みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/01/22〜2024/01/28)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/01/22〜2024/01/28)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成しました。

2024年1月22日〜1月28日の検索キーワードのトップ3は、「レシピ」「AMAZON」「ログイン」で、2024/01/08週で上位に入っていた検索キーワードが引き続きランクインしています。芸能関係では「かしまし娘」「大塚里香」が注目キーワードでした。2019年7月に発生し裁判の結果が注目されている「京アニ事件」が前週比で上昇しています。

前週比上昇検索キーワード(2024/01/22週)

「かしまし娘」「京アニ事件」

2024/01/22週の前週比上昇検索キーワードは以下の通りです。横軸が検索ユーザー数、縦軸が検索数の上昇率を示しており、マップの右上に位置するキーワードが検索のボリュームも多く、前週比上昇も高い語句になります。

週間キーワード(2024/01/22週(前週比上昇))

図:週間キーワード(2024/01/22週(前週比上昇))
期間:2024年01月22日~2024年01月28日
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

芸能関係は「かしまし娘」「大塚里香」「まふまふ」などが注目度の高いキーワードでした。「かしまし娘」は1956年から活動を開始した音曲漫才トリオです。1月19日に長女の正司歌江さんが老衰で亡くなり、ニュースになりました。「辰吉寿以輝(たつよしじゅいき)」はプロボクサーです。1月23日に行われたAmazonプライムビデオ・ライブボクシングで、日本バンタム級10位の与那覇勇気に2-0で判定勝ちしました。「ガンダムSEEDフリーダム」は1月26日に公開された、ガンダムSEEDシリーズの最新作「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」です。

「京アニ事件」は2019年7月に京都で発生した「京都アニメーション放火殺人事件」です。京都アニメーションのスタジオに放火し、殺人や建造物放火などの罪に問われている被告の裁判員裁判の判決が、1月25日に言い渡されました。京都地方裁判所では死刑判決が出ましたが、弁護人と本人が控訴しており、次の裁判は大阪高等裁判所で開かれます。

検索キーワードランキング(2024/01/22週)

確定申告の準備

2024/01/22週の検索キーワードランキングは以下の通りです。

週間キーワード(1位〜10位)

図:週間キーワード(1位〜10位)
期間:2024年01月22日~2024年01月28日
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

週間キーワード(11位〜20位)

図:週間キーワード(11位〜20位)
期間:2024年01月22日~2024年01月28日
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

2024/01/08週に引き続き「レシピ」「AMAZON」が上位にランクインしています。

前週比111%、6週比369%と注目度が上がっているのは「確定申告」です。例年およそ2月16日〜3月15日を申告期限とする確定申告は、とくに個人事業主の方にとっては大きなイベントでしょう。毎年1月1日〜12月31日までの1年間に発生した所得とそれに対する所得税を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などの過不足を精算する手続きです。

会社員の場合は勤務先が年末調整をしてくれるため、基本的に確定申告は不要です。しかし、2,000万円以上の給与収入があったり年間20万円以上の副収入があったりする場合は、確定申告が必要です。対象者が確定申告をしていない場合、本来納めるべき所得税に加えて、延滞税や無申告加算税などのペナルティが課せられるため注意が必要です。詳しくは国税庁の「令和5年分 確定申告特集」をご確認ください。

前週比や6週比で大きく伸びているわけではありませんが「楽天市場」「アマゾン」「メルカリ」など、インターネットショッピングのキーワードは安定してランクインしています。「【最新版】2023年版大手ECサイト売上順位ランキングをご紹介!」によると、国内では楽天がもっとも大きな市場のようです。

6週比上昇検索キーワード(2024/01/22週)

「離婚しない男」「大阪国際女子マラソン」

2024/01/22週の6週比上昇検索キーワードは以下の通りです。こちらのマップも右上に位置するキーワードが検索のボリュームも多く、6週比上昇も高い語句になります。

週間キーワード(2024/01/22週(6週比上昇))

図:週間キーワード(2024/01/22週(6週比上昇))
期間:2024年01月22日~2024年01月28日
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

芸能情報では「若林志穂」「野沢直子」などが上昇しています。「離婚しない男」「不適切にもほどがある」など、1月にスタートしたドラマのキーワードの注目度も高いとわかります。ストーリーにインパクトがあったり人気俳優が出ていたりすると、初回放送で視聴者の関心も高くなるでしょう。最終話が放送される3月まで継続的に上昇しているキーワードがあれば、今クールで話題になったドラマが推測できそうです。

1月28日に行われた第42回「大阪国際女子マラソン」では、2021年の東京五輪代表の前田穂南選手が日本勢最高の2位に入り、日本新記録を達成しました。パリ五輪の最後の代表枠にも影響するレースでもありました。「選抜高校野球」は、3月18日から始まる第96回センバツ高校野球に関連するキーワードで、出場する32校が1月26日に発表されました。大会連覇を目指す山梨学院や、能登半島地震の被災地である石川県の日本航空石川などが選ばれています。

季節のイベントとしてキーワードが上昇しているのは「恵方巻き」です。恵方巻きは、2月3日の節分に、その年の幸運を司る神様がいる「恵方」を向いて食べると良いとされる縁起物です。2024年の恵方は「東北東」でした。

まとめ

2024/01/22週の検索キーワードのトップ3は、「レシピ」「AMAZON」「ログイン」でした。2024/01/08週でトップにランクインしていたキーワードが引き続き上位に入っています。「AMAZON」のほかにも、「楽天」「メルカリ」などがランクインしており、インターネットショッピングの利用者が多いと推測できます。

6週比を見ると、1月にスタートしたドラマのキーワードが上昇しています。最終話の放送まで継続的に上昇しているキーワードがあれば、今クールで話題になったドラマがわかるでしょう。スポーツでは、パリ五輪の代表枠にも影響する「大阪国際女子マラソン」3月に開催される「選抜高校野球」が上昇していました。

前回に引き続き芸能情報とスポーツは注目度が高く、パリ五輪が近づく夏に向けて、関連キーワードの上昇が推測できます。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

Webライター。転職、キャリア、美容、不動産、金融ジャンルの記事を執筆中。新卒からシステムエンジニアとして働いていました。ライティングにおいては、わかりやすい文章を書くことはもちろん、どこかくすっと笑えるような、読み手が温かい気持ちになれる記事を書くことを心がけています。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!早くも「夏」の準備開始?「母の日」プレゼント選びも(2024年5月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!早くも「夏」の準備開始?「母の日」プレゼント選びも(2024年5月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第19弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「夏」「母の日」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代の準備・楽しみ方が気になる「夏」、「母の日」のプレゼント選びの悩み など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第18弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「名探偵コナン」「ゴールデンウィーク」「MBTI診断」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 登場キャラクターや企業とのタイアップで話題を呼んだ劇場版「名探偵コナン」、Z世代の過ごし方が気になる「ゴールデンウィーク」、Z世代の出会いの場で活用される「MBTI診断」など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


若者層に広がるコンテンツの「考察」ブーム。検索データの分析からその思考に迫る

若者層に広がるコンテンツの「考察」ブーム。検索データの分析からその思考に迫る

ここ数年でよく耳にする、コンテンツへの「考察」。若年男女の間で特に人気になっています。対象となるコンテンツは幅広く、自分の意見を文章で表現できるメディアが「考察」の場として人気を集めています。「ネタバレ」「あらすじ」の検索者とは異なる「考察」人気の背景を、データから探ります!


「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

検索エンジンで調べ物をするときによく使われる「〇〇とは」検索。今回は、直近1年間で検索数が多かった注目ワードや、時期によって急上昇したトレンドワードをご紹介します。「とは」検索から見えてくる最新の流行りやみんなの関心事を読み解いていきます。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

アプローチしたい顧客セグメントに到達するためには、コミュニケーション媒体として適切なSNSを選定し活用することが重要です。数多くの新興SNSも登場する中、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)それぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ