盛り上がるラグビーW杯、検索キーワードも急上昇!

盛り上がるラグビーW杯、検索キーワードも急上昇!

9月20日に開幕したラグビーワールドカップ一次リーグで快進撃を見せる、ラグビー日本代表。5日の対サモア戦は日本テレビが生中継し、瞬間最高視聴率が46・1%という驚異的な数字をマークするなど、列島の興奮度が高まっています。ラグビー関連でどのようなキーワードが検索されているのか、どのようなコンテンツが人気なのか、性年代別の傾向と合わせて調査してみました。


ラグビーワールドカップは、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ規模となる世界三大スポーツイベントのひとつです。そのラグビーワールドカップの歴史上、初めて日本開催される「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」。ラグビー日本代表の快進撃もあり、大きな注目を集めています。

「ラグビー」検索は徐々に増加し、9月に急上昇

まず、「ラグビー」関連の検索ユーザー数を直近6ヶ月で調査しました。調査ツールは、市場調査や競合サイト分析ができる「eMark+」のKeyword Finderを用いています。

下のグラフのように、開幕の9月で検索ユーザー数は急上昇。前月の8月に比べると約4倍に増加しています。

「ラグビー」を含む検索ユーザー数の月別推移

「ラグビー」を含む検索ユーザー数の月別推移

「ワールドカップ」「チケット」「日本代表」「日程」等と合わせて検索

また、「ラグビー」を含む検索のユーザー数上位ワードは下図の通りで、1位はズバリ「ラグビーワールドカップ」。

他にも「ワールドカップ」「チケット」「日本代表」「日程」など、上位はワールドカップに関連した検索語句が多数ランクインしました。

「ラグビー」を含む検索キーワード トップ10

「ラグビー」を含む検索キーワード トップ10

集計期間:2019年4月~9月、デバイス:PC


10位の「ラグビー ルール」は試合前にルールの確認をしておきたいニーズでしょう。
「ラグビー ルール」検索後の流入ページでは、ホンダラグビー部「ホンダヒート」のオフィシャルサイトの「ラグビーの基礎知識」ページが最上位となっていました。ラグビーのルールを「超初級編」「観戦マナー編」などのテーマに分け、イラストと1分ほどの動画でわかりやすく解説されています。

「ラグビーの基礎知識 | ホンダラグビー部」のページ

「ラグビー」関連検索の流入上位コンテンツまとめ

「ラグビー」を含むキーワード検索後には、どのようなコンテンツが見られているのでしょうか。

以下が「ラグビー」関連検索後の、流入ページのトップ5です。

Rugby World Cup 2019 | rugbyworldcup.com

https://www.rugbyworldcup.com/

The official site of Rugby World Cup, with ticket information, latest scores, fixtures, results, videos, news, live streaming and event information.

1位はやはり、ラグビーワールドカップ公式ウェブサイトのトップページ

Tickets - Rugby World Cup 2019|rugbyworldcup.com

https://www.rugbyworldcup.com/tickets

Welcome to the Rugby World Cup 2019 ticketing page, where you can find all the latest information relating to the official general public, supporter tour and hospitality programmes.

2位は、ラグビーワールドカップ2019™日本大会の公式チケット販売情報ページ

3位は、株式会社ベースボール・マガジン社の「ラグビーマガジン」が運営する、各国の世界ランキング表

試合日程・結果|ラグビーワールドカップ2019日本大会 - スポーツ:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/sports/rugby/worldcup/2019/schedule/

朝日新聞|ラグビーワールドカップ2019日本大会|試合日程・結果ページ。2019年9月20日~11月2日まで開催されるラグビーW杯のニュース速報や試合日程・結果をチェックして日本代表を応援しよう!

4位は朝日新聞デジタルの「試合日程・結果」のページ

5位は日本ラグビーフットボール協会の「ラグビー15人制男子日本代表のニュースページ」

男性は「ショップ」「中継」「放送」、女性は「ラグビー日本代表メンバー」が気になっている?!

「ラグビー」を含む検索キーワードを、横軸に検索ユーザーの性別、縦軸に年齢をとり、下図のようにマッピングしてみました。

「ラグビー」を含む検索の属性別マップ

「ラグビー」を含む検索の属性別マップ

集計期間:2019年4月~9月、デバイス:PC

まず、全体にキーワードは左側の男性に寄っており、男性の方が女性よりも様々なラグビー関連検索をしていることがわかります。

年齢による傾向をみると、若年男性では「ショップ」というワードがあがっており、ユニフォームや観戦グッズをもとめているのかもしれません。その他にも男性に特徴的なキーワードとして、「中継」「放送」「テレビ」、初戦で対戦した「ロシア」などがあがっており、テレビ観戦に注目している様子がうかがえます。

一方の女性は、比較的年齢の高い層で「ラグビー日本代表メンバー」があがっているほか、「開会式」なども女性に特徴的なキーワードとなっていました。女性は試合そのものだけでなく、日本代表選手や開会式イベントなど、ラグビーワールドカップを様々な側面から知りたい、楽しみたいというニーズが考えられます。

ラグビーワールドカップ史上、初のベスト8に王手をかけたラグビー日本代表。熱戦と共にネットでの検索も、ますます熱い盛り上がりを見せそうです。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

元号が「平成」から「令和」となった印象的な年、2019年も間もなく終了します。そこで今回は2019年1月~10月のサイトランキングTOP30を作成し、どんなサイトがランクインしているかを調査しました。また、前年と比較してユーザー数が伸びているサイトにも注目。今後のWebサイトのトレンドが垣間見えるかもしれません。


2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年も間もなく終わります。そこで今回は、日常生活やビジネスシーンなどで欠かせないものとなっているスマートフォンのアプリについて振り返ってみました。2019年はどんなアプリが人気だったのでしょうか? 2019年1月~10月のアプリランキングTOP30と、前年と比較して利用者数が伸びているアプリについて紹介していきます。


ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

2019年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


市場調査の3つの成功事例を紹介。日本ハム、明治、セブン&アイの手法とは?

市場調査の3つの成功事例を紹介。日本ハム、明治、セブン&アイの手法とは?

1年半で国内最大級のBBQサイトに成長した日本ハム、新しい取り組みが多い明治「ザ・チョコレート」、売れないと言われた固定観念を打ち破ったセブン&アイホールディングスの「金の食パン」。新事業を開発するにあたり市場調査がどう具体的に役立つかわかる3つの事例をご紹介します。


最新の投稿


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

2019年を総まとめ!アクセス数が多いWebサイトランキング

元号が「平成」から「令和」となった印象的な年、2019年も間もなく終了します。そこで今回は2019年1月~10月のサイトランキングTOP30を作成し、どんなサイトがランクインしているかを調査しました。また、前年と比較してユーザー数が伸びているサイトにも注目。今後のWebサイトのトレンドが垣間見えるかもしれません。


2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年のアプリ市場を振り返る!実際によく使われているアプリランキング

2019年も間もなく終わります。そこで今回は、日常生活やビジネスシーンなどで欠かせないものとなっているスマートフォンのアプリについて振り返ってみました。2019年はどんなアプリが人気だったのでしょうか? 2019年1月~10月のアプリランキングTOP30と、前年と比較して利用者数が伸びているアプリについて紹介していきます。


8つのステップで学ぶカスタマージャーニーの作り方

8つのステップで学ぶカスタマージャーニーの作り方

顧客が消費・サービスを認知してから購入にいたるまでの購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニー。「マナミナ」では、カスタマージャーニーの事例や使い方について触れてきましたが、実際にカスタマージャーニーを作ろうとすると、細かいところで作り方がわからないポイントがあるのではないでしょうか。カスタマージャーニーの作り方をステップ毎に解説します。


ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

ファーストリテイリングのStyleHintが1位に輝く。10月の急上昇アプリ調査

2019年10月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。10月のトレンドを調査しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら