デジタルトランスフォーメーション(DX)のおすすめ本 7選

デジタルトランスフォーメーション(DX)のおすすめ本 7選

デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むことで、企業は既存事業から飛び出しイノベーションを起こすことができます。しかし企業が実際にDXをすすめるには基礎知識やノウハウが必要です。この記事ではご自分や所属企業がDXを検討する際に、参考となるおすすめの書籍を紹介します。


デジタルトランスフォーメーションの意味は広い

デジタルトランスフォーメーションは、デジタル技術を用いて企業が新たな価値を創造していくことを意味します。DXにはこのような定義があるものの、部分的にIT化したり、システムを刷新すれば終わるものではなく、新しい事業・ビジネスモデルを立ち上げていく努力が求められます。

DXに取り組むにあたり社内外の関係者を説得するには、裏付けとなる知識やノウハウを書籍から学びましょう。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/730

デジタル技術の進化にともない、ビジネス環境にも変化がみられます。ここ数年注目を集めている概念「デジタルトランスフォーメーション(DX)」もそのひとつです。 デジタルトランスフォーメーションの定義や意味、日本の現状を解説します。具体的な企業事例も紹介しながら、DXの効果や単なるIT化にとどまらず、革新的な変化を起こす点を理解しましょう。

デジタルトランスフォーメーションを学べるおすすめ本

それではDXについて書かれた本をご紹介します。それぞれ観点の異なる書籍を用意しましたので、自身が知りたいことに合わせて選んでみてください。

DX本「イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)」

書籍「イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)」はタイトル通り、図やイラストが豊富なのが特徴です。

文字からだけでなく、ビジュアル的にデジタルトランスフォーメーションの概念を理解できます。記載されている内容は比較的平易で、「DXって何?」「DXをざっくりと知りたい」という方がまず読むべき入門書と言えます。

イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション);デジタル技術で爆発的に成長する産業、破壊される産業

DX本「デジタルトランスフォーメーションの実際」

書籍「デジタルトランスフォーメーションの実際」もデジタルトランスフォーメーションの要点を掴むのに役立ちます。

著者であるベイカレント・コンサルティングは、日本でいち早くDXの重要性を説いたコンサルティング会社。顧客企業のグローバル展開支援などに精通していることから、本書では日米間のDXについて比較分析がなされています。

また、「デジタルパッチ」→「デジタルインテグレーション」→「デジタルトランスフォーメーション」の3ステップでデジタル戦略を立案すべきという主張も、本書独自のポイントです。

デジタルトランスフォーメーションの実際

DX本「デジタル時代のイノベーション戦略」

書籍「デジタル時代のイノベーション戦略」はDXを総括的に理解できる本です。DXがなぜ重要なのか、企業においてDXをどう位置づければいいのか、どのようにイノベーションを起こしていくのかが説明されています。いずれも日本の風土、日本企業の特性に合わせた指南になっています。これからデジタルトランスフォーメーションに取り組む担当者や経営者の方におすすめの一冊です。

デジタル時代のイノベーション戦略

DX本「ソフトウェア・ファースト」

デジタル化はいうなれば、「ハードからソフトへの変革」を意味します。書籍「ソフトウェア・ファースト」ではソフトウェアをキーワードに、これからの日本企業が生き残るための方策について説明されています。著者の及川 卓也氏はMicrosoftやGoogleでプロダクトマネージャーやエンジニアリングマネージャーを務めた有名エンジニアです。

AI、サブスク、SaaS(Software as a Service)など、今話題のキーワードがちりばめられており、ソフトを中心としたサービス志向の流れを学べるでしょう。DX推進者だけでなく、エンジニア・プログラマーにも参考になる一冊ではないでしょうか。

ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略

DX本「サブスクリプションシフト DX時代の最強のビジネス戦略」

書籍「サブスクリプションシフト DX時代の最強のビジネス戦略」は、DX時代を牽引する代表的なビジネスモデル「SaaS」「サブスクリプション」を主に取り扱っています。SaaS・サブスクリプションがなぜ急成長したのか、その生産性の高さの源はどこにあるのかが詳細に分析されています。

サブスクリプションシフト DX時代の最強のビジネス戦略

DX本「DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる」

書籍「DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる」ではデジタルトランスフォーメーションを組織論の観点から解説しています。日本企業(特に大企業)では、組織が縦割りになっているために生じる「システム・人的リソースの無駄」がよく見られます。そのような状況を「サイロ化の罠」と言い、そこから抜け出すためのヒントを本書からは得られるでしょう。既にDXに取り組み始めている企業やDX担当者におすすめの一冊です。

DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる

DX本「リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書」

デジタルトランスフォーメーションを推進したくても、人材不足で足踏みをしている企業も少なくありません。書籍「リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書」ではDXを人材教育の面から捉え、これからのデジタル競争を勝ち残れる人材育成のノウハウについて解説しています。デジタル化、グローバル化が加速度的に進む現代において、人材育成もサービス・ソフト開発以上に重要な課題であることを説いています。

リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書

まとめ

デジタルトランスフォーメーションと一口に言っても、その観点は様々です。DXを企業内で推進していくためには、ソフト開発、組織作り、人材育成、風土改革など、多面的な戦略立案が必要となります。自身が抱える課題に合わせて、今回ご紹介した書籍を参考にしてみてください。

関連記事

【DX事例集】これでデジタルトランスフォーメーションを理解しよう!

https://manamina.valuesccg.com/articles/762

デジタル技術でビジネスに変革をもたらすDX(デジタルトランスフォーメーション)。概念はわかるものの海外の華々しい事例のほかに、日本ではどのようなDX事例があるでしょうか?身近な企業の取り組み事例を元に、デジタルトランスフォーメーションを理解していきましょう。

企業でDXを推進する組織づくりとは?3つのタイプを事例とともに考察します

https://manamina.valuesccg.com/articles/879

デジタル技術を活用し、革新的なビジネスモデルを生み出すDXに取り組む企業が増えています。革新的なビジネスモデルを実現するには、単なるツール導入や業務効率化にとどまらず、社内の仕事の進め方を全般的に変える必要があります。そのために、DX専任の組織を置く企業も増えています。今回は、企業のDXを推進する組織づくりの事例を紹介します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の課題とそれに対する解決策

https://manamina.valuesccg.com/articles/767

既存のビジネスをデジタル技術を活用して変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)を、企業戦略として取り入れる企業が増えています。しかしDXを実現するのは簡単ではありません。この記事ではDXに取り組む上で想定される課題を洗い出し、解決のための糸口をご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


データ分析の基礎固めにおすすめの本8冊

データ分析の基礎固めにおすすめの本8冊

膨大なデジタルデータが集まる現代では、経営やマーケティング施策の意思決定にデータ分析を活用する企業が増えています。企業あるいは現場でデータを収集・分析・活用するために参考となる本をご紹介します。


DX推進やデータを活用する力を目指す方に向けてのヒント【VALUES×Tableauセミナーレポート】

DX推進やデータを活用する力を目指す方に向けてのヒント【VALUES×Tableauセミナーレポート】

今回のセミナーのテーマは “データを活用していく力”。DX(デジタルトランスフォーメーション)やデータリテラシーについての基礎知識、Tableauを使ってデータを読み解くヒントやダッシュボードの事例が紹介されました。 <br><br><b><font color="#c2a503">※</font>詳細なセミナー資料は<a href="#outline33" class="scroll_move"><span class="site-color">無料でダウンロード</a></span>できます。記事下部にあるフォームからお申込みください。ダウンロードURLをお知らせします。</b>


企業がDXを実現するための組織づくりと進め方

企業がDXを実現するための組織づくりと進め方

DX(デジタルトランスフォーメーション)が声高に叫ばれていますが、DXで「革新的なビジネスモデルを生み出す」には既存の組織や業務を大幅に変更する必要があり、手探りの企業も多いのではないでしょうか。基礎知識から組織編成まで、DX推進のノウハウを事例や資料をもとにまとめました。


身近なサービスからDXの本質・ビジネスプロセスの変革に迫る

身近なサービスからDXの本質・ビジネスプロセスの変革に迫る

DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されるようになった理由のひとつに、経産省のDXレポートがあります。今後、多くの企業でDXの推進されるなか、実際に自社の発展につなげるために必要なこととは?まずは、DXの本質である「ビジネスプロセスの変革」を明確に理解することです。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

新型コロナウイルスの影響により外行きの衣服の需要が激減したことから、アパレル業界は大打撃を受けています。多くのアパレルブランドが経営不振に陥る中、外出自粛期間はジムにも行けず、スポーツウェアブランドも例に漏れず人気が低迷...?しかしそういう訳でもないようです。コロナ禍において、成功の明暗を分けるものは何なのか。スポーツウェアブランド(アディダス、ナイキ、ミズノ)に注目して分析しました。(ページ数|20p)


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング