TableauとExcelの違いとは?基本用語からTableauの機能を理解する

TableauとExcelの違いとは?基本用語からTableauの機能を理解する

マナミナを運営するヴァリューズにも、この4月から新入社員が入ってきました。新型コロナの感染拡大予防のためテレワークで研修を続けています。そんな中、ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ研修がウェビナーで行われました。そこで編集部が前回に引き続きウェビナーに潜入。Tableauの基本的な用語を学びました。


Tableau研修に潜入

こんにちは、マナミナ編集部の弥富です。新卒社員向けのTableau研修ウェビナーに潜入しています。

前回の記事では、そもそもBIとは何か、そしてTableauとはどんなツールで何ができるのかについて学んだところでした。

Tableauでのデータ可視化って何がすごいの? 新卒社員向けオンライン研修に潜入しました

https://manamina.valuesccg.com/articles/859

ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ新卒向けウェビナーに編集部が潜入。そもそもBIとは何か、Tableauで何ができるのかを学びました。

BIとは「データ分析を経営の意思決定に活用するコンセプト」のこと。そしてそのためのBIツール「Tableau」は、データの専門家でなくても操作が容易で導入も簡単、データ可視化による意思決定までのスピードも速い、といった点が魅力だと分かりました。

前回の研修ではTableauの基本概念やできることを学びましたが、今回はTableauの基本用語や機能を学びます。初心者には一見つまずきやすい用語を整理することで、Tableauの理解を一歩進めることが目標。では早速内容をレポートしていきます。

TableauとExcelの違い

今回の講師を担当するのはヴァリューズの高木誠二さん。データ分析業務に携わっており、ふだんからTableauを駆使している若手データアナリストです。

ウェビナーの様子。講師はデータアナリストの高木誠二さん

まずTableauの概要をもう一度つかむため、Excelとの違いに触れながら解説します。

Excelはみなさんご存知の表計算ツール。元データを直接編集したり、気軽にデータ集計できたりすることから、広くビジネスパーソンに使用されています。

しかしExcelの問題点として、数十MBのデータを扱うと動作が不安定になることがありますし、複数のデータソースの接続ができません。デジタル時代のビッグデータを処理したいときは大容量のファイルを複数扱うこともしばしばで、データ分析やグラフ化がままならなくなる場合もあるでしょう。

一方Tableauはデータを可視化するのが得意なツール。「感覚的には〜2GB程度のデータであればさくさくと操作可能」と高木さんは言います。

Tableauは複数の大容量ファイルを用いたデータ集計・分析する場合も高速に処理することができます。グラフ化によるデータ分析、そしてビジネス上の意思決定につなげられる部分で、データを駆使する必要があるデジタル時代に大助かりのBIツールなのです。

Tableauで使われる基本用語

さて、ここからはTableau内で使われる基本ワードについて、実際のTableau画面を例に出しながら解説していきます。

ディメンションとメジャー

まずは「ディメンション」「メジャー」の2つの用語について。ディメンションとは集計軸にしたい指標、メジャーとは集計対象にしたい指標のことを指しています。実際の例で確認してみましょう。

上の図内の表は、簡易的なWebログデータをイメージしています。固有のIDを持つユーザーが、ECサイトを訪れた日付やPVが記録されているとします。

このデータセットに対して、ユーザーIDごとのPV数を集計したいとしましょう。このとき集計軸は「userid」、集計対象は「PV数」となります。Tableauでは、この集計軸のことを「ディメンション」、集計対象のことを「メジャー」という名前で表すことになっているのです。

さて、ではこの集計を実際にTableau上で行うとどうなるでしょうか。まず、今回の簡易データファイルをTableauにドラッグ&ドロップして読み込ませます。

すると、上の図の左カラムのようにディメンションとメジャーにそれぞれ指標が分類されました。

Tableauではこれらの指標をドラッグ&ドロップすることでグラフの作成を行います。試しにディメンション欄の「userid」を「行」に、メジャー欄の「pv」を「列」にドラッグ&ドロップすると…。

シート1に棒グラフが表示されました。もっとも簡易的なTableauでのデータ可視化です。

計算フィールドの追加

次は「計算フィールド」の追加について解説します。

計算フィールドとは、求める分析のために追加する列のこと。新しい集計の軸または指標を追加するイメージです。これも具体例で理解していきましょう。

上の表は、先ほどのWebログデータに「timeOnSite」、つまりサイト滞在時間が加わったデータセットです。このようなデータについて、すぐサイトを離脱してしまった、滞在時間が0のデータを除いて分析したい、と思う場合があります。

しかし上のデータでは、分析に必要なフィールド(=列)が含まれていません。そうなるとTableau上では直帰セッションを除いたデータのみの分析ができません。

そこで、新たに計算フィールドを追加する必要が出てきます。その際、Tableauでは次のような計算式を使います。

if timeOnSite == 0 then 1

else 0

end

計算式の意味としては、「もしtimeOnSiteが0だったら1を入力する。それ以外は0を入力する」というもの。実行すると次のように列が追加されます。

実際にTableau上で計算フィールドを追加する場合は、下の図のように「分析」→「計算フィールドの作成」から行います。

すると、左カラムのメジャーの欄に新しい指標が追加されます。この指標を先ほどと同じようにドラッグ&ドロップすれば集計対象としてグラフ化することができます。

ワークブックとダッシュボード

Tableau内の「ワークブック」と「ワークシート」、「ダッシュボード」などの概念の関係性を理解しておきましょう。包含関係は次のような図になります。

Tableauではワークブックが一番大きな概念となっています。ひとつのワークブックの中には複数のダッシュボードが含まれており、さらにその中に複数のワークシートが含まれている、という関係。そして数表やグラフがひとつのワークシートを構成しています。

例えばWebログデータからサイト改善のための意思決定を導きたいときは、いろいろな観点からデータ分析を行うはず。ここまでで1人あたりのPV数やサイト滞在時間の例を出しましたが、これらの複数ワークシートをダッシュボードとして1枚にまとめることで、多角的な視点から分析が可能になります。

グラフ同士の関係性やまとめ方、見せ方がデータから仮説を導くときの重要なポイントです。基本概念としてこれらの用語を抑えておくべきでしょう。

まとめ

最後に研修の内容を簡単に振り返ります。

TableauとExcelの違い
Excelはデータ書き換えができ、表計算が直感的に行えるが、ファイルサイズが数十MB以上では動作が不安定になり、さらにデータの可視化が苦手。一方、Tableauは複数の大容量ファイルにおけるデータ集計・分析する場合も高速に処理することができ、さらにデータの可視化が得意。

ディメンションとメジャー
ディメンションは集計軸、メジャーは集計対象のことを指す。

計算フィールドの追加
元データから新しい列を作り、指標を追加すること。If文などの計算式を入力する必要がある。

ワークブック・ダッシュボード・ワークシート
ワークシートが最小単位。複数ワークシートをまとめて1つのダッシュボードを作り、データを眺めて分析する流れ。

新卒社員向けTableau研修のレポートはこれで終了です。これまで名前はよく耳にしていたTableauでしたが、あらためてツールの中身がどんなふうになっているのか、理解が深まりました。

前回の記事と合わせて、BIツールとは何か、Tableauとは何か、またその機能や基本用語などを学んできました。しかしもっとも重要なのは、どのような指標を用いて、どのような切り口でデータを見ていくべきか、ということでしょう。そしてそこから仮説を生み出し、ビジネス上の改善に結びつけていくことがBIの本質です。

本サイト・マナミナではデータ分析の事例やノウハウを紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。また、ヴァリューズでは自社データ分析の支援やTableauの導入支援を行っております。気になる方は下記からお問い合わせください。

資料請求はこちら
無料トライアルの申込はこちら

株式会社ヴァリューズは、「Tableau」公式パートナーです

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、フリーランスの編集者・ライターとして独立。マナミナでは主にデータを活用した取り組み事例の取材記事を執筆しています。

関連する投稿


【2022年6月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年6月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


【2022年5月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年5月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


シニア層にリーチするなら朝がおすすめ?シニアのデジタル生活実態を徹底調査 〜 ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

シニア層にリーチするなら朝がおすすめ?シニアのデジタル生活実態を徹底調査 〜 ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

シニア市場の拡大に伴い、シニアマーケティングは各企業にとってますます重要な課題となっています。一方、シニアの生活実態は想像することも調査自体も難しく、実態に即していないマーケティング施策が行われていることも少なくありません。本セミナーではシニアの生活実態に迫ることを目的として、ヴァリューズのWeb行動ログ分析を活用し、シニアの住んでいる場所や時間帯によるサイト閲覧やWeb利用の実態を徹底調査。有効なシニアマーケットへの施策のヒントとなる結果をご紹介します。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


Automotive industry under COVID-19 – In-depth investigation of web trends of each company and consumer activities

Automotive industry under COVID-19 – In-depth investigation of web trends of each company and consumer activities

Due to the COVID-19, consumer lifestyles surrounding automobiles are undergoing major changes. New business opportunities such as EVs (electric vehicles) are also attracting attention. We investigates the trends of automakers and the latest consumer activities.


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー