グルメ好きの人が興味を持つのは「てんぷら」や「昼飲み」。ユーザーの関心キーワードを調査

グルメ好きの人が興味を持つのは「てんぷら」や「昼飲み」。ユーザーの関心キーワードを調査

グルメやレストラン好きな人たちが興味を持っているワードは何でしょうか。株式会社ヴァリューズのアンケート調査で、「グルメ・レストラン好き」と答えたモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析し、インサイトを探ってみました。


ワード1位はてんぷら、場所では日比谷や自由が丘が人気

まず、グルメ・レストラン好きユーザーの関心ワードを特徴値の高い順に並べました。次の図をご覧ください。

※特徴値とは、「グルメ・レストランが好き」と答えたユーザーを全体のユーザーと比べた時に、興味度合いを示す値です。すなわち、この特徴値が高ければ高いほど「グルメ・レストラン好きユーザー特有の」キーワードということになります。

関心ワード1位は「てんぷら」でした。

日本食の中でも、圧倒的人気を誇るといえる「寿司」がランク外であるにもかかわらず、「てんぷら」が1位になったのはとても興味深いです。グルメ・レストラン好きを自認する人は、寿司よりもてんぷらの方にこだわりを持っていると言えるでしょう。

また、場所では「日比谷」や「自由が丘」「二子玉川」「下北沢」といった場所がグルメ好きの興味を引いていました。

「てんぷら」と「麻婆豆腐」の関連性が高い

次に、キーワード間の関連性を示す「ワードネットワーク」を見てみましょう。この図では、検索行動やコンテンツの分析結果から判明した「関連性の近い」ワード同士が結ばれています。

関心ワードで1位だった「てんぷら」と近い関係にあるのは、やはり鉄板人気の日本食である「鮨」でした。付随して「まぐろ」や「海鮮」も近いところに位置しています。

併せて食に興味がある人々は、「中華料理」や「麻婆豆腐」、「中華そば」などにも興味があるようです。パスタやパンなどの洋食よりは、日本食や中華などがグルメ好きの心をつかんでいるのでしょうか。

場所では「丸の内」や「日比谷」など東京駅付近や、「自由が丘」や「下北沢」、「二子玉川」などの知名度の高い街が人気なようでした。加えて「名駅(名古屋駅)」がこれらのワードと近い位置にあるのも興味深いです。

また、「帝国ホテル」と「アフタヌーンティー」も近い関係にあるようです。なかなか行くことのできない憧れの帝国ホテルで、期間限定で行われる「アフタヌーンティー」を楽しむことが、ちょっとリッチな息抜きとして流行しているのでしょうか。

「鮨」や「アフタヌーンティー」に年代ごとの特徴が

続いてデモグラフィック属性別に、食についての興味をみていきましょう。

以下の図は、縦軸が平均年齢、横軸が性別となっています。縦軸は上にプロットされるほどそのワードに興味を持つ人の年齢が高く、横軸は左にプロットされるほど、男性からの興味が強いということを示します。

まず、「鮨」はプロットされているワードの中で一番興味のある人の年齢層が高い結果となりました。「寿司」ではなく「鮨」という漢字でプロットされているのも面白いポイントです。

ところで、「寿司」と「鮨」の違いをご存知でしょうか。「寿司」は幅広いネタを扱う店、「鮨」は魚にこだわっている握り寿司の専門店を指すようです。ここから、高年代層の「すし」へのこだわりがうかがえます。

一方で「昼飲み」は比較的若い層に人気があります。近年「せんべろ」(千円でべろべろに酔えるという意味の略語)が人気を見せつつあるように、若い層のお酒への関心が強まっているように思われます。

また、「アフタヌーンティー」はずば抜けて女性人気が高いようです。ホテルで行われるアフタヌーンティーはほとんどが期間限定なので、話題性もありインスタ映えするスポットとして意識されているのかもしれません。

リスティング広告、「中華料理」が穴場か

最後に検索におけるワードの競合性をみてみましょう。この図は縦軸にGoogle検索ボリューム、横軸に競合性をとっています(データはGoogleのキーワードプランナーから取得)。

上にプロットされるほどボリュームが多く、右にプロットされるほど検索ワードのリスティング広告での競合性が高いことを意味します。

検索ボリュームが多く、リスティング広告での競合性も比較的低いワードは「中華料理」と「アフタヌーンティー」でした。これらのワードを使えばリスティング広告の効果が高い可能性があります。

まとめ

今回は「グルメ・レストラン好き」ユーザーの関心について調査を実施しました。

グルメ・レストラン好きのユーザーは、てんぷらや鮨などの日本食や、麻婆豆腐などの中華料理に興味を持っていることが明らかになりました。

そのうち、鮨は比較的高年齢の関心が強く、昼飲みは低年齢層が注目していたようです。また、アフタヌーンティーは女性の人気が高いワードでした。

本調査結果を今後のマーケティング施策に役立ててみてください。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2019年1月〜2019年6月の検索流入データ
※アンケートはインターネットを利用し興味関心項目をアンケートで聴取
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

関連する記事

この記事のライター

広告代理店の1年目です。日々の業務内外でのキャッチアップを通じて、皆様のお役にたてればとおもっております。いつか頭の中にあるものを表現することを仕事にするため邁進中です。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


通信事業者別スマホユーザー徹底調査レポート|新プランに対するユーザーの動向を分析

通信事業者別スマホユーザー徹底調査レポート|新プランに対するユーザーの動向を分析

2020年12月にNTTドコモが「ahamo」を発表したのを皮切りに、auが「povo」、ソフトバンクが「LINEMO」という新ブランドで料金プランを発表し、2021年3月頃から各サービスがスタートしました。またその後は、楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表、auは更に「povo2.0」の提供を新たに開始するなど、スマートフォン向けの新料金プラン市場が活気を帯びています。そこでVALUESでは、スマートフォンユーザーへのアンケート配信、インターネット行動ログデータを用いたユーザー検討行動の分析を実施し、現在の携帯電話会社の実態と新プランの動向をレポートにまとめました。


投資のロボアドバイザーサービスの利用者はどんな人?Web行動ログで調査

投資のロボアドバイザーサービスの利用者はどんな人?Web行動ログで調査

ウェルスナビや楽ラップ、folioをはじめとしたロボアドバイザーサービスのユーザー動向とは。本記事では投資信託と比較したロボアドバイザーサービスのユーザー規模の変化や、サービスごとのユーザー属性の違いについて調査します。


コロナ感染拡大後の飲食店の選び方変化を調査 。「外食シーン」「利用媒体」「人」視点で分析

コロナ感染拡大後の飲食店の選び方変化を調査 。「外食シーン」「利用媒体」「人」視点で分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女28,164 人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後の飲食店選びに関する消費者動向変化をアンケート調査いたしました。また、アンケート調査に加え、ヴァリューズが提供する消費者行動ログ分析ツール「Dockpit」でも分析を実施いたしました。


画像検索は誰がどのように使っている?インスタやピンタレスト、Google画像検索で分析

画像検索は誰がどのように使っている?インスタやピンタレスト、Google画像検索で分析

多数の画像データの中から検索者が見たいものを探すことができる「画像検索」のサービスについて、昨今のトレンドの高まりを分析します。本記事では「インスタグラム」「ピンタレスト」「Google画像検索」の3サービスを比較しながら、画像検索を通じてユーザーがどのような情報を、どういったプロセスを経て収集しようとしているのか実情を探ります。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー