「ヘルスケアアプリ」市場の最新動向~女性向けのルナルナ、AI活用のFiNCなど

「ヘルスケアアプリ」市場の最新動向~女性向けのルナルナ、AI活用のFiNCなど

AI、保険会社提携、コンテンツ…差別化が成功の鍵?! 健康や体調を管理できる「ヘルスケアアプリ」市場について調査しました。


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、健康や体調を管理できる「ヘルスケアアプリ」市場について調査・分析しました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「健康&フィットネス」カテゴリのアプリの利用状況、月間ランキングなどを調査しました。
※集計期間:2018年11月
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

考察サマリ

女性向けアプリ「ルナルナ」が高い支持。健康・運動管理アプリがランキング上位を占める

自身の健康や体調を管理するため、アプリやデバイスの活用が進んでいます。「ヘルステック」とも言われるこのトレンドの中で、様々な「ヘルスケアアプリ」が誕生。体重や血圧を管理する記録型アプリや、ウェアラブルデバイスと連動して詳細なデータを記録できるもの、トレーニング特化型や女性向けのものなど多岐に渡ります。そこで、Google Playのカテゴリ「健康&フィットネス」に含まれるヘルスケアアプリについて、利用実態や利用者属性などを分析しました。

まずは2018年11月の利用ユーザー数トップ20をランキングしました【図1】。1位は女性向けアプリ「ルナルナ」で、利用ユーザー数は270万人以上、女性から圧倒的な支持を集めています。2位から7位までは、万歩計機能や体重・体脂肪率のモニタリング機能が搭載されている、運動・健康管理系のアプリが続きます。運動・健康管理系アプリは上位20位に最も多く、機能もさまざまでした。

万歩計機能はほとんどのアプリに搭載され、ウェアラブルデバイスを持っていなくても気軽に利用することができます。一方で、AIによる体調管理サポート機能や、生命保険料が割引されるポイントを獲得できる機能など、目新しい機能を持ったアプリもランキング入りしていました。

施策が成功? AI活用の「FiNC」は利用ユーザー数が6.2倍と好調に推移

続いて、「健康&フィットネス」カテゴリの中で運動・健康管理系アプリに焦点を当て、eMark+の「Site Analyzer」を用いてランキング上位5つのアプリを比較しました【図2】。それぞれの主な特徴は以下の通りです。

■dヘルスケア:主に万歩計、体重の記録が可能。記録することでdポイントがたまる。
■Lifelog:Xperia専用。各種データモニタリングが可能。純正ウェアラブルあり。
■Google Fit:日々の運動量の測定が可能。機能はシンプル。多様なアプリと連携可能。
■S Health:運動に加え食事のカロリー管理も可能。
■FiNC:AIによるダイエットサポート機能搭載。専門家によるコンテンツ発信も多彩。

2017年12月から1年間の各アプリの利用ユーザー数推移を見ると、好調だった「Lifelog」が純減し、2018年11月に「dヘルスケア」がトップに。「dヘルスケア」は非常に好調に推移しており、2018年9月にリリースした三日坊主防止アプリ『みんチャレ』との提携や『dポイント』との連携などの施策が功を奏していると考えられます。また、「Google Fit」は2018年8月に新機能を追加したことでユーザー獲得に成功したことがうかがえました。

さらに、唯一AIを活用した「FiNC」も好調で、2018年9月に実施された“300万ダウンロード記念キャンペーン”の効果もあり、2017年12月には約23万人だった利用ユーザー数が1年で約143万人と、約6倍になっていました。直近1年でみると、「FiNC」は5つのアプリの中では最もユーザー数を増やしていることがわかりました。

機能がシンプル「Google Fit」は男性、コンテンツが豊富「FiNC」は女性から支持

これらの「運動・健康管理系アプリ」の利用者はどのような人々なのでしょうか。

まず性別で見てみると、機能がシンプルな「Google Fit」は男性割合が7割以上と高かったのに対し、コラムなどのコンテンツが豊富な「FiNC」は女性が7割以上となっていることがわかりました【図3】。

年代別については、「dヘルスケア」は50代以上がおよそ半数を占めており、20代は9.9%と少なくなっています。「Lifelog」、「Google Fit」と「S Health」、「FiNC」は割合の傾向がそれぞれ似ており、特に「S Health」、「FiNC」は20代・30代がほぼ半数を占めていることがわかりました【図4】。

今回の「ヘルスケアアプリ」調査から、運動・健康管理系アプリが軒並みユーザー数を伸ばしていることがわかりました。特に「FiNC」ではAIを活用したコンテンツのレコメンドを行い、ダイエットに関心のある女性ユーザーの心をつかんできたことがうかがえます。アプリ内での特定のアクションによって貯まったポイントを使い、保険会社と提携して料金割引をする施策も行っており、今後も業界の広がりが予測されます。

関連記事

大阪府の健康活動記録アプリ「アスマイル」がユーザーを集める。12月急上昇アプリランキング

https://manamina.valuesccg.com/articles/754

2019年12月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。12月のトレンドを調査しました。

ファミマも売り始めたビーガン向け商品は今後の食トレンドとなるか?検索者は家庭で試せるレシピに興味

https://manamina.valuesccg.com/articles/886

ヨーロッパやアメリカで取り入れられているライフスタイル「ビーガン」について、健康志向の高まりやインバウンドの増加などの影響から、日本国内でも目にする機会が増えてきています。本稿では、ビーガンに対してどのように関心が寄せられているのか、検索キーワードや人気コンテンツから実態を調査しました。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、生成AI機能を活用し、インフルエンサーの選定からデータクリーンルーム分析による広告効果の可視化までをワンストップで支援する「インフルエンサーAIナビ」の提供を開始することを発表しました。


LINEヤフー、LINEのトークルームでユーザーからの質問や相談にAIが答えるサービスを提供開始

LINEヤフー、LINEのトークルームでユーザーからの質問や相談にAIが答えるサービスを提供開始

LINEヤフー株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」内で、OpenAIのAPIなどを利用し、トークルームでユーザーからの質問や相談に答えるサービス「LINE AIアシスタント」の提供を開始したことを発表しました。


KDDI、メタバース・Web3サービス「αU」とGoogleの「Geminiモデル」で、身近に体験できる生成AIサービスを提供

KDDI、メタバース・Web3サービス「αU」とGoogleの「Geminiモデル」で、身近に体験できる生成AIサービスを提供

KDDI株式会社は、2024年2月26日より、同社が運営するメタバース・Web3サービス「αU」と Googleが提供する生成AIモデル「Gemini Proモデル」などを連携し、身近に生成AIを体験できる取り組みを開始することを発表しました。


博報堂DYグループ、生活者と社会に資する人間中心のAI技術の先端研究開発を行う「Human-Centered AI Institute」を設立

博報堂DYグループ、生活者と社会に資する人間中心のAI技術の先端研究開発を行う「Human-Centered AI Institute」を設立

株式会社博報堂DYホールディングスは、生活者と社会に資する人間中心のアプローチによるAIの先端研究や技術開発を行う「Human-Centered AI Institute」(ヒューマン・センタードAIインスティチュート)を2024年4月1日に設立することを発表しました。


GMO TECH、MEO総合管理ツールに「AI運用アシスタント機能」を追加

GMO TECH、MEO総合管理ツールに「AI運用アシスタント機能」を追加

GMO TECH株式会社は、2024年2月13日(火)に、MEO総合管理ツール「MEO Dashboard byGMO」に「AI運用アシスタント機能」を追加したことを発表しました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ