Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|後編 キャンペーンだけじゃない人気コンテンツ

Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|後編 キャンペーンだけじゃない人気コンテンツ

後編では、先進マーケティングカンパニー、コカ・コーラのオウンドメディアが強い背景を、人気コンテンツから考察します。


コカ・コーラのオウンドメディアの強みは、なんといっても2016年4月リリースのスマホアプリ「Coke ON」。

対応する自販機26万台で、コカ・コーラ製品を買うたびスタンプが貯まり、15スタンプで1本が無料に。2018年11月からは決済機能「Coke ON Pay」も搭載され、2019年4月からは歩数でもスタンプをゲットできる「Coke ON ウォーク」をリリース。

さらに6月からは製品を撮影すると聖火ランナーに応募できる「オリンピック応援ポイント」機能が加わり、「消費者をよりリアルな場に巻き込んで感動体験を提供するデジタルプラットフォーム」へと進化を遂げています。

コーポレートサイトの記事によると、当初CMで獲得していたユーザーから口コミで利用が広がり、従来のターゲット層である30-40代ビジネスマンだけでなく、ママ友やティーンエイジャーといった新たな顧客層の創造につながっているようです。

感動体験を生むIoTアプリ「Coke ON」がリアル×デジタルで挑む東京2020オリンピック

https://www.cocacola.co.jp/stories/olympic_CokeON_relay_190617

コカ・コーラ社のスマホ自販機で使えるアプリ「Coke ON」。東京2020オリンピック聖火ランナーに応募できるキャンペーンも開始し「Coke ON」を使ってより楽しくオリンピックを応援できるように進化します。 リアル×デジタルで挑む「Coke ON」の戦略に迫ります。

Coke ONをプラットフォームにエンゲージメント

eMark+で各メディアの併用状況を確認したところ、総合的なデジタルマーケティング戦略が奏功してか、ジョージアサイトユーザーは73%がコカ・コーラ会員サイトを、56%がCoke ONを併用。

コカ・コーラサイトも35%が利用しており、かなりのコークブランドファンといえそうです。コカ・コーラ会員サイトユーザーやコカ・コーラサイトユーザーも半数近くがCoke ONを併用しています。

図表 1 コカ・コーラサイト及びアプリの併用状況(2019年1-6月、スマートフォン)

図表 1 コカ・コーラサイト及びアプリの併用状況(2019年1-6月、スマートフォン)

太字は最多の併用サイト/アプリ

Coke ONユーザーだけは、他のメディアを使っていない「併用なし」ユーザーが51%。アプリ単体でもスタンプは貯められるので、キャンペーンに関心がなくても十分おトクということでしょうか。

キャンペーンだけじゃない人気コンテンツ

ジョージアサイトの人気コンテンツはキャンペーンが中心ながら、広瀬アリスさんの動画が掲載されている「ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖」も2位に入っています。

図表 2 ジョージアサイトの人気コンテンツ(2019年1月-6月、スマートフォン)

図表 2 ジョージアサイトの人気コンテンツ

一方、コカ・コーラ会員サイトのコンテンツはトップ10中8ページをジョージアブランドが独占

とくにヤマハE-バイクキャンペーンはやはり関心が高かったようですが、1位は200万件を超えるツィートを集めた「ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖」ページでした。5位「新春早起きチャレンジ」と6位「おみくじ付き福ボトル」も貢献していますが、ジョージアユーザーはもっともブランドロイヤルティが高いといえそうです。

図表 3 コカ・コーラ会員サイトの人気コンテンツ(2019年1月-6月、スマートフォン)

図表 3 コカ・コーラ会員サイトの人気コンテンツ

先進マーケティングカンパニーとしてのブランディングも

オウンドメディアとして素晴らしいのは、Coke ONはじめとするマーケティング戦略、製品開発や社会活動などの取組みをあますところなく語るブランドストーリーの数々。

アクセスログ上はキャンペーンコンテンツに及ばないものの、「ブランド」「イノベーション」「サステナビリティー」「歴史・文化」といった記事カテゴリーからは、お客さまや地域社会と「お互いに“共創する価値”を追求しなければ、持続的な成長はない」というコカ・コーラのブランド姿勢を感じとることができます。

コーポレートサイトで展開するブランドストーリー

26万台の自販機とつながるIoTアプリ「Coke ON」が描くデジタルマーケティングの未来とは?

https://www.cocacola.co.jp/stories/coke_on_walk

自販機とつながるIoTアプリ「Coke ON」。歩くだけでスタンプが貯まる「Coke ON ウォーク」の機能も追加され、ダウンロード数は遂に1000万に。進化を続ける「Coke ON」が牽引するデジタルマーケティングの未来とは。

サイト上で紹介されている編集スタッフは10名とメディア並みの体制で、オウンドメディア運営に対する本気度が伺えます。

世界ブランド、コカ・コーラのデジタルマーケティングコンテンツ、製品ファンでなくてもロックオンされそうです。

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、ジョージア、コカ・コーラのサイト、Coke ONアプリについて調査しました。
※ユーザー数は、スマートフォンのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

前編はこちら

Georgiaに見るオウンドメディア活用ブランディング|前編 右肩上がりのCoke ONアプリ

https://manamina.valuesccg.com/articles/527

お客さまと直接コミュニケーションできるD2C(Direct to Customer)チャネルとして、消費財メーカーなどを中心にブランドサイトやSNS、アプリといったオウンドメディアを活用する企業が増えています。今回は、飲料メーカーのオウンドメディアに着目してみました。

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

キャッシュレス決済のポイント還元高を自動で最適化してくれるアプリが急伸…!GoToEat影響も【20年10月急上昇アプリ】

2020年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

CMOがおさえるべき消費者・ユーザー理解の核心|宣伝会議CMO CLUB FORUMレポート

「コロナによって売上が減少し顧客が離反した」という構図は果たして本当でしょうか。2020年、コロナショックにより消費者ニーズ、パーセプションの前提自体が変化している可能性がある中、これまでと同じブランド戦略や施策を続けていくべきか、疑問に感じる方も少なくないはずです。ソーシャルプレッシャーにより消費者の本音が届きにくい今、適切な消費者理解はどうあるべきか。11月11日に開催された「宣伝会議CMO CLUB FORUM」では、国内最大規模のWeb行動ログデータを保有し分析支援する株式会社ヴァリューズのゼネラルマネジャー 間宮浩平と、株式会社クー・マーケティング・カンパニーの代表取締役、音部大輔氏が登壇。活発な意見交換を繰り広げました。


事例に学ぶブランディング戦略ノウハウ

事例に学ぶブランディング戦略ノウハウ

「ブランド」や「ブランディング戦略」という言葉はよく使われますが、具体的にはなにを意味していて、どう実践すればよいのでしょうか。ブランディング戦略の立案方法や商品やサービス、企業のブランディング事例をもとにご紹介します。


GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

GoToを活かした「無限くら寿司」でサイト訪問者数が爆増…!映画大ヒット中の鬼滅の刃も【20年10月急上昇サイト】

2020年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


中国でのブランド育成を化粧品・医薬品の商品名から考える ~ 中国市場マーケティング戦略

中国でのブランド育成を化粧品・医薬品の商品名から考える ~ 中国市場マーケティング戦略

「企業ブランドと、個々の商品ブランド、どちらを育てるべきでしょうか?」中国人向けのマーケティングでそんなご相談をよく頂きます。どちらも浸透させることができれば、それに越したことはありませんが、広大な中国市場ではなかなか難しいのが現状です。 では、中国において、ブランド育成はどのように行っていくべきなのでしょうか。インバウンド・越境ECでよく買われている化粧品や医薬品を中心に考えていきたいと思います。


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

【動画レポート】ネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析 ~ヘアケア及びオーラルケアの消費者調査

いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画によるレポートです。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、ご都合のいい時間に、ぜひご覧ください。 <br><b>今回のテーマは「インターネット行動ログデータによるパーソナルケア商品検索者の動向分析~ヘアケア及びオーラルケアについて情報収集するユーザーを理解し、Web上での訴求を考える」です。</b>


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング