TableauとExcelの違いとは?基本用語からTableauの機能を理解する

TableauとExcelの違いとは?基本用語からTableauの機能を理解する

マナミナを運営するヴァリューズにも、この4月から新入社員が入ってきました。新型コロナの感染拡大予防のためテレワークで研修を続けています。そんな中、ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ研修がウェビナーで行われました。そこで編集部が前回に引き続きウェビナーに潜入。Tableauの基本的な用語を学びました。


Tableau研修に潜入

こんにちは、マナミナ編集部の弥富です。新卒社員向けのTableau研修ウェビナーに潜入しています。

前回の記事では、そもそもBIとは何か、そしてTableauとはどんなツールで何ができるのかについて学んだところでした。

Tableauでのデータ可視化って何がすごいの? 新卒社員向けオンライン研修に潜入しました

https://manamina.valuesccg.com/articles/859

ヴァリューズも導入支援をしているBIツール「Tableau」を学ぶ新卒向けウェビナーに編集部が潜入。そもそもBIとは何か、Tableauで何ができるのかを学びました。

BIとは「データ分析を経営の意思決定に活用するコンセプト」のこと。そしてそのためのBIツール「Tableau」は、データの専門家でなくても操作が容易で導入も簡単、データ可視化による意思決定までのスピードも速い、といった点が魅力だと分かりました。

前回の研修ではTableauの基本概念やできることを学びましたが、今回はTableauの基本用語や機能を学びます。初心者には一見つまずきやすい用語を整理することで、Tableauの理解を一歩進めることが目標。では早速内容をレポートしていきます。

TableauとExcelの違い

今回の講師を担当するのはヴァリューズの高木誠二さん。データ分析業務に携わっており、ふだんからTableauを駆使している若手データアナリストです。

ウェビナーの様子。講師はデータアナリストの高木誠二さん

まずTableauの概要をもう一度つかむため、Excelとの違いに触れながら解説します。

Excelはみなさんご存知の表計算ツール。元データを直接編集したり、気軽にデータ集計できたりすることから、広くビジネスパーソンに使用されています。

しかしExcelの問題点として、数十MBのデータを扱うと動作が不安定になることがありますし、複数のデータソースの接続ができません。デジタル時代のビッグデータを処理したいときは大容量のファイルを複数扱うこともしばしばで、データ分析やグラフ化がままならなくなる場合もあるでしょう。

一方Tableauはデータを可視化するのが得意なツール。「感覚的には〜2GB程度のデータであればさくさくと操作可能」と高木さんは言います。

Tableauは複数の大容量ファイルを用いたデータ集計・分析する場合も高速に処理することができます。グラフ化によるデータ分析、そしてビジネス上の意思決定につなげられる部分で、データを駆使する必要があるデジタル時代に大助かりのBIツールなのです。

Tableauで使われる基本用語

さて、ここからはTableau内で使われる基本ワードについて、実際のTableau画面を例に出しながら解説していきます。

ディメンションとメジャー

まずは「ディメンション」「メジャー」の2つの用語について。ディメンションとは集計軸にしたい指標、メジャーとは集計対象にしたい指標のことを指しています。実際の例で確認してみましょう。

上の図内の表は、簡易的なWebログデータをイメージしています。固有のIDを持つユーザーが、ECサイトを訪れた日付やPVが記録されているとします。

このデータセットに対して、ユーザーIDごとのPV数を集計したいとしましょう。このとき集計軸は「userid」、集計対象は「PV数」となります。Tableauでは、この集計軸のことを「ディメンション」、集計対象のことを「メジャー」という名前で表すことになっているのです。

さて、ではこの集計を実際にTableau上で行うとどうなるでしょうか。まず、今回の簡易データファイルをTableauにドラッグ&ドロップして読み込ませます。

すると、上の図の左カラムのようにディメンションとメジャーにそれぞれ指標が分類されました。

Tableauではこれらの指標をドラッグ&ドロップすることでグラフの作成を行います。試しにディメンション欄の「userid」を「行」に、メジャー欄の「pv」を「列」にドラッグ&ドロップすると…。

シート1に棒グラフが表示されました。もっとも簡易的なTableauでのデータ可視化です。

計算フィールドの追加

次は「計算フィールド」の追加について解説します。

計算フィールドとは、求める分析のために追加する列のこと。新しい集計の軸または指標を追加するイメージです。これも具体例で理解していきましょう。

上の表は、先ほどのWebログデータに「timeOnSite」、つまりサイト滞在時間が加わったデータセットです。このようなデータについて、すぐサイトを離脱してしまった、滞在時間が0のデータを除いて分析したい、と思う場合があります。

しかし上のデータでは、分析に必要なフィールド(=列)が含まれていません。そうなるとTableau上では直帰セッションを除いたデータのみの分析ができません。

そこで、新たに計算フィールドを追加する必要が出てきます。その際、Tableauでは次のような計算式を使います。

if timeOnSite == 0 then 1

else 0

end

計算式の意味としては、「もしtimeOnSiteが0だったら1を入力する。それ以外は0を入力する」というもの。実行すると次のように列が追加されます。

実際にTableau上で計算フィールドを追加する場合は、下の図のように「分析」→「計算フィールドの作成」から行います。

すると、左カラムのメジャーの欄に新しい指標が追加されます。この指標を先ほどと同じようにドラッグ&ドロップすれば集計対象としてグラフ化することができます。

ワークブックとダッシュボード

Tableau内の「ワークブック」と「ワークシート」、「ダッシュボード」などの概念の関係性を理解しておきましょう。包含関係は次のような図になります。

Tableauではワークブックが一番大きな概念となっています。ひとつのワークブックの中には複数のダッシュボードが含まれており、さらにその中に複数のワークシートが含まれている、という関係。そして数表やグラフがひとつのワークシートを構成しています。

例えばWebログデータからサイト改善のための意思決定を導きたいときは、いろいろな観点からデータ分析を行うはず。ここまでで1人あたりのPV数やサイト滞在時間の例を出しましたが、これらの複数ワークシートをダッシュボードとして1枚にまとめることで、多角的な視点から分析が可能になります。

グラフ同士の関係性やまとめ方、見せ方がデータから仮説を導くときの重要なポイントです。基本概念としてこれらの用語を抑えておくべきでしょう。

まとめ

最後に研修の内容を簡単に振り返ります。

TableauとExcelの違い
Excelはデータ書き換えができ、表計算が直感的に行えるが、ファイルサイズが数十MB以上では動作が不安定になり、さらにデータの可視化が苦手。一方、Tableauは複数の大容量ファイルにおけるデータ集計・分析する場合も高速に処理することができ、さらにデータの可視化が得意。

ディメンションとメジャー
ディメンションは集計軸、メジャーは集計対象のことを指す。

計算フィールドの追加
元データから新しい列を作り、指標を追加すること。If文などの計算式を入力する必要がある。

ワークブック・ダッシュボード・ワークシート
ワークシートが最小単位。複数ワークシートをまとめて1つのダッシュボードを作り、データを眺めて分析する流れ。

新卒社員向けTableau研修のレポートはこれで終了です。これまで名前はよく耳にしていたTableauでしたが、あらためてツールの中身がどんなふうになっているのか、理解が深まりました。

前回の記事と合わせて、BIツールとは何か、Tableauとは何か、またその機能や基本用語などを学んできました。しかしもっとも重要なのは、どのような指標を用いて、どのような切り口でデータを見ていくべきか、ということでしょう。そしてそこから仮説を生み出し、ビジネス上の改善に結びつけていくことがBIの本質です。

本サイト・マナミナではデータ分析の事例やノウハウを紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。また、ヴァリューズでは自社データ分析の支援やTableauの導入支援を行っております。気になる方は下記ページからお問い合わせください。

株式会社ヴァリューズは、「Tableau」公式パートナーです

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、デジタルマーケティングのテーマを中心とするフリーランスの編集ライターに。

関連する投稿


Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーであるヴァリューズで、Tableauセミナーも行っている若林さん。第3回はTableauへのデータ接続と簡単なグラフの作成について学びます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ船田くんと一緒に勉強していきましょう。


【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

【1/21(木)】2021年は中国の地方都市に注目!中国下沈市場・徹底解説セミナー|オンラインセミナー

本セミナーでは、中国の下沈市場の消費者実態について、特に家電・自動車・化粧品・食品を中心に中国人リサーチャーが最新の調査結果を徹底解説いたします。


変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

変容する消費者トレンドを捉えて実践するプロモーション戦略とは|MarkeMedia Daysセミナーレポート

国内最大規模の消費者パネルを活用したデータマーケティングと、データとファクトに基づいたデジタルプロモーションのプロフェッショナルとして、2020年12月3日に開催された「MarkeMedia Days」にヴァリューズが登壇。コロナ禍でより捉えにくくなった消費者行動の中で、CVに至る「刺激」と「情報」を行動ログから解析し、より質の高い施策に繋げるプロモーション戦略について、株式会社ヴァリューズ ゼネラルマネジャーの齋藤義晃が解説しました。 <b>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。</b>


DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

DX推進の第一歩~Tableauを用いた手元のデータ活用が意識を変える|セミナーレポート

リモートワークが主流となった昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が一層望まれるようになってきました。そこでよく聞かれるのが、実際にどのように推進していけば良いのかわからない、推進力のある人材が不足している、などの悩みです。大規模なシステムを導入する前に、既に手元にあるデータをいかに活用するか、それが円滑かつ着実なDXの方法です。「正しい一歩目とは、まずは現場に小さくデジタル化・データ活用の文化を根付かせ大きく広げていくことだ」と、ヴァリューズでデータアナリストとして活躍する髙木は述べます。12/3のセミナーではセルフ型BIツールTableauを用いた事例を交えながら、DXを進めていく方法を解説しました。


コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

コンテンツマーケティングに求められるDXの観点とは|VALUES×イノーバ共催セミナー

マーケティングにもDXが必須と言われる時代。オンライン施策をはじめてみたものの、変わりゆく顧客ニーズの把握、施策の調整など、仕組み化できていないという状況にある方も多いのではないでしょうか。今回、2020年12月9日に開催された共催セミナーでは、株式会社ヴァリューズが、データ分析を通してユーザー理解を進めデジタルマーケティング施策を成功させるポイントを、そして株式会社イノーバが、実際にデータ分析を用いたコンテンツマーケティング施策への取り組み方を事例解説しました。本稿ではヴァリューズ登壇部分を抜粋してご紹介します。<b><br>※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。</b>


最新の投稿


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

体に必要なすべての栄養素を手軽に補給できる「代餐食品」(食事代替品)が現在、中国で大人気です。中国最大級のECプラットフォームT-mallとJD.comの調査報告書によると、2019年「代餐食品」(食事代替品)のEC売上は10億元を突破しています。また、ユーロモニターの市場調査では、中国における「食事代替品」の市場規模は30%以上の成長率を示しており、2022年までに約1200億元に達すると予想されています。本稿では、中国における「代餐食品」ブームが生まれた理由とは何か、また、人気な「代餐食品」ブランドを調査していきます。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング