トレンドワード「メタバース」を学べるおすすめの本7選

トレンドワード「メタバース」を学べるおすすめの本7選

シリコンバレーやゲーム業界を中心に、多くのメディアで取り上げられている「メタバース」というワード。メタバースは技術革新によって拡大する「仮想空間」を指すもので、SNSに続く世界を変革できるコンセプトともささやかれています。メタバースについて体系的に学ぶためにおすすめの本を7冊紹介します。


メタバースとは?

メタバースとはネットワークやソフトウェア空間に作られた「仮想空間」で、自分自身の「アバター」を自身の意志で行動できる空間のことです。古くはセカンドライフが有名ですが、技術の発展によってゲーム系では「どうぶつの森」や「マインクラフト」「フォートナイト」のほか、Facebookその他がVRゴーグルを使ったメタバースを構築しています。

メタバースが注目を集めるようになった理由

メタバース盛り上がりの背景には、おもに2つの理由があります。

第一は、メタバースを支える技術インフラの成熟化です。通信技術やコンピューターの進化と、AR、VRといったイマーシブテクノロジーもますます成熟化しており、メタバースにより近いデジタル世界を構築するほどのインフラが整いつつあります。

そして、2020年から世界範囲で爆発した新型コロナウイルス感染も理由に挙げられます。未曾有のパンデミックにより、世界各地でロックダウンが実施されている一方、仮想空間の存在感が高まるきっかけになりました。

メタバースの基本については以下のリンクで詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

話題のメタバースとは?定義と歴史|メタバースの現在地と未来を考える

https://manamina.valuesccg.com/articles/1458

5G時代が本格的に到来し超高速の大容量通信が実現。新たなコミュニケーションの手段として 「XR(XReality:VR、AR、MRなどの総称)」への注目が高まっています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXRの市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんが、XRビジネスの今と未来を解説する連載企画がスタート。初回テーマは今後のテックトレンドとしてマーケターも見逃せない「メタバース」です。メタバースとはどんなもので、近年どのように進化しているのでしょうか。

メタバースおすすめ本:メタバース 完全初心者への徹底解説

タイトルにもあるように、メタバースについてなにも知らなくても読み進められるように、わかりやすく書かれているのが特徴です。メタバースの基本事項のほかにも、メタバースと関係の深いゲーム、さらにはネットワークに接続された複数台のコンピューターによってデータを共有する「ブロックチェーン」についても解説されています。

メタバース 完全初心者への徹底解説: 2021年 仮想世界を巡る百花繚乱時代

メタバースおすすめ本:未来ビジネス図解 仮想空間とVR〈メタバース〉

タイトルに「図解」とあるように、豊富な図説を中心にメタバースの基本を解説しているのが本書の特徴です。メタバースの事例、メタバースビジネスに携わっている人物へのインタビュー記事も見どころのひとつです。そして、VRについてもしっかり触れているので、メタバースとVRの関連性などを知るのにもうってつけの一冊と言えます。

未来ビジネス図解 仮想空間とVR〈メタバース〉

メタバースおすすめ本:メタバースとは何か~ネット上の「もう一つの世界」

筆者は情報セキュリティやネットワークを専門とする大学教授。それゆえにメタバースの基本について丁寧に解説しているのが特徴です。そしてもうひとつ、筆者のメタバースにおける熱量が伝わってくるので、説得力も高く感じます。もう少し踏み込んだ内容としては仮想現実ともう一つの世界について、これまでの流れを振り返ったものが中心となっていますが、独自の分析を展開している点も本書の見どころです。

メタバースとは何か~ネット上の「もう一つの世界」~ (光文社新書)

メタバースおすすめ本:メタバース さよならアトムの時代

メタバースプラットフォーム「cluster」の提供元、クラスター株式会社のCEOである加藤直人氏の著作である本書、メタバースに関連するVRの歴史やその背後にある思想、そして未来像、さらにはGAFAMの現状などを網羅しています。メタバース周辺の関連トピックであるNFTの活用先やVRヘッドセットブランドであるOculus(オキュラス)についても取り上げるなど、メタバースの最新情報を入手するのに最適な一冊となっています。

メタバース さよならアトムの時代 (集英社ノンフィクション)

メタバースおすすめ本:メタバースの歩き方

ほかの書籍と一線を画す点は、「VRChat」や「cluster」「バーチャルキャスト」といった、メタバースのいちカテゴリとなる「VRSNS」の始め方やその魅力の解説が充実している点です。そのほか、バーチャル空間の過ごし方やそこで起こった印象的な出来事について、VRchat歴の長いさまざまな職種の人々のインタビューが紹介されているのも魅力のひとつに挙げられます。

メタバースの歩き方 (往来ブックス)

メタバースおすすめ本:NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

メタバースにおいては、そこでの土地の売買も行われています。その際に用いられるのがブロックチェーン技術やデジタル資産の証明書として今話題のNFT(非代替性トークン)といったテクノロジーです。本書ではNFTの解説をメインに、メタバースやブロックチェーンとの関連性について解説しています。メタバース内でNFTによる取引の増加が見込まれるため、メタバースとNFTを早い段階からセットで理解しておくことが重要です。

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

メタバースおすすめ本:スノウ・クラッシュ

こちらは1992年に発表されたSF小説。1992年?間違いでは?と思われるかもしれませんが、本当にその年なのです。「メタバース」という単語はすでに本書に登場しているので、30年ほど前から言葉、そしてその概念は存在しているわけです。本書の世界観を具現化したい、と考える人々によって現在のメタバースが作り上げられたと言っても過言ではないかもしれません。

スノウ・クラッシュ〔新版〕 上 (ハヤカワ文庫SF)

スノウ・クラッシュ〔新版〕 下 (ハヤカワ文庫SF)

まとめ

現状、メタバースはまだ黎明期と言える状況です。したがって、メタバースについての知識を体系的にまとめた書籍も少ない状況ですが、今回紹介した7冊についてはメタバースの基礎を学ぶには必要にして十分のボリュームとなっています。今後ますますの拡充が見込まれるメタバース、今から知見を深めておくことをおすすめします。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


メタバース

関連する投稿


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


ブランディングについて学べるおすすめ本10選

ブランディングについて学べるおすすめ本10選

商品やサービス、そして企業自体に対し、共通したイメージを持ってもらう「ブランディング」。どれほど提供する商品やサービスが優れていたとしても、ブランディングがしっかりしていないと思うような結果が出せません。そのブランディングについて、基本から学べるおすすめの本を10冊紹介します。


メタバースとは?話題のテックトレンドを解説

メタバースとは?話題のテックトレンドを解説

仮想空間とそこで展開されるサービスを指す「メタバース」。ここ数年、注目を集めている技術です。基本事項からVRとの違い、利用例やメリット・デメリットなど、メタバースについて解説します。


メタバース市場における代表的な企業・プレイヤー(後編)|メタバースの現在地と未来を考える

メタバース市場における代表的な企業・プレイヤー(後編)|メタバースの現在地と未来を考える

「Facebook」が社名を「Meta」に変更するなど、いまテックトレンドとして注目度が急速に高まっている「メタバース」。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality:VR、AR、MRなどの総称)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんが、XRビジネスの今と未来を解説するこちらの連載企画では、前回に続き、メタバース市場の主要企業やプレイヤーを紹介していきます。後編となる本稿では、ブロックチェーン系の新興テック企業をご紹介します。


メタバース市場における代表的な企業・プレイヤー(中編)|メタバースの現在地と未来を考える

メタバース市場における代表的な企業・プレイヤー(中編)|メタバースの現在地と未来を考える

「Facebook」が社名を「Meta」に変更するなど、いまテックトレンドとして注目度が急速に高まっている「メタバース」。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality:VR、AR、MRなどの総称)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんが、XRビジネスの今と未来を解説するこちらの連載企画では、前回に続き、メタバース市場の主要企業やプレイヤーを紹介していきます。中編となる本稿では、Meta社をはじめとした、ソーシャル系企業とメタバースの方向性を探ります。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー