Automotive industry under COVID-19 – In-depth investigation of web trends of each company and consumer activities

Automotive industry under COVID-19 – In-depth investigation of web trends of each company and consumer activities

Due to the COVID-19, consumer lifestyles surrounding automobiles are undergoing major changes. New business opportunities such as EVs (electric vehicles) are also attracting attention. We investigates the trends of automakers and the latest consumer activities.


Introduction: how has COVID-19 affected the purchases of automobiles?

First, we would like to introduce consumers' automobile purchase intentions under COVID-19. The graph here shows the results of a survey we conducted with consumers regarding the products they have decided not to purchase in 2020.

Although not as directly affected by COVID-19 as travel, automobile was also in the top 8 of the “not to buy list”. It is surprising that it even surpassed the rank of apartment.

In terms of actual purchasing activities, 2,880,527 cars were registered in 2020, which is also the first time since the Great East Japan Earthquake in 2011 that fewer than 3 million cars were registered.
It is hard to be optimistic in the automotive industry with a news report mentioned “all eight Japanese automakers had a 4.9% decline in net sales and a 16.6% decline in operating income”.

Delving deeper into the target by keywords & browsed sites

・Nearly half of those who decided to postpone their purchase plan wanted to accomplish it in 2021.
・“EV” searchers increased even during the COVID-19 pandemic.
・EV interest groups can be classified into 6 types based on search keywords.



However, it is not all pessimistic talk. Nearly half of those who put off their purchasing have indicated that they planned to complete their purchase in 2021.

Also, the graph below shows the number of “EV” searchers. Even under COVID-19, the number of searchers has increased significantly. It can be said that the consumer interest in automobiles, especially EVs, is high in the COVID-19 pandemic.

Investigation of the EV interest groups with search keywords

Then, what kind of people are interested in EVs? We clustered “EV” searchers by search keywords in the three hours before and after the “EV” search.

The clusters in order of volume are as follows:
① Cluster considering mainly domestic manufacturers (Domestic Car Cluster)
② Cluster interested in EVs through stock investment (Stock Investment Cluster)
③ Cluster considering mainly foreign manufacturers (Foreign Car Cluster)
④ Cluster concerning about charging facilities (Charging Facility Cluster)
⑤ Cluster that mainly considers small cars (Small Car Cluster)
⑥ Cluster concerning about subsidies for EV cars (Subsidiary Aid Cluster)

It is clear that even among those interested in EVs, their interests and the products they are considering are different.

We also found that the online activities of each cluster, such as the websites and apps they browse, are also different. The slide below shows a comparison of sites with high browsing rates between “Domestic Car Cluster” and “Foreign Car Cluster”.

It can be seen that the browsing sites of two clusters are different even the sites are all mainly related to automobiles.

Customer journey of the EV interest groups

By investigating the online customer journey of the EV interest groups, we also see that search activities differ depending on the funnels for information gathering about EVs.

Let's take a look at the search activities of an EV prospective consumer.

Initially, the focus of information gathering was on foreign cars such as BMW and Tesla, but gradually the axis of consideration shifted to domestic manufacturers, which are more accessible in price range compared to foreign ones.

In addition, while in the early period of consideration, the consumer gathered broad information on EVs and from different brands; in the late period of consideration, specific concerns such as charging fee of EVs were searched. At this point, Mazda was successfully contacted the consumer through web advertising. The consumer entered the Mazda website and ended up applying to estimate.

As each company has a different price range, it is important to know where and how to make contact in the consideration funnel.

Summary

As we have seen, the key points of marketing in the automotive industry under the COVID-19 pandemic can be summarized as follows.

One is that consumer interest in automobiles is on a recovery trend.
The second is that digital contact points are becoming increasingly important.

Until now, mass marketing has been the main battleground for automotive industry. However, when we look at the actual activities of consumers in their process of consideration, there are variations in their interests, and the need to consider approaches in each funnel emerged. It is expected that more sophisticated digital communication strategies will be required in the future.

About the "Dockpit"

The data in this investigation is from “Dockpit”, an analysis tool with online behavior log data and user demographic information under the permission of panelists in Japan presented by VALUES, Inc. between November 2018 to December 2021.

※The numbers of users are estimated by the data in the monitor and the internet population in Japan.

Sign up for a 7-day free trial

※日本語での記事はこちらをご確認ください

withコロナの自動車業界 ~ 各社のWeb動向と消費者行動を徹底解説!|セミナーレポート | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン

https://manamina.valuesccg.com/articles/1475

コロナ禍で、オフライン営業や外出需要が減少する一方、中高年層のネット利用の増加や、リモートワーク下での地方への移住の増加など、自動車を取り巻く消費者のライフスタイルも大きく変化しようとしています。 また、EVや自動車サブスクリプションサービス等、新しいビジネスチャンスも注目を集めています。今回のセミナーでは、これらに焦点を当て、自動車メーカー各社のWeb動向や、消費者の最新の行動を解説しました。 ※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


【2022年6月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年6月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


【2022年5月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年5月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


シニア層にリーチするなら朝がおすすめ?シニアのデジタル生活実態を徹底調査 〜 ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

シニア層にリーチするなら朝がおすすめ?シニアのデジタル生活実態を徹底調査 〜 ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

シニア市場の拡大に伴い、シニアマーケティングは各企業にとってますます重要な課題となっています。一方、シニアの生活実態は想像することも調査自体も難しく、実態に即していないマーケティング施策が行われていることも少なくありません。本セミナーではシニアの生活実態に迫ることを目的として、ヴァリューズのWeb行動ログ分析を活用し、シニアの住んでいる場所や時間帯によるサイト閲覧やWeb利用の実態を徹底調査。有効なシニアマーケットへの施策のヒントとなる結果をご紹介します。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


【2022年5月23日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年5月23日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー