキッドなどバイクタイプ、125CC250CCなどの排気量を検索。
外車
BMWボルボシトロエンルノーなどのメーカー名を検索。
ハイブリット
トヨタホンダのメーカー名や、ヤリスセレナの車種名、中古車軽自動車実燃費を検索。
レンタカーガソリン代ガソリンガソリン価格などのガソリン関連の他に、トヨタレンタカータイムズレンタカー、トヨタの無人貸出レンタカーチョクノリなどを検索。
「燃費」関心ユーザーのクラスタ

「燃費」関心ユーザーのクラスタ

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『国内メーカー』『外車』クラスタの特徴

続いて、6つのクラスタに分類された中で、特徴的だった『国内メーカー』『外車』の2つのクラスタに注目し、消費者Web行動分析ツール「story bank」を使ってさらに深掘り分析しました。

『外車』は男性比率がさらに高い結果に

まずは、『国内メーカー』クラスタの性年代を見てみましょう。

20代~40代までの男性の比率が高く、これらの年代で半数以上を占めていることがわかりました。また、50代もネット利用者全体と比較すると3.4ポイントも高くなっていました。

『国内メーカー』クラスタの属性:性年代

『国内メーカー』クラスタの属性:性年代

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

また、『外車』クラスタの性年代は、さらに男性比率が高まり20代~50代までで約8割を占める結果となっていました。『外車』はより男性からの支持が高いことがうかがえます。

『外車』クラスタの属性:性年代

『外車』クラスタの属性:性年代

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『国内メーカー』は旅行、『外車』はアクセサリーに関心あり

続いて、自動車以外にもどんなジャンルに関心があるかについても見てみましょう。

「story bank」を用いると、アンケートで聴取した項目から、対象となるWeb行動をとった人達がどのようなジャンルに興味関心が高いのかがわかります。

『国内メーカー』クラスタは、国内旅行、バイク、キャンプなどに関心があるようです。アウトドアや旅行の中で、車を使う意識が強い様子がうかがえました。

『国内メーカー』クラスタの興味関心ジャンル

『国内メーカー』クラスタの興味関心ジャンル

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

一方の『外車』クラスタは、マネー・投資やデジタル機器に関心があるようです。また、スポーツ(ジョギング、ジムなど自身が行うスポーツ)や腕時計への関心が高いことから、自己投資を意識している様子も読み取れました。

『外車』クラスタの興味関心ジャンル

『外車』クラスタの興味関心ジャンル

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『国内メーカー』は若年層、『外車』はお金への関心が高い

最後に、各クラスタのユーザーがどんなアプリに関心があるのかを見てみましょう。こちらも同様に「story bank」で分析します。

『国内メーカー』クラスタは「with(ウィズ)」や「Pairs」などのマッチングアプリや、「マンガワン」や「マガポケ」などの漫画アプリ、「LTE回線状況チェッカー」や「povo2.0」などの格安スマホ関連のアプリを特徴的に利用していることがわかりました。

マッチングアプリや漫画アプリ、格安スマホアプリなどが多くランクインしていることから、比較的若年層が多いことが影響していると思われます。

『国内メーカー』クラスタの関心アプリ

『国内メーカー』クラスタの関心アプリ

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『外車』クラスタは、「SBI証券」や「野村株」などの投資アプリがランクインしていることから、お金への関心が高いことがうかがえました。また、「サウンドハウス」や「Sony」など音楽系アプリが上位に挙がっており、日常的によく音楽を聴く習慣などが垣間見えました。

『外車』クラスタの関心アプリ

『外車』クラスタの関心アプリ

期間:2021年7月~2022年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

まとめ

今回は「燃費」関心層について、消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いて調査・分析しました。

結果は、
・男性割合が高め
・世帯年収1,000万円以上の層も比較的多い
と言うことがわかりました。

さらに、『燃費計算』『国内メーカー』『バイク・原付』『外車』『ハイブリッド』『レンタカー』の6つのクラスタに分類され、中でも『国内メーカー』『外車』に着目したところ『外車』クラスタは男性比率が非常に高く、20代~50代までで約8割を占める結果となっていました。

また、関心ジャンルや特徴的に利用するアプリにも違いがあらわれており、
・『国内メーカー』クラスタは国内旅行、バイク、キャンプに興味があり、マッチングや漫画、格安スマホのアプリを特徴的に利用
・『外車』クラスタは時計やデジタル機器に興味があり、投資や音楽系アプリを好んで利用している
ようです。

今回の調査からもわかるように、ひとくちに「燃費」と言っても、そこに関心を寄せる背景や人物像はさまざまです。自動車業界のみならず、マーケティングでは、ターゲットとなるユーザー層の属性、興味関心、デジタル行動の実態を的確に把握し、ニーズを柔軟に取り入れ、情報を提供することがますます重要となってきています。

今回、分析に用いた消費者Web行動分析ツール「story bank」は、誰でも簡単に消費者の行動分析ができるダッシュボードを搭載し、アンケート調査や統計データを収集せずとも、短時間でターゲットユーザーの調査を行うことができます。下記のリンクから詳細なツール紹介資料をお取り寄せ頂けますので、ぜひお問い合わせください。

資料請求はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

The automotive industry suffers from semiconductor shortage due to the pandemic and war in Ukraine. However, the industry is experiencing a major shift to EVs, globally. Japan, a major auto manufacturing market, is seeing changes in the industry’s digital. We explore websites of three major auto manufacturers.


トヨタ・日産・ホンダ。自動車業界のトップ企業サイトに見る動向分析

トヨタ・日産・ホンダ。自動車業界のトップ企業サイトに見る動向分析

新型コロナウイルス感染症やウクライナ侵攻を端緒とした半導体不足で、苦戦を強いられる自動車業界。一方で、世界で加速するEVシフトが象徴するように、業界は今大きな転換期を迎えています。自動車生産大国・日本でも、自動車産業のデジタルマーケティングに変化の兆しが見えているかもしれません。今回は、自動車メーカー3社の企業サイトから、各社動向を探りました。


高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

高まるSNSの影響力。「中国における日本車のソーシャルリスニング分析~トヨタCROWN・日産ARIYA比較~」レポート

中国では、商品の検討や購入といった購買行動において、SNSの影響が大きくなっているとされています。これを受けて、近年では中国企業の他、日本企業も中国SNSで公式アカウントを開設する事が一般的になってきています。本レポートでは日本の大手自動車メーカー、トヨタと日産について、各社のSNS活用やユーザー動向を比較調査しました。(ページ数|9ページ)


中国人女性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(女性編)」レポート

中国人女性の消費意識を掴む。「中国人の消費意識に関するクラスター分析(女性編)」レポート

巨大な中国市場。中国人女性の心を掴み消費行動へつなげるには、消費の背景にある意識や、消費者の置かれている状況などの特性を正確に把握することが重要となります。本レポートでは、「トレンディーさん」「こだわりさん」「衝動買いさん」など、中国人女性を5つのクラスターに分類し、価値観や消費行動について分析しました。(ページ数|64ページ)


Audi drivers like to shop? Personas of non-Japanese luxury car drivers

Audi drivers like to shop? Personas of non-Japanese luxury car drivers

Automotive industry has evolved to where "self-driving," AI, and IoT is becoming ordinary. Many automakers offer smartphone apps, and manufacturers are competing on functionality. In this issue, we analyze personas of Audi users using their "myAudi" app and VALUES' online behavior analytics tool Dockpit.


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら