注目集まるD2Cのペット用品事例

注目集まるD2Cのペット用品事例

メーカーが消費者と直接取引をするビジネスモデル「D2C」が注目されています。健康志向を受けて拡大するペット用品の分野でも、国内外でD2Cの事例が出ています。


ペット関連市場は毎年拡大の一途

矢野経済研究所の調査によると、2018年度のペット関連総市場規模は、前年度比101.6%の1兆1兆5,442億円と推計しています。この市場は、微増ではあるものの、毎年増加の傾向あります。

現実的には犬の飼育頭数は減少、猫の飼育頭数は横ばいという状況の中、市場規模の右肩上がりが続く要因は、ペットを家族の一員やパートナーとして大切に飼育しているため、と考えられています。ペットの健康によりよいもの、マナー、エチケット関連の製品やサービスに対する需要が高まっていると見られています。

ペットも人間なみに健康志向〜海外からの波〜

ペット関連市場において、盛況なのがペットフードです。

ペットによいものを食べさせたいというニーズから、人間が食べるものと同じ素材、製造方法(ヒューマングレード)にしたり、獣医師の監修といった、いわゆる「健康的」なペットフードが広まっています。とくに、ペットフードのD2Cによる提供は、アメリカにおいて数年前から登場しており、活況を呈しています。

アメリカのD2Cペット用品事例「The Farmer’s Dog」

注目株のスタートアップ企業「The Farmer’s Dog」では、ペットごとにカスタマイズしたドッグフードを提供するサブスクリプションサービスを展開しています。

同社が提供するドッグフードは、個々に対応したカスタマイズだけではなく、人間でも食べられる新鮮な素材、防腐剤といった添加物も使わないヘルシーさが特徴です。

なお、すでに毎月100万食以上を提供しており、およそ半数のユーザーが1年以上に渡ってリピート注文していることからも、その人気の高さがわかります。

Fresh Human-Grade Dog Food Delivery | The Farmer’s Dog

https://thefarmersdog.com/

A smarter, healthier dog food: 100% human-grade food, pre-portioned and delivered to your door. Better for them & easier for you. Create your plan today!

アメリカのD2Cペット用品事例「NomNomNow」

「NomNomNow」もThe Farmer’s Dogと同様のペットフードのサブスクリプションサービスです。

NomNomNowの特徴は、成長率の高さ。2016年12月から2017年同月までの成長率が6.5倍を達成。そしてさらに1,300万ドル(約14億円)の資金調達を行うほどの企業となっています。

サービス内容的には、顧客がペット情報(犬猫問わず)を入力すると、そのプロフィールをもとにいくつかのレシピを提案されます。これを顧客が選択すると、ペットフードのキットが届く、という流れです。

食材については、こちらも健康志向のもの・オーガニックフードが中心になっています。

Fresh food for dogs and cats, delivered - Nom Nom

https://www.nomnomnow.com/

Nom Nom is healthy, fresh food for cats and dogs formulated by vets. Gently cooked each week with free delivery to your door.

アメリカのD2Cペット用品事例「Ollie」

創業間もない「Ollie」は、ドッグフードの生産を、ペンシルベニア州の米国農務省認定調理工場に委託しています。米国農務省認定調理工場は、人間が口にする食品を加工する工場。当然のことながら、品質、食品の信頼性の高さは折り紙付きと言えます。

チキン、ビーフ、ラムの心臓、砕いたバターナッツ、ルタバガ、ヒヨコマメ、ポテト、クランベリー、ケール、いちご、(鱈の)肝油といった、これまでにドッグフードとして使われていない素材をチョイス

こうした素材を顧客の犬に合わせてレシピを調製。適正量を顧客に届けるという流れです。

Ollie | Healthier Food for a Healthier Dog

https://www.myollie.com/

Ollie delivers fresh, healthy dog food made with real, human-grade ingredients, tailored to your pup's unique nutritional needs.

国内のD2Cペット関連アイテムも「食」が中心

D2Cペット用品事例「PETOKOTO FOODS」

「PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)」が提供するドッグフードは、国産素材を用いたヒューマングレード。獣医師の監修のもと、「BEEF」「PORK」「CHIKEN」「FISH」というそれぞれの肉を中心とした4種類を提供しています。

犬種を「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類し、それぞれの犬のカロリー量に応じてデリバリーの頻度が変わります

カスタムフレッシュドッグフード|PETOKOTO FOODS(ペトことフーズ)

https://foods.petokoto.com/

鹿児島県産和牛や黒豚、安納芋などの新鮮な国産食材を使用した無添加のプレミアムドッグフードです。世界に95名しかいないニュージーランドの栄養学専門獣医師が監修。全犬種全年齢対応。最低限の加熱調理で瞬間冷凍でお届けするため、人間も食べられる美味しい手作りごはんです。質問に答えるだけであなたの愛犬に合ったレシピやカロリー量でお届けし、一生涯の栄養や健康管理をサポートします。

D2Cペット用品事例「CoCo Gourmet」

これまで紹介してきたペットフードは、ペットの種類全般に対応するスタイルでしたが「Regalie(レガリエ)」は、“室内で飼育している10kg以下の小型犬”に特化したドッグフードを提供するサービスです。

Regalieのドッグフードも他のサービスの例に漏れず、獣医師との共同開発や素材へのこだわり、無添加といった特徴を持っていますが、独特なのがグレインフリー(穀類不使用)という点です。

ドッグフード-[レガリエ【公式】]

https://regalie.jp/shopping/lp.php?p=rdog01

目指したのは世界一の品質。「レガリエ」ドッグフードは、生肉を主原料にヒューマングレード素材だけで作り上げたグレインフリーのスペシャルフードです。無添加にこだわりつつ、獣医師監修の元で室内飼いの犬に最適化した栄養バランスに仕上げています。

D2Cペット用品事例「Catlog」

「Catlog(キャトログ)」は、猫の生活をテクノロジーで見守るIoTデバイスです。

首輪に装備された加速度センサーで猫の行動ログを取得し、その様子を飼主のスマホに転送するという内容になっています。行動ログはバイオロギング解析技術と機械学習を使い、「ごはん」「睡眠」「歩く」「⾛る」「運動」といった行動パターンを検知します。

映像での監視とはことなり、行動パターンが逐次スマホに送られてくるので、定期的にしかスマホで確認できないという場合は心強い内容です。

猫の生活をテクノロジーで見守る。 Catlog_ | RABO, Inc.

https://rabo.cat/catlog

Catlog®(キャトログ)は「世界中の猫と飼い主が、1秒でも長く一緒にいられるように。猫の生活をテクノロジーで見守る。」猫様専用のIoTサービスです。猫様の日々の行動を24時間365日、そして一生にわたって見守り、記録し、猫様の健康管理をサポートします。すべては、猫様のために。

「独自性」というD2Cの強みがユーザーのニーズと合致

ホームセンターなどで販売されている国内の既存ブランドには無添加・グレインフリーのものは少ないのが現状です。

そうした製品を仮に大手企業が作ろうとしても、原価コストの点から販売価格帯が高くなります。また、自社の既存ブランドとのバッティングを防ぐ観点から、こうしたペットフードの分野には参入しづらい、と予測されます。

一方、小回りがきくD2Cブランドであれば価格を抑えつつ、安全なものを提供できます。オリジナリティによって、今後もペット用品のD2Cの流れは広がっていくことが予想されます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


D2C 事例

関連する投稿


【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

EC運営で困った時や、今より売れるヒント探しを目的とした方に向けた3stepガイド。「ECを効率的に勉強したい」「他社ECの事例を知りたい」「D2Cについて知識をつけたい」そんな思いに応えたブック型記事になっています。ステップ順に見ていけばEC運営の基礎知識も身につき、自社ECの課題点や改善点が把握できるように記載しています。


注目を集めるD2Cを化粧品・コスメの成功事例から紹介

注目を集めるD2Cを化粧品・コスメの成功事例から紹介

生産者とカスタマーが直接取り引きをする「D2C」。最近注目を集めているビジネスモデルです。スマホとSNSの普及によって認知・浸透してきたD2C、さかんな分野は前述の普及要因と親和性の高いレディス向けの商品です。今回はその中でもとくに「化粧品・コスメ」について、事例とともに紹介します。


D2Cのマーケティング課題と施策

D2Cのマーケティング課題と施策

店舗を介さず顧客へ商品を届けるD2Cが注目されていますが、商品が良くても顧客にリーチできなければ販売機会がありません。D2C各社がどのようにネットで存在感を出し、ブランドを育てているか、マーケティング事例から見ていきます。


注目を集める「D2C」ブランド、その強みは?

注目を集める「D2C」ブランド、その強みは?

世界的なD2C興隆の流れに乗り、日本でも多くのD2Cブランドが立ち上がっています。D2Cにより生産者と消費者がダイレクトにつながり、消費活動の幅が今まで以上に広がります。D2Cムーブメントの中でいち早く名を上げたブランドの成功の秘訣を事例をもとに検証します。


D2Cのメインストリーム・アパレルの最前線

D2Cのメインストリーム・アパレルの最前線

数あるD2Cブランドのなかで、特に多いジャンルが「アパレル」。D2Cと親和性が高いとされている理由やユーザーに受け入れられる秘訣は?知名度の高いD2Cアパレルブランドの事例から、D2C成功の理由に迫ります。


最新の投稿


「カスタマージャーニーマップ」を作るワークショップを通じて、顧客理解を深めよう

「カスタマージャーニーマップ」を作るワークショップを通じて、顧客理解を深めよう

顧客の購買プロセスを旅にたとえて図式化するカスタマージャーニーマップは、チームメンバーや関係部署間でのカスタマーエクスペリエンスの共通理解を促進できるメリットがあります。このメリットを活かすのにおすすめなのが、カスタマージャーニーマップのワークショップによる作成です。ワークショップ開催にあたってどのようなメンバーを集めるのが最適か、また、ワークショップの円滑化のための施策を紹介します。


待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

待ちわびたライブスポーツ再開でDAZNやスポナビのMAUが急上昇…!ロイホやポケモンのアプリも【急上昇アプリ調査・20年6月】

2020年6月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。6月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

急上昇ワードに“梅雨明け”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/26~2020/8/1)

2020年7月26日~8月1日週の検索急上昇ワードでは、8月1日に気象庁から発表された東海と関東甲信の「梅雨明け」に注目が集まったようです。梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、待ち遠しく感じていた人も多いのではないでしょうか。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

「タッチポイント」を明確にしてカスタマージャーニーマップの精度を上げる方法

顧客の購買行動を「旅」にたとえるカスタマージャーニーと、それを図式化したカスタマージャーニーマップ。カスタマージャーニーでは「認知・注意」「興味・関心」などの購買ステージごとに顧客とのタッチポイント(顧客接点)と、その際の顧客の行動や感情・思考を洗い出し、そのタッチポイントにおける課題と改善施策を検討します。


マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

マイナポイントの予約がスタート。ユーザーはどう動いている?検索ワードとアプリダウンロード数から調査

2020年9月から「マイナポイント」が開始されます。この申し込みが7月1日始まったことで、マイナポイントの仕組みや予約・申し込みなどの情報、キャッシュレス決済業者各社への注目が高まり始めています。今回はマイナポイントを取り巻くユーザー動向を、検索キーワードやアプリダウンロードの調査データを使って分析します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら