銀行業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第2回】

銀行業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第2回】

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画。第2回は銀行業界の主要5社、三菱UFJ・三井住友・みずほ・ゆうちょ・りそなをWeb・アプリの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。


企業研究は難しい

初めまして、小幡(おばた)です。私は大学でマーケティングを勉強しながら、データマーケティングの会社、ヴァリューズでインターンとして働いています。いまは大学4年生で、来年の春からはヴァリューズに入社する予定です。

就活のとき、困ったのが企業研究でした。行きたい業界を見つけたら、会社ホームページや就活サイトで情報収集をしたり、インターンに参加してみたり…。でも、紹介されているのは企業の良いところばかりで、本当のところはなかなか分かりません。

そこで今回、私が入社するヴァリューズの競合分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使って企業研究をしてみました。eMark+は消費者のインターネット上の行動を分析し、実際消費者がどんなサイトを閲覧しているのかを調べることができます。業界のあの大手企業は、本当に人気なのか?何に力を入れているのか?といった視点から、今までとは一味違った企業研究をしていきます。

 第1回は、「自動車業界」を分析しました。自動車業界とはいっても、製品事業だけではなく、レンタカー事業・金融事業にも力を入れていることが分かりました。

自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

https://manamina.valuesccg.com/articles/636

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画を始めます。第1回は自動車業界の主要5社、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スズキをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。

さて、第2回は「銀行業界」について分析していきます。銀行業界の就活に役立てていただけたら幸いです。

分析企業の紹介

 今回は、2017~2018年の銀行業界における売上高ランキングにおいて、大手5社を分析します。(第5位の三井住友トラスト・ホールディングスは信託業務を中心としているため、今回は割愛します。)

幅広い事業で高い売上を維持する三菱UFJ銀行

経常収益・当期純利益ともにトップは三菱UFJフィナンシャルグループ(以降、「三菱UFJ」と表記)です。「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を目指し、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心にクレジットカード・貸金業務・資産運用業務など幅広い事業領域を展開しています。個人向けインターネットバンキングの「三菱UFJダイレクト」や、アプリを利用した手続きの利用比率は年々上昇しており、店頭からデジタルへのチャネルシフトを推進しているといえます。
(参考:三菱UFJフィナンシャル・グループ『2019年度中間期決算 投資家説明会』、バフェットコード『三菱UFJフィナンシャル・グループの企業情報 - 8306 / 東証1 / 銀行業』)

アプリ開発に力を入れる三井住友銀行

第2位は、「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまとともに成長するグローバル金融グループ」を掲げる三井住友銀行フィナンシャルグループ(以降、「三井住友」と表記)です。他社と比べ、投資銀行部門・個人向けのリテール事業が強いです。「三井住友銀行アプリ」は2019年のグッドデザイン賞も受賞しており、アプリ開発にも力を入れているといえます。(参考:三井住友フィナンシャルグループ『SMBCグループの経営戦略』)

事業基盤が強みのみずほ銀行

売上の3位は、日本初のメガバンクとして発足したみずほフィナンシャルグループ(以降、「みずほ」と表記)です。みずほフィナンシャルグループという持ち株会社の下に、銀行や信託、証券を持つ総合金融グループです。国内企業の約7割、世界の大企業(Forbes Grobal 200)の約8割と取引がある事業基盤が強みです。また、全都道府県に展開をしているのも、メガバンクの中では唯一です。(参考:みずほフィナンシャルグループ『みずほFG:の強み』)

日本全国を網羅するネットワークを保有するゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行(以降、「ゆうちょ」と表記)は、日本郵政グループの銀行業を担う子会社であり、リテール事業と運用事業の2つを展開しています。企業理念に「最も身近で信頼される銀行」と入っているように、地方に強いのが特徴といえます。国内のATM設置台数は約31200台と最も多く、日本全国を網羅するATMネットワークを保有しています。(参考:バフェットコード『ゆうちょ銀行の企業情報 - 7182 / 東証1 / 銀行業』、ゆうちょ銀行『個人投資家のみなさまへ』)

店舗の戦略的配置が特徴のりそな銀行

売上6位のりそなホールディングス(以降、「りそな」と表記)は、メガバンクと地方銀行の中間のような立ち位置が特徴です。有人店舗数が約580とメガバンクに匹敵する店舗を保有していながら(3大メガバンクは平均730店舗)、経済活動の活発な首都圏・関西圏に集中的に店舗を配置することで、日本人口の3割以上をカバーしています。(参考:Infraインターン『【りそなグループ 企業研究】特徴と選考対策まとめ』)

利用ユーザー数は各社上昇傾向。りそなは大幅な伸び

まずはeMark+で、2019年12月の各企業のアプリ利用ユーザー数ランキングを見てみました。カテゴリ「ファイナンス」を指定すると次のような画面になります。

各アプリの月間利用ユーザー数推移を見てみましょう。上半期は経常収益1位の三菱UFJが1位であったのに対し、下半期には2位・3位の三井住友・みずほが追いついています。

アプリ利用ユーザー数推移

分析対象期間:2019年1月~2019年12月
デバイス:スマートフォン

前年同月(2018年12月)と比較すると、全てのアプリがユーザー数を伸ばしています。特に、りそなが331.1%と大きくユーザー数を伸ばす結果となりました。各社ともにキャッシュレス化の浸透に伴い、入出金明細の確認・振込をスマホ一つでできるように進めているといえます。

みずほは投資検討者、りそなは主婦層にアプローチ

 では、実際にどんなユーザーがアプリを利用しているのでしょうか。次はeMark+の機能「SiteAnalyzer」を用いて、各アプリのユーザ―属性を比較してみます。まずは男女比を見てみました。

分析対象期間:2019年1月~2019年12月
デバイス:スマートフォン

 全てのアプリで男性比率が半数以上となり、銀行系アプリの利用者は男性が多いことが分かります。特に、みずほの男性比率は68.5%と特別高いです。投資信託の新規開設キャンペーンを頻繁に行っており、投資に興味のある男性がキャンペーンをきっかけに口座開設をしていると予想できます。
(参考:『Yahoo!ファイナンスユーザー動向に見る個人投資家市場 | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン』)

 対して、りそなは、女性比率が目立って高いです。家族構成では、「子供あり」のユーザーが多いのもりそなであり、主婦層の利用が多いといえるのではないでしょうか。

分析対象期間:2019年1月~2019年12月
デバイス:スマートフォン

 りそな銀行トップページでは、俳優のムロツヨシさんを起用し、「お買い物にも使える」とアピールをしており、主婦層のニーズに上手くアプローチできているといえます。

三井住友はコンテンツマーケティングが成功

 次に、利用者の年代を見てみます。三菱UFJ・三井住友が全ての年代にバランスよく分布しているのに対し、ゆうちょは若年層の比率が高いと言えます。

分析対象期間:2019年1月~2019年12月
デバイス:スマートフォン

 ゆうちょは、若者向けクレジットカード「Alente」を提供しています。カラオケや映画で使える割引サービスや海外旅行用の保険サービスも付いているカードです。「新生活応援キャンペーン」など、定期的にプロモーションも行っており、カード入会をきっかけに口座を開設する若年層が多いのではないでしょうか。

 三井住友は、ライフステージに応じて貯金方法を提案するコンテンツをWebサイトに掲載しています。資産形成への関心が高まった現代において、消費者の状況に合わせた情報提供・サービス提案を行うことで、幅広い世代のユーザーを獲得できているといえます。

みらいのおかねガイドでは、4つの質問に回答することで、自分のタイプ診断や貯金方法を知ることができる

まとめ

企業分析を通して分かった各社の特徴をまとめます。

三菱UFJ・・・売上・アプリ利用者数ともにトップを獲得。幅広い年代からユーザーを集めている

三井住友・・・資産形成に興味を持ち始めた消費者をターゲットに、コンテンツマーケティングに成功。幅広い世代のユーザーを獲得している。

みずほ・・・投資検討者にアプローチすることで、アプリ利用者を増加させている。

ゆうちょ・・・若年層をターゲットとした施策を行うことで、ライフステージの早期段階で口座開設者を獲得している。

りそな・・・アプリ利用者が昨年対比333%と大幅な伸びを記録。主婦層への的確なアプローチを行うことで、ユーザー獲得に成功している。

今回は銀行業界をテーマに企業研究を行いました。キャッシュレス化の浸透に伴い、銀行も様々なアプローチで顧客を獲得しているといえます。このようにデータドリブンで企業研究を進めていくことができれば、理解もより深まるのではないでしょうか。

今回使用したツール「eMark+」は、私が入社する株式会社ヴァリューズの分析ツールです。ヴァリューズは消費者のインターネット行動履歴を分析することで、調査~施策までのマーケティング支援を行っています。

「マーケティングに関わる仕事がしたいが、行きたい業界は見つからない……」「1つの業界に決めず、様々な業界で仕事がしてみたい!」などと思っている方にぴったりの会社だと思います。説明会も開催中なので、興味がある方はぜひ一度足を運んでみてください。

<マーケティング × ビッグデータ × IT> | ヴァリューズ 採用サイト

https://recruit.valuesccg.com/

<<マーケティング × ビッグデータ × IT>株式会社ヴァリューズの採用サイトです。ヴァリューズは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する会社です。

調査・分析概要

 ヴァリューズ保有モニターパネル(20代以上)のログデータを用いて、銀行明細確認アプリのユーザーの行動ログを分析。行動ログは、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用。データはヴァリューズ保有のモニターでの出現率を基に、国内ネット人口に換算して推測。

銀行業界大手企業における、残高照会アプリ5つを分析。

分析対象:「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行アプリ」「みずほ銀行 みずほダイレクトアプリ」「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」「りそなグループアプリ」
分析対象期間:2019年1月~2019年12月
デバイス:スマートフォン

関連記事

自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

https://manamina.valuesccg.com/articles/636

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画を始めます。第1回は自動車業界の主要5社、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スズキをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。

生命保険の相談・比較メディアのユーザー数が増加。新型コロナウイルスの感染拡大による保険需要の高まりに注目

https://manamina.valuesccg.com/articles/836

世界各地で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。緊急事態宣言の対象は全国に拡大され、 外出自粛が一層求められるなど、感染拡大防止のためにさまざまな対策がとられています。しかしながら、感染者数は増加を続け、未だ収束の見通しがつかない状態です。そんな社会的不安を背景に、人々の保険への関心が高まっているようです。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

大学でマーケティングを勉強しながら、ヴァリューズでインターンとして働いていました。2020年の春からは新卒としてヴァリューズに入社しました。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5を一覧にまとめました。今月のランキングは、申込締め切りを延長した「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず上位と根強い結果に。そしてポイント訴求の影響か、女性ランキングに「iAEON」が浮上しています。日頃のお買い物とポイント取得は密接に関係している背景がうかがえそうです。


日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

3年ぶりに行動制限のなかったこの夏。海や山など、野外でさまざまなレジャーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。夏が終わった今、気になるのは夏の強烈な日差しを浴びた髪のコンディション。個性的なヘアスタイルやヘアカラーを楽しむ人も多い中、世の中では「ヘアケア」に対してどのような関心があるのでしょうか。「ヘアケア」のワード検索から、そのユーザー像や関心事を、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査分析しました。


Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Live commerce is gradually attracting attention in Japan. With the interactive nature between the seller and viewer, companies in different industries are adopting it. We will focus on live commerce adopted by @cosme, a cosmetics and beauty website and investigate the user characteristics of live commerce participants.


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら