LP(ランディングページ)の構成や特徴とは?制作の際に注意すべきこと

LP(ランディングページ)の構成や特徴とは?制作の際に注意すべきこと

インターネット広告が一般的になり、広告効果が向上するにつれて、LP(ランディングページ)の広告効果の作用は大きくなっています。では、実際にLPを作る際には、どのような構成にしたり、ポイントを抑えたりすることが必要でしょうか?LPを制作する際の注意点も合わせて、詳しく解説します。


LP(ランディングページ)の基本構成

ランディングページでまず考えるべきことはファーストビューです。ユーザーがインターネット上のバナー広告や検索エンジンの結果をクリックし、アクセスをして最初に目に入る部分となります。

ファーストビューではユーザーが求めていると考えられるサービス情報を提供することで、サイトからの離脱を抑えることを目標とします。

スマホなどのビューに合わせた構成にする

テキスト量の面では、スマホビューに合わせた構成にする必要があるでしょう。ワイドなPC画面では比較的長いテキストでも表示することが可能です。しかし限られたスペースしかないスマートフォンでは、大量のテキストが並べられると、理解するのにも読み進めるのにも時間がかかり、ユーザーの離脱につながります

文字サイズや画像の大きさなど、スマートフォンでの読み手のことも考えて、LPを作成することが必要なのです。

では次の見出しから、LPの構成やポイントを解説します。

ポイント1:ファーストビューで訴求

ファーストビューはページにアクセスした時に最初に見える画面範囲です。最初にユーザーが目にする部分ですので、ユーザーが読み進めたいと思わせる内容にする必要があります。

人の脳は見てから3秒で、好きなのか嫌いなのかを判断します。そこでファーストビューも興味を持ち、必要な情報が含まれていることをアピールしなければいけないのです。

キャッチコピーやアイキャッチ画像でイメージを与える

では、ファーストビューを作るときはどんな点に留意すべきでしょうか。これはキャッチコピーとアイキャッチ画像の2つが重要です。

キャッチコピーに関してはユーザーのニーズに突き刺さるワードを入れることで、ページを読み進めてもらうことが可能になります。

また、アイキャッチ画像やメイン画像などを、訴求したい内容のイメージと合わせることによっても、ユーザーが離脱することを避けられるでしょう。インターネット広告で使用されているバナーと合わせることでも、イメージが乖離することを避けられます。

ポイント2:ボディで必要性を説明する

次に、ボディエリアになりますが、ここでは魅力的な内容を伝えたファーストビューの信頼できる裏付けや説得する内容を含めます。サービスを利用することでなぜそのような結果が得られるのか、またそれは信頼できるソースなのかというポイントを説明するのが、ボディの部分となります。

なぜ役立つかを解説

アクションを起こした後の、閲覧者の変化や未来について明示するのもこの部分です。想定されるニーズを前提に、顕在的または潜在的にあるニーズを考えて、解決方法を提示します。

この点はサービスにもよりますが、例えば含まれている成分を解説したり、製造工程も解説したりすると、なぜ必要なのか、作られている環境は信頼できるのかを説明することができるでしょう。

例えばショッピングサイトでは、実物を手にして見ることができないので、商品の良し悪しはページにて判断する必要があります。ユーザーからすれば、実際に手にするものと今見ている情報は同じなのか、本当に買って満足できるのかなどが不安になります。

そこで、ボディの後にはサービスの導入方法やよくある質問などを配置し、商品への不安を払拭させていくく必要があります。どのように申込をしたり、設定をしたりするのか、また実際に使った人の口コミなどを掲載すると、商品への不安を無くすことができるでしょう。

LPならではの注意点

LPというのは、ユーザーの購買意欲を刺激するということが大きな目的です。そのために商品やサービスについての情報を提供し、離脱させないための構成とする必要があります。

そこで次は、どのような点で他の記事と異なるのかという切り口で、他のページへのリンクの少なさと、情報量の多さという2つの点に分けて見てみます。

他のページへのリンクがない

通常のページでは、情報が多くなりすぎるとページを分割したり、補足説明をリンクで飛ばしたりすることができます。しかしランディングページにはリンクが存在しないので、ユーザーを離脱させることはありません。

情報量が多くなったとしても、1枚のページになっていることから、ユーザーの興味が購入することに向いているのです。

情報量が多い

LPには、1枚のページ内で商品に関する情報を説明しています。したがって情報は多くなりがちになるでしょう。

一般的なページであれば、細かく分けられる情報は、別のページへと分割します。しかしユーザーの離脱を避けるために、1枚のページに収めるので、情報量が多く縦に長いページが仕上がるのです。

1枚のページを読めば、製品やサービスについて全て分かるという内容になっていることがほとんどです。LP独特の縦長のページになってしまうのには、このような理由があるのです。ユーザーを想定し、必要と思われる情報を提供すれば、ユーザーも納得してサービスや商品を購入できるでしょう。

ユーザーを離脱させないLPの構成にしよう!

本記事で語ったように、LPはユーザーが離脱しないような構成にする必要があります。ここで取り上げた内容は、LPの構成をするのであれば、必要な基本的なポイントです。これらの点を抑えていると、効果的なLPを作成することができるでしょう。

確実にコンバージョンできるように、想定ワードや広告文など他の分野にも関係するLP。コンバージョンさせたいサービスによる違いもあります。

それでも上記のポイントを考慮していると、コンバージョン率の高いLPの作成ができるでしょう。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


カスタマージャーニー LP

関連する投稿


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


犬を飼う人のカスタマージャーニーとは?アンケートとWeb行動ログのビッグデータで分かること

犬を飼う人のカスタマージャーニーとは?アンケートとWeb行動ログのビッグデータで分かること

マーケティングにおいて、ユーザーとのコミュニケーション施策を決めるために必要なのがカスタマージャーニー。カスタマーの心情理解のための調査としてはアンケートを用いることが多いですが、インターネット上の検討行動は分かりません。これを明らかにするのがWeb行動ログデータです。犬を飼育し始めた人の、飼育前と飼育後のカスタマージャーニーを例にセミナーが行われました。


ユーザーの購買検討プロセスを理解するデータ分析手法とは。アナリストの灰谷さんに聞いてみた

ユーザーの購買検討プロセスを理解するデータ分析手法とは。アナリストの灰谷さんに聞いてみた

ユーザーがものを買うとき、その決め手は何なのでしょうか? マーケティング担当者にとってそれは常に注視すべきポイントのはず。ユーザーの理解を深めれば、自ずとマーケティング戦略やプロモーション施策も決まっていくからです。こうしたマーケティングの中心的な課題である「ユーザー理解」のための調査をするのが、ヴァリューズのデータアナリスト・灰谷圭史さんの仕事。灰谷さんはどのようにデータを扱い、ユーザーインサイトを紐解いているのでしょうか。その調査手法を事例とともに語っていただきました。


仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

仮説だけで作ってない?カスタマージャーニーを分析してみよう

ユーザーエクスペリエンスマップとして、UI設計で使用されてきた「カスタマージャーニーマップ」は、顧客の経験価値を上昇させるために注目を集めているマーケティングの手法です。カスタマージャーニーマップを作成する上では、ターゲットユーザーの分析が欠かせません。ここでは、「正確なデータの収集」や「顧客情報の獲得」が必要となり、VALUESの「eMark+」シリーズが有効です。カスタマージャーニーマップの作成をお考えの方は、以下をご一読いただき、ぜひ無料利用をお試しください。


最新の投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら