デジタルマーケティングの歴史を振り返る〜現場担当者が語るデジタル広告の基礎

デジタルマーケティングの歴史を振り返る〜現場担当者が語るデジタル広告の基礎

デジタルマーケティングの歴史を、ヴァリューズのマーケティングコンサルタント・利根川さんがまとめます。デジタル広告の発展の流れや、デジタルマーケティングの全体図について、現場の担当者が分かりやすく解説。基本を学びたい方は必見です。


はじめまして。データマーケティングの会社・ヴァリューズのデータプロモーション局でコンサルタントを務めている利根川と申します。前職ではWeb広告代理店に勤めており、教育業界や女性向け商材を中心に広告の運用やマーケティングに携わっていました。ヴァリューズでもプロモーションの提案や運用、新人教育を中心に担当しています。

昨今急成長を遂げたデジタル広告は今や日常で目にしない日はないくらい私達の生活に溶け込んでいます。では、デジタル広告はこれまでどのように成長を遂げてきたのでしょうか。

そこで本連載では、デジタル広告にまつわる基礎的な内容を振り返ります。今回はデジタル広告の発展の歴史をおさらい。これからデジタルマーケティングの業界で働く方や、あらためて基礎を身に着けておきたい方は、ぜひご自身の学びに役立ててみてください。

株式会社ヴァリューズ
マーケティングコンサルタント 利根川唯

Web広告代理店出身。大手教育業界クライアント様をはじめ、美容業界クライアント様を中心に主に女性をターゲットとする様々な業界で経験を積む。業界特性に合わせた運用型メディア全般のプランニング/実行を得意とする。

デジタルマーケティング市場の成長を振り返る

まずはデジタル広告を取り巻くデジタルマーケティングの市場について、その概要をまとめてみましょう。

そもそもデジタルマーケティングとは何でしょうか? デジタルマーケティングの定義には様々なものがありますが、端的にまとめると「Web上でものを売る仕組みを作る活動」のことです。

インターネットが登場する以前はマス広告を活用したプロモーションがマーケティングの主たる活動でした。インターネットが世の中に浸透して以降、デジタルマーケティングが登場することになったのですが、その特徴としては、効果測定ができる、スピードが早い、低予算から実施が可能、といった点が挙げられます。

次に、デジタルマーケティングとして代表的なEC市場の動向を見てみましょう。次の図をご覧ください。

BtoC-EC市場規模の経年推移(単位:億円)

直近1年はコロナ禍の影響も受け、サービス分野のBtoC-EC市場規模は縮小しておりますが、物販・デジタル分野のBtoC-EC規模は年々右肩上がりで伸びています。

デジタルマーケティングの歴史を概観してみる

続いて、デジタルマーケティングのこれまでの歴史を振り返ってみましょう。次の図に、インターネットの登場以降の主要な出来事を時系列でまとめました。

デジタルマーケティングの主な出来事

デジタルマーケティングの主な出来事

1995年~:インターネット黎明期

歴史の始まりは今から30年ほど前にさかのぼります。1994年、オンライン雑誌に世界で初めてバナー広告が掲載されました。当時はYahoo!やGoogleのような検索エンジンはなく、多くの人々は雑誌などに掲載されたアドレスを元にサイトにアクセスし、情報を得ていました。

1996年に国内初の商用検索サイト「Yahoo!JAPAN」が開始され、検索エンジンのサービスが始まります。今では「ググる」といった言葉に代表されるようにGoogleの利用が目立ちますが、国内最初の検索サイトはYahoo!だったのです。

当時は検索エンジンの運営会社が厳選したサイトのみを登録・分類することで構築したウェブディレクトリ内を検索する「ディレクトリ型」が主流でした。しかし、1998年にGoogleが「ロボット型検索エンジン」を発表。ロボットがWeb上にある該当サイトを自動的に探し出し、検索結果を表示するようになりました。これによって、検索結果の上位に表示されるように工夫を凝らす検索エンジン最適化(SEO)対策というデジタルマーケティング手法が発達しました。

2000年~:ネットショップやブログサービスの台頭

2000年にGoogleがAdwordsをローンチしたことで検索型連動広告(SEM)が誕生します。検索結果の表示画面に検索キーワードと関連する商品・サービスなどの広告を表示する仕組みです。Yahoo!JAPANも追ってサービスを開始。従来のネット広告よりも手軽に始めることができ、現在でもインターネット広告の主流となっています。

また、この時期になると楽天市場やアマゾンなどのネットショッピングが盛んとなってきます。さらにブログやメールマガジンが普及したことでアフィリエイト広告が活用されるようにもなってきます。こうして集客のためのチャネルがどんどん広がってきたことになります。

2005年~:SNSの誕生、スマホの登場

2005年にもなるとインターネットもだいぶ成熟してきており、MSNやYotubeなどのサービスが台頭してきます。また、TwitterやFacebookなどのSNSも誕生し、個人での発信がより手軽にできるようになってきました。

そして2007年、スマートフォンの流行の火付け役となるiPhoneが誕生します。その後、スマートフォンはまたたく間に世界中に普及。今までになかったサービスとプロダクトの誕生によって、人々の情報入手やコミュニケーションのあり方が大きく変わってきました。

2010年~:「アドテク時代」の到来

スマートフォンの誕生により頻繁に行われるようになった我々の情報収集や購買行動に伴い、マーケティング戦略もマスからOne to Oneにシフトしていきます。しかしながら、一人ひとりにあった広告の配信を行うにはかなりの工数がかかります。それを解消するためにシステマティックに広告配信ができる仕組みが開発されました。

例えば、従来の配信手法では広告の配信先毎に配信媒体を選定し出稿する必要がありましたが、「アドネットワーク」が開発されたことで広告媒体のWebサイトを集めた広告配信ネットワークが形成され、多数の面に掲載ができるようになりました。いわゆるアドテク時代の到来です。

その後、アドエクスチェンジDSPSSPなど、広告主側も媒体側も効果や収益が最大化できるような仕組みが開発されていきました。どのような入札額で誰に向けて広告を出すかがキーポイントとなってきます。

2015年~:コンテンツマーケティングの流行

2015年に入るとコンテンツマーケティングという言葉を頻繁に耳にするようになります。その後、コンテンツマーケティングの中でも、コンテンツSEOの手法が注目を集めるようになりました。検索エンジンがある限りこの手法は有効であり続けるため、SEOといえばコンテンツSEOというくらい、現在ではコンテンツ施策が台頭してきています。

また、広告配信も自動化がすすみ、AIが流行したこともあり、人の手から離れて機械が運用していくようになりました。それに伴い、人の仕事は配信設計や戦略など、考える仕事にどんどんシフトしていくこととなります。

2020年~:個人のデータ保護の観点

AIの進化に伴い広告配信も自動化が進み、一人ひとりに対して最適化された広告配信が進んでいきます。一方で、配信方法がアップデートされるほどユーザーのデータ取得や活用が進むため、プライバシー保護の観点も重要視されてきます。個人情報保護の観点からGDPRの推進や、Cookie削除によるトラッキング防止機能のITPの実装などが取り沙汰されるようになりました。

特に、ITPの影響は大きく、今までの計測機能やオーディエンスデータが活用しにくい状況となってきています。Googleも、2023年にはcookieの活用を廃止するとしており、今後どのようにデータを扱っていくべきかが注目されています。このように、デジタル広告は技術の進歩とともに日々成長を遂げてきています。

現在のデジタルマーケティングの全体図

最後に、現在のデジタルマーケティングの全体像と、その手法についてをまとめてみます。次の図をご覧ください。

デジタルマーケティングの全体像

デジタルマーケティングをKPIごとに分類すれば、「集客」「成約」「単価」「リピート」の4つに大きく分けられます。そのなかに、上図のように施策を位置づけることができます。デジタルマーケティングでは、これらの施策をうまく使い分けながら成果を最大化していくことになります。

今回では主に集客部分を中心に歴史をたどってきましたが、デジタルマーケティングの全体像を考えると、成約・単価・リピートとより踏み込んだ施策についても考える必要があります。様々な進化によって、各施策や手法はこれからもどんどん増えていきますが、今後デジタルマーケティングを行う上では、データ収集と分析が非常に重要になってくるでしょう。

今回は以上となります。次回はデジタル広告の種類について解説していきます。

インターネット広告の5つの種類と市場規模を解説!現場担当者が語るデジタル広告の基礎

https://manamina.valuesccg.com/articles/1645#outline31

インターネット広告の市場規模や5つの種類、3つの取引手法について、ヴァリューズのマーケティングコンサルタント・利根川さんが解説します。現場の担当者の目線から語る、初学者にとっても分かりやすい内容。基本を学びたい方は必見です。

▼ヴァリューズでは、ブラウザ上で競合サイト分析を含む3C分析を簡単に行えるツール「Dockpit(ドックピット)」を提供しています。一部機能を使える無料版もありますので、ぜひ一度利用してみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

前職ではWeb広告代理店に勤めており、教育業界や女性向け商材を中心に広告の運用やマーケティングに携わっていました。業界特性に合わせた運用型メディア全般のプランニング/実行を得意としています。ヴァリューズでもプロモーションの提案や運用、新人教育を中心に担当しています。

関連する投稿


データ活用レベルの平均値を上げて、組織を強くする。SmartHRのデータマーケティング戦略

データ活用レベルの平均値を上げて、組織を強くする。SmartHRのデータマーケティング戦略

登録社数50,000社以上を誇るクラウド人事労務ソフト「SmartHR」。労務管理クラウド市場の出荷金額において2018年から4年連続シェアNo.1を獲得するなど、その勢いはとどまることを知りません。そんな「SmartHR」を展開する株式会社SmartHRは、データマーケティング組織を設けるなどデータ活用に積極的であることでも知られます。同社の成長にデータ活用がどう影響しているのかを探るべく、同社マーケティンググループ マネージャーの原 望さんに取材しました。


独自データと伴走支援で唯一無二の存在に。ヴァリューズ「事業と人を、育てる事業」に込められた想い

独自データと伴走支援で唯一無二の存在に。ヴァリューズ「事業と人を、育てる事業」に込められた想い

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズは、独自データを用いた調査分析とマーケティングツールの提供を広く行う会社です。またデータを活用したプロモーションの実行支援も幅広く行っています。そんなヴァリューズの中で、いま急成長を遂げているのがデータプロモーション事業。今回はコンサルタント担当の渋谷さんが事業責任者の齋藤さんにお話を伺いました。


「バタフライ・サーキット」が示す8つの情報探索動機と、消費者に刺さるクリエイティブとは | 日経クロストレンドフォーラム レポート

「バタフライ・サーキット」が示す8つの情報探索動機と、消費者に刺さるクリエイティブとは | 日経クロストレンドフォーラム レポート

Google社との共同研究で開発された、購買に至る情報探索プロセスを表すフレームワーク「バタフライ・サーキット」。2022年7月に開催された日経クロストレンドフォーラムでは、「バタフライ・サーキット」に照らし合わせた情報探索の実態と、消費者とのコミュニケーション施策への応用方法をご紹介。8つに分類した情報探索動機から、消費者に刺さるクリエイティブ施策のヒントをお届けしました。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


「依頼されたものを作る」で終わらない。映像コンテンツ制作現場のデータ活用事例

「依頼されたものを作る」で終わらない。映像コンテンツ制作現場のデータ活用事例

「企画力」×「実現力」で、ブランドを輝かせる映像やWebコンテンツ制作が強みのビービーメディア株式会社は、施策提案におけるデータ活用に力を入れています。データを活用することで、他社との差別化にどうつなげているのか、社内での取り組みも含めて、同社MI推進セクターの方々にお話を伺いました。


【Web広告編】Webサイトの競合調査に使えるツール

【Web広告編】Webサイトの競合調査に使えるツール

Webサイトのアクセス誘導にはSEOによって検索結果から流入を目指すものと、Web広告経由で流入を目指すものの、大きく2種類があります。Web広告にはリスティング・ディスプレイ広告、PPCにアフィリエイトなどがありますが、他社がどのプラットフォームを使ってどの条件で出稿しているか類推できると自社のWeb広告戦略の参考になります。この記事ではライバルのWebサイトの広告出稿状況を競合調査する方法について解説します。


最新の投稿


急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月18日~9月24日の検索急上昇ワードでは、降雨状況の変化を短い周期で追える「東京アメッシュ」といったサイトの他、台風関連のワードが多数ランクイン。劇場版最新作が公開中の「ガリレオ」シリーズに関する検索も複数見られました。


【2022年10月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年10月10日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


SNS × ユーザーリサーチ対談|マナミナ・トークLIVE

SNS × ユーザーリサーチ対談|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが10月14日(金) 17:00〜18:00で配信決定!「SNS×ユーザーリサーチ」をテーマに、企業のSNS運営支援実績を多数お持ちのマーケティングコンサルタント・吉田啓介さんと、SNSを使ったユーザーリサーチのnote記事が人気のリサーチャー・菅原大介さんによる対談をLIVE配信します。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年9月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。インフルエンサーマーケティング3.0とは?バーチャルインフルエンサーの最新トレンドは?押さえておくべきSEO最新ニュースは?など、コンテンツマーケター必見のレポートを、今月もお届けします。(ページ数|53ページ)


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら