料理の価値観とレシピサービス利用動向調査

料理の価値観とレシピサービス利用動向調査

―“料理好きルーキー”さんはレシピ動画がお好き?―


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、アンケートとネット行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、消費者の料理に対する価値観とレシピサービスの利用動向について、調査を行いました。

分析概要

アンケートに関しては、ヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員を対象として、2017年8月31日~9月6日に調査を実施。料理に対する価値観や料理の習熟度合いなどに関するアンケート回答をもとに、ユーザーをクラスタ分類した。
ネット行動ログ分析に関しては、同じくヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員の協力により、2016年7月~2017年8月において、スマートフォンアプリ別・サイト別にデータを集計した。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※文中では「DELISH KITCHEN - レシピ動画で簡単料理」は「DELISH KITCHEN」、「クラシル - 料理レシピ動画数No.1」は「クラシル」、「クックパッド - No.1料理検索アプリ」は「クックパッド」と表記

考察サマリ

「クックパッド」一強の時代が続いたレシピサービス市場。今、急伸するレシピ動画サービスが注目を集めています。今回は王者「クックパッド」と新興勢力である「クラシル」「DELISH KITCHEN」がユーザーにどのように使われているのか、また、各サービスがどのような料理の価値観を持ったユーザーに響いているのかを調査しました。

PC・スマホ合算のユーザー数では、「クックパッド」が他社を圧倒。

まず、各サービスのユーザー数推移を見てみましょう。PCとスマホ合算で見ると、やはり「クックパッド」が依然として圧倒的1位のユーザー数となっています。

レシピ動画サービスのスマホユーザーが急増。 レシピをブラウザではなくアプリで見るユーザーが増加している様子。

デバイス別ユーザー数推移を見ると、「クックパッド」は4月から8月にかけて、PCユーザー数が68万人、スマホユーザー数が220万人減少しています。スマホの方が減少率が高いようです。
対して、「クラシル」と「DELISH KITCHEN」は4月以降ユーザーが増加。特にスマホユーザーが急増しています。

ブラウザ/アプリ別にユーザー数推移を見ると、「クックパッド」のスマホユーザーが減っているのは、スマホブラウザを使うユーザーが減少していたからのようです。「クラシル」「DELISH KITCHEN」はブラウザで見ている人は少なく、アプリ利用者を伸ばすことで利用者数を増加させています。「クックパッド」のアプリ利用者数も3~8月にかけて変わっておらず、料理レシピをブラウザではなくアプリで見るユーザーが増えた様子が伺えます。

料理好きルーキーさんはレシピ動画サービスがお好き?

では、レシピ動画サービスはどのようなユーザーをとらえたのでしょうか。ヴァリューズ保有のモニタパネルにアンケートを実施し、ユーザーを料理の価値観別に5つのクラスタに分け、レシピ動画をどのクラスタのユーザーが使っているのかを調べました。
クラスタ別のユーザー数の割合を確認すると、料理得意ベテランさんが25.2%、料理好きルーキーさんが21.5%、料理嫌い時短さんが19.9%、料理苦手まじめさんが15.7%、無頓着さんが17.7%となっています。

各クラスタのユーザーのうち、各サービス利用者の割合の推移を見てみました。(※以降含有率と表記)「クラシル」「DELISH KITCHEN」を見ると、どちらも全てのクラスタで増加傾向にありますが、特に”料理好きルーキー”クラスタが伸びていることがわかります。2017年8月には、”料理好きルーキー“クラスタの18.4%、約5人に1人は「DELISH KITCHEN」を使っています。料理は好きだけど、一方で献立が思いつかない、という悩みを持つ料理好きルーキーさんに、動画で作るものを提案してくれるレシピ動画サービスが響いているのかもしれません。

「クックパッド」のアプリ利用者では、どのクラスタも大きな変化はないようです。一方、「クックパッド」のブラウザ利用者では、どのクラスタも含有率が低下しており、中でも料理嫌い時短さんの下がり幅が大きいことがわかります。
とはいえ、「クックパッド」のブラウザ利用者では、全クラスタにおいて、4人に1人以上のユーザーが「クックパッド」に接触しており、アプリで見ても、料理嫌い時短さん以外のクラスタでは、ユーザーの5人に1人以上が「クックパッド」を使っていることになります。リーチの規模としては、スマホに限って見ても、王座を譲っていないようです。

関連記事

「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

https://manamina.valuesccg.com/articles/802

忙しい日々を送る中でご飯の献立を考えるのは本当に大変ですよね。そんな中でも自分や家族のために美味しい料理を作りたい、できれば時短で作りたい、旬な野菜を使った料理を作りたい、などなど作り手の気持ちは様々です。そこで、今回は「レシピ」と一緒に検索されているキーワードはどんなものが多いのか?また、どのようなコンテンツを見ているのかなど、ネット行動分析ツールの「eMark+」を使って、過去1年間を調査・分析しました。

ファミマも売り始めたビーガン向け商品は今後の食トレンドとなるか?検索者は家庭で試せるレシピに興味

https://manamina.valuesccg.com/articles/886

ヨーロッパやアメリカで取り入れられているライフスタイル「ビーガン」について、健康志向の高まりやインバウンドの増加などの影響から、日本国内でも目にする機会が増えてきています。本稿では、ビーガンに対してどのように関心が寄せられているのか、検索キーワードや人気コンテンツから実態を調査しました。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

自分を癒す、潤す、小さなご褒美!プチ贅沢調査【スイーツ編】ホワイトペーパー

日本生活協同組合連合会の「節約と値上げ」の意識についてのアンケート調査結果によると、回答者全体の93.3%の人が節約を意識しているという今、何かとメディアで取り上げられているのが「プチ贅沢」。本レポートでは、どのようにして「プチ贅沢」が生活に取り入れられているのか、日常生活における小さな幸せの追求が、どのようにして個人の生活の質を向上させているかという視点で、中でも手軽に取り入れられる「スイーツのプチ贅沢」にフォーカスを当て、考察しました。<br>※調査レポートは記事末尾のフォームより無料でダウンロードいただけます。商品企画やマーケティングをご担当の方はぜひご確認ください。


YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

Compared to YouTube, which has a high usage rate, what is the usage rate of short-form videos, like YouTube Shorts and TikTok? What are their most popular videos, their position in daily life, how are they used? Which leads to purchasing a product? Based on the survey data, we investigated the usage of each medium.


【調査リリース】YouTube・YouTubeショート・TikTok利用実態 TikTokの利用率は約4割 YouTubeは学び、TikTokはトレンドがキーワード

【調査リリース】YouTube・YouTubeショート・TikTok利用実態 TikTokの利用率は約4割 YouTubeは学び、TikTokはトレンドがキーワード

高い利用率を誇るYouTubeに対し、YouTubeショートやTikTokといった短尺動画の利用率はどれだけの追い上げを見せているのでしょうか。それぞれでよく見られている動画や、生活の中での媒体の位置づけ、使い方や使い分けとは?商品の購買に一番繋がりやすいのはどの媒体?アンケートデータから、各媒体の利用実態を調査しました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ