記事総数:1969

公開中の記事


オトナル、マスとデジタルを横断した国内24メディアの利用実態の調査レポートを公開

オトナル、マスとデジタルを横断した国内24メディアの利用実態の調査レポートを公開

株式会社オトナルは、国内24メディアの利用実態を取りまとめた「国内24メディア利用実態レポート」を公開しました。本レポートは15歳から69歳の男女10,000人を対象にしており、年齢や性別、職業などで利用動向を分析しています。


オウンドメディア担当者の約7割が現在のCV数に満足していない!? ノウハウ不足でCV向上施策が実施できていない課題も【Wordeal調査】

オウンドメディア担当者の約7割が現在のCV数に満足していない!? ノウハウ不足でCV向上施策が実施できていない課題も【Wordeal調査】

株式会社Wordealは、仕事でオウンドメディア業務に従事している担当者を対象に「オウンドメディア実態調査」を実施し、結果を公開しました。


データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

データ活用を加速させる!「BIダッシュボード」事例集 | BIダッシュボードギャラリー

社内外の様々なデータを可視化し、グラフを組み合わせて表現することで、データの傾向やパターンを明確にし、分析の精度を向上させる「BIダッシュボード」。関係者間の正しい情報共有や共通理解の促進も期待できます。本レポートでは、Tableauをはじめとする様々なBIツールの導入や構築支援を行ってきたヴァリューズが、これまでの活用事例を厳選して紹介します。業務改善や意思決定に利用するダッシュボードについて、具体的なイメージが欲しい!という方にもおすすめです。


企業、消費者共に人が対応する接客を求めている!ビーウィズ、顧客接点における人とデジタル活用に関する調査レポート公開

企業、消費者共に人が対応する接客を求めている!ビーウィズ、顧客接点における人とデジタル活用に関する調査レポート公開

ビーウィズ株式会社は、15業界の各企業担当者と、1,500名の消費者を対象に、企業への問合せ方法についての調査を実施し、結果を公開しました。


クレカ利用者の半数は「タッチ決済」を日常利用、コード決済利用率は68%に伸長【インフキュリオン調査】

クレカ利用者の半数は「タッチ決済」を日常利用、コード決済利用率は68%に伸長【インフキュリオン調査】

株式会社インフキュリオンは、全国の16歳〜69歳男女を対象に「決済動向2024年上期調査」を実施し、結果を公開しました。


BtoB企業セミナーの満足度は"講師と資料の質"で決まる!セミナー後に電話での補足説明や個別アドバイスを希望する声も【IDEATECH調査】

BtoB企業セミナーの満足度は"講師と資料の質"で決まる!セミナー後に電話での補足説明や個別アドバイスを希望する声も【IDEATECH調査】

株式会社IDEATECHは、BtoB企業向けのセミナーに参加したことのある経営者・役員・一般社員を対象に、BtoB企業のセミナーに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


NOVARCA、増加するインバウンド消費に関する実態調査レポートを発表

NOVARCA、増加するインバウンド消費に関する実態調査レポートを発表

株式会社NOVARCAは、インバウンド消費に関する各種ファクトデータや現地調査、SNSのクチコミデータ等を分析し、『待ったなし!爆増するインバウンド消費の実態解剖 〜今すぐ打つべき戦略と手法〜』として調査内容を発表しました。


【2024年7月1日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年7月1日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


約7割のユーザーがGoogleマップ上での行動後に来店!ルート検索を行うユーザーの来店数が最も高い【トライハッチ調査】

約7割のユーザーがGoogleマップ上での行動後に来店!ルート検索を行うユーザーの来店数が最も高い【トライハッチ調査】

株式会社トライハッチは、Googleマップを利用してレストランを検索したユーザーを対象にした行動傾向調査を実施し、結果を公開しました。


TikTokユーザーの約6割はアプリがきっかけで商品の購入経験あり 購入した商品は食料品・飲料や化粧品が上位に【Utakata調査】

TikTokユーザーの約6割はアプリがきっかけで商品の購入経験あり 購入した商品は食料品・飲料や化粧品が上位に【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10代〜50代のTikTokユーザーの男女を対象に、「TikTokきっかけでの商品購入」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


TikTokユーザーの投げ銭機能利用率は1割未満 投げ銭の経験があるユーザーの最高額は30万円【Utakata調査】

TikTokユーザーの投げ銭機能利用率は1割未満 投げ銭の経験があるユーザーの最高額は30万円【Utakata調査】

株式会社Utakataは、TikTokアプリをインストールした10代〜50代の男女を対象に、「TikTokで投げ銭をしたことがあるか」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


広告効果を高めるために「漫画が不可欠」と回答したデジマ担当は9割!エンゲージメント率向上への効果実感が最多【リンクアンドパートナーズ調査】

広告効果を高めるために「漫画が不可欠」と回答したデジマ担当は9割!エンゲージメント率向上への効果実感が最多【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、漫画広告を活用したことがあるマーケティング担当者を対象に、「漫画広告の活用実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


20代〜30代の若年層だけでなくあらゆる世代で商品検索時にハッシュタグが有用【ZETA調査】

20代〜30代の若年層だけでなくあらゆる世代で商品検索時にハッシュタグが有用【ZETA調査】

ZETA株式会社は、全国の20〜65歳の男女を対象に「ハッシュタグ検索」に関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


マーケティングツール活用の課題は「コストが高い」が最多!「効果測定が難しい」「ツールを使いこなせない」など活用方法に課題も【インキュデータ調査】

マーケティングツール活用の課題は「コストが高い」が最多!「効果測定が難しい」「ツールを使いこなせない」など活用方法に課題も【インキュデータ調査】

インキュデータ株式会社は、売上高100億円以上の企業でマーケティング、営業企画、販売促進、情報システム部門に所属する方を対象に「マーケティングツールに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


生成AIプロンプトポータル「教えてAI byGMO」、最大6つのAIモデルを同時実行できる『教えてAI 一発検索』に『プロンプト呼び出し機能』を追加

生成AIプロンプトポータル「教えてAI byGMO」、最大6つのAIモデルを同時実行できる『教えてAI 一発検索』に『プロンプト呼び出し機能』を追加

GMO教えてAI株式会社は、生成AIプロンプトポータル「教えてAI byGMO」の最大6つのAIモデルを同時に実行できる機能『教えてAI 一発検索』において、『プロンプト呼び出し機能』を追加したことを発表しました。


【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

アプローチしたい顧客セグメントに到達するためには、コミュニケーション媒体として適切なSNSを選定し活用することが重要です。数多くの新興SNSも登場する中、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)それぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。


アプリを新規インストールするタイミングが「不要なアプリは何か」を振り返るきっかけに【DearOne調査】

アプリを新規インストールするタイミングが「不要なアプリは何か」を振り返るきっかけに【DearOne調査】

株式会社DearOneは、一般消費者に対して、企業やブランドアプリのインストール、アンインストールについての調査を実施し、結果を公開しました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング