SaaSの事例紹介【今流行りのビジネスを理解しよう】

SaaSの事例紹介【今流行りのビジネスを理解しよう】

SaaSというサービスが一般的になっています。クラウドサービスを提供する上で、提供方法に変化が見られるのです。ただ、名前が広まっているとは言え、実際にはどのような意味なのか明確に分からないこともあるでしょう。この記事では、SaaSの導入事例から特徴を見ていきます。


SaaSとはクラウド上のサービス

Software as a Service」は、SaaSという略語の元になる言葉です。特定の機能を、クラウドサービスとして提供することを意味しています。目的別に数多くのソフトウェアがありますが、機能をパッケージとして提供します。

SaaSではパッケージとしてすべての機能が含まれているのではなく、インターネット経由で必要な機能のみを利用するのが特徴です。また料金に関しても、パッケージ版では買取式のライセンス付与形式になっていますが、SaaSでは使用した機能に対してサービス料を支払います。

導入するメリット

SaaSを導入することで、ユーザー側が必要な機能のみ、または使用する期間のみのサービス料を払うことができるというメリットがあります。一方のパッケージ版では、全ての機能がセットになっていることも。SaaSなら必要な機能を選ぶことができるので、一つのメリットになるでしょう。

またユーザー側としては、コンピューターの導入や管理が不要になるという点もあります。インターネット上でサービスを使えるので、ログインするだけで利用できるのです。インストールしないので、パソコンのストレージを圧迫することもありません。

デメリットとは

デメリットとして、ネットワーク障害が生じたときには、利用できないということがあります。また、仕様変更をするのは困難になりますし、長期利用すると高額になってしまうこともデメリットとして挙げられます。

SaaSのサービスの例

SaaSを実際に導入したサービスの例を見ていきましょう。

クラウドストレージでペーパーレス化

ファイルの印刷が多い現場では、クラウドストレージを使ってファイルの共有を行うのも一般的になってきています。ペーパーレス化をすることで、印刷コストを抑えることができるでしょう。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも見ることができるので、利便性が増します。

コピー機を大量に使うことも少なくなりますし、資料も気兼ねなく共有することが可能です。

会計ソフトで経理を楽に

会計業務は、利益が生み出される仕事ではないとはいえ、非常に重要な業務です。SaaSの会計ソフトを利用することで、会計業務を効率化し、ミスも大幅に減少させることができます。業務のリソースを他の部分に注力できるので、SaaSを導入することで経理も楽になります。

クラウドオフィスソフトでどこでも作業

クラウドオフィスソフトを利用することで、オンライン環境があればどこでも作業できるようになりました。インターネットがあり、デバイスがある環境であれば、ドキュメントを共有したり、編集したりするのも容易になります。

働き方改革で自宅やオフィスだけでなく、コワーキングスペースで働く方も増えてきましたが、多種多様な働き方に合わせやすいのも、クラウドオフィスソフトを導入する効果でしょう。

SaaSを導入した事例

SaaSをを導入した事例から、どのようなメリットや効果が生まれているのか見ていきましょう。

G Suite

G Suiteというのは、Googleが提供しているビジネス向けアプリケーションパックです。GmailやGoogleドライブ、ドキュメントを編集するGoogleドキュメントなど、アプリケーションがパッケージされているものです。

ビジネスで必要になるツールがセットになっているので、業務との親和性が高い点が特徴。アプリからも利用することもできますし、インターネット上のブラウザからもアクセスできます。

Office Web Apps

Office Web Appsは、Microsoftが提供しているドキュメント編集ツール。Microsoftのアカウントを使い、OneDrive上でドキュメントの作成、編集、共有ができるツールです。

その後OfficeOnlineに名称が変更され、Officeの主要なアプリケーションを提供しています。編集したファイルは、OneDrive上に保存することもできますし、様々な形式でパソコンにダウンロードしておくことも可能です。特定のデバイスがなくても、ブラウザからオンラインでドキュメントの閲覧や編集ができます。

Evernote

Evernoteはオンラインのメモとして、認知度を一気に高めたツールです。デバイスを意識せずに、メモをアップロードすることができるのが特徴です。メモだけでなく、リマインダーやタスク管理なども一括でできます。

有料プランでは、他の方と共同で作業をすることができたり、オフラインでノートを利用することができたりもします。どこからでもノートにアクセスできるので、場所を問わずにドキュメントやメモを管理できることがポイントです。

SaaSを活用してビジネスの効率アップ!

SaaSが注目されているのは、効率を向上させるのに役立つサービスの提供方法だからです。SaaSという形でサービスを提供すると、ユーザーが必要な機能だけを利用することができ、最新のソフトウェアを利用することも可能など、数多くのメリットがあります。

SaaSを利用する側にも数多くのメリットをもたらします。自社にソフトウェアを導入するときにはSaaS導入のメリットを考慮して、ビジネスの効率をアップさせられないか考えてみるとよいでしょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


SaaS

関連する投稿


カオスマップが注目されるマーケットとは?eMark+で上位業界とその傾向を探ってみた

カオスマップが注目されるマーケットとは?eMark+で上位業界とその傾向を探ってみた

特定のマーケットの中にどんなプレーヤーがいるのか、特徴別に分類し、図式化したカオスマップ。市場動向調査や競合研究になどに活用する人も多いのではないでしょうか。最近は複数のプレーヤーが乱立するマーケットが増え、あらゆる業界のカオスマップが作成されています。本稿では、サイト分析ツールeMark+を活用し、今注目度の高いカオスマップを調査。なぜ注目を集めているのか、その理由を分析します。


最新の投稿


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

元号が「平成」から「令和」となった印象的な年、2019年も間もなく終了します。そこで今回は2019年1月~10月のサイトランキングTOP30を作成し、どんなサイトがランクインしているかを調査しました。また、前年と比較してユーザー数が伸びているサイトにも注目。今後のWebサイトのトレンドが垣間見えるかもしれません。


2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年も間もなく終わります。そこで今回は、日常生活やビジネスシーンなどで欠かせないものとなっているスマートフォンのアプリについて振り返ってみました。2019年はどんなアプリが人気だったのでしょうか? 2019年1月~10月のアプリランキングTOP30と、前年と比較して利用者数が伸びているアプリについて紹介していきます。


8つのステップで学ぶカスタマージャーニーの作り方

8つのステップで学ぶカスタマージャーニーの作り方

顧客が消費・サービスを認知してから購入にいたるまでの購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニー。「マナミナ」では、カスタマージャーニーの事例や使い方について触れてきましたが、実際にカスタマージャーニーを作ろうとすると、細かいところで作り方がわからないポイントがあるのではないでしょうか。カスタマージャーニーの作り方をステップ毎に解説します。


ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

2019年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら