Yahoo!関連アプリの総利用者数はLINE関連アプリに匹敵

Yahoo!関連アプリの総利用者数はLINE関連アプリに匹敵

ポータルサイトだけでなく、アプリも強い「Yahoo!」


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、Yahoo!関連アプリの利用者動向について分析、調査しました。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2018年10月にYahoo!関連アプリを利用したネットユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はスマートフォンからのアプリ起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmail、Google+などプリインストールアプリは除く

考察サマリ

5つのYahoo!関連アプリが利用者数トップ20にランクイン

インターネット黎明期にポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を提供し、インターネット社会を最前線で形作ってきたYahoo!。いまや時代はスマートフォンが主役となり、LINEやFacebook、Twitterといったアプリがその代表のように思われますが、Yahoo!関連アプリはその中でどのような立ち位置を占めているのでしょうか。Yahoo!関連アプリについて調べてみました。

まず、2018年10月のスマートフォンアプリ利用者数ランキングを見てみます【図1】。利用者数トップは約4,900万UUのLINE。これは2位Facebookの約2倍の数字となっています。Yahoo!関連アプリはというと、3位Twitterに続き4位にYahoo! JAPANがランクイン。さらに、9位にYahoo!天気、12位にYahoo!乗換案内、16位と17位にYahoo!ショッピングとYahoo!メールがそれぞれランクインしています。トップ20に5つのアプリが名を連ね、スマートフォンアプリの中でも存在感を保っていることが分かります。

Yahoo!は「天気」「乗換案内」など多様な領域で1,000万人以上のユーザーを保有

次に、インターネット企業の巨塔「LINE」「Facebook」「楽天」各社のアプリとYahoo!関連アプリを、「eMark+」のSite Analyzerを用いて比較します。まずはLINEの利用者数トップ5アプリを見てみましょう【図2】。

1位はもちろんコミュニケーションアプリ「LINE」です。また、2位から5位にはゲームアプリ「ディズニーツムツム」や「LINEポコポコ」、マンガアプリ「LINEマンガ」、音楽ストリーミングアプリ「LINE MUSIC」がランクイン。LINE社はエンターテイメント系のアプリを中心に提供し、利用者の心を掴んでいることが分かります。

次はFacebook関連アプリを調査します【図3】。1位は「Facebook」、2位「Instagram」、3位が「Messenger」という結果になりました。4位と5位は上位3アプリに比べ利用者数が少なく、Facebook関連の主要アプリはこの上位3つであることがうかがえます。

次に楽天関連アプリを調べます【図4】。1位はショッピングアプリ「楽天市場」です。また、3位には楽天カードのアプリがランクイン。それ以外の3つはポイント系アプリとなっています。「楽天市場」や「楽天カード」といった購買・決済にまつわるサービスを提供し、ポイントを付与することで「楽天経済圏」を構築していることが分かります。

そして、Yahoo!関連アプリの利用者数ランキングを見てみましょう【図5】。ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を筆頭に、天気、乗換案内、ショッピング、メールと別々の領域のサービスを提供しています。さらに特徴的なのはその月間UU数です。どのアプリも月間1,000万UUを超えており、上位5アプリすべてが1,000万UU以上なのはYahoo!のみでした。黎明期からの知見を強みに使いやすいアプリを提供していることが、ユーザー獲得につながっている可能性が考えられます。

ここまで見てきた4社のインターネット企業関連の上位5アプリの、総利用者数と併用状況を比較してみました【図6】。各社のうち総利用者数が最も多かったのはLINEで、2018年5月-10月にかけて約6,700万人もの人々がLINE関連アプリを利用しました。
一方、Yahoo!関連アプリの総利用者数は5,000万人ほどと、LINEに次いで2番目に多くのユーザーを保有しています。また、最も同企業アプリの併用率が高かったのは楽天です。全体のうち5.1%の人々が上位5つの楽天アプリをすべて使っている様子がうかがえました。

Yahoo!関連アプリは性別・年代を問わず多くの人々に利用されている

最後に、Yahoo!関連上位4アプリの利用者属性を比較しました。まずは利用者の性別割合を見てみます【図7】。男性割合がYahoo!天気で最も多かったものの、どのアプリでも男女比はほぼ1対1となり、大きな違いは見られませんでした。

一方、年代別に見ると、Yahoo!乗換案内で他サービスと比べ10ポイントほど20代の割合が高くなっています【図8】。しかし、4つとも年代による顕著な偏りは見られません。このことから、性別・年代を問わず多くの人々に利用されているYahoo!アプリの姿が浮かび上がってきます。

まとめ

今回の調査から、Yahoo!はポータルサイトの知見を活かし、多様な領域で多くの人々に使われるスマートフォンアプリを提供していることが分かりました。総利用者数はLINE関連アプリに匹敵するほどであり、PC主役の時代からスマートフォンの時代へ適応してきたことがうかがえます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アプリ分析

関連する投稿


市場調査とマーケティングリサーチ、両者の違いや調査方法を解説

市場調査とマーケティングリサーチ、両者の違いや調査方法を解説

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案の材料になるのが市場調査とマーケティングリサーチ。混同しがちですが、両者はベクトルが異なっています。市場調査は過去、マーケティングリサーチは未来にベクトルが向いています。このように性格が異なる両者の違い、そして主な調査方法などを解説します。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年3月のアプリインストール数1位は「セブン-イレブンアプリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から発表された格安プランについて、3月のサービス開始前後の集客状況を調査。「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランがどういった層から関心を受け、現時点で市場での勝ち筋が見えているのはどこなのか、という分析をヴァリューズの「Dockpit」を用いて進めていきます。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


コロナ禍から1年、化粧品への消費者ニーズはどう変わった?業界動向をデータで振り返る

コロナ禍から1年、化粧品への消費者ニーズはどう変わった?業界動向をデータで振り返る

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。 今回の調査は前回の記事に引き続き、新型コロナウイルスの影響についてです。 コロナ禍から約1年、化粧品への消費者の意識はどのように変化してきたのか、データから振り返り、今後の動向について予想します。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング