Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|後編 キャンペーンだけじゃない人気コンテンツ

Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|後編 キャンペーンだけじゃない人気コンテンツ

後編では、先進マーケティングカンパニー、コカ・コーラのオウンドメディアが強い背景を、人気コンテンツから考察します。


コカ・コーラのオウンドメディアの強みは、なんといっても2016年4月リリースのスマホアプリ「Coke ON」。

対応する自販機26万台で、コカ・コーラ製品を買うたびスタンプが貯まり、15スタンプで1本が無料に。2018年11月からは決済機能「Coke ON Pay」も搭載され、2019年4月からは歩数でもスタンプをゲットできる「Coke ON ウォーク」をリリース。

さらに6月からは製品を撮影すると聖火ランナーに応募できる「オリンピック応援ポイント」機能が加わり、「消費者をよりリアルな場に巻き込んで感動体験を提供するデジタルプラットフォーム」へと進化を遂げています。

コーポレートサイトの記事によると、当初CMで獲得していたユーザーから口コミで利用が広がり、従来のターゲット層である30-40代ビジネスマンだけでなく、ママ友やティーンエイジャーといった新たな顧客層の創造につながっているようです。

感動体験を生むIoTアプリ「Coke ON」がリアル×デジタルで挑む東京2020オリンピック

https://www.cocacola.co.jp/stories/olympic_CokeON_relay_190617

コカ・コーラ社のスマホ自販機で使えるアプリ「Coke ON」。東京2020オリンピック聖火ランナーに応募できるキャンペーンも開始し「Coke ON」を使ってより楽しくオリンピックを応援できるように進化します。 リアル×デジタルで挑む「Coke ON」の戦略に迫ります。

Coke ONをプラットフォームにエンゲージメント

eMark+で各メディアの併用状況を確認したところ、総合的なデジタルマーケティング戦略が奏功してか、ジョージアサイトユーザーは73%がコカ・コーラ会員サイトを、56%がCoke ONを併用。

コカ・コーラサイトも35%が利用しており、かなりのコークブランドファンといえそうです。コカ・コーラ会員サイトユーザーやコカ・コーラサイトユーザーも半数近くがCoke ONを併用しています。

図表 1 コカ・コーラサイト及びアプリの併用状況(2019年1-6月、スマートフォン)

図表 1 コカ・コーラサイト及びアプリの併用状況(2019年1-6月、スマートフォン)

太字は最多の併用サイト/アプリ

Coke ONユーザーだけは、他のメディアを使っていない「併用なし」ユーザーが51%。アプリ単体でもスタンプは貯められるので、キャンペーンに関心がなくても十分おトクということでしょうか。

キャンペーンだけじゃない人気コンテンツ

ジョージアサイトの人気コンテンツはキャンペーンが中心ながら、広瀬アリスさんの動画が掲載されている「ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖」も2位に入っています。

図表 2 ジョージアサイトの人気コンテンツ(2019年1月-6月、スマートフォン)

図表 2 ジョージアサイトの人気コンテンツ

一方、コカ・コーラ会員サイトのコンテンツはトップ10中8ページをジョージアブランドが独占

とくにヤマハE-バイクキャンペーンはやはり関心が高かったようですが、1位は200万件を超えるツィートを集めた「ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖」ページでした。5位「新春早起きチャレンジ」と6位「おみくじ付き福ボトル」も貢献していますが、ジョージアユーザーはもっともブランドロイヤルティが高いといえそうです。

図表 3 コカ・コーラ会員サイトの人気コンテンツ(2019年1月-6月、スマートフォン)

図表 3 コカ・コーラ会員サイトの人気コンテンツ

先進マーケティングカンパニーとしてのブランディングも

オウンドメディアとして素晴らしいのは、Coke ONはじめとするマーケティング戦略、製品開発や社会活動などの取組みをあますところなく語るブランドストーリーの数々。

アクセスログ上はキャンペーンコンテンツに及ばないものの、「ブランド」「イノベーション」「サステナビリティー」「歴史・文化」といった記事カテゴリーからは、お客さまや地域社会と「お互いに“共創する価値”を追求しなければ、持続的な成長はない」というコカ・コーラのブランド姿勢を感じとることができます。

コーポレートサイトで展開するブランドストーリー

26万台の自販機とつながるIoTアプリ「Coke ON」が描くデジタルマーケティングの未来とは?

https://www.cocacola.co.jp/stories/coke_on_walk

自販機とつながるIoTアプリ「Coke ON」。歩くだけでスタンプが貯まる「Coke ON ウォーク」の機能も追加され、ダウンロード数は遂に1000万に。進化を続ける「Coke ON」が牽引するデジタルマーケティングの未来とは。

サイト上で紹介されている編集スタッフは10名とメディア並みの体制で、オウンドメディア運営に対する本気度が伺えます。

世界ブランド、コカ・コーラのデジタルマーケティングコンテンツ、製品ファンでなくてもロックオンされそうです。

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、ジョージア、コカ・コーラのサイト、Coke ONアプリについて調査しました。
※ユーザー数は、スマートフォンのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

前編はこちら

Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|前編 右肩上がりのCoke ONアプリ

https://manamina.valuesccg.com/articles/527

お客さまと直接コミュニケーションできるD2C(Direct to Customer)チャネルとして、消費財メーカーなどを中心にブランドサイトやSNS、アプリといったオウンドメディアを活用する企業が増えています。今回は、飲料メーカーのオウンドメディアに着目してみました。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

市場調査、競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」で最もよく利用されている機能「Site Analyzer(サイトアナライザー)」はどんなことができるツール?詳しくご紹介します。


検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?|eMark+

検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?|eMark+

競合サイト分析ができるツールeMark+(イーマークプラス)のKeyword Finder(キーワードファインダー)を使うと、キーワードの検索ボリュームだけでなく、検索後の人気コンテンツも発見できるのをご存知でしょうか?SEOからの流入を増やしたい、ターゲットユーザーに効果的なコンテンツを作りたいという担当者の方、要チェックです。


競合分析ができるツール「eMark+」を無料体験できる活用セミナーを開催します

競合分析ができるツール「eMark+」を無料体験できる活用セミナーを開催します

インターネット行動ログ分析サービス「eMark+」を活用したマーケティング課題解決の事例紹介から操作体験など約60分間でeMark+をご利用頂ける体験セミナーや、eMark+の実践ワークショップを通じた約120分間の活用講座など、近日開催の無料セミナーをご紹介します。 この機会にぜひご参加ください。


Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|前編 右肩上がりのCoke ONアプリ

Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|前編 右肩上がりのCoke ONアプリ

お客さまと直接コミュニケーションできるD2C(Direct to Customer)チャネルとして、消費財メーカーなどを中心にブランドサイトやSNS、アプリといったオウンドメディアを活用する企業が増えています。今回は、飲料メーカーのオウンドメディアに着目してみました。


データマーケティングの会社がオウンドメディアのコンテンツを作るとき、考えた3つのこと

データマーケティングの会社がオウンドメディアのコンテンツを作るとき、考えた3つのこと

マーケティングリサーチ&コンサルティングの会社「ヴァリューズ」が、新しいオウンドメディア「マナミナ」を立ち上げるまでのドキュメンタリーです。最終回となる4回目はコンテンツ制作編。オウンドメディアを運用する上では、日々コンテンツを作っては公開するのがもっとも重要。マナミナでのコンテンツ制作の流れをお伝えします。


最新の投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら