「顔タイプ診断」が新たなトレンドに。Z世代は「診断ブーム」をどう乗りこなしている?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

「顔タイプ診断」が新たなトレンドに。Z世代は「診断ブーム」をどう乗りこなしている?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマは「パーソナルカラー診断」「骨格診断」「顔タイプ診断」です。パーソナルカラー診断を皮切りに始まった「診断ブーム」。マーケティングにおいてもよく取り入れられるようになりましたが、Z世代は実際どう感じているのでしょうか。Z世代メンバーによるリアルな声を取り入れつつ、深掘りしていきます。


こんにちは、ヴァリューズの“Gen-Z調査隊”です!

私たちは消費者の行動データをもとに、現役Z世代メンバーの視点から、“Z世代のリアル”を分析しています。

第4弾となる今回の記事は、調査隊メンバー:ばんちゃん(99年生まれ・推し活ガチ勢)がお届けします。

Gen-Z調査隊

“Z世代”とは

“Z世代”は1990年代後半~2010年頃に生まれた世代を指します。スマートフォンやタブレット、SNSなどのデジタルテクノロジーを生まれたときから使いこなせるほか、多様性やインクルージョンに重点を置き、性別や人種、性的指向などに関して寛容であるとされているのが特徴です。また、社会的責任や持続可能性に関心を持ち、環境問題や社会問題に取り組むことが多いともされています。

なお、日本では少子高齢化の影響によりZ世代の割合は少ないですが、世界では3人に1人がZ世代であり、すでに消費への影響力を持っているため注目されています。

パーソナルカラー診断、骨格診断、顔タイプ診断ってなに?

2022年1月~2023年1月の間で、Z世代が「パーソナルカラー」「骨格」「顔タイプ」それぞれと掛け合わせて検索したキーワードの上位がこちらです。それぞれどんな気になりごとがあるのでしょうか。

パーソナルカラー診断とは?

パーソナルカラー診断は、その人の肌の色の特徴を見て似合う色合いを判別する診断です。
血管の色や日焼けした時に赤くなるか、などで判断します。

診断別のZ世代検索キーワード:「パーソナルカラー」の掛け合わせキーワード(検索数上位) 集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)

診断別のZ世代検索キーワード:「パーソナルカラー」の掛け合わせキーワード(検索数上位)
集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)





まろん:診断系で有名なのは、パーソナルカラー診断の「イエベ」「ブルべ」とかでしょうか?








たみー:最近は第3のパーソナルカラー「グリーンベース(グリベ)」なんて言葉も出てきていますよね。








ばんちゃん:パーソナルカラーは「イエベ春」「ブルべ夏」「イエベ秋」「ブルべ冬」の4タイプに分けるのが主流でしたが、最近はそれに加えて「セカンドパーソナルカラー」なるものもでてきて、タイプが16分割されているのをSNSで見かけました。








まろん:16分割って多すぎる気もしますが笑








せーら:上のデータを見ると、Z世代の検索キーワードにも「16タイプ」というワードがありますね。




骨格診断とは?

骨格診断は、体型の特徴別に「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の3つに分類する診断です。鎖骨の浮き出具合や、手指などの特徴を見て判断します。

診断別のZ世代検索キーワード:「骨格」の掛け合わせキーワード(検索数上位) 集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)

診断別のZ世代検索キーワード:「骨格」の掛け合わせキーワード(検索数上位)
集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)





せーら:私は診断をきちんと受けたことがないですが、自分のことをなんとなくイエベで骨格ウェーブだと思っていて、メイクにしろ服にしろ温かみのある色を選ぶようにしています!服はマーメイドスカートかロングスカート、パンツなら裾に向かってワイドになっていくタイプかそもそも幅広のもの……とかをよく考えています。








たみー:私も診断はしたことないです。診断をきちんと受ける人は美容意識がとても高い人のイメージだったので、お金もかかるしちょっと自分にはハードル高いなと感じていました。








まろん:検索キーワードを見ると、パーソナル検索者も顔タイプ検索者(詳細は以下)も、いずれも「骨格診断」や「パーソナルカラー診断」に関わるワードを掛け合わせて検索していますね。メイクやファッションにおいて大事な要素だということが分かります。




顔タイプ診断とは?

顔タイプ診断は、顔の形や目鼻のバランスなどから、その人の顔立ちの特徴を判別する診断です。目と目の距離がどれくらい離れているか、などの情報から判断します。

診断別のZ世代検索キーワード:「顔タイプ」の掛け合わせキーワード(検索数上位) 集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)

診断別のZ世代検索キーワード:「顔タイプ」の掛け合わせキーワード(検索数上位)
集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)





ばんちゃん:顔タイプ診断は最近出てきた概念な気がします。「直線タイプVS曲線タイプ」「大人顔VS子ども顔」のマトリクスをもとに8つの顔タイプに分かれています。

>

https://lunaearth.jp/pages/2022_facetype





たみー:顔タイプ診断はあまり良く知らなかったです!どんどん色々な診断が出てきますね笑








まろん:「ひげ」という検索があるけれど、確かに顔の雰囲気によってどんな種類のひげが似合うかかなり異なるので、顔タイプと合わせて気にしている人がいるのは納得です!むしろ、女性はどんなふうに顔タイプ診断を使っているのでしょうか?








ばんちゃん:私は顔タイプの活用もまた、似合うファッションの探求に繋がると思っています。例えばですが、私は恐らくクールカジュアルという顔タイプなので、フリフリがついた服よりスタイリッシュな服が似合う、とか。








たみー:髪型の似合う似合わないもあると思います。ショートボブが似合うか、などです。








せーら:パーソナルカラー診断の検索キーワードにも「似合う髪色」の検索がありましたね。








たみー:芸能人の顔タイプを気にしているのは面白いですね。「芸能人」の検索はパーソナルカラー診断にもありましたし、自分と似た芸能人を参考にしたいということかと思います。




診断を使う心理は「アイテム決定の後押し」?

2022年1月~2023年1月の間で、タイトルに「骨格」を含むページに流入したZ世代のUU数上位のページがこちらです。

Z世代の流入ページ:タイトルに「骨格」を含むページ(UU数上位) 集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)

Z世代の流入ページ:タイトルに「骨格」を含むページ(UU数上位)
集計期間:2022年1月~2023年1月(対象デバイス:PC)





まろん:「似合う服、NG服」といったタイトルのページも見られているようですが、こういう診断をしたとして、みなさんは結果をどう受け止めているのでしょうか。診断の結果「似合わない」とされたファッションやメイクをしないようにするということですかね?








ばんちゃん:私はどちらかというと、今自分がしているファッションが間違っていないことを確信するために使っています。選ぶものを変えるというより、後押しに近いでしょうか。








たみー:自分が好きな服が似合わない側にあった場合、私は信じません笑。信じてはいるが判断は変更しない、みたいなことをよくやりますね。








まろん:なんだか占いに近いような気がしてきました笑








せーら:骨格診断の検索キーワードに「ワンピース」「スカート」「コート」という具体的なアイテム名の検索があります。気になっている商品の検討中に診断を気にする人もやはりいるようですね。




※画像再掲

※画像再掲





たみー:骨格診断とファッションに関しては、そのアイテムが自分に似合わない理由が分かる、というところもポイントな気がします。だからあの服は似合わないのか!と納得して少しスッキリする、みたいな。








ばんちゃん:「似合うものしか着ない」というより「事故りたくない」みたいな心理が強いなとも感じます。診断の概念はアイテム決定の後押し要素でもありつつ、オシャレになりたいけどどこから入ればいいかわからない、という人にとっては明確な判断軸になっているのかもしれませんね。




なりたい自分はあきらめない!Z世代の診断との付き合い方とは?





まろん:とはいえ、様々な診断をもとに「自分に似合うものを選ぶ」というムーブメントの最盛期は過ぎたんじゃないかと感じることもありますよね。いまは「自分の好きなモノを選ぶ」の価値観が主流というか。








たみー:いつだったか「診断疲れ」なんていうワードも流行りましたよね。全部型にはめて似合う似合わないを判断しなくちゃいけなくて、それが若者にとってプチストレスになっている場合があるという。








せーら:同感です。最近はパーソナルカラーがどうとかっていうより、ありのままの自分を愛して、自分の憧れも尊重して、自分が好きな服を着たりメイクをするのが素敵、そのために努力しよう、という風潮が流行ってきている気がします。
ファッションにしろメイクにしろ診断を気にすることは気にするんですが、なりたい理想像と診断結果が違うものだったとしても、肌のトーンをコントロールカラーで調節して似合うようにしたりダイエットをしたり、工夫や努力をする場合が多いと思います。








ばんちゃん:診断結果によって自分の見た目の方向性を決める、という感覚はちょっと違うなと感じます。

診断の内容がある種の美的基準みたいなものになっていて、自分はそうじゃないからあきらめよう、というよりもどうやったら理想状態に近づけるかの戦略立てに利用されているのだと思います。イエベだからこれはやめた方がいい!じゃなくて、イエベの人でもこうすればブルべ系のメイクが似合うようになる!やってみよう!というイメージですね。




【関連】コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

https://manamina.valuesccg.com/articles/2079

女性ファッション業界ではお馴染みの骨格診断。自分の魅せ方を知るため、体験するにはとても楽しいコンテンツです。骨格診断は女性人気が高いイメージですが、メンズ自身のニーズの高まりは見られるのでしょうか。また、骨格診断を活用したビジネスは今後どうなっていくのか。海外で長年ラグジュアリーブランドに従事してきたビューティーアナリスト、東風上尚江が、業界のプロの目線から考察します。

まとめ

今回は、Z世代の検索キーワードをもとに、「タイプ診断」に関する意識を考察しました。

①パーソナルカラー診断、骨格診断、顔タイプ診断の分類は多岐にわたる
・新しく16タイプの分類もされるようになった「パーソナルカラー診断」。
・それぞれの診断同士を掛け合わせて検索する人も多数。
・「顔タイプ診断」も新たな要素として注目され始めている可能性がある。

②診断の活用シーン
・診断の内容はアイテムを決める際の「後押し」として使われることがある。
・診断結果によって必ずしも「自分の好きなアイテムを別のものに変更する」というわけではない。
・「失敗しないため」に診断が利用されている可能性がある。

③「なりたい自分」意識と診断との付き合い方
・診断内容によって必ずしも自分のあり方を決めてしまうというわけではない。
・なりたい自分になるための、方法、戦略として診断内容を利用している人もいると考えられる。

ZenlyやMirrativなど...多様なSNSを使い分けるZ世代のインサイトとは?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

https://manamina.valuesccg.com/articles/2214

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマは、現代のマーケティングにおいて欠かせない「SNS」です。Z世代は「SNSネイティブ」と呼ばれるほど、SNSとの親和性が高いイメージがありますが、実際はどのようなアプリが使われていて、ミレニアル世代とはどのような違いがあるのでしょうか。Z世代ならではの使い方など、リアルな声を取り入れつつ、最新の利用実態を調査していきます。

Z世代のネットショッピングはサイトよりアプリが主流?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

https://manamina.valuesccg.com/articles/2125

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマはネットショッピング。Z世代は“ECサイト”より“ECアプリ”を好むと言われますが、その実態はどうなっているのでしょうか。Z世代メンバーによるリアルな声を取り入れつつ、深掘りしていきます。

Z世代のYouTube視聴ランキング!なぜVtuberが人気?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

https://manamina.valuesccg.com/articles/2251

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第3弾となる今回のテーマは、マーケティングにおいても外せないSNS、YouTubeです。コンテンツ消費にタイパを意識すると言われるZ世代ですが、実際に彼らはYouTubeでどんなチャンネル、動画をみているのでしょうか?Z世代メンバーによるリアルな声を取り入れつつ、その特徴を深掘りしていきます。

この記事のライター

現役Z世代による"Z世代の行動データ"分析ラボ Gen-Z調査隊®
株式会社ヴァリューズで2022年10月に発足。個性豊かなZ世代のメンバーが集まりました。
意識調査データやWeb行動データを活用し、"Z世代のリアル"を分析・発信していきます。
〈メンバー紹介〉
まろん(98年生まれ・エンタメコンテンツ好き)・ばんちゃん(99年生まれ・二次元キャラ好き)・こと(97年生まれ・観葉植物好き)・まなてぃ(01年生まれ・TikTok好き)・ロン(00年生まれ・テレビ好き)・とりとり(01年生まれ・カフェ好き)

関連する投稿


投資を行っているZ世代の4割が月5万円以上投資 投資は「資金に余裕がある人がやること」「専門性が高い」イメージも【僕と私と調査】

投資を行っているZ世代の4割が月5万円以上投資 投資は「資金に余裕がある人がやること」「専門性が高い」イメージも【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、全国のZ世代、ミレニアル世代、X世代の男女を対象に、投資に関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

Z世代の音声メディア利用率は約3割 ラジオやポッドキャストを"ながら視聴"で【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、株式会社ニッポン放送と共同で全国のZ世代を対象に、ラジオやポッドキャストなどの音声メディアに関する意識調査を実施し、その結果を公開しました。


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


Z世代はYouTube、TikTokなど動画主体のSNSの利用時間が長くなる傾向【CCCMKホールディングス調査】

Z世代はYouTube、TikTokなど動画主体のSNSの利用時間が長くなる傾向【CCCMKホールディングス調査】

CCCMKホールディングス株式会社は、全国16~24歳の男女を対象に『Z世代のSNS利用実態や生活満足度との関係性』について調査を実施し、結果を公開しました。


Z世代にとってSNSは承認欲求を満たす場ではない?身近な人とのコミュニケーション手段としての利用が多数【SHIBUYA109 lab.調査】

Z世代にとってSNSは承認欲求を満たす場ではない?身近な人とのコミュニケーション手段としての利用が多数【SHIBUYA109 lab.調査】

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントは、同社が運営する若者マーケティング機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキュウラボ)』にて、Z世代を対象に「Z世代の承認欲求に関する意識調査」を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ