Tableauとは一体どんなツール? BI初学者がTableauを1から学びます!【第1回】

Tableauとは一体どんなツール? BI初学者がTableauを1から学びます!【第1回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーである株式会社ヴァリューズで、セミナーも行っている若林さん。初回はそもそもTableauとは何か、BIツールとは何かについて学び、Tableauを実際に利用するイメージを掴みます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ一緒に勉強していきましょう。


Tableauを1から学びます!

初めまして、船田裕太(ふなだ・ゆうた)です。私は現在大学4年生で、大学では主にデータ分析について学んでいます。2020年10月からマーケティングリサーチとコンサルティングの企業、株式会社ヴァリューズでインターンとして働いており、来年の4月にヴァリューズに入社予定です!

私は大学で、統計学や機械学習の分野に注力して勉強していました。その中で、データを整形し、データ内の関連性を導き、「そのデータから何を言えるのか」を見つけ出すことに難しさを感じていました。データから「宝」を見つけ出すためには、データをグラフや図のように可視化することが非常に重要だと考えています。

しかし、私もデータの可視化については、Excelでグラフや図を作る程度しかしたことがありませんでした。そんなところに、マナミナの企画として「Tableau」を1から教えていただけるという話を頂き、「これは絶対にやりたい!」と思っていたところ、記事を担当させていただくことになりました!

講師はヴァリューズでTableau導入支援などの業務に携わる若林さん。そして、本連載ではその講義の模様を、Tableauの導入から、自らの手でTableauを操作してダッシュボードの作成・公開するまで皆様にお伝えしていきます。

データ分析やデータの知識があまりないよ、という方々にも分かりやすく伝えられるように、まずは私自身しっかりとTableauをしっかりと理解したいと思います。それでは、さっそくスタートしていきましょう!

BIツールとは?

若林さん:これからよろしくお願いします!第1回は、そもそもTableauとはどういったものなのかを中心にお話ししていきます。

船田:よろしくお願いします!

若林さん:まず、いきなりですがBIツールとは何か知っていますか?

船田:名前は聞いたことはありますが、どういう意味なのかわからないです…

若林さん:BIとはBusiness Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の英単語の頭文字をとったものです。「情報活用」と訳されることもあります。具体的な定義は、媒体などで若干の差はありますが、重要なのはデータを経営意思決定に活用するということです。

船田:なるほど!しっかりとデータ(数字)に基づいて、経営の意思決定をしていくということですね。では、BIツールを使うことでどんなメリットがあるのですか?

若林さん:BIツールには以下のような3つのメリットがあります。

若林さん:客観的な数字を見た上で判断を下すと言うと一見当たり前のことに思えますが、現実はなかなかできていないケースも多いのではないでしょうか。

Tableauのオンライン講義の様子
(左)若林広樹さん(株式会社ヴァリューズ 事業企画局 マーケティングコンサルタント)
(右)船田裕太くん

そもそもTableauとは?

若林さん:それでは、いよいよTableauについて説明していきます。Tableauとは先ほど説明したBIツールのひとつであり、その中でもセルフサービス型BIツールと呼ばれます。

船田:セルフサービス型とはどのような意味でしょうか?

若林さん:セルフサービス型BIツールとは、システム部門やデータサイエンティストなど専門家の手を借りずに、現場のユーザーが必要なタイミングで分析できるBIツールのことです。

船田:専門家でない人々でも扱いやすいBIツールということなんですね!

若林さん:そうなんです。Tableauはクリックやドラックアンドドロップといった直観的な操作で、例えば「データの接続」や「数式を使った集計処理」など一見システムやデータの専門家でないと難しそうなことが簡単にできてしまうのが大きな特徴です。そんなTableauはリサーチ会社のガートナー社によっても、BIを主導する製品と認められています!

若林さん:また、Tableauは専用のインフラなどの構築は原則不要であるため、最短で導入したその日から利用することができます。さらに、最低1人から使えるため、当初はスモールスタートし、その後必要に応じてユーザー数を増やしていくといった段階的な導入も可能です。

船田:ひとつの部署やチームなど少人数から導入できるというのは、これまでBIツールの導入に踏み切れていなかった企業にとっても、非常にうれしいですね。ただ、Excelと似ているような部分もあると思いますが、どこが異なるのでしょうか?

若林さん:Excelと違い、Tableauが元のデータを書き換えたりすることはなく、Tableauはあくまでデータを可視化するツールであるということです。

若林さん:また、Tableauはデータの可視化に強みがあるため、Excelでは作れなかったり、高度な技術が必要なグラフや図であってもドラッグアンドドロップと簡単な数式で作成することができます。

若林さん:より詳しいExcelとTableauの違いについては、下記の記事にも載っているので見てみてください。

TableauとExcelの違いとは?基本用語からTableauの機能を理解する

https://manamina.valuesccg.com/articles/873

マナミナを運営するヴァリューズにも、この4月から新入社員が入ってきました。新型コロナの感染拡大予防のためテレワークで研修を続けています。そんな中、ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ研修がウェビナーで行われました。そこで編集部が前回に引き続きウェビナーに潜入。Tableauの基本的な用語を学びました。

Tableauの主な製品

若林さん:続いて、Tableauの主な製品群について説明していきたいと思います。(〇がついているものを今回の連載で操作していきます。)

船田:「Tableau」単体の製品はないようですが…

若林さん:そうなんです(笑)。Tableauとはブランド名のようなもので、その様々な製品を総称してTableauと呼んでいます。

まずは自分自身のパソコンにインストールして使うDesktopツールから説明したいと思います。今回の講義で使用するTableau Desktopは自分の保有しているデータからダッシュボードを開発するものになります。また、次のTableau Readerは無償で提供されており、誰でも使用してTableauのファイルを読むことができます。一番下のTableau Prep BuilderはETL処理ができるツールです。

船田:Prep bulderのETL処理とはどういうものなのでしょうか?

若林さん:ETL処理とは、Extract(抽出)Transform(変換)load(書き出し)の頭文字をとったものです。例えば元データに日付のデータがあったときに、その元データから年や月だけのデータを作りたいときなどに行われます。

船田:なるほど!データを抜き出す際に、加工する処理というイメージですね!

若林さん:そうです!それでは続いて、Tableauにおけるサーバー環境について説明したいと思います。

若林さん:まず、Tableau Publicは誰でも無償で使えるクラウドのサーバー環境です。誰でも閲覧が可能な為、重要な情報などはアップロードしないようにしましょう!最終的に、今回の講義で作成したものを、Tableau Publicにアップしたいと思います。

船田:仕事や業務で使う情報を扱う時はどうしたらよいのでしょうか?

若林さん:その場合は、Tableau ServerかTableau Onlineを使いましょう。両方とも有償ですが、ユーザーの管理が出来るようになっています。

船田:Tableau SeverとTableau Onlineの違いはどんなところにあるのでしょうか?

若林さん:クラウドかオンプレミスかという違いがあります。オンプレミスとは自社でサーバーを保有する方式のことです。現在は、クラウド環境が主流になっていますが、会社によってはクラウド環境の利用に制限があったり、サーバー環境を自社で管理したいといったニーズもあるため、そういった場合はオンプレミス環境も選択可能です。

ほかにもTableauの製品や機能、オプションなどが存在しますが、今回の講義でのTableau製品の紹介は以上にしたいと思います。

Tableauの利用イメージ

若林さん:次に、Tableauを利用するイメージを捉えて頂きたいと思います。

若林さん:まずは先ほど紹介した、Tableau Desktopでデータ接続をし、共有用のファイルを作成します。作業はマウス操作で行う為、データに関する知識がない方でも簡単にファイルを作成できます!そして、作成したファイルをTableau PublicやTableau Server(Online)上にパブリッシュします。

船田:パブリッシュとは何でしょうか?

若林さん:パブリッシュとは、Tableau環境にアップロードするといった意味になります。そのパブリッシュされたものを、ユーザーはWebブラウザ(Chrome,Firefoxなど)からTableau環境にアクセスし、閲覧をします。また、Tableau Sever(Online)ではデータの更新や閲覧可能ユーザーの設定など管理・運用の設定ができるようになっています。

Tableauの3種のライセンス

若林さん:それでは、最後にTableauのライセンスについてお話したいと思います。

若林さん:Tableauのライセンスは大きく分けて3つあります。ライセンスの特徴は役割ごとに分かれていることです。Tableauを利用する人が何をするかによって、ライセンスが決まります。

まず一番上のCreatorはTableau Desktopでのファイルの作成をはじめ、Tableau Severの管理・運用など、Tableauでなんでもできる最上位のライセンスです!

続いて、真ん中のExplorerはTableau Sever(Online)上で、新たなワークブックの作成や編集、閲覧ができるライセンスです。ただし、自分で新しいデータを追加することはできません。どちらかといえば、Viewer寄りで見ることがメインとなります。

そして、最後に一番下のViewerは、Tableauのデータを見るだけのライセンスです。ViewerはCreatorやExplorerによって作成されたファイルをブラウザで見ることが出来ます!ただし自分でデータを追加したり、表やグラフを新たに作ったりすることはできません。

船田:CreatorとExplorerはどちらもワークブックを作成できるということですが、どのような差があるのでしょうか?

若林さん:まず、CreatorとExplorerに共通してできることは、パブリッシュされたワークブックに修正を加えることと、パブリッシュされたデータを使って新たにワークブックを作成することです。そして、Creatorができて、Explorerができないことは、Tableau Desktopを使った0からのワークブック開発とパブリッシュされたワークブックに新しいデータを加えることです。

船田:わかりました!Explorerはデータを新しく追加することはできないのですね。

若林さん:今回、船田くんは学生ということで、特別なライセンスを利用してもらいたいと思います。Tableauには、アカデミックプログラムというものがあり、学生はTableauにライセンスの申請を行うことで、無償で最上位ライセンスのCreatorに相当するライセンスを取得することが出来ます。他にも認定試験を半額で受験することができたり、Tableau eLearningを受講することが出来たりします。

船田:すごい!学生の人はTableau使わないと損ですね!

若林さん:そうですね。学生の方はぜひ使ってみてはと思います。では、本日の講義はここまでです! お疲れさまでした。

第1回のまとめと感想

初回の本稿では、Tableauとは何かを中心に、BIとは何か、ライセンスやTableau作業の流れなどを学びました。いきなり盛りだくさんの内容でしたが、Tableauとはどのようなものなのか、大枠をお伝えすることができたかなと思います。

Tableauでは、難しいデータの接続などを直観的な操作だけで行えるという点がとても魅力的に感じました。さて、次回はアカデミックライセンスの申請方法から、Tableau Desktopのセットアップまでお伝えしたいと思います。

また次回、お会いしましょう!

↓第2回の記事はこちらからどうぞ!

Tableauのセットアップはどうやればいいの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第2回】

https://manamina.valuesccg.com/articles/1151

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーであるヴァリューズで、Tableauセミナーも行っている若林さん。第2回はアカデミックライセンスの取得方法とTableau Desktopツールのセットアップ方法について学びます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ船田くんと一緒に勉強していきましょう。

この記事のライター

2021年4月ヴァリューズ入社予定
現在、大学在学中でマナミナの記事作成をしています!

関連する投稿


企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

Web行動ログ分析サービス「eMark+」を提供してきたヴァリューズは、2020年10月、新たに「マーケターのためのリサーチエンジン」<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>をリリースしました。その商品開発は非常にスピーディーに行われたそう。背景には企画サイドとエンジニアサイドががっしりとタッグを組んだ、製販一体のあり方がありました。Dockpit誕生までのあらすじを、企画サイドのリーダーの岩村さん、開発リーダーの山本さんのお二人に取材しました。


Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーであるヴァリューズで、Tableauセミナーも行っている若林さん。第3回はTableauへのデータ接続と簡単なグラフの作成について学びます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ船田くんと一緒に勉強していきましょう。


DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

リモートワークが主流となった昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が一層望まれるようになってきました。そこでよく聞かれるのが、実際にどのように推進していけば良いのかわからない、推進力のある人材が不足している、などの悩みです。大規模なシステムを導入する前に、既に手元にあるデータをいかに活用するか、それが円滑かつ着実なDXの方法です。「正しい一歩目とは、まずは現場に小さくデジタル化・データ活用の文化を根付かせ大きく広げていくことだ」と、ヴァリューズでデータアナリストとして活躍する髙木は述べます。12/3のセミナーではセルフ型BIツールTableauを用いた事例を交えながら、DXを進めていく方法を解説しました。


Tableauのセットアップはどうやればいいの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第2回】

Tableauのセットアップはどうやればいいの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第2回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーであるヴァリューズで、Tableauセミナーも行っている若林さん。第2回はアカデミックライセンスの取得方法とTableau Desktopツールのセットアップ方法について学びます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ船田くんと一緒に勉強していきましょう。


SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

カリキュラムの自由度の高さなど、ユニークな教育プログラムで注目を集める慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)。マーケティングコミュニケーションを研究する桑原武夫研究会では、大学の広報担当と連携してPRコンテンツを制作する研究活動も行われています。その際にはWeb行動ログデータも使い、コンテンツの課題発見や改善、効果検証まで実施されているとか。では、その実態はどのようなものなのでしょうか? プロジェクトリーダーである4年生の加藤さん、次期リーダーの3年生の片桐くんに取材しました。


最新の投稿


Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

ブラウザでのユーザー行動や広告の効果測定に欠かせない「Cookie(クッキー)」。Cookieの仕組みとプライバシーの関係は?マーケティング担当者が知っておくべきCookieの基礎知識を紹介します。


Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazon Payを導入しているのはどんな企業か。楽天ペイとの比較も

Amazonが提供するID決済サービス『Amazon Pay』。Amazonでのショッピングにはもちろん、Amazonのアカウントを利用してAmazon以外の提携サイトでも決済できるサービスです。ID決済はファッションブランドや食料品などのオンラインストア、ネットコミックなどのデジタルコンテンツなどで導入が進み、身近な決済手段となってきました。今回はそんな『Amazon Pay』の利用状況や導入企業、楽天ペイとの比較などについて「Dockpit」を用いて分析します。


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング