ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年12月、ページ品質を評価するための基準「EAT」に「Experience = 経験」が追加され、「EEAT(ダブル・イー・エー・ティー)」へ変更されました。SEOに携わっているマーケターの中には、影響が気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがEEATについて解説。起こりうる影響や対策を解説していきます!


【解説者紹介】

「経験の有無」がコンテンツ評価に影響





安部:2023年1月のコンテンツマーケティング最新動向レポートでは、昨年のSEO重要トピックの振り返りを紹介しています。その中から今回は「EATがEEATへ変更(Google検索品質評価ガイドライン更新)」されたことをピックアップして、解説していきます。










岩間:2023年のSEO対策を考えるうえでも外せないトピックですね。ぜひ教えてください。










安部:まずEATとは何かについて、おさらいしていきたいと思います。
改めて思い出していただきたいのは、Googleはユーザーの求める、質の高いコンテンツを検索結果の上位に表示させようとしているということ。質の高いコンテンツとは具体的にどのようなものかを示す基準として、これまでは

E:Expertise(専門性)
A:Authoritativeness(権威性)
T:Trustworthiness(信頼性)


が用いられていました。いわゆるEATと呼ばれるものですね。

この基準が2022年12月15日に変更され、従来のEATにExperience(経験)が追加されたことで、「EEAT(ダブル・イー・エー・ティー)」となったんです。




変更理由は「権威性の見直し」と「AIライターへの対応」か





岩間:Experience(経験)が追加されたことで、具体的に何が変わるのでしょうか。










安部「内容が正確で、正直で、安全で、頼れる」信頼できる情報を提供するというGoogleの方向性には、大きな変化はないと思います。








安部:Googleは、これまでも経験を評価するという姿勢を示していたのですが、なぜこのタイミングであえて経験を追加してきたのか考えたとき、あくまでも仮説ですが、僕は2つの背景があるのではないかと思います。

まず、これまでは権威性の高さが重視され過ぎていたのではないかということ。コロナ禍で信頼性のある情報がより重視されるなか、権威性のあるサイトが高く評価されることが多かったと感じています。

ただ、権威性の高いサイト(官公庁など)や監修者・ライターの記事が、ユーザーにとって本当に分かりやすいのか、実際にユーザーが活用できる情報が載っているのかと問われると、一概にそうとは言えない状況にあるのではないかと。

ユーザーファーストであることを考えたとき、権威性が重要であることは前提としつつも、そのあり方を見直しているのではと考えています。








安部:もうひとつ、可能性として考えられるのが、AIライターの存在です。GoogleはAIが書いたコンテンツも上位表示させるのか、など、SEO界隈では熱いトピックとなっています。

今回追加された「経験があるかないか」は、AIライターか人間かの大きな違いになりうると思っています。経験は、人間だからこそ持つことができるもの。Googleは、AIか人間かではなく、経験があるかないかで判断しようとしている、といった考え方もできそうです。




YMYL領域か否か?EEATへの変更が与える影響とは





岩間:経験が重視されるようになったことで、今後のコンテンツ作りにどのような影響があると思いますか。










安部:2つの方向性が考えられます。

■方向性①
まずは、YMYL(Your Money or Your Life)領域以外のコンテンツへの影響。医療やお金関係など、誤情報があった際のリスクが大きいYMYL領域に関しては、引き続き専門性や権威性が重視されていくと考えます。
YMYL領域ではないサイトに関しては、権威性よりも、ユーザーレビューのようなものが重視されていく可能性があります。例えば、洗濯のコツの話なら、科学者などが解説するより、実際にたくさん洗濯して汚れを落としてきた人の経験が重視されていくかもしれません。

■方向性②
YMYL領域かどうかにかかわらず、経験が重視されていくことも考えられます。例えば医療関係なら、これまでは権威ある医師によるコンテンツが評価される仕組みでしたが、権威性が高くなくても、普段から現場にたくさん立っている医師や看護師が書いたコンテンツのほうが信頼されるようになる、といった見方もできるでしょう。




EEATを踏まえ、マーケターがとれる対策





岩間:EATがEEATになったことで、起こりうる変化がイメージできました。マーケターはどう対応していけばよいでしょうか。










安部:信頼できるコンテンツを作っていくことの重要性自体は変わらないという前提で、これまで資格の有無や知名度、影響力といった権威性の高さを重視して、コンテンツの監修者やライターを選んでいたなら、今後は経験も見ていくことが求められるのではと考えます。このことは、EEATになったからというより、ユーザーのためのコンテンツを作るなら大切なことです。








安部:ちなみに、あくまで仮説のひとつですが、その人のSNSアカウントや個人ブログで経験を判断する可能性もあると考えています。その領域の情報をずっと発信してきている人なのかを、GoogleがSNSアカウントやブログで判断するということですね。

そこで掲載されるコンテンツが自動で作られたものではないか、経験に則した、よりオリジナルな内容か、もポイントになり得るかと。










岩間:特定の通販サイトや比較サイトで見られるように、よくレビューしている人など、一定の信頼がある人だけが口コミできる仕組みが入ってくる可能性もありますね。










安部:そうですね。とはいえ、経験があるかないかをGoogleがどう判断しているのかは、まだわからないところでもあるので、今すぐそこに大量のリソースを投入する必要はないのではないかと感じています。










岩間:確かにSEOに関わっていると、Googleがどう評価しているかがわからず、対策が難しいと感じることがあります。










安部:やはりGoogleの評価は多面的なので、これまで通りのユーザーに信頼されるコンテンツ作りを続けていくことが大切だと思います。

加えて、今回お話した通り、これまでは権威性のあるサイトが強かったため、企業ドメインが有利な状況だったと思います。しかし、経験が重視されるようになったことは、個人ブロガーと相性が良くなったという見方をすることも可能です。そのため、今後は、個人ブロガーのサイトが、若干上がる傾向が出てくる可能性もあるでしょう。検索結果画面の動きを注視していく必要があります。

以上、1月のコンテンツマーケティング動向「SEO編」でした。次月のネタも楽しみにお待ちください。






(本調査はあくまでも傾向に注目し、今後の施策における仮説立てや優先順位の検討に有効活用するためのものであり、因果関係を示すものではないこと、また、各トピックの内容やVALUESの見解は、資料作成時のものであり、今後の情勢やアルゴリズムの変化によって変わることがある旨、ご留意ください)

本記事でご紹介した、コンテンツマーケティング最新動向レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今をお届けする本連載。2023年第1弾は、SNSマーケティング先進国における動きなど、2022年の主要SNSの動向を振り返り。今後の予測や対策すべきポイントについて解説します。押さえておくべきは、「ワンストップ送客」「短尺動画」「インフルエンサー収益化強化」の3点です。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

国内外のSNSトレンドやSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。SNS編では、①SNS上で認知~購買のワンストップ総客 ②短尺動画の盛り上がり ③インフルエンサー支援施策 といった、2022年のSNS動向の振り返りで新年をスタートします。SEO編では、Googleが質の高いコンテンツとして評価する指標が、従来のEAT(専門性・権威性・信頼性)からEEATに変更され、「経験」の要素が加わったというトピックについて解説しました。


表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

表示速度を高速化しよう!「Google PageSpeed Insights」の基礎と実践

「Google PageSpeed Insights」のスコア改善に役立つ使い方や高速化手法について解説します。SEO会社あるいはSearch ConsoleからWebサイトの表示速度が遅いと指摘されたときに使う「Google PageSpeed Insights」。表示速度の計測結果と高速化のための改善ポイントを示してくれる便利なツールです。


【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

コンテンツマーケティングの「要」の一つであるSEO。GoogleのAI/機械学習の発展により、アルゴリズムの変化は複雑化し、どういった変動が起きているかは、プロの知見を持ってしても難しくなっています。本セミナーでは、消費者のWeb行動ログデータやクローリングデータ、各種APIサービスを組み合わせた日本最大級のSEO研究データベースを持つヴァリューズが、ビックデータ分析をもとにした2023年のSEOトレンド予測を解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら