ヒトの行動を考えるときに有用かもしれない3つの社会心理学の理論

ヒトの行動を考えるときに有用かもしれない3つの社会心理学の理論

社会と個人の相互作用に焦点を当てる「社会心理学」。「ヒトの行動を考える」シーンはマーケティング活動において必ず発生します。社会心理学がマーケティング戦略を考える際にどのように使えるのか、行動経済学との関わりも示しつつ、社会心理学の3つの理論「認知不協和論」「リベットの実験」「少数派影響論」について解説します。


社会心理学とは?行動経済学との関わりも

まずは、社会心理学という学問の特徴や目的について簡単にまとめてみましょう。

社会心理学は、社会などの集団がその構成員である個人の心理や行動にどのような影響を与え、またその個人が社会にどのような影響を与えるのか、という相互作用のあり方を明らかにすることを目標に据える学問です。

その理論の中には、私たちの素朴な感覚を180度覆すようなものも含まれます。この記事では、社会心理学の数ある理論の中でも今に至る後世への影響が大きかったものを3つご紹介します。

そもそも、なぜ社会心理学の理論がヒトの行動を考えるのに有用なのでしょうか?

社会心理学の理論と実験は、私たちの心理や意志といったものが思わぬメカニズムで決定されている可能性を示唆しています。心理は未だに謎の多い領域です。しかし、科学的検証を経てきた主要な理論には一定の妥当性、再現可能性があります。

これらの理論を通じて他人や自分自身の心理のあり方を分析することで、人間関係の改善や不要なストレスからの解放が期待できるかもしれません。また、「行動経済学」とオーバーラップする部分もあり、消費者の行動様式の理解にむすびつくという意味でマーケティング文脈でも有用かもしれません。

マーケティングで活用がすすむ「行動経済学」とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1147

経済学や経済行動に心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど有名な理論も含まれ、2017年にリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞を受賞し、さらに注目を集めるようになりました。今回は、行動経済学と経済学の違いから行動経済学をビジネスやマーケティングにどのように落とし込んで実践するかを解説します。

常識を覆す社会心理学の3つの理論を解説

「意志」とは何か?「リベットの実験」

ビジネスシーンではよく「意志決定」という言葉が使われますが、そもそもの「意志」とは何かについて着目したリベットの実験を紹介しましょう。

私たちは普段、何をするにしても自分の自由意志が体を動かすと思っています。コップの水を飲むときには、(コップの水を飲もう)とまず考えて、コップに手を伸ばし、水を飲む、と。

しかし、ベンジャミン・リベットという生理学者の行った実験によって、この感覚が誤りである可能性が示唆されています。リベットは彼が行った実験に基づき、意志が発生するのは行動が起こった後であると主張しました。

実験の手順と結果は以下の通りです。

被験者に、任意のタイミングで手首を動かすように指示します。その時に、
1. 運動の指令が脳に発生する瞬間
2. 手が動く瞬間
3. 意志が発生する瞬間
の3つの時間を計測してその順番を調べます。

1.の「脳に運動の指令が発生する瞬間」は脳波を測定して判断します。
2.の「手が動く瞬間」は実験者が観測します。
3.の「意志が発生する時間」は、被験者にアナログ時計を見てもらい、手首を動かそうと思ったときにその針がどこを指していたのかを申告してもらいます。

この実験の結果、運動の指令が脳に発生する方が、意志が発生するよりも早いという考察が導かれました。観測結果は、まず運動の指令が脳に発生し、次に意志が生まれ、そして手首が実際に動く、という順番になっていたのです。

このリベットの実験の結果が示唆するところは、私たちの自由意志の存在そのものをも揺るがしかねません。脳の運動指令と意志はほとんど同時に生まれるため、私たちは意志を持つ前にすでに行動してしまっているということに気づいていないだけだということになります。

リベットの実験結果は当時、哲学や心理学の分野で大きな波紋を起こし、賛否両論が巻き起こりました。たしかに人間のふだんの生活感覚に反する結果であり、容易に受け入れがたい面もあるでしょう。しかし、この結果を裏付ける次のような実験もあります。

被験者にスライドの切り替えを行うためのボタンを渡します。しかし実際には、被験者の脳波を測定して、脳内で運動信号が出た瞬間にスライドが切り替わるように細工しておきます。すると、被験者は「ボタンを押そう」と思う直前にボタンが切り替わるという、日常的常識とは逆の体験をしました。

行動が生まれたあと、意志が後づけのように意識される。意志は、私たちの感覚とは異なるメカニズムで作用するものなのかもしれません。このようにヒトを捉えると、マーケティング活動についてもまた違った角度から眺めることができるでしょう。

意志の形成を深掘る「認知不協和論」

次にご紹介する認知不協和論も、私たちの常識を覆す理論です。レオン・フェスティンガーが唱えたこの理論の骨子は、イソップ物語の狐とぶどうの逸話に見ることができます。

この物語の中で狐は

1.ブドウが欲しい
2.ブドウは手に入らない

という矛盾した認知に苦しむことになります。この狐が置かれているような苦境が、社会心理学において「認知不協和」と呼ばれる状態です。さて、狐はぶどうが手に入らないとわかると、「あんなものどうせ酸っぱいに決まっている」と負け惜しみを言います。「ブドウは酸っぱい(まずい)」という理屈を追加することによって、「1.ブドウが欲しい」という認知を「(酸っぱいので)1’.ブドウが欲しくない」に変更しているのです。

1’.ブドウが欲しくない
2.ブドウは手に入らない

ならば認知に矛盾がないので、お腹は膨れないにせよ認知不協和の種は取り除かれます。こうして、意志の後付けによって「ぶどうが欲しいのに手に入りそうもない」という認知不協和を解消していると解釈できます。

この考え方を突き詰めると、「人は自覚的には意志によって行動を起こしていても、実際は外的要因で行ったことに理由を後付けして、それをあたかも自分の意志であったかのように納得している場合がある」という、常識に反する結論につながります。そしてその有り様の端緒は、以下のフェスティンガーの実験においても確認できます。

まず、被験者の大学生たちに「大学紛争に警察は介入すべきか」というテーマについて「もしよければ、自分の意見と反対の意見を支持する文章を紙に書いて提出してくださいませんか。」といいます。

そして書いてもらった後に、ある被験者たちには少額の報酬(1ドル)を、別の被験者たちには高額の報酬(20ドル)を渡します。その後で、最初に書いてもらったテーマについて、被験者たちの意見が変わったかどうかを調べます。

すると、少額の報酬を受け取ったグループの方が、当初と意見が変わっている傾向が見られました。これは、「自分の信条と異なる意見を自由意志で書いた」という認知不協和が起こり、「信条自体を修正することでそれを無意識に解消しようとした」と解釈することができます。

一方の高額報酬をもらったグループは、「自分の信条と異なる意見を自由意志で書いた、が、それはお金のためだった」という認知的な逃げ道ができてストレスがないため、意見の修正が起こらなかったとみられます。

少額の報酬をうけとり、認知不協和の解消に迫られて意見を修正した被験者たちは、そのことに自覚的ではありません。「よく考えたら反対意見にも一理あることが分かった」などと理屈を後付けします。

この「認知不協和論」は、行動経済学の「サンクコスト効果」と似た面のある理論だと言えるでしょう。「サンクコスト効果」は、買い物を例にとれば、「これだけ品定めに時間をかけたのだから何か買わないともったいない」というような、費やしてしまったコストを取り戻そうとする心理効果のことです。

これも、

1.成果を見込んで労力を費やした
2.成果がない

という認知不協和を、「成果があった」状況を心理的に捏造することで解消していると解釈することができます。ひとたび認知不協和というヒトの心理的枠組みを理解すると、日常のさまざまな場面でこうした事態が起こっていることに目が向くのではないでしょうか。

マーケティングで活用がすすむ「行動経済学」とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1147

経済学や経済行動に心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど有名な理論も含まれ、2017年にリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞を受賞し、さらに注目を集めるようになりました。今回は、行動経済学と経済学の違いから行動経済学をビジネスやマーケティングにどのように落とし込んで実践するかを解説します。

意見はどのように変わっていくのか?「少数派影響論」

読者の皆さんは、日常的な感覚において、多数派の意見と少数派の意見、どちらがより強力だとお考えになるでしょうか。社会心理学者のセルジュ・モスコヴィッシは、多数派の意見と少数派の意見は、そのあらわれ方が異なるだけで、どちらにも影響力があると唱えています。

モスコヴィッシによれば、多数派の意見はその多数派の人々がいるところでは大きな威力を発揮します。多数派の意見には、それが多数派であるという理由で多くの表面的賛同者が生まれます。そのような場においては、少数派の意見は見向きもされないか、一笑に付されることでしょう。

しかし、家に帰るなどして一度多数派の存在が感じられない環境に身をおくと、多数派であるという理由で選択した意見は力を失い、少数派の人々が言っていたことが気になり始めます。そしてこの時、それが少数派の意見の影響であるということは往々にして自覚されず、あたかも自分で思いついた意見であるかのように錯覚します。

多数派の影響は社会において表面的に表れやすいけれども、本心には影響を与えないと言うことになります。またモスコヴィッシは、多数派影響は時間とともに色あせていくと言います。

一方、私たちが侮りがちな少数派影響には、表面的には現れないけれども、こっそりと本音の意見を変えていきます。また、その変化は無意識に及び、さらに時間がたてばたつほど存在感を増していくとされています。

このことは、以下の実験を通じて明らかにされました。

この実験は多数派影響と少数派影響の性質を同時に調べるように設計されています。まず多数派影響に関する部分についてご紹介します。

被験者はスライドを見せられて、そのスライドの色について、
1.まずは口頭で回答し、
2.次に残像色とともに紙に書いて回答します。

スライドの色は明らかに「」なのですが、同時に実験を受ける被験者のなかにサクラが仕込んであるのがポイントです。このサクラの数をコントロールすることで、多数派影響の状況と、少数派影響の状況を作り出します。

まずは多数派影響の状況です。口頭で回答する際にサクラを多数派になるように仕込み、彼らにスライドの色を「」だと言わせます。すると、本来の被験者も多数派に影響されて「緑」と回答します。一方で、「緑」というサクラを少数派にした場合、このような影響はほとんど見られませんでした。

さて、ここまでが多数派の影響を調べる実験でした。ここからは少数派の影響を調べる実験をしましょう。同じ実験の中で、スライドを消した後に見える残像について被験者に無言で紙に書かせます。

本来であれば、残像は青の補色である「オレンジ」が見えるはずです。そして、多数派影響の状況でスライドの色を多数派が「緑」と言っても、被験者は残像に「オレンジ」を見続けます。つまり、無意識領域の影響は受けていません。

しかし、少数派が「緑」と言ったときには、被験者には緑の補色である「」が見え、紙に残像色として赤を記入したのです。

つまり、多数派が明らかに間違っている「緑」と回答したとき、被験者は表面上それに同調するけれども、その影響は無意識には至っていません。少数派が「緑」と回答したときには表面上は被験者の意見に違いは現れませんでしたが、無意識の部分に変更が加えられ、実際に緑を見たと錯覚した脳が、緑の補色である赤を知覚したのです。

少数派の意見が被験者のなかの無意識領域で吟味され、問い直された結果、影響を受けたとモスコヴィッシは指摘しました。例えば、組織や企業の通念を変えたいと考えるとき、少数派影響の理論を検討しておくのは役に立つ可能性があるかもしれません。

まとめ

社会心理学の、常識とは異なる革新的な視点をご紹介しました。ヒトの行動の一面を理解しておくことで、人間関係の理解や円滑化につながるかもしれません。また、より効果的なマーケティングに活用できる可能性もあるでしょう。

本記事では書籍『社会心理学講義』(著:小坂井敏晶)を参考にしました。今回ご紹介した理論は社会心理学の一部にすぎません。より多くの理論に触れて社会と心理の相互作用の理解を深めてみてはいかがでしょうか。

社会心理学講義 ──<閉ざされた社会>と<開かれた社会> (筑摩選書)

¥1,815(Kindle版)

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂「SHIFT 2025 and Beyond」に込めた想いとブランディングを成功に導く視点|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【後編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は、3年前倒しで売上目標1兆円を達成した後、コロナ禍でも様々な取り組みを実行してきました。新たに中期経営戦略として策定された「SHIFT 2025 and Beyond」には、どのような想いがあったのか。自社ブランディングを成功させるために必要な視点も合わせて、マーケティングのプロフェッショナルである魚谷氏にヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂の中期経営戦略「VISION2020」で実行した構造改革と2030年への展望|株式会社資生堂代表 魚谷氏に訊く【前編】

資生堂 会長 CEOの魚谷雅彦氏は社長への着任後、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」となることを宣言し、資生堂のオリジンをしっかり出しつつも、様々な取り組みを実行。100年先も輝き続ける会社を目指し、短期目線ではなく中長期での成長実現に向け、取り組んできた想いや狙いをヴァリューズ 代表取締役社長の辻本が伺いました。


競合分析とは?フレームワークを活用して効率的に分析する手法を紹介

競合分析とは?フレームワークを活用して効率的に分析する手法を紹介

市場での競争を生き残るために欠かせない競合分析。マーケティングで効果を出すためにポイントとなる競合分析の進め方や、効率的な分析に役立つフレームワークやツール・テンプレート、競合分析のまとめ方や活用方法を解説します。


【3/25(月)開催セミナー】経営計画・事業報告に役立つリサーチ技法 – リサーチャー菅原大介さんが進め方とアウトプットを事例で解説

【3/25(月)開催セミナー】経営計画・事業報告に役立つリサーチ技法 – リサーチャー菅原大介さんが進め方とアウトプットを事例で解説

ユーザーリサーチの調査手法をまとめた記事がnote公式マガジンにも選出されているリサーチャー・菅原大介さんによる「経営計画・事業報告に役立つリサーチ技法」解説セミナーを3月25日(月) 17:00〜18:00に配信します!上場企業の中期計画作成に際し活用されているリサーチデータの事例をはじめ、情報収集や環境分析の効果的な進め方を、3C分析や競合調査、ケーススタディを交えて解説します。また、経営方針の整理や討議に役立つSWOT分析やバリュープロポジションキャンバス、リーンキャンバスといった成果物についても具体例をご紹介します。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ