不動産購入・買い替え時の重視点と閲覧サイトを調査

不動産購入・買い替え時の重視点と閲覧サイトを調査

消費税増税、東京五輪はどのくらい意識されている?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、不動産の購入・買い替え意向のある消費者について詳しく調査・分析しました。
2019年10月に消費税が10%となることが決定し、2020年の東京五輪に向けて地価の変動も予想される昨今ですが、消費者は不動産購入に関して、どのような点を重視し、どのように情報を収集しているのでしょうか。

分析概要

住宅購入・検討状況については、全国のVALUESモニターを対象として、2018年7月17日~7月30日にアンケート調査を実施、その回答者19,227人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPCの行動ログを対象としています。
※サイト分類のカテゴリはヴァリューズが独自に定義しています。

考察サマリ

不動産購入検討者の7割強が消費税増税を、4割弱が東京オリンピックを意識。

まず、不動産購入検討者に対して、不動産購入にあたり消費税増税を意識しているかを調査しました。「とても意識している」が43.8%、「やや意識している」が30.1%、あわせて73.9%が消費税増税を意識していると答えました。

また、不動産購入にあたり2020年に開催される東京オリンピックを意識しているかを調査したところ、「とても意識している」が21.9%、「やや意識している」が16.5%、あわせて38.4%のユーザーがオリンピックを意識していると答えました【図1】。

不動産購入検討者は7割強が消費税増税を、4割弱が東京オリンピックを意識しており、2019年秋に予定されている消費税増税を特に意識している傾向が強いようです。

検討者はイメージを膨らませる情報、購入者は決め手に近い情報に接触。

次に、現在不動産購入を検討しているユーザー(以下、検討者と記載)とすでに不動産を購入したユーザー(以下、購入者と記載)にわけ、不動産購入に関する情報収集をした媒体について調査しました【図2】。

検討者が情報収集をしている媒体の1位は「モデルルーム・モデルハウスなどの実際の物件」、2位「不動産会社・ハウスメーカーの公式サイト」、3位「物件検索情報サイト」でした。

一方、購入者が検討時に情報収集をした媒体の1位は「モデルルーム・モデルハウスなどの実際の物件」、2位「物件検索情報サイト」、3位「不動産会社の営業職員、不動産販売店の窓口」でした。

検討者と購入者間における媒体利用率の違いが大きい順に見ると、検討者の利用率が高い媒体の1位は「ダイレクトメールなどの郵便物」、2位「不動産会社・ハウスメーカーの公式サイト」、3位「友人・知人からのクチコミ」、4位「新聞記事・新聞広告」、5位「新聞折込チラシ」でした【図3】。

一方、購入者の利用率が高かった媒体の1位は「不動産会社の営業職員、不動産販売店の窓口」、2位「その他」3位「専門サイトなどの記事」、同率4位で「物件検索情報サイト」「電車内や駅の交通広告」でした。

両者を比較すると、検討者はダイレクトメールやハウスメーカーの公式サイトなどでイメージを膨らませる情報を見ているのに対し、購入者は営業職員や窓口、専門サイトなどでの情報収集に進んでおり、決め手に近い情報に接触していたことがわかります。

購入者は検討者と比べ、「立地」や「治安」などの、家の機能にとどまらない生活に密着した項目を重視している。

続いて、不動産購入時における重視ポイントについて調査しました【図4】。

検討者、購入者共に1位は「価格」、2位「立地」、3位「配置(間取り)」、4位「日当たり」、5位「広さ」という結果でした。

購入者は検討者と比べ、「立地」や「治安」などの、家の機能にとどまらない生活に密着した項目を重視している。

続いて、不動産購入時における重視ポイントについて調査しました【図4】。

検討者、購入者共に1位は「価格」、2位「立地」、3位「配置(間取り)」、4位「日当たり」、5位「広さ」という結果でした。

検討者と購入者の重視ポイントの違いが大きい順に見てみると、検討者が重視する傾向が強いポイントの1位は「断熱性、気密性、遮音性」、2位「アフターサービス・アフターサポート」、3位「耐震性、耐火性」でした。購入まで至っていない検討者は、より家の機能性を重視する傾向が見て取れます。また、4位に「地価」がランクインしていることからオリンピックを意識していることとの関連性も見受けられます。

一方、購入者が重視する傾向が強かったポイントの1位は「立地」、2位「価格」3位「築年数」でした。実際に購入するにあたって、家の機能だけにとどまらず、「立地」や「治安」などの、生活に密着した項目をしっかりと確認している様子が見てとれます【図5】。

男性は「断熱性・気密性・遮音性」、女性は「治安」「築年数」「価格」を重視する傾向。

不動産購入検討時の重視点の中でも、性別によって重視するポイントが大きく異なるものを詳しく見てみました【図6】。

男性が重視する傾向が強いのは「断熱性・気密性・遮音性」、女性が重視する傾向が高いのは「治安」「築年数」「価格」ということがわかりました。
全体的に女性の方が重視する比率が高い項目が多く、不動産については女性の方が多くの項目を気にする様子がうかがえます。

不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”ユーザーは不動産関連サイトを、”いつか購入したい”ユーザーは結婚・出産・子育て関連サイトをよく見ている。

続いて、アンケートで不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”と回答したユーザーと、不動産を”いつか購入したい”と回答したユーザーにわけ、見ているサイトのランキングを作成しました。【図7】

不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”ユーザーを対象としたランキングでは、上位の殆どを不動産関連サイトが占めており、どういう物件を購入するか、設備をどうするかなどの具体的な検討が進んでいる様子が見受けられます。また、マンション購入検討者のためのクチコミ・掲示板サイト「マンションコミュニティ」が1位にランクインしていることから、不動産購入を検討している人は、クチコミをかなり重視していることが見て取れます。

一方、不動産を”いつか購入したい”ユーザーは、結婚・出産・子育て関連のサイトを見ていることがわかりました。結婚したばかり、子供ができたばかり等ライフステージの変化を迎えたことが、不動産購入を検討するきっかけになっていると考えられます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


市場調査とマーケティングリサーチ、両者の違いや調査方法を解説

市場調査とマーケティングリサーチ、両者の違いや調査方法を解説

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案の材料になるのが市場調査とマーケティングリサーチ。混同しがちですが、両者はベクトルが異なっています。市場調査は過去、マーケティングリサーチは未来にベクトルが向いています。このように性格が異なる両者の違い、そして主な調査方法などを解説します。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年3月のアプリインストール数1位は「セブン-イレブンアプリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から発表された格安プランについて、3月のサービス開始前後の集客状況を調査。「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランがどういった層から関心を受け、現時点で市場での勝ち筋が見えているのはどこなのか、という分析をヴァリューズの「Dockpit」を用いて進めていきます。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング