記事総数:1052

公開中の記事


成功事例を参考に!マーケティング戦略が上手な企業

成功事例を参考に!マーケティング戦略が上手な企業

自社製品・サービスを普及させるためにはマーケティング戦略が必要です。その重要性、必要性は理解していても実際に戦略を立案する段になるとどうすればよいのか悩まれるのではないでしょうか?こうした場合は、マーケティング戦略の事例、とりわけ成功事例をもとに考えるのが効率的です。


急上昇ワードに「でんき予報」「東電」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/3/20~2022/3/26)

急上昇ワードに「でんき予報」「東電」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/3/20~2022/3/26)

2022年3月20日~3月26日の検索急上昇ワードでは、3月21日夜に経済産業省が初の電力需給逼迫警報を発令したことを受けて、東京電力がネットで使用率の予想を公開している「でんき予報」に注目が集まり、検索が急増。Twitterのトレンドにも「でんき予報」というワードが入り話題となりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ポストCookie時代のWeb広告配信を考える。顕在層とのタッチポイントをWeb行動ログデータから探ってみた

ポストCookie時代のWeb広告配信を考える。顕在層とのタッチポイントをWeb行動ログデータから探ってみた

昨今、多くの事業においてデジタルマーケティングやWeb広告の重要性が高まっていることは言うまでもありません。そんな中で、個人情報保護の背景から強化されたCookie規制はマーケターに衝撃を与えました。今回はCookie規制に影響されない、ポストCookieについて考えます。


急上昇ワードに「地震速報」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/3/13~2022/3/19)

急上昇ワードに「地震速報」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/3/13~2022/3/19)

2022年3月13日~3月19日の検索急上昇ワードでは、3月16日に宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測した地震が発生したため、「地震速報」「地震」などの検索が急増しました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


TikTokで「NASAで撮られた写真」が大流行!?SNSのミームが急上昇サイトランキングを動かす(2022年2月急上昇サイト)

TikTokで「NASAで撮られた写真」が大流行!?SNSのミームが急上昇サイトランキングを動かす(2022年2月急上昇サイト)

2022年2月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「3.11」「国際女性デー」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/3/6~2022/3/12)

急上昇ワードに「3.11」「国際女性デー」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/3/6~2022/3/12)

2022年3月6日~3月12日の検索急上昇ワードでは、昨年と同じく、ヤフーとLINEの共同チャリティー企画で3月11日に「3.11」と検索するとひとりにつき10円を東北支援にたずさわる団体に寄付する『3.11 検索は、チカラになる。』の後押しがあり、「3.11」の検索が急増。週間検索数も1位となりました。また、3月8日が「国際女性デー」であることから「国際女性デー」の検索数も急伸しました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


アフターコロナのコネクテッドカー・マーケティング|セミナー資料

アフターコロナのコネクテッドカー・マーケティング|セミナー資料

生活様式がコロナ禍によって大きく変貌してから約2年。この間に大きく変わった消費者意識は多岐に渡るでしょう。一番身近なところでは「外出」に対する考え方でしょうか。その意識変化の影響を受けた市場の一つとして「自動車業界」も挙げられます。Web行動ログデータを活用し調査したところ、自動車販売台数が伸び悩んでいる中でも、「中古車」や「EV」への関心の高さは伸びていることや、「自動車」が、より「ネット」との接合性が高まっていることがわかってきました。ヴァリューズではこれらを受け、更にデジタルとの融合性が問われる「コネクテッドカー」に焦点を当て、アプリ利用やユーザー像に向けたマーケティングの今などを解説したセミナーを開催しました。


急上昇ワードに「ルーブル」「ウクライナ 寄付」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/27~2022/3/5)

急上昇ワードに「ルーブル」「ウクライナ 寄付」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/27~2022/3/5)

2022年2月27日~3月5日の検索急上昇ワードでは、ロシア軍のウクライナ侵攻に対する各国の制裁による影響で急落したロシア通貨「ルーブル」や、寄付でウクライナへの支援ができる仕組みを提供する動きが相次ぎ、「ウクライナ 寄付」などの検索が急増しました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


心がゆれる瞬間を捉える!新消費行動「バタフライサーキット」を活用して、化粧品の購入検討行動を徹底調査

心がゆれる瞬間を捉える!新消費行動「バタフライサーキット」を活用して、化粧品の購入検討行動を徹底調査

ヴァリューズがGoogle社と共同で研究した「バタフライサーキット」は、『さぐる』と『かためる』という2種類の動機を蝶(バタフライ)のように行き来する情報探索行動モデルです。今回は「バタフライサーキット」を用いて、化粧品の購入を例に情報探索モチベーションの具体を調査・分析しました。


急上昇ワードに「ウクライナ」「キエフ」「SWIFT」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/20~2022/2/26)

急上昇ワードに「ウクライナ」「キエフ」「SWIFT」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/20~2022/2/26)

2022年2月20日~2月26日の検索急上昇ワードでは、2月24日にロシアがウクライナに対する軍事侵攻に踏み切ったことを受けて、「ウクライナ」「ゼレンスキー大統領」「キエフ」「ロシア」「SWIFT」(国際銀行間通信協会)など関連するキーワードの検索が急増しました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


行動経済学がもたらすコロナ時代の行動変容

行動経済学がもたらすコロナ時代の行動変容

新型コロナウイルスの蔓延により、マスクの着用、密閉空間、密集場所、密接場面の三密回避、ソーシャルディスタンスの確保、消毒といった対策が取られるようになりました。これらは法的な強制力やペナルティ、そして報奨がないものも多いですが、人々の協力のもとに達成されています。なぜ人々が協力して「コロナ対策」に取り組むのか、またそれを促進できるかに、「行動経済学」が役立つと考えられています。


人の心理に迫る行動経済学 心理学とはなにが違う?

人の心理に迫る行動経済学 心理学とはなにが違う?

行動経済学の理論のひとつに「プロスペクト理論(人は損失を過大に評価する傾向があり、実際の損得と心理的な損得は一致しない)」というものがあります。経済学や経済行動に心理学を交えて分析する行動経済学ですが、こうした理論は心理学とはどのように違うのでしょうか。行動経済学と心理学の違いを解説していきます。


河合塾のAI学習サービスが集客増!コロナでオンライン学習の市場拡大か|急上昇サイト調査(2022年1月)

河合塾のAI学習サービスが集客増!コロナでオンライン学習の市場拡大か|急上昇サイト調査(2022年1月)

2022年1月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアのCV率は何%?Dockpitで保険業界を事例に徹底分析

オウンドメディアの立ち上げや運営に欠かせないのが目的の整理や目標数値などのKPI設計、そしてモニタリングです。KPIの中では、成果であるCV(コンバージョン)を正しく把握することが重要となってきます。今回はある生命保険会社のサイトを例にあげ、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を使ってUU数やCVR(コンバージョン率)について分析する手法をご紹介します。


急上昇ワードに「カーリング女子」「フィギュアスケート 女子」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/13~2022/2/19)

急上昇ワードに「カーリング女子」「フィギュアスケート 女子」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/13~2022/2/19)

2022年2月13日~2月19日の検索急上昇ワードでは、北京オリンピックで決勝に進出した「カーリング女子」や、「坂本花織」選手が銅メダルを獲得した「フィギュアスケート 女子」など、北京五輪の競技、出場選手名での検索が急増しました。「ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


急上昇ワードに「オリンピック中継」「GORIN.JP」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/6~2022/2/12)

急上昇ワードに「オリンピック中継」「GORIN.JP」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/2/6~2022/2/12)

2022年2月6日~2月12日の検索急上昇ワードでは、スノーボード男子ハーフパイプで日本史上初の金メダルを獲得した「平野歩夢」選手、スキージャンプ男子ノーマルヒルで金メダルを獲得した「小林陵侑」選手をはじめ、北京五輪で活躍を見せた選手名の検索が急増。また、北京オリンピックをライブで観たいというニーズのためか「オリンピック中継」「GORIN.JP」などの検索も急上昇しました。「ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Mobile Application Ranking: Shopping Apps

Mobile Application Ranking: Shopping Apps

The mobile application rankings of this month focus on shopping apps. When sorted by Number of users, “Amazon Shopping” comes in first place, followed by “Rakuten Market” and “d POINT CLUB (Official)”. The following list is the rankings from 1 to 20.


中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

近年、中国では自分のイメージを高めるために形成された経済現象として「男顔経済(男性美容経済)」という言葉が注目されています。中国人男性の美容市場規模は急速に拡大し、約3,000億円規模の巨大市場に成長しています。今回は「男顔経済(男性美容経済)」について、成長した背景や、中国人男性の興味関心ごとについて調査しました。(ページ数|31p)


「業界別」アプリランキング - ライフスタイル編 -

「業界別」アプリランキング - ライフスタイル編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「ライフスタイル」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「セブン-イレブンアプリ」、2位「楽天ポイントクラブ」、3位「Tポイント」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


最新スマホアプリインストール数ランキング、ワクチン接種証明アプリが1位に(2022年1月)

最新スマホアプリインストール数ランキング、ワクチン接種証明アプリが1位に(2022年1月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年1月の1位は「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」という結果に。2位にはマイナポイント事業の影響で「マイナポータル」がランクインするなど、政府系アプリが上位を占めました。