市場調査とは?主な調査法や注意点を解説!

市場調査とは?主な調査法や注意点を解説!

商品やサービスを販売するのに、市場需要があるのかを調べておくのは非常に重要です。消費者の動向を調査するための、市場調査が大きな鍵を握ります。この記事では、市場調査とはどのようなものなのか、また市場調査をする方法を解説していきます。


市場調査とは何?

市場調査では、自社のサービスや商品を購入してもらうために、消費者ニーズ競合他社の動向を調査・分析します。

似た言葉には、マーケティングリサーチがあります。マーケティングリサーチの場合には、現在の市場の動向だけでなく、未来の市場の動きも予想して、販促を進めます。

市場調査もマーケティングリサーチの一部と言うこともできるでしょう。

市場調査の目的

調査をする対象はマーケットだけにとどまらず、消費者の集まりとなります。
商品やサービスをすでに購買している、もしくは購買する見込みがある個人や企業なども含まれます。

市場調査の対象から、仮説を実証するためのデータや、事実を明らかにするデータを集めるのです。

売り上げが伸びていない自社製品があるとすると、改善策となる仮説を立てて、分析が正しいのか、間違っているのかを検証するためにも行います。
これが仮説を検証するデータを集める、仮説検証となります。

もう一方は、顧客が製品やサービスに対する現実の意見を集める、事実調査というものです。ニーズを把握することで、今後の参考となる情報を集めることができるのです。

市場調査の方法

市場調査には、いくつものの方法があります。

この見出しでは、市場調査によく利用される方法を解説します。

アンケート調査

市場調査の中でも、よく知られている方法がアンケート調査です。調査と聞くと、まずイメージしやすい調査方法でもあります。

企業だけでなく、自治体や学校でもアンケートを使って、調査を行う手段が利用されます。アンケート調査をしても、調査を受ける側がそれほど真剣に回答しなかったり、警戒して答えなかったりするケースもあるのが注意点です。

また質問内容が答えを誘導する形式になってしまうと、正確なデータを集めることができません。

調査設計にあたり注意点があるにしても、安価に行うことができ、アンケートをする人もされる人も一般的な方法というメリットがあります。

また近年では、インターネット上でアンケートを取る「ネットアンケート」も一般的になっています。
回答の内容によって次の質問を変えることもできるので、回答の負担を軽減することにもつながり、より多くの回答から精度の高いデータの収集が可能です。

インタビュー

インタビューをする場合は、調査をする人1人に対して、調査対象となる人も1人です。デプスインタビューとも言われるこの方法は、より時間をかけてヒアリングできるという特徴があります。

アンケートと比較をすると、詳細な調査も可能です。インタビューの場合は、質問が決まっているアンケートではなく、内容に合わせて質問も変化させることができます。デメリットとして、調査に時間がかかるという点があるでしょう。

インタビューでも、複数人を一度にインタビューするケースもあります。「グループインタビュー」これを略して「グルイン」とも言われる方法です。ヒアリングを重視した調査方法でありながらも、細かい調査を行いたい場合に有効な方法です。

しかし対面でインタビューをするよりも、じっくりとヒアリングして調査できる範囲は狭くなります。求めるデータの精度や費用の許容範囲で判断できます。

電話調査

電話で調査をするのは、郵送でアンケートをして、返送が来ないことを避けるために電話をします。
インタビュー調査のメリットとも重なる点がある調査方法です。

電話をかけるでけで、営業の電話と勘違いされやすく、電話調査をしにくいという現状もあります。

また別のポイントとして、スマートフォンの普及で、固定電話を持っている人が少ないという現状も考えるべき点です。
調査のデータの均等性を維持するのが難しくなります。

効果を発揮する場面として、すでに自社の顧客に調査を行うなどがあります。

覆面調査

覆面調査は、一般の顧客を装って、サービスや商品を購入して、実際に体験するという調査方法です。
調査される側は、いつ調査員が来たのか、購入したものが何なのか分からないようになっています。

実情を調査するには、非常に適した調査方法です。
ただし、調査されているのが発覚したり、調査員の感覚に左右されるデータになりがちなのが注意点です。

覆面調査がよく行われるのは、飲食店や店舗のサービスを判断する場合となります。

市場調査の注意点

市場調査を行うのであれば、何のために市場調査を行うのかを考えておきましょう。
目的を明確にして、マーケティングに活かすことができるデータを集めることが可能となります。

自社にとって嬉しいデータばかりではなくても、データを改ざんしたり、隠ぺいしたりせずに調査結果を使います。

現状を把握し、どのように改善をするのか、仮説を立てて検証をしましょう。
ただ調査をするだけでなく、改善のために行動することによって、本当の効果を見ることが可能になります。

市場調査で顧客のニーズを掴む

市場調査をすることで、顧客のニーズや市場の動向を知ることができます。
自社のサービスや製品の販促をする時には、適切な市場調査をすると、マーケティングに役立てることが可能です。

様々な市場調査方法を駆使して、自社のマーケティング施策を作り上げていきましょう。

市場調査をするには、ツールを活用する方法がおすすめできます。

ツールを使うことで、ユーザー属性や行動などを、すぐに可視化することが可能です。

ネットで消費者傾向や市場調査を簡単にできるeMark+なら、市場調査の効率を向上させられます。

さらにどのような活用方法があるのかについて、下記の記事もご覧ください。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アンケート

関連する投稿


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

元号が「平成」から「令和」となった印象的な年、2019年も間もなく終了します。そこで今回は2019年1月~10月のサイトランキングTOP30を作成し、どんなサイトがランクインしているかを調査しました。また、前年と比較してユーザー数が伸びているサイトにも注目。今後のWebサイトのトレンドが垣間見えるかもしれません。


2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年も間もなく終わります。そこで今回は、日常生活やビジネスシーンなどで欠かせないものとなっているスマートフォンのアプリについて振り返ってみました。2019年はどんなアプリが人気だったのでしょうか? 2019年1月~10月のアプリランキングTOP30と、前年と比較して利用者数が伸びているアプリについて紹介していきます。


ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

2019年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


市場調査の3つの成功事例を紹介。日本ハム、明治、セブン&アイの手法とは?

市場調査の3つの成功事例を紹介。日本ハム、明治、セブン&アイの手法とは?

1年半で国内最大級のBBQサイトに成長した日本ハム、新しい取り組みが多い明治「ザ・チョコレート」、売れないと言われた固定観念を打ち破ったセブン&アイホールディングスの「金の食パン」。新事業を開発するにあたり市場調査がどう具体的に役立つかわかる3つの事例をご紹介します。


最新の投稿


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

元号が「平成」から「令和」となった印象的な年、2019年も間もなく終了します。そこで今回は2019年1月~10月のサイトランキングTOP30を作成し、どんなサイトがランクインしているかを調査しました。また、前年と比較してユーザー数が伸びているサイトにも注目。今後のWebサイトのトレンドが垣間見えるかもしれません。


2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年も間もなく終わります。そこで今回は、日常生活やビジネスシーンなどで欠かせないものとなっているスマートフォンのアプリについて振り返ってみました。2019年はどんなアプリが人気だったのでしょうか? 2019年1月~10月のアプリランキングTOP30と、前年と比較して利用者数が伸びているアプリについて紹介していきます。


8つのステップで学ぶカスタマージャーニーの作り方

8つのステップで学ぶカスタマージャーニーの作り方

顧客が消費・サービスを認知してから購入にいたるまでの購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニー。「マナミナ」では、カスタマージャーニーの事例や使い方について触れてきましたが、実際にカスタマージャーニーを作ろうとすると、細かいところで作り方がわからないポイントがあるのではないでしょうか。カスタマージャーニーの作り方をステップ毎に解説します。


ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

2019年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら