Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


LOD表現のおさらい

前回の記事でLOD表現の基本についてご紹介しました。
再掲になりますが、LOD表現の基本は以下となります。

・LOD表現は行や列に設定しているディメンションを無視した粒度で集計できる
・LOD表現の基本的な構文は {FIXED ディメンション名 : 集計式}
・LOD表現同士でないと四則演算ができないため、割合などを出す場合は分子分母両方をLOD表現で作成する

今回の記事では前回の内容を踏まえ、FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」についてご紹介していきます。

INCLUDEの基本的な考え方

INCLUDE「粒度をディメンションより細かなレベルにして集計する」ことが可能になるLOD表現です。
「粒度をディメンションより細かなレベルにして集計する」とは、ビュー上に配置しているディメンションが有効な状態で更に細かい集計単位を設定できるということです。
前回主に紹介したFIXEDは「ディメンションを無視したレベルで集計する」LOD表現なので、ビュー上に配置しているディメンションを無視する(FIXED)か有効にする(INCLUDE)かが大きな違いとなります。

INCLUDEを使ったLOD表現の基本的な構文は以下の通りです。

{INCLUDE ディメンション名 : 集計式}
→ビューに配置しているディメンションを有効にした状態でカテゴリ毎の売上合計を集計したい場合は以下の書き方になります。
{INCLUDE カテゴリ : Sum(売上)}

INCLUDEの実践的な使い方

では「粒度をディメンションより細かなレベルにして集計する」ということが求められるのは具体的にどういった時でしょうか。
サンプルのスーパーストアデータを見ながら確認していきたいと思います。

ここでは地域単位の粒度で集計結果を見つつ、「地域の顧客あたりの平均売上」も同じビューで見たい、という要望があったと仮定します。
その場合、とりあえずディメンションに地域を設定し・・・となりますが、INCLUDEを知らない状態だとビューを作っていく中でどう表現すればよいか困ってしまうかと思います。
これは「地域単位」と「地域の顧客あたり単位」という全く異なる集計粒度を一つのビューでまとめて表現しようとしているためです。

ディメンションに「地域」を設定しているがINCLUDEを使わないと地域単位の集計しかできずその下の粒度(顧客単位)を表現することが難しい
※「平均売上」は地域内の全明細の平均売上で顧客単位ではない

では、INCLUDEを使って「地域」のディメンションに「地域の顧客あたり単位」の平均売上を出してみたいと思います。

まずは以下の数式を計算フィールドで作成します。
{INCLUDE 顧客ID :Sum(売上)}

ビューのディメンションを活かしつつ「顧客ID」単位で売上を合計するINCLUDEを使ったLOD表現

さらに上記のLOD表現をAVG関数で囲み、「顧客毎の売上合計の平均値」を算出します。
AVG({INCLUDE 顧客ID :Sum(売上)})

LOD表現をAVG関数で囲む

これで計算フィールドの設定としては完成です。
では、実際にビューにこの計算フィールドを配置して確認してみましょう。

ビュー上に左から売上、顧客数、顧客毎の平均売上を表示

「地域」という粒度のみを指定していますが、ビューの中では「顧客単位」の平均という異なる粒度の値を同じビューで見れることが確認できます。
このようにINCLUDEを使うことによってビューで設定しているディメンションとはまた別の粒度で集計を行い、同じビューの中に表現することができます。

まとめ

・INCLUDEは「粒度をディメンションより細かなレベルにして集計する」ことができる
・FIXEDとの違いはビューに設定しているディメンションを無視する(FIXED)かしない(INCLUDE)か
・INCLUDEを使ったLOD表現の基本的な構文は {INCLUDE ディメンション名 : 集計式}

▼Tableau導入に関するご相談は、お気軽に下記お問合せフォームよりご連絡ください
Tableauに関するお問い合わせはこちら

デモを交えて短時間でTableauの概要をお伝えしたり、Tableauを活用した事例紹介のウェビナーも随時開催中です。下記のリンクよりぜひご参加ください。

この記事のライター

新卒でソフトウェアベンダーに入社しBIツールを使ったシステム構築やデータ分析の他、顧客向けのトレーニングやセミナー講師を担当。
その後、WEB系事業会社のWEBマーケティングの担当として新規顧客獲得や広告運用の業務を担当した後ヴァリューズに入社。
現在はお客様が持っているデータを活用してマーケティングの支援を行う他、WEBマーケティングデータとBIツール「Tableau」を組み合わせた新たなサービスの開発にも従事。

関連するキーワード


Tableau LOD

関連する投稿


Tableau2024.1の注目新機能紹介(Excelでのヘッダーと開始行の選択)

Tableau2024.1の注目新機能紹介(Excelでのヘッダーと開始行の選択)

2024年春にリリースされたTableau2024.1の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「Excelでのヘッダーと開始行の選択」(Tableau Prep)です。


Tableau2024.1の注目新機能紹介(重複行の特定と除外)

Tableau2024.1の注目新機能紹介(重複行の特定と除外)

2024年春にリリースされたTableau2024.1の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「重複行の特定と除外」(Tableau Prep)です。


Tableau2024.1の注目新機能紹介(抽出設定画面のUI改善)

Tableau2024.1の注目新機能紹介(抽出設定画面のUI改善)

2024年春にリリースされたTableau2024.1の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「抽出設定画面のUI改善」です。


Tableau2023.3の注目新機能紹介(下を埋める機能と累積計算:Tableau Prep)

Tableau2023.3の注目新機能紹介(下を埋める機能と累積計算:Tableau Prep)

2023年秋にリリースされたTableau2023.3の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「下を埋める機能と累積計算(Tableau Prep)」です。


Tableau2023.3の注目新機能紹介(CSV/テキストファイルのヘッダーとデータ開始行の設定:Tableau Prep)

Tableau2023.3の注目新機能紹介(CSV/テキストファイルのヘッダーとデータ開始行の設定:Tableau Prep)

2023年秋にリリースされたTableau2023.3の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「CSV/テキストファイルのヘッダーとデータ開始行の設定(Tableau Prep)」です。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ