Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第3回】FIXED以外のLOD表現「EXCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第3回】FIXED以外のLOD表現「EXCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な追加方や考え方をマスターしていきましょう。


LOD表現のおさらい

前々回の記事ではLOD表現の基本について、前回の記事ではLOD表現の一種類であるINCLUDEについてご紹介しました。
以下前々回と前回の再掲です。

■LOD表現の基本
・LOD表現は行や列に設定しているディメンションを無視した粒度で集計できる
・LOD表現の基本的な構文は {FIXED ディメンション名 : 集計式}
・LOD表現同士でないと四則演算ができないため、割合などを出す場合は分子分母両方をLOD表現で作成する

■INCLUDEの使い方
・INCLUDEは「粒度をディメンションより細かなレベルにして集計する」ことができる
・FIXEDとの違いはビューに設定しているディメンションを無視する(FIXED)かしない(INCLUDE)か
・INCLUDEを使ったLOD表現の基本的な構文は {INCLUDE ディメンション名 : 集計式}

今回の記事ではLOD表現の最後の一つである「EXCLUDE」についてご紹介していきます。

EXCLUDEの基本的な考え方

EXCLUDE「粒度をディメンションより大きなレベルにして集計する」ことが可能になるLOD表現です。
「粒度をディメンションより大きなレベルにして集計する」とは、ビュー上に配置しているディメンションのうち、特定のものを除外した集計単位を設定できるということです。
前回紹介したINCLUDEの真逆なイメージとなります。

EXCLUDEを使ったLOD表現の基本的な構文は以下の通りです。

{EXCLUDE ディメンション名 : 集計式}
→ビューに配置している特定のディメンション(サブカテゴリ)を無視した状態でビュー上に売上合計を集計したい場合は以下の書き方になります。
 {EXCLUDE サブカテゴリ : Sum(売上)}

EXCLUDEの実践的な使い方

では「粒度をディメンションより大きなレベルにして集計する」ということが求められるのは具体的にどういった時でしょうか。
サンプルのスーパーストアデータを見ながら確認していきたいと思います。

カテゴリとサブカテゴリという階層構造にあるデータを基に考えてみます。
一つのビューの中でカテゴリとサブカテゴリをディメンションに設定しカテゴリ毎とサブカテゴリ毎の売上合計を出そうとしてみます。
通常はビューで設定している中での最小粒度のディメンション(ここではサブカテゴリ)が集計の基準となるため単純な設定では出す事ができません。

ディメンションに「サブカテゴリ」を設定しているため「カテゴリ」単位での粒度が集計できない。

この状態でカテゴリ毎の集計結果を表示するために以下の数式を計算フィールドで作成します。
{EXCLUDE サブカテゴリ :Sum(売上)}

EXCLUDEのディメンションに「サブカテゴリ」と指定することでビューに設定している「サブカテゴリ」を無視して売上を合計する

これで計算フィールドの設定としては完成です。
では、実際にビューにこの計算フィールドを配置して確認してみましょう。

ビューのディメンション「サブカテゴリ」を無視して「カテゴリ」単位での売上合計を表示

一つのビューで「カテゴリ」「サブカテゴリ」と2つのディメンションを指定していますが、ビューの中では「サブカテゴリ」を無視した集計結果を見れることが確認できました。

EXCLUDEを使うケースとは?

ここまでEXCLUDEの動きについて説明してきましたが、前回までの記事をご覧いただいたり、Tableauについて勉強熱心な方であれば「FIXEDとどう違うのか」や「表計算機能でもカバーできるのでは」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
どうしてもEXCLUDEを使わないといけないというケースはあまりなく、活用する機会が少ないLOD表現であることは事実です。
Tableauの裏側ではそれぞれ異なる動きをしていますが、一般ユーザーレベルではあまり意識する必要はなく、FIXEDや表計算の方が簡単に実現できるのであればそちらで対応してしまった方が良いでしょう。

まとめ

・EXCLUDEは「粒度をディメンションより大きなレベルにして集計する」ことができる
・EXCLUDEを使ったLOD表現の基本的な構文は {INCLUDE ディメンション名 : 集計式}
・EXCLUDEの結果はFIXEDや表計算機能で簡単に代替できることが多い

▼Tableau導入に関するご相談は、お気軽に下記お問合せフォームよりご連絡ください
Tableauに関するお問い合わせはこちら

デモを交えて短時間でTableauの概要をお伝えしたり、Tableauを活用した事例紹介のウェビナーも随時開催中です。下記のリンクよりぜひご参加ください。

この記事のライター

新卒でソフトウェアベンダーに入社しBIツールを使ったシステム構築やデータ分析の他、顧客向けのトレーニングやセミナー講師を担当。
その後、WEB系事業会社のWEBマーケティングの担当として新規顧客獲得や広告運用の業務を担当した後ヴァリューズに入社。
現在はお客様が持っているデータを活用してマーケティングの支援を行う他、WEBマーケティングデータとBIツール「Tableau」を組み合わせた新たなサービスの開発にも従事。

関連するキーワード


Tableau LOD

関連する投稿


Tableau2023.3の注目新機能紹介(下を埋める機能と累積計算:Tableau Prep)

Tableau2023.3の注目新機能紹介(下を埋める機能と累積計算:Tableau Prep)

2023年秋にリリースされたTableau2023.3の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「下を埋める機能と累積計算(Tableau Prep)」です。


Tableau2023.3の注目新機能紹介(CSV/テキストファイルのヘッダーとデータ開始行の設定:Tableau Prep)

Tableau2023.3の注目新機能紹介(CSV/テキストファイルのヘッダーとデータ開始行の設定:Tableau Prep)

2023年秋にリリースされたTableau2023.3の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「CSV/テキストファイルのヘッダーとデータ開始行の設定(Tableau Prep)」です。


Tableau2023.3の注目新機能紹介(動的な軸範囲の設定)

Tableau2023.3の注目新機能紹介(動的な軸範囲の設定)

2023年秋にリリースされたTableau2023.3の新機能のうち、特に注目の新機能を3回に分けてご紹介します。 今回は「動的な軸範囲の設定」機能です。


Tableau2023.3でGA4コネクタが使えるようになりました

Tableau2023.3でGA4コネクタが使えるようになりました

2023年夏にGA4用のコネクタがTableauでリリースされましたが、リリース当初は動作が不安定な状態でした。 その後、Tableau2023.3リリースに伴い状況が改善されました。


Tableauで正規表現を使って簡単にデータを変換してみよう【第1回】

Tableauで正規表現を使って簡単にデータを変換してみよう【第1回】

正規表現を使う事でTableau上で複雑なデータ処理を簡単に行う事が可能となり、Tableauでできることが飛躍的に広がります。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ