男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

全世代で強いLINE。Facebook、TwitterにYahoo!とマクドナルドが迫る


分析概要

ヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員の協力により、2015年12月において、スマートフォンアプリ別に起動ユーザー数を集計し、男女別や年代別でランキングを作成した。
※アプリ起動ユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※カテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得
※メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmail、Google+などプリインストールアプリは除く

LINEが2位以下に大差をつけて1位。Facebook、TwitterにYahoo!とマクドナルドが迫る

まず、性別や年代を絞らずモニター全体で起動ユーザー数の多いアプリをランキングしたところ、1位は「LINE」で2位以下に大差をつける結果となりました。2位は「Facebook」、3位は「Twitter」となり、コミュニケーションやSNSのアプリがトップ3を占めています。4位には「Yahoo!JAPAN」、5位に「McDonald's Japan」と続きました。Yahoo!は、乗換案内や天気、スマホ最適化ツール、「ヤフオク!」など様々なサービスがランクインしています。(図1)

男性は「Amazon」「Yahoo!乗換案内」「ジョルテ」「SmartNews」、女性は「LINE ディズニーツムツム」「クックパッド」「Instagram」などが人気

次に男女別に起動ユーザー数の多いアプリをランキングしてみました。まず男性(図2)からみてみましょう。トップ5のアプリの顔ぶれは全体のランキングと変わりませんでしたが、男性では「Amazon ショッピングアプリ」が8位と上位にランクインしています。また、Yahoo!の乗換案内や天気などもトップ10内に入っているほか、カレンダー&システム手帳アプリの「ジョルテ」やニュースアプリ「SmartNews」など、ビジネスマンに役立つアプリが多数ランクインしています。

一方、女性(図3)では、6位にゲームアプリの「LINE:ディズニー ツムツム」、7位に料理レシピ「クックパッド」、8位に「Instagram」が入りました。他にも「ホットペッパービューティー」「フリマアプリ「メルカリ」」などが人気のようです。LINEシリーズのアプリでは「LINE Camera」「LINE ポコポコ」もランクインしています。

20代男女で比較すると、男性は「モンスターストライク」や「パズル&ドラゴンズ」などゲームアプリがランクイン。女性は「Instagram」が「Twitter」に迫り、「【無料マンガ】comico」も人気。

総務省が昨年発表した統計調査でもスマートフォン普及率が9割を超えている20代の男女では、どのような差がみられるのでしょうか。まず20代男性(図4)では「McDonald's Japan」が4位に入っています。また、「Instagram」も男性全体では14位でしたが、20代男性は9位とトップ10内にランクイン。さらに、男性全体ではトップ20位内には入っていなかった「モンスターストライク」「パズル&ドラゴンズ」などのゲームアプリも、20代男性では上位に入っています。

20代女性(図5)では、「Instagram」が4位と「Twitter」に迫る結果となりました。また、サロン予約アプリの「ホットペッパービューティ」がトップ10内に入っています。女性全体ではトップ20位のランキングに無かった「【無料マンガ】comico」や、キュレーションメディアの「MERY」が、この年代ではランクインしていることも特徴的です。

60代以上のシニア層でも「LINE」が人気。「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」などのショッピングアプリも。

最後に、60代以上のシニア層でよく起動されているアプリをみてみましょう(図6)。シニア層では男女の差があまり見られなかったため、60代以上の男女合計でのランキングをご紹介します。

シニア層でも「LINE」はやはり強く、2位の「Yahoo!JAPAN」に大差をつけています。しかし、ユーザー全体では3位だった「Twitter」がシニア層では9位に。一方で、スマホ最適化ツール、ブラウザをはじめ、天気やニュースなど「Yahoo!」系のサービスが幅広くランクインしています。また、「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」など大手ショッピングモールのアプリもトップ20位内に入りました。

関連記事

【2019年版】男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

https://manamina.valuesccg.com/articles/526

世の中のユーザーがどんなアプリを利用しているかを、実際の行動ログから調査。全体、男女別、20代男女別の3パターンで2019年6月の顔ぶれを行動ログデータから分析しました 。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アプリ

関連する投稿


急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

8月は“PayPay”が1位に!「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年7月~2019年8月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

【2019上半期】マーケティング業界で注目を集めた“ホットトピック”は? マーケティングメディアの人気キーワードTOP50を調査

マーケティングメディアで2019年上半期に人気のあったコンテンツ...気になりませんか? 今回は、マーケティングメディアのコンテンツタイトルに含まれるホットトピックから、人気の高いキーワードを分析しました。


登山地図アプリ、配車アプリGrabなど知っていると便利なアプリが続々!「国内旅行」好き「海外旅行」好きが利用するアプリランキング

登山地図アプリ、配車アプリGrabなど知っていると便利なアプリが続々!「国内旅行」好き「海外旅行」好きが利用するアプリランキング

「国内旅行」好きと「海外旅行」好きで利用しているアプリにどんな違いがあるのでしょうか?株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「国内旅行」好きと「海外旅行」好きと答えたモニターのインターネット行動ログから、よく利用しているアプリを調査しました。


3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

3大ECモール(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)を競合サイト分析ツールeMark+で比較してみた

経済産業省によると、2017年のEC(BtoC)市場規模は、16 兆 5,054 億円。前年と比較すると9.1%の増加、まさに成長市場です。その市場を牽引する3大ECモールといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング。今回はそれぞれのサイトの特徴について、競合サイト分析ツールeMark+を用いて比較します。


最新の投稿


アウトドア好きの関心キーワードを調査。Colemanやシマノが上位にランクイン

アウトドア好きの関心キーワードを調査。Colemanやシマノが上位にランクイン

株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「アウトドアに興味がある」と答えたモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。注目しているブランドは、Colemanやシマノ。興味を持っているのは男性が多いなど、改めてデータを見てみるとおもしろい結果が。


ユーザーシナリオとカスタマージャーニーの違い

ユーザーシナリオとカスタマージャーニーの違い

顧客が商品・サービスを認知してから購入に至るまでを「旅」に例えるカスタマージャーニーにはいくつか似たマーケティング用語があります。 本記事ではカスタマージャーニーの概要を再確認したあと、ユーザーシナリオ、コンセプトダイアグラム、パーセプションフローなどとの違い、使い分けについて説明します。


急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

急上昇ワードに“IPHONE11”、“ZOZO”など..「週間」検索キーワードランキング(2019/9/8~2019/9/14)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


マーケティングの基礎!STP分析を使った市場参入

マーケティングの基礎!STP分析を使った市場参入

STP分析はマーケティングのフレームワークで、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取ったもの。新規参入にあたって、市場全体の中でどの分野を狙い、自社が競争優位なポジショニングはどこかを決めるのに役立ちます。


1位は“Yahoo!ファイルマネージャー”、2位は…「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

1位は“Yahoo!ファイルマネージャー”、2位は…「業界別」アプリランキング - 仕事効率化編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら