料理が好きな人の関心ワードは?“おもてなし”と“作り置き”の2つに注目!

料理が好きな人の関心ワードは?“おもてなし”と“作り置き”の2つに注目!

料理が好きな人はどんなキーワードを検索しているのでしょうか。今回は料理好きユーザーのインサイトについて調べるため、株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「料理に興味がある」と答えたモニターのインターネット行動ログから、彼らが関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しました(※行動ログの集計期間は2018年11月〜2019年4月の半年間)。関心キーワード1位は「キッシュ」、2位は「クリームチーズ」。データからは、”おもてなし”料理と”作り置き”料理への興味が示唆されました。


関心ワード1位は「キッシュ」、2位は「クリームチーズ」

まず、料理好きなユーザーの関心キーワードをランキングにしてみました。次の図をご覧ください。

※特徴値とは、「料理が好き」と答えたユーザーを全体のユーザーと比べた時に、興味度合いを示す値です。すなわち、この特徴値が高ければ高いほど、「料理好きユーザー特有の」キーワードだと言うことになります。

料理好きユーザーの 関心ワードトップ10

料理好きのユーザーがもっとも関心を持っているワードは、「キッシュ」でした。

キッシュ

キッシュは、パイ生地やタルト生地の中に卵ベースの具材を流し込んでオーブンで焼く、フランス発祥の料理。駅ナカのパン屋さんで売っているのを、最近はよく見かけるようになりました。

2位には、クリームチーズがランクイン。

クリームチーズ

次の段落でご紹介する「ワードネットワーク」を見てみると、キッシュに入れたり、酒粕と一緒につまみにしたりと幅広く使うことのできる食材としてクリームチーズは注目されている様子。

日常の食卓でよく登場しそうな「鶏胸肉」や「いわし」、「作り置き」などのワードが上位に入っている一方、「キッシュ」や「ローストチキン」などおもてなし料理も興味を引いているようです。

“おもてなし”料理と“作り置き”料理に興味が分かれる

続いて見ていくのは、「ワードネットワーク」というキーワード同士の関連性を示した図。

この図では、検索行動やコンテンツの分析結果から判明した「関連性の近い」ワード同士が結ばれています。

ワードネットワーク

例えば、関心ワードランキング2位に入っていた「クリームチーズ」は、1位の「キッシュ」とも繋がっていますが、「酒粕」や「生ハム」とも繋がっています。

これを見ると、料理好きなユーザーはクリームチーズを使った“おもてなし”料理を作りたいのではないかという推測ができます。クリームチーズはクラッカーに塗るだけでなく、ちょっとしたおつまみにもなることに、料理好きなユーザーは注目しているのかもしれません。

また、「ひき肉」や「鶏胸肉」といったワードは「作り置き」「おかず」などのワードに繋がっていて、かしこく作り置きおかずを作ろうとしていることがわかってきます。

料理が好きだからこそ、平日や忙しい時にはかしこく作り置きおかずを活用し、お客さんを呼ぶ時や週末は、ちょっと豪華なおもてなし料理をつくる。そんな風に、つくる料理をうまく使い分けているのではないでしょうか。

そうだとすると、同じ食材で「おもてなし料理」も「作り置き」もできるという提案レシピがあると、ユーザーの興味を引くことができるかもしれません。

関連が強いワードから作りたいレシピが見えてくる

次にご紹介するのが、階層クラスタリングという図。隣にあるキーワードとの関連性が強く、括られているキーワード同士の関連性が強いことを表しています。

階層クラスタリング

この図に並んでいるワードの関係性から、キッシュに入れる材料を悩んでいるのではないかという仮説や、「サイドメニューはローストビーフとローストチキン、どちらがいいのだろう?」と悩んでいるユーザーの姿を推測することがでます。

また、上から「おかず」までの括りと、酒粕からパイナップルの括りが分かれていることから、和洋のおかずへのニーズと、健康的な食べ物に対するニーズが分かれていることも見えてきます。

女性の若年層は、“おもてなし”料理に興味

次に、それぞれのワードに関心を持つ人を性別・年代で分析していきましょう。

この図では、縦軸に平均年齢を、横軸に性別を取り、ワードごとにプロットしました。上にプロットされているほど、そのワードに興味を持つ人の年齢が高く、右にプロットされるほど女性割合が多いことになります。

性別・年代別関心ワードマップ

圧倒的に、どのワードに関しても女性の関心度が高いことがわかります。

また、比較的若い40代くらいの世代の女性が「クリームチーズ」などの洋風な食べ物を検索し、「いわし」や「黒酢」を検索している平均年齢は高めに出ています。

お弁当

作り置きをするための食材、例えば「ひき肉」や「鶏胸肉」は中間くらいに置かれているのを見ると、幅広い世代が作り置きに興味を示していることがわかります。

SEOの狙い目ワードは「炊き込みご飯」

最後に、ワードの競合性をマッピングしました。

この図は縦軸にGoogle検索ボリューム、横軸に競合性をとっています(データはGoogleのキーワードプランナーから取得)。

上にプロットされるほどボリュームが多く、右にプロットされるほど検索ワードのリスティング広告での競合性が高いことを意味します。

キーワードの競合生マッピング

これらのワードの中でもっともSEO対策に効き目がありそうなのは「炊き込みご飯」でしょう。
競合性も0.01ほどで、検索ボリュームも多いため、狙い目と言えそうです。

炊き込みご飯

ただ、「炊き込みご飯」と検索すると、クックパッドのレシピや大手調味料メーカーのレシピが上位に表示されるため、「作り置き」などのワードと組み合わせることで、よりSEO評価に結びつくのではないでしょうか。

その他の狙い目ワードとしては、「ローストビーフ」や「キッシュ」なども挙げられるでしょう。

まとめ

今回は「料理好き」ユーザーの関心キーワードを分析してみました。

おもてなし料理を作りたい若い年代と、健康的な料理を作りたい年代が分かれており、そのどちらも“作り置き”に注目していることがわかりました。

「炊き込みご飯」や「キッシュ」などの、SEO対策に効果のありそうなキーワードはいくつかありますが、レシピの記事は一定数公開されていることを考え、プラスαの情報を付け加えてあげることがポイントと言えそうです。

本調査結果を今後のマーケティング施策に役立てていただけましたら幸いです。

photo by :pixa bay(https://pixabay.com/

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2018年11月〜2019年4月の検索流入データ
※アンケートはインターネットを利用し興味関心項目をアンケートで聴取
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連する投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

We will analyze food trends targeting marketers who are sensitive to trends in the food industry. The focus is ‘Yakult 1000.’ We hear about ‘Yakult 1000’ everywhere these days, but why has it become so popular? Let’s find out the reason behind Yakult’s popularity by analyzing the search data.


BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

BTS初心者が「推し活ファン」に定着する過程を行動ログデータから調査してみた

2013年にデビューし、2019年頃から2021年にかけて日本国内のみならず世界中を席巻したBTS。 では、BTSに関心を持ち始めた人はどのようにして推し活をするようなコアファンとして定着していくのか?今回は、2019年の時点でBTS初心者と思われるユーザーを検索行動から類推し、その後3年間のWeb行動分析から、ファン定着のシナリオを推察します。


BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「完全栄養食」。この言葉自体はまだなじみが薄いかと思いますが、「BASE BREAD」「完全メシ」などはコンビニで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「完全栄養食」3種類の検索ワードデータから、「完全栄養食」が秘めるポテンシャルを分析します。


【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

【調査リリース】2022夏の旅行トレンド全国調査 ~ 夏の国内旅行予定はコロナ前水準に回復、 旅先に求めるのは“定番の観光スポット”

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女7,632人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自消費者パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して、消費者の旅行動向を分析しました。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら