Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

Cookieとは?マーケティング担当者も知っておくべき基礎知識

ブラウザでのユーザー行動や広告の効果測定に欠かせない「Cookie(クッキー)」。Cookieの仕組みとプライバシーの関係は?マーケティング担当者が知っておくべきCookieの基礎知識を紹介します。


「Cookie」について把握しておく必要性

ネットを使ったマーケティングでは、広告やサイト上の行動履歴などを数値やデータで把握できることが特徴です。こうした画面遷移や成果把握などを可能にしているのが、ブラウザの「Cookie」です。技術的な話が中心となりますが、プライバシーの観点からCookie規制の流れがあり、計測漏れや成果把握の方法が変わることも想定されるため、何ができて何ができなくなるのか、マーケティング担当者も知識として把握しておく必要性が出てきています。

Cookieとは?

Cookieは、サイトを訪問したユーザーの情報を一時的に(ユーザーの)ブラウザ内に記録しておく仕組みです。「一時的に」なので、一定期間が経過するとユーザーのブラウザからCookieは消えます。Cookieがあることで、次にアクセスしてきた時に同じユーザーと判断できます。

Cookieを使うメリット、デメリット

Cookieを使うメリットは、第一にユーザー体験の向上です。Cookieを利用すると、ECサイトで次回買い物をする際、一度入力した氏名や住所などはCookieに保存されているので、再入力の手間がなくなります。

また、カートには入れたものの購入を悩むケースが往々にしてあります。この場合もCookieがカートの中身を記憶しているので、次回アクセス時にその商品の購入を決意する、といったようにユーザー体験を高め、離脱率を下げて購入率を高められるようになっています。

ECサイトだけではなく、SNSといったIDやパスワードが必要なサイトにおいてもCookieによってそれらの情報を保存しているので、ユーザーは不便を感じずにサイトにアクセスできるようになっています。

セッション情報を持つ以外に、パーソナライズやトラッキングにもCookieは利用されています。

デメリットは、万が一、PCやスマホが盗まれてしまった場合、Cookieに残った情報を悪用されてしまう可能性がある点です。また、共用パソコンを使った場合、ログインしたまま離席すると、ほかの人が操作できてしまうケースなどに注意が必要です。

Cookieの技術的な仕組み

サイトにアクセスした時にWebサーバーからCookieがブラウザに送られ、保存されます。
次回同じサイトにアクセスした際、ブラウザ上のCookieがWebサーバーに送られ、サーバー側に保存されているユーザー情報とCookieが紐づいているかをチェックします。これによって、再訪時に同一ブラウザであると判定します。

Cookieと似たようなワードで「キャッシュ」がありますが、こちらは、アクセスしたサイトのページ情報を一時的に記録し、そのサイトへの再訪時、より高速で読み込めるようにするための仕組みです。

Cookieの種類

■1st party Cookie
ユーザーがアクセスするドメインから発行されるCookieです。これによってユーザーIDなどを保存します。1st party Cookieはドメインをまたいで使えない制約があります。

■3rd party Cookie
「第3者」という意味合いで使われる「3rd party」を冠したCookieは、ユーザーがアクセスするドメイン「以外」から発行されるものです。

例として、サイト上に掲載されている広告のドメインから発行されたものが挙げられます。3rd party Cookieはドメインをまたいで認識されるので、ユーザーがどのサイトを訪問しているかを把握できます。

Cookieが利用されるシーン

集客

インターネット広告では、3rd party Cookieを利用してユーザーを認識しています。この行動データを利用し、年齢や性別、興味や関心を推測しそれぞれのブラウザに紐付けてターゲティングしていきます。

そして、サイトを訪問したユーザーのCookieを追跡し広告を表示させるリターゲティングも行えます。こちらも3rd party Cookieを使えば、ほかのサイトに訪問していたとしても自サイトの広告をピンポイントで表示させることができます。

接客

1st party Cookieを発行すると、面倒なログイン作業からユーザーを解放できます。また、ECサイトであれば一度離脱してもカートに購入履歴や購入を検討している商品が残っていれば、再購入や新規購入を簡単に行えるというユーザー体験の向上(=接客)につながります。

そのほかにも、おすすめ商品をアクセスごとに出し分けたりといった細かい配慮をする際にも、Cookieは利用されています。

分析

単純にPV数を測るだけならばCookieは必要ありませんが、セッション数やページ遷移といった情報を得るためにCookieが有用です。。ユーザーの行動を可視化する「ヒートマップ」やWeb広告の効果測定ツールは、Cookieのデータを分析して描画します。

Cookieが個人情報とみなされ規制が始まっている

最近、行動履歴もプライバシーであるとして、Google Chromeが2022年までに3rd party Cookieを段階的に廃止する方針を打ち出したり、Appleの「ITP(Intelligent Tracking Prevention)」規制が段階的に厳しくなるなど、マーケティングや広告施策のトラッキングができなくなる可能性が出てきています。

Cookieが使えなくなってしまうと、どうなる?

集客面

前項でも触れましたがCookie、とくに3rd party Cookieが使えなくなると、自社サイトに訪問してくれた人や商品に興味を持ってくれた人に、リターゲティングが効かず再アプローチする手段が奪われてしまいます。

また、自社のターゲットとしている層を狙って広告を出すといった、Web上での精密な広告配信も難しくなります。

接客面

おすすめの商品やサービスといった、ユーザーに最適化したコンテンツ、アピールしたいコンテンツを提供できなくなってしまいます。

ほかにも、1度ログインしたサイトでもアクセスごとにID・パスワードを入力する必要が出てきてしまうので、ユーザーエクスペリエンスが低下してしまいます。

分析面

一人ひとりの訪問回数・閲覧ページ履歴がわからなくなり、計測漏れなど、広告の効果測定が不可能になります。

しかし、Cookieを使用しない、Webサイト訪問データの分析ツール、ヴァリューズの「Dockpit」というサービスもあるので、こうしたサービスの利用が必要になってきます。

Dockpit |株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/dockpit/

Dockpit(ドックピット)は消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査・ユーザー理解を実現します。直感的なダッシュボードで、誰でもカンタンに3C(自社・競合・市場)分析。短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。(提供:株式会社ヴァリューズ)

まとめ

Cookieはマーケティングにおいては欠かせない機能ですが、慎重な取り扱いが要求されます。3rd party Cookieを規制する動きもありますが、そうなる前の先手としてCookieを使用しない、Webサイト訪問データ分析ツール「Dockpit」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

dockpit 資料請求はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング用語

関連する投稿


商品やサービス普及のカギ「クリティカルマス」とは?

商品やサービス普及のカギ「クリティカルマス」とは?

商品やサービスの普及率が一気に上昇するポイント「クリティカルマス」。用語としては「クリティカルマス」単体でも使われますが、イノベーター理論の一部に含まれます。今回はクリティカルマスの紹介、そして類似する「キャズム理論」との違いを解説します。


新たなデータマーケティング手法「モーメント」とは?

新たなデータマーケティング手法「モーメント」とは?

昨今のデータマーケティングにおいて「モーメント」を重視した分析が進んでいます。消費者が商品やサービスを求める瞬間を「モーメント」として分析し、UX向上に活かそうとするものです。マーケティングにおける「モーメント」とは何で、なぜ重視されるようになったのか説明します。


ブランド戦略立案に必要な3つのフレームワーク

ブランド戦略立案に必要な3つのフレームワーク

ブランディングのための戦略=ブランド戦略。戦略立案のためにはいくつかのステップを踏む必要があります。その際にフレームワークを利用すると効率が上がります。ここではブランド戦略立案に便利なフレームワーク「3C分析」「SWOT分析」「PEST分析」をご紹介します。


商品やサービス普及のターニングポイント「キャズム理論」とは?

商品やサービス普及のターニングポイント「キャズム理論」とは?

新商品、サービスが市場に普及するまでの段階を示す「イノベーター理論」に対して、アーリーアダプターからアーリーマジョリティに到達するには大きな溝(キャズム)があるとする「キャズム理論」も有名です。キャズムを超え、アーリーマジョリティに普及させるにはどうしたらよいでしょうか?


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


最新の投稿


BTSのアーリーアダプターとマジョリティの違いを検索データで分析!NiziUとの比較も

BTSのアーリーアダプターとマジョリティの違いを検索データで分析!NiziUとの比較も

2020年の第63回グラミー賞の候補にノミネートされるなど、今や破竹の勢いで世界に進出する韓国発の7人組男性ヒップホップアイドルグループ「BTS」。本記事ではそんな「BTS」を検索するユーザーの変化を分析します。比較的初期から「BTS」ワードを検索していたアーリーアダプター層と、最近の世界的人気を受けて検索行動を行うマジョリティ層には、どのような違いがあるのでしょうか。


【3/9(火)】新しい食スタイルの最新動向と、具体的な対策方法・事例紹介 ~植物性食品のトレンド分析から~|ヴァリューズ×ベジプロジェクトジャパン共催ウェビナー

【3/9(火)】新しい食スタイルの最新動向と、具体的な対策方法・事例紹介 ~植物性食品のトレンド分析から~|ヴァリューズ×ベジプロジェクトジャパン共催ウェビナー

今回のセミナーでは、株式会社ヴァリューズのリサーチャーがWEBログデータ・アンケート調査結果のご紹介をしながら、大豆ミート・オートミールなど話題の植物性食品の市場・商品動向を分析、トレンドの背景にある消費者心理を読み解きます。


中国における美顔器の市場概況 ~ 2大人気日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析

中国における美顔器の市場概況 ~ 2大人気日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析

日本国内でも美容家電は注目度の高いカテゴリですが、中国においても「美顔器」の出荷台数は例年増加傾向にあり、市場規模は2020年では80億元(約1,280億円)近くの予測となっています。 中国における美顔器の市場概況と2大人気の日本ブランド「ヤーマン」「Dr.Arrivo」の施策を分析し、調査レポートにまとめました。(ページ数|27p)


ホスト以外でもできる?Zoomの画面共有方法の基本と応用

ホスト以外でもできる?Zoomの画面共有方法の基本と応用

Zoomには資料やブラウザを画面共有する機能があります。画面共有すれば、よりリアルなWeb会議やミーティングを行えます。Zoomの画面共有機能のやり方から画面共有ができない場合のトラブルシューティングまで解説します。


中国の次なる巨大マーケット「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査。懐事情は都市市場とほぼ変わらぬ水準に

中国の次なる巨大マーケット「下沈(かしん)市場」在住者特徴を都市市場と比較調査。懐事情は都市市場とほぼ変わらぬ水準に

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国の都市市場および3級都市以下の都市及び農村である下沈(かしん)市場在住の男女600人を対象にアンケート調査を実施し、都市市場/下沈市場在住者それぞれの特徴と購買実態を比較分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング