【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

【トレンド調査】大豆ミートがじわじわ人気拡大中!検索者は「レシピ」にもっとも興味あり

昨今、存在感を高める「大豆ミート」。健康や美容、環境への配慮から食生活を見直す人が増えている中、大豆ミートは新しい食の選択肢として注目を集める食材です。メディアでの露出や、飲食店や小売店で大豆ミートを使ったメニューを見かけることも増えてきました。じわじわと流行する大豆ミートについて、検索数推移や、検索者が知りたいことをWeb行動ログ分析ツールDockpitのデータで分析します。


じわじわ人気拡大の大豆ミートとは?

大豆ミートは、大豆を主原料に作られた、お肉を一切使わずに、お肉のように見立てた植物性の食材。ベジタリアンやビーガン(菜食主義者)向けのお肉の代替品として重宝されてきましたが。最近は美容・健康食としても人気を集めています。

大豆は「畑のお肉」と呼ばれるほど高たんぱくで、さらに大豆ミートは大豆の油分を搾油し、加熱・加圧してで作られるため、脂肪分が少なく低カロリー。ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富で、ヘルシー志向の人に重宝される食材のひとつです。

昨今の健康志向の高まりから、大豆ミートを取り入れたメニュー(商品)が拡大。ハンバーガーチェーンやコンビニでも大豆ミート商品が並ぶようになってきました。市販される大豆ミートも、これまでは水で戻す乾燥タイプが一般的でしたが、レトルトや冷凍タイプなども登場し、形状もブロック、フィレ、ミンチなど、ラインナップの拡充が進んでいます。

また、大豆はお肉よりも生産時の資源量やCO2排出量が少なく、環境負荷が小さい食材。SDGsで世の中が「持続可能な社会づくり」に目を向ける中、栄養面に加え、環境にも配慮したサステナブルな食材であることも、大豆ミートが今注目される理由の一つでしょう。

では、大豆ミートはどのように世の中に浸透しトレンド化してきているのでしょうか。まずは「大豆ミート」または「大豆肉」の検索数の推移を見てみます。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年7月〜2021年6月、対象デバイス:PC、スマートフォン

ここ1年で、じわじわと検索数が伸びてきています。2021年2月に大きく伸びているのは、経済ドキュメンタリー番組「カンブリア宮殿」で大豆ミートを販売する企業が取り上げられたことをはじめ、メディアでの露出が影響していると考えられます。また、セブンイレブンで「ソイまん」(お肉の代わりに大豆ミートを使用した肉まん)が発売され、新商品の話題も豊富な時期でした。

続いて、ユーザー層の傾向をチェックします。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年7月〜2021年6月、対象デバイス:PC、スマートフォン

性別比率を見てみると、女性が7割近くを占めています。大豆ミートに期待される効果効能が、健康・美容・ダイエットなど、女性が関心が高いテーマと関連しているためでしょう。

「大豆ミート」に関して何を知りたい?検索ワードを調査

では、大豆ミートを検索するユーザーは、具体的に大豆ミートの何を知りたいのでしょうか。「大豆ミート」と一緒に検索される掛け合わせワードのランキングを見てみます。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年7月〜2021年6月、対象デバイス:PC、スマートフォン

掛け合わせキーワードを見てみると、1位、2位がそれぞれ「レシピ」「作り方」で、大豆ミートを使った料理に興味があることが分かります。

レシピに続く上位キーワードは「ハンバーグ」。大豆ミートを使った料理の中でも、ハンバーグを作ろうと考えている人が多いようです。

また、「セブンイレブン」や「ドトール」といった大豆ミート商品を提供する店名の検索も目立ちます。セブンイレブンは「大豆ミート」を使用した商品の発売を2020年夏から開始しており、おにぎりや、弁当、惣菜など幅広いカテゴリーで展開。「大豆ミート使用」の専用マークが貼り付けられ、店頭で見つけやすい工夫が施されています。

セブンイレブン・ジャパンのプレスリリース『大豆を使用した”持続可能”な食材をもっと身近に、もっと美味しく 「大豆ミート」等を使用した商品11品を発売』より

ドトールコーヒーでは、大豆ミートを使ったサンドを提供。バンズには全粒粉を使用し、野菜を贅沢に使ったヘルシー商品として展開しています。

ドトールコーヒーのメニュー「全粒粉サンド 大豆ミート ~和風トマトのソース~」

そのほか、コンビニではファミリーマートも大豆ミートを使った商品を取り扱っており、今年6月には麺類などのラインナップを拡充。モスバーガーやフレッシュネスバーガーも大豆ミートのハンバーガーを提供するなど、コンビニやハンバーガー・カフェチェーンでの商品展開がここ数年で急速に広がっています。

属性別の興味ワードに違いは?

また、こちらは、属性別のマップです。大豆ミートと関連する関心ワードが、属性別に示されています。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年7月〜2021年6月、対象デバイス:PC、スマートフォン

これを見ると、ハンバーガーに興味を持つのは若年層(平均23.2歳)、「冷凍」「添加物」など保存法やより詳しい情報に興味を持つユーザーは女性が多いことが分かります。また、スーパーやドトール、セブン、無印などは比較的男性の関心も高く、裾野の広がりが感じられます。

検索者はどんな記事を読んでいるのか?流入ページランキング

最後に、「大豆ミート」検索での人気コンテンツをチェックしてみましょう。

分析ツール:「Dockpit」、分析期間:2020年7月〜2021年6月、対象デバイス:PC、スマートフォン

1位は、味噌を中心とした大豆製品を販売する「マルコメ」のHP内の、大豆ミートの使い方記事でした。マルコメが提供するレトルトタイプ、乾燥タイプ、冷凍タイプについて、それぞれの大豆ミートのそれぞれの使い方とレシピが紹介されています。

2位以降も、レシピ系のサイト(コンテンツ)が多くランクインしています。掛け合わせワードでレシピが上位だったように、「大豆ミートを使ってどんな料理を作れるか」にユーザーは興味があると分かります。

まとめ:マクドナルドも大豆ミート?市場への浸透が進む

健康志向の高まりや環境への配慮の観点から、じわじわと注目が高まる大豆ミート。一過性の話題ではなく、じわじわと時間をかけて世の中に浸透しています。取り扱い店や商品が続々と広がり、ハンバーガーチェーンのマクドナルドも、2021年に大豆ミートを使ったハンバーガーを一部店舗で発売すると発表しています。このように身近なお店で大豆ミートが使われていくことで、女性や若年層など特定の層に限らず、社会全体で定着が進むのではないでしょうか。大豆ミートの今後の広がりに注目です。

<分析概要>
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「Dockpit」を使用し、2020年7月~2021年6月のネット行動ログデータを分析しました。※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

▼マナミナでは大豆ミートの認知度について、アンケート調査とWeb行動ログデータを用いて調査した内容をホワイトペーパーにまとめています。無料でダウンロードしてご覧ください。

植物性食品・大豆ミートの認知度調査レポート~興味関心層/購入者層の特徴を分析し今後のマーケティング戦略を考察する

https://manamina.valuesccg.com/articles/1211

環境に優しく健康的であるという理由で人気が高まりつつある植物性食品。大豆ミート・植物性ミルク等の植物性食品の認知度、興味関心、購入経験などをアンケートとWeb行動ログの両軸から調査した『植物性食品・大豆ミートに関する調査』レポートをリリースしました。(ページ数|25p)

▼新しい食スタイルとして、環境保全やヘルシー志向など様々な角度から注目を集める「ヴィーガン」について、興味を持つ人の動向や最新トレンドをヴァリューズのリサーチャーが記事にまとめました。こちらも併せてご覧ください。

新しい食スタイルの最新動向と具体的な対策方法|ヴァリューズ×ベジプロジェクトジャパン共催セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1296

新型コロナ感染拡大に伴う自粛期間が長引く中でのダイエット効果への期待、ヘルシー志向のトレンド、環境保全への配慮など、様々な角度から注目を集めている「ヴィーガン」食スタイル。菜食主義者だけでなく一般消費者層からも関心が高まり、大手食品メーカーや飲食店も商品開発に参入するなど、盛り上がりをみせつつあります。話題の植物性食品の市場・商品動向を分析し、トレンドの背景にある消費者心理を読み解きました。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー