【2019年版】男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

【2019年版】男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

今や、日常生活に欠かせないものとなっているスマートフォンのアプリ。“生活に役立つ便利アプリ”や“暇つぶしゲームアプリ”、“仕事がはかどるアプリ”など様々なアプリを日常に役立てている人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は世の中のユーザーがどんなアプリを利用しているかを、実際の行動ログから調査してみました。全体、男女別、20代男女別の3パターンで2019年6月の顔ぶれを行動ログデータから分析しました 。


「LINE」が2位の「Twitter」に2倍以上の差をつけトップに

スマートフォンにおいて、起動ユーザー数の多いアプリの2019年6月度のサイト閲覧動向をeMark+のTarget Focusを用いて分析しました。

最初に、条件を絞らずにモニター全体で起動ユーザー数の多いアプリのランキングを作成したところ【図1】、1位は「LINE」で2位の「Twitter」と2倍以上の差をつけてトップとなりました。

前回の調査同様、トップ3はSNS系のアプリが占めていましたが、今回の調査では「Facebook」と「Amazonショッピングアプリ」が同率3位となっており、「Amazonショッピングアプリ」がSNS系アプリに迫る勢いとなっていました。

また、「Yahoo!JAPAN」や「Yahoo!天気」などのYahoo!関連のアプリが4つランクインしており、Yahoo!アプリの人気の高さがうかがえます。

他には2017年に「インスタ映え」が流行語大賞となった「Instagram」や、「楽天市場」、「メルカリ」などのEコマースアプリ、「セブン-イレブンアプリ」などの比較的新しい顔ぶれのアプリもランクインしていました。

【図1】起動ユーザーの多いアプリランキング(全体)[2019年6月]

男性は「楽天Edy」や「PayPay」、「モバイルSuica」などの電子マネーアプリが人気

次に男女別に起動ユーザー数の多いアプリをランキングしてみました。

まずは男性から見てみると、順位に差はあるものの顔ぶれは全体とほぼ変わりませんでした【図2】。

しかし、男性のアプリ利用特徴をより把握するため、全体との利用率の差をあらわすリーチ差が大きい順に並び替えてみると【図3】、全体との顔ぶれと大きく異なることがわかりました。

特徴的だったのは、「楽天Edy」や「PayPay」、「モバイルSuica」、「nanaco」などの電子マネーアプリが多くランクインしていることでした。男性には通勤や移動、出張の他に、コンビニなどでの買い物など仕事の合間で活用する電子マネーアプリが人気のようです。

【図2】起動ユーザーの多いアプリランキング(男性)[2019年6月]
【図3】起動ユーザーの多いアプリランキング(男性-リーチ差)[2019年6月]

女性には「クックパッド」、「クラシル」などのレシピアプリが人気

続いて女性に絞って見てみると【図4】、18位の「MUJI passport」と19位の「クックパッド」以外は全体の顔ぶれとあまり変化は見られませんでした。

男性と同じようにリーチ差で見てみると【図5】、「クックパッド」や「クラシル」、「ホットペッパービューティー」、「ルナルナ」、「LINE:ディズニー ツムツム」などランクインしており、レシピアプリや美容系アプリが上位に挙がっています。

また、数あるゲームアプリの中でも「LINE:ディズニー ツムツム」は特に女性に支持されていることがわかりました。

【図4】起動ユーザーの多いアプリランキング(女性)[2019年6月]
【図5】起動ユーザーの多いアプリランキング(女性-リーチ差)[2019年6月]

20代男性は「Amazonプライム・ビデオ」、「Google Play ゲーム」などのエンタメ系

最後に若年層の20代男女ではどのような違いがあるか見てみました。

まずは20代男性から見てみると【図6】、男性全体だと15位の「Yahoo!乗換案内」が20代男性では7位、20位の「メルカリ」が8位と上位にランクインしていました。

また、男性全体だとランキング圏外となっている「Amazonプライム・ビデオ」、「Google Play ゲーム」、「楽天カード」、「PayPay」は20代の男性では上位になっていました。

【図6】起動ユーザーの多いアプリランキング(20代男性)[2019年6月]

20代女性は「SNOW」、「Simeji」、「ルナルナ」をよく利用

20代女性で見てみると【図7】、女性全体だと11位だった「メルカリ」が20代女性では5位になっています。

また、女性全体だとランキング圏外の「ホットペッパービューティー」、「SNOW」、「Simeji」、「ルナルナ:無料で生理/排卵日予測」、「ジーユー」がランクインしていることも特徴的です。

特に「SNOW」、「Simeji」、「ルナルナ:無料で生理/排卵日予測」は女性全体だと50位前後にランクインしていましたが、20代女性では上位にランクインしていることから、これらは若年層に人気のアプリだということがわかりました。

【図7】起動ユーザーの多いアプリランキング(20代女性)[2019年6月]

今回は、アプリのインストール数ではなく、起動ユーザー数から実際によく使われているアプリを見てみました。これらのランキングは、eMark+というツールで簡単に集計することができます。一部機能は無料で利用できるので、ぜひ無料登録してみてください。

競合サイト分析なら eMark+(イーマークプラス)|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/

「eMark+」(イーマークプラス)は20万人規模のモニター会員の協力により、自社だけでなく競合サイトのアクセス解析もできる、株式会社ヴァリューズの行動ログ分析サービスです。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2019年6月度のネット行動ログデータを分析しました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。
※メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmail、Google+などプリインストールアプリは除く。
※集計期間: 2019年6月

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


クリエイター・情報システムの人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

クリエイター・情報システムの人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『クリエイター』、『情報システム』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

利用者が多い4大人気ゲームアプリ、ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラについて、アンケート調査とスマホアプリのログデータを用いてユーザー像を徹底比較。それぞれのユーザー特徴が明らかになりました。(ページ数|25p)


最新の投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら