Yahoo!関連アプリの総利用者数はLINE関連アプリに匹敵

Yahoo!関連アプリの総利用者数はLINE関連アプリに匹敵

ポータルサイトだけでなく、アプリも強い「Yahoo!」


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、Yahoo!関連アプリの利用者動向について分析、調査しました。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2018年10月にYahoo!関連アプリを利用したネットユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はスマートフォンからのアプリ起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmail、Google+などプリインストールアプリは除く

考察サマリ

5つのYahoo!関連アプリが利用者数トップ20にランクイン

インターネット黎明期にポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を提供し、インターネット社会を最前線で形作ってきたYahoo!。いまや時代はスマートフォンが主役となり、LINEやFacebook、Twitterといったアプリがその代表のように思われますが、Yahoo!関連アプリはその中でどのような立ち位置を占めているのでしょうか。Yahoo!関連アプリについて調べてみました。

まず、2018年10月のスマートフォンアプリ利用者数ランキングを見てみます【図1】。利用者数トップは約4,900万UUのLINE。これは2位Facebookの約2倍の数字となっています。Yahoo!関連アプリはというと、3位Twitterに続き4位にYahoo! JAPANがランクイン。さらに、9位にYahoo!天気、12位にYahoo!乗換案内、16位と17位にYahoo!ショッピングとYahoo!メールがそれぞれランクインしています。トップ20に5つのアプリが名を連ね、スマートフォンアプリの中でも存在感を保っていることが分かります。

Yahoo!は「天気」「乗換案内」など多様な領域で1,000万人以上のユーザーを保有

次に、インターネット企業の巨塔「LINE」「Facebook」「楽天」各社のアプリとYahoo!関連アプリを、「eMark+」のSite Analyzerを用いて比較します。まずはLINEの利用者数トップ5アプリを見てみましょう【図2】。

1位はもちろんコミュニケーションアプリ「LINE」です。また、2位から5位にはゲームアプリ「ディズニーツムツム」や「LINEポコポコ」、マンガアプリ「LINEマンガ」、音楽ストリーミングアプリ「LINE MUSIC」がランクイン。LINE社はエンターテイメント系のアプリを中心に提供し、利用者の心を掴んでいることが分かります。

次はFacebook関連アプリを調査します【図3】。1位は「Facebook」、2位「Instagram」、3位が「Messenger」という結果になりました。4位と5位は上位3アプリに比べ利用者数が少なく、Facebook関連の主要アプリはこの上位3つであることがうかがえます。

次に楽天関連アプリを調べます【図4】。1位はショッピングアプリ「楽天市場」です。また、3位には楽天カードのアプリがランクイン。それ以外の3つはポイント系アプリとなっています。「楽天市場」や「楽天カード」といった購買・決済にまつわるサービスを提供し、ポイントを付与することで「楽天経済圏」を構築していることが分かります。

そして、Yahoo!関連アプリの利用者数ランキングを見てみましょう【図5】。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を筆頭に、天気、乗換案内、ショッピング、メールと別々の領域のサービスを提供しています。さらに特徴的なのはその月間UU数です。どのアプリも月間1,000万UUを超えており、上位5アプリすべてが1,000万UU以上なのはYahoo!のみでした。黎明期からの知見を強みに使いやすいアプリを提供していることが、ユーザー獲得につながっている可能性が考えられます。

ここまで見てきた4社のインターネット企業関連の上位5アプリの、総利用者数と併用状況を比較してみました【図6】。各社のうち総利用者数が最も多かったのはLINEで、2018年5月-10月にかけて約6,700万人もの人々がLINE関連アプリを利用しました。
一方、Yahoo!関連アプリの総利用者数は5,000万人ほどと、LINEに次いで2番目に多くのユーザーを保有しています。また、最も同企業アプリの併用率が高かったのは楽天です。全体のうち5.1%の人々が上位5つの楽天アプリをすべて使っている様子がうかがえました。

Yahoo!関連アプリは性別・年代を問わず多くの人々に利用されている

最後に、Yahoo!関連上位4アプリの利用者属性を比較しました。まずは利用者の性別割合を見てみます【図7】。男性割合がYahoo!天気で最も多かったものの、どのアプリでも男女比はほぼ1対1となり、大きな違いは見られませんでした。

一方、年代別に見ると、Yahoo!乗換案内で他サービスと比べ10ポイントほど20代の割合が高くなっています【図8】。しかし、4つとも年代による顕著な偏りは見られません。このことから、性別・年代を問わず多くの人々に利用されているYahoo!アプリの姿が浮かび上がってきます。

まとめ

今回の調査から、Yahoo!はポータルサイトの知見を活かし、多様な領域で多くの人々に使われるスマートフォンアプリを提供していることが分かりました。総利用者数はLINE関連アプリに匹敵するほどであり、PC主役の時代からスマートフォンの時代へ適応してきたことがうかがえます。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アプリ

関連する投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年4月~2019年5月)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/9~2019/6/15)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。


最新の投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

世界では既に浸透しており、最近では徐々に日本でも取り入れられつつある営業手法が「インサイドセールス」です。インサイドセールスは電話やEメールを介して行う営業活動なので、「テレアポと同じなのではないか?」と考えられがちですが、テレアポとインサイドセールスは目的や成果が異なります。どういった点がテレアポとは違うのか詳しく見ていきましょう。


インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスが海外では広がりを見せ、日本国内の企業でも新しい営業手法として今後どんどん取り入れられていくことが予想されています。 インサイドセールスを導入した際には、どのようなKPI設計が必要なのでしょうか? 目標設計の設定こそがインサイドセールスを構築するにあたって重要なポイントとなります。 インサイドセールスの目標設計方法について解説していきます。


インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

ここ数年で、インサイドセールスという新しい営業手法が注目されています。 インサイドセールスによってコストカットや営業の働き方改革など多数のメリットがあるため、日本の企業でも徐々に取り入れられてきているのです。しかし、いざインサイドセールスを導入したいと思っても、どこから始めるべきか分からないものです。そこで、インサイドセールスを始めるために便利なツールを紹介していきます。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


市場調査 アプリ アンケート 行動ログ 外食 SEO SNS EdTech

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら