フリーランスの実態を検索ワードと流入コンテンツから調査。お金まわりの記事やコミュニティサイトがランクイン

フリーランスの実態を検索ワードと流入コンテンツから調査。お金まわりの記事やコミュニティサイトがランクイン

フリーランスとして働いている人、またフリーランスという働き方に興味を持つ人たちってどんなヒト? 株式会社ヴァリューズの競合・市場分析ツール「eMark+」を用いて、「フリーランス」関連ワードを検索した人の男女割合、年代、検索キーワードを調査しました。


「フリーランス」を検索している年代と性別は?

働き方も多様になってきた近年、フリーランスという働き方を選ぶ人も増えているように感じます。フリーランスとして働いている人、またフリーランスになろうとしている人は、どのような属性で、どんなことを検索しているのでしょうか?

今回は、フリーランスの属性や検索コンテンツに関して、株式会社ヴァリューズの市場・競合分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使った調査の結果をお届けします!

ではまず、「フリーランス」というワードを検索するユーザーはどのような年代で、男女の割合はどのくらいなのでしょうか。

過去1年に「フリーランス」を含んだ検索を行ったユーザーの属性をグラフにしてみました。

フリーランス_年代

eMark+画面より ※対象デバイス:PC

まず上の図で年代を見てみると、20代・30代の割合がおよそ65%となっており、半数以上を占めています。

40代がおよそ20%、50代がおよそ8.5%と、フリーランス関連のワードを検索している人の多くは、若い世代だということが考えられます。

次に、性別の割合を見てみましょう。

フリーランス_性別

eMark+画面より ※対象デバイス:PC

女性の割合が54%と、男性よりも少しだけ多くなっていました。

「フリーランス」と共に検索されているワードランキング

続いては、「フリーランス」関連検索ワードのランキングをご紹介します。

2位以降は「フリーランス」とともに検索されているワードが並んでおり、検索者はこれらのワードに高い興味を持っていたと考えられます。

フリーランス_検索_ランキング

eMark+画面より ※対象デバイス:PC

2位の確定申告や、消費税、請求書、税金といった会計回りのワードが並んでいます。フリーランスにまつわるお金のあれこれに興味を持っている人が多いと考えられるでしょう。

また、「フリーランスエンジニア」も7位にランクイン。
企業所属のイメージがあるエンジニアですが、時代とともに働き方が変わってきているのかもしれません。

フリーランス関連検索でよく読まれている記事は?

最後に、 「フリーランス」関連検索で過去1年に流入が多かったコンテンツを見てみました。

前段落の関連検索ワードで調べていたユーザーは、検索後どのような記事に流入していたのでしょうか。

フリーランス_コンテンツランキング

eMark+画面より ※対象デバイス:PC

1位にランクインしたのは、「フリーランスって何?フリーランスになるために必要なこと」というタイトルの記事でした。フリーランスに興味がある、またはフリーランスになることを検討しているユーザーが多く流入していると考えられます。

フリーランスとは何か、会社員と何が違うのかといった話から、フリーランスになる前に準備しておいたほうがいいことなどがまとまっている記事でした。

1位はfreeeのコンテンツ

2位にランクインしていた記事は、1位と同じくfreee株式会社のコンテンツ「これって源泉徴収が必要?フリーランスになったら知るべき源泉徴収の基礎知識」。

こちらは、すでにフリーランスとして活動しているユーザーが検索し、流入したと考えることができそうです。

2位は源泉徴収について

「フリーランス」関連検索ランキングでも3位に入っていた「源泉徴収」は、フリーランスの人にとってややわかりにくい概念。

そんな源泉徴収について、「そもそも源泉徴収とは」の定義や、源泉徴収が必要な報酬とそうでない報酬があることなどが、わかりやすくまとめられています。


そして3位にランクインしていたのは、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会のホームページでした。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会HP

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会HP https://www.freelance-jp.org/

前段落の関連検索キーワードでも8位に入っていた「フリーランス協会」は、フリーランスとして活動している人、副業として開業している人などが所属することができる協会となっていて、フリーランスのリスク面や福利厚生面でメリットがあるそう。

企業の下で働く環境からフリーランスになり、身の回りの環境を整えたいと考えるユーザーが多いのかもしれませんね。

まとめ

今回は、フリーランスの属性や検索コンテンツに関して、株式会社ヴァリューズの市場調査ツール「eMark+」使った分析結果をお届けしました。

同じ「フリーランス」という言葉を検索していても、フリーランスになりたい人と、既にフリーランスとして活動している人ではニーズが全く異なりますし、流入するコンテンツも変わってきます。

どんな人に向けてのコンテンツなのかをはっきりとさせることが、リーチしたいユーザーに近づくヒントになるかもしれません。

本調査の結果を、今後のマーケティング施策に役立てていただけましたら幸いです。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2018年10月〜2019年9月の検索流入データ
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC

photo by :Photo AC

関連する記事

社会人が悩むマナー1位は「了解しました」。「ビジネスマナー検索」実態調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/497

社会人の多くが悩むビジネスマナーは何なのでしょうか。今回は「ビジネスマナー検索」について調査します。記事タイトルに「ビジネスマナー」を含むコンテンツのタイトルと、訪問したユーザーの属性を分析し、「ビジネスマナー」に関する悩みを明らかにしました。

検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/536

eMark+のKeyword Finder(キーワードファインダー)を使うと、キーワードの検索ボリュームや検索後の人気コンテンツが発見できます。SEOからの流入を増やしたい、ターゲットユーザーに効果的なコンテンツを作りたいという方はぜひ見てみてください。

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連する投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

新概念バタフライ・サーキットで捉えるデジタル時代の購買検討行動とは?|宣伝会議主催セミナーレポート

「一人1デバイス」が当たり前となったデジタル時代。今、マーケティングにおける購買行動のセオリーが変わりつつあります。デジタル化によって何がどう変わったのか。私たちを取り巻く膨大な情報により変化した購買検討行動。それらを新しい概念で紐解こうと共同研究された「バタフライ・サーキット」が、宣伝会議主催のデータマーケティングカンファレンス2020で紹介されました。


「世界中の人を健康にしたい。」グリコのマーケターが語る、キャリアを導く信念とは

「世界中の人を健康にしたい。」グリコのマーケターが語る、キャリアを導く信念とは

マーケターはどのようなキャリアを経てマーケターになったのでしょうか?そして実際どんな仕事をしているのでしょうか。学生から見たら詳しくは分からないことも多い「マーケター」に、ヴァリューズの小幡がインタビューしていく連載の第5回です。今回は、江崎グリコ株式会社で、スキンケアブランド「gg(ジージー)」のマーケティングを担当されている岸本さんにお話を聞きました。


“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

好きな芸能人やスポーツ選手ごとに、ファン層の人物像や嗜好はどのように異なるのでしょうか。また、芸能人・スポーツ選手は広告に起用されることも多いですが、出演している広告の商品購買にどれぐらい影響を与えているのでしょうか。アンケート調査とネット行動ログを掛け合わせて分析し、「嵐」「大谷翔平」「羽生結弦」など各ファンのユーザー像と消費実態を明らかにしました。


ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

デジタル化・スマホシフト時代の今、言うまでもなくコンシューマーを取り巻く情報の波にも大きな変化があらわれています。そんな中、コンシューマーの行動にはどのような変化が起きているのでしょうか。2月20日に開催された「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」にて、株式会社ヴァリューズは今までの分析実績をもとに、デジタル時代のコンシューマーを取り巻く2つのトレンドとアプローチ方法について紹介しました。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら