2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


2023年の「母の日」はいつ?

「母の日」は、毎年5月の第2日曜日なので、2023年(令和5年)は5月14日(日)となります。
実は、5月の第2日曜日を「母の日」とする国は多く、アメリカや中国、カナダ、ドイツも一緒となっています。

母の日イメージ

「母の日」検索は3月に増え始め4月に急伸

一般的に「母の日」はいつ頃からプレゼントの検討が始まっているのでしょうか。

始めは気軽にネットで調べる人も多いでしょう。そこで、「母の日」を含むキーワードで検索しているユーザーについて、ヴァリューズが提供しているWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調べてみます。

3月から検索数が増え始めていることが分かります。3月は前月比が約5倍となっており、ユーザーは「母の日」の2ヵ月前から検討していることがうかがえました。

また、検索のピークは4月、5月となっており100万人近くが検索していることから検索ボリュームも非常に多いことがわかりました。

「母の日」検索ユーザー数推移

「母の日」検索ユーザー数推移

期間:2020年11月~2022年10月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「母の日」関心層は女性が多く、30代~40代

では次に、「母の日」検索者の属性を見てみましょう。

性別では女性が63%で半数以上となっていました。

「母の日」検索ユーザー属性:性別

「母の日」検索ユーザー属性:性別

期間:2020年11月~2022年10月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年代別では30代・40代が多く、半数がこれらの年代で構成されていました。

「母の日」検索ユーザー属性:年代別

「母の日」検索ユーザー属性:年代別

期間:2020年11月~2022年10月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『花』の他に『スイーツ』や『実用的』なモノも人気

続いて、今年と昨年の掛け合わせワードを比較して最近のトレンドを探ってみたいと思います。
※2020年11月~2021年10月を”昨年”、2021年11月~2022年10月を"今年"と定義します。

「母の日」に贈る代表的なギフトの『カーネーション』『花』の他に、初心者でも育てやすくて寿命の長い『鉢植え』も人気のようです。

また、食べることで息抜きができる『ケーキ』などの『スイーツ』『お菓子』も人気があるようです。定番の花にマンネリを感じているユーザーも多いのか、『実用的』なものや『手作り』にも注目しているようです。

『メッセージ』『LINE』がランクインしていることから、感謝の気持ちを伝える内容も検討していることがうかがえました。

購入先は、『楽天』『イオン』『高島屋』『シャトレーゼ』が目立ちました。

今年と昨年でキーワードに大きな違いはないものの、今年は『60代』『70代』がランクイン。高齢層向けの最適なギフトを探しているユーザーも見受けられました。

「母の日」検索ユーザーの掛け合わせワード

「母の日」検索ユーザーの掛け合わせワード

期間:2020年11月~2022年10月
デバイス:PCおよびスマートフォン

2023年の「母の日」は『プリザーブドフラワー』や『コスメ』などが流行る?

掛け合わせワードから最近のトレンドについて探れたので、続いては来年2023年の「母の日」にはどんなモノが流行るかを見てみたいと思います。
昨年よりも検索数が増加しているワードに注目していきます。(下図で黄色塗りのワード)

「母の日」検索ユーザーの掛け合わせワード

「母の日」検索ユーザーの掛け合わせワード

期間:2020年11月~2022年10月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「義母」

前述の「母の日」検索ユーザーの年代で、30~40代の構成比が高くなっていましたが、『母の日』と『義母』との掛け合わせ検索が伸びています。実の親でないので、ランキングや口コミを参考にするなど、より入念に商品を検討している可能性があります。

「早割」

少しでも早く注文して、お得に購入したいユーザーが一定数いるようです。前年比が伸びていることからも母の日商戦が早期化して行く傾向がうかがえます。検索のピークが訪れる2月~3月頃は『早割』ワードも併せて訴求することが良さそうです。

「プリザーブドフラワー」

生花を加工した枯れない花なので、水やり不要で色鮮やかに長く楽しめることもあり人気のようです。定番の花を贈りたいけど、長く楽しみたい方や初心者には最適のギフトのようです。

「あじさい」

「母の日」に贈る花といえばカーネーションが定番ですが、近年では『あじさい(紫陽花)』を贈る方も増えているようです。
ちなみに、ピンクのあじさいの花言葉は"元気な女性"で、「母の日」にはピンクのあじさいが好んで贈られているとのこと。

「お取り寄せ」

年に一度、感謝の気持ちを込めて贈るプレゼントなので『お取り寄せ』で厳選した和菓子や洋菓子などのスイーツにも注目しているようです。

「コスメ」

美容に関心のあるお母さんへのプレゼントとして選ばれており、実用的なうえに、女性らしさを引き出してくれる『コスメ』にもニーズがあるようです。

「バッグ」

実用的なアイテムである『バッグ』も注目されているようです。すでにバッグをたくさん持っているお母さんでも、荷物の量やコーディネートに合わせて、いくつでも欲しくなるバッグはプレゼントに最適と感じているようです。

「財布」

毎日のように使ってもらえる『財布』は、実用的な贈り物としておすすめとなっており、ニーズもあるようです。

「バラ」

女性にとって永遠の憧れの花であり、豪華な印象が人気の『バラ』も「母の日」のプレゼントの候補に挙げられていました。

「ワイン」

ボトルの見た目も華やかで、特別感を演出できる『ワイン』も人気のようです。種類が豊富なので相手の好みに合わせて選べることや、価格帯が幅広いので予算に合わせて選ぶことも可能で、注目されているようです。

『母の日.me』に注目!

最後に、どんなサイトが人気なのか「母の日」検索後の流入サイトを見てみましょう。

『楽天市場』や『日比谷花壇』など、メジャーな通販サイトが上位にランクインしている中、次いでランクインしていたのがメディアサイトの『母の日.me』でした。こちらは、日本で唯一「母の日」に特化した情報メディアサイトと謳っており、ランキングや記事の他に、アンケートの調査結果なども公開されており、まさに"痒い所に手が届く"ようなサイトでした。

「母の日」などイベントに特化しているサイトは珍しく、一方で、年に1回のイベントでもニーズがあることがうかがえました。

ちなみに、同社では『父の日.jp』や『敬老の日.jp』なども運営しており、家族に感謝を伝える日のイベントに非常に役立ちそうです。

「母の日」検索ユーザーの流入サイト

「母の日」検索ユーザーの流入サイト

期間:2021年11月~2022年10月
デバイス:PCおよびスマートフォン

まとめ

今回は「母の日」のニーズについて、検索データから調査・分析をしました。

毎年、3月頃から検索ニーズが増え始め、4月と5月がピークとなっており、検索ボリュームも多いことがわかりました。

近年のギフトのトレンドは、定番の『カーネーション』や『花』、『鉢植え』が人気で、他には『ケーキ』などの『スイーツ』や『お菓子』も支持されています。一方で、定番の花にマンネリを感じているユーザーも多いのか、『実用的』なものや『手作り』も注目されていました。

さらに、感謝の気持ちを伝える内容も検討していることがうかがえました。
購入先は、『楽天』や『イオン』、『高島屋』や『シャトレーゼ』が目立ちました。

また、2023年のトレンドとしては、以下のギフトが予測されます。
早割、プリザーブドフラワー、あじさい、お取り寄せ、コスメ、バッグ、財布、バラ、ワイン

Dockpit』のキーワード分析機能を利用して分析することで、ユーザーのニーズが高まる時期や実態に迫ることが可能となります。目的やターゲットを正しく理解し、利用者の心をしっかりキャッチして、よりよいコンテンツ制作やワード選定、最適なタイミングでの情報提供にお役立てください。

分析概要

・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログと属性情報にもとづき「Dockpit」で分析
・行動ログ分析対象期間:2020年11月~2022年10月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PCおよびスマートフォン

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで簡単にキーワード分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/03/18〜2024/03/24)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ