2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


2022年、日本を取り巻いた世界を「地政学的」に振り返る

2023年が始まりました。今年は海外で経済活動を行う日本企業にとってどんなイヤーになるのでしょうか。近年、日本企業が直面する経営リスクでは、地政学・経済安全保障リスクに注目が集まりました。特に2022年はロシアによるウクライナ侵攻、緊張が高まる台湾情勢などにより、企業内に地政学・経済安全保障担当の部署を設置したり、担当者を選定したりする企業数が増えたとされます。

企業によって進出先や一国への依存度などは大きく異なり、直面する地政学・経済安全保障リスクも多岐に渡ると思われますが、ここでは最も懸念が強まる事案のひとつである日中関係の行方について展望し、日本企業にどのような影響が出るかを探ってみたいと思います。

中国とさまざまな関係性を結ぶ「世界の国々」、果たして日本は

世界経済の中で中国は存在感を増し、今日、おそらく中国と全く取引がない国は世界中に殆どないと言ってもいいのではないでしょうか。当然ながら、中国との付き合い方は各国によってさまざまで、欧米のように中国と対立する国々もあれば、ラオスやカンボジアなど中国経済に強く依存する国々も増えています。

また、その中では、外交関係が悪化し、対立を深めながらも関係改善を進めようとする国もあります。その1つにオーストラリアが挙げられます。新型コロナウイルスの真相究明や人権問題を巡った際には、オーストラリアと中国の関係は悪化し、中国はオーストラリア産のワインや牛肉などの輸入を突然停止するも、最近になると、オーストラリアは中国との関係改善に踏み足を切り、中豪の経済関係を改善する動きに出ています。

このように、外交関係が悪化したからとはいえ、中国との経済関係を完全に切ることはできないとの思惑を抱く国々は実際多いことでしょう。それは日本も同様です。おそらく日本企業の中にも、「日中関係が悪化しても経済は別。ビジネスはビジネスで進める」と無意識に思っている人々が多いのではないでしょうか。確率論で言えば、政治は冷え込んでも経済関係は普通に続くというシナリオが最も高いと考えられ、現実的だと思います。

「ビザ発給停止」から見る日中の政治的・経済的軋轢の可能性

しかし、緊張が高まる台湾情勢や米中対立などにより、我々は1つのリスクを忘れてはなりません。それを如実に現したのが、2023年になって発生した中国による対日ビザ発給停止です。このケースでは、中国のゼロコロナ政策の終了によって中国国内で新型コロナの感染が爆発的に増加したことに、日本が水際対策を強化。その対抗措置として、中国は対日ビザ発給停止という行動に出ました。

これを巡っては日本政府内からもやり過ぎとの不満が上がり、中国に行けないことに日本企業の間での動揺が広がりました。しかし我々は、地政学・経済安全保障リスクから、単にこの問題を「水際対策強化→対日ビザ発給停止」という現実だけで見てはいけません。ここでポイントになるのは、この問題を政治的に考え、中国の対日姿勢を見極めることです。

例えば、中国を取り巻く世界情勢から対日本への中国の思惑も見えてきます。近年、米中間では安全保障や経済、貿易やサイバー、宇宙や技術などあらゆるドメインでの競争が激化し、特に、経済面でバイデン政権は、半導体など先端技術分野で中国とのデカップリング(切り離し)、国内強化を目指すリショアリング、同盟国や友好国とのサプライチェーン強化を目指すフレンドショアリングを進めています。
 台湾の半導体製造大手TSMCが日本での生産強化を目指していることも関連しますが、中国は経済安全保障で“対中多国間包囲網”ができることを強く懸念しており、その関連で日米を切り離したい思惑があります。

また、習政権が絶対に譲ることのできない核心的利益に位置づける台湾を巡っては昨今緊張が高まっていますが、日本は米国の軍事同盟国であるので、仮に有事となれば日中間では対立の構図が鮮明になります。現時点で、中国軍にスムーズに台湾侵攻を進められるほどの力や規模はないと見られますが、中国はその際、日本が対米協力などで厄介な存在になることを懸念しているはずです。

このような国際政治の実状から判断すれば、中国は常に日本の行動を注視し、それに基づいて戦略的に動いていると見るべきでしょう。
 繰り返しになりますが、今回のビザ発給停止という措置を取った背後には、そういった中国側の政治的狙いがあると思います。

2023年さらに注視するべき地政学的な対中関係

米中対立や台湾情勢が時間の流れとともに悪化する一方で、それによって日中関係も冷え込んでいく可能性が徐々に高まっています。そうなれば、今後も何か問題が起きた際、中国が日本に対して何かしらの強硬措置を取ってくることは十分に考えられます。それが輸出入の停止や制限、関税引き上げなど、どのような手段になるのかは分かりませんが、中国が先行して強硬措置を突如発動し、それによって日本企業の経済活動に影響が及ぶというシナリオは、今後さらに出てくるのではないでしょうか。

中国依存が強い企業ほど、難しい選択を余儀なくされると考えられます。2022年に一部の日本企業の間で見られたように、脱中国の一環で国内回帰を強化したり、第3国へ移転したりする動きは2023年にはもっと増えてくると思われます。日本企業はその可能性を今のうちから検討しておくべきでしょう。

この記事のライター

国際政治学者、一般社団法人カウンターインテリジェンス協会 理事/清和大学講師

セキュリティコンサルティング会社OSCアドバイザー、岐阜女子大学特別研究員を兼務。専門分野は国際安全保障論、国際テロリズム論など。大学研究者として国際安全保障の研究や教育に従事する一方、実務家として海外進出企業へ地政学リスクのコンサルティングを行う。

関連するキーワード


地政学 組織づくり

関連する投稿


台湾では親米派が勝利、米国ではバイデンVSトランプが現実味 〜 今後の地政学リスクの動向 〜

台湾では親米派が勝利、米国ではバイデンVSトランプが現実味 〜 今後の地政学リスクの動向 〜

2024年1月。かねてから関心が高かった台湾の総統選選挙において、前政権の意思を引き継ぐ形で頼清徳氏が勝利しました。この結果により親米派は維持されますが、反して中国との関係はどのようになってゆくのでしょうか。また2024年最大の地政学リスクとも言われる米国大統領選挙も予備選挙が始まり、その動向には世界中が注目していると言えるでしょう。本稿では国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏がそれぞれの大国の行方と地政学への影響について解説します。


2024年、世界規模で企業を取り巻く地政学リスク

2024年、世界規模で企業を取り巻く地政学リスク

世界各地での争乱を背景に、2024年は主要各国で重要な選挙が控えています。選挙結果はその国だけではなく関連国との関係性も変貌させます。先日13日に行われた台湾総統選挙もそのひとつ。前総統である蔡英文氏の政治信念を引き継ぐ頼清徳が勝利したことにより、我が国も注目する中台関係、台湾有事にはどのような変化が起きるのでしょうか。このように世界各国で行われる選挙により生じる懸念材料。今年は世界規模での地政学事情に注目する必要がありそうです。本稿では国際政治学者としてだけでなく、地政学リスク分野で企業へ助言を行う会社の代表取締役でもある和田大樹氏が、台湾と米国の選挙にフォーカスして解説します。


インタビュー実施要項(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

インタビュー実施要項(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、「インタビュー実施要項」(調査企画のアウトプット)について寄稿いただきました。


経済安全保障の視点から振り返る2023年の日中関係

経済安全保障の視点から振り返る2023年の日中関係

2022年にウクライナ侵攻が勃発し依然停戦の見えない中、今年10月にはイスラエルとパレスチナ・ガザ地区を実行支配するイスラム主義組織ハマスとの衝突が激化するなど、激しい波乱含みであった2023年。そのような世界的な衝突の渦にかき消されそうになりながらも、私たちは自国を取り巻く緊張関係にも着目する必要があります。本稿では、2023年にマナミナにて連載してきた日中を取り巻く地政学的緊張について総括。大学研究者としてだけでなく、インテリジェンス会社の代表取締役として地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が多数の視点から解説します。


調査のスケジュール表(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

調査のスケジュール表(調査企画のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、「調査のスケジュール表」(調査企画のアウトプット)について寄稿いただきました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ