不動産購入・買い替え時の重視点と閲覧サイトを調査

不動産購入・買い替え時の重視点と閲覧サイトを調査

消費税増税、東京五輪はどのくらい意識されている?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、不動産の購入・買い替え意向のある消費者について詳しく調査・分析しました。
2019年10月に消費税が10%となることが決定し、2020年の東京五輪に向けて地価の変動も予想される昨今ですが、消費者は不動産購入に関して、どのような点を重視し、どのように情報を収集しているのでしょうか。

分析概要

住宅購入・検討状況については、全国のVALUESモニターを対象として、2018年7月17日~7月30日にアンケート調査を実施、その回答者19,227人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPCの行動ログを対象としています。
※サイト分類のカテゴリはヴァリューズが独自に定義しています。

考察サマリ

不動産購入検討者の7割強が消費税増税を、4割弱が東京オリンピックを意識。

まず、不動産購入検討者に対して、不動産購入にあたり消費税増税を意識しているかを調査しました。「とても意識している」が43.8%、「やや意識している」が30.1%、あわせて73.9%が消費税増税を意識していると答えました。

また、不動産購入にあたり2020年に開催される東京オリンピックを意識しているかを調査したところ、「とても意識している」が21.9%、「やや意識している」が16.5%、あわせて38.4%のユーザーがオリンピックを意識していると答えました【図1】。

不動産購入検討者は7割強が消費税増税を、4割弱が東京オリンピックを意識しており、2019年秋に予定されている消費税増税を特に意識している傾向が強いようです。

検討者はイメージを膨らませる情報、購入者は決め手に近い情報に接触。

次に、現在不動産購入を検討しているユーザー(以下、検討者と記載)とすでに不動産を購入したユーザー(以下、購入者と記載)にわけ、不動産購入に関する情報収集をした媒体について調査しました【図2】。

検討者が情報収集をしている媒体の1位は「モデルルーム・モデルハウスなどの実際の物件」、2位「不動産会社・ハウスメーカーの公式サイト」、3位「物件検索情報サイト」でした。

一方、購入者が検討時に情報収集をした媒体の1位は「モデルルーム・モデルハウスなどの実際の物件」、2位「物件検索情報サイト」、3位「不動産会社の営業職員、不動産販売店の窓口」でした。

検討者と購入者間における媒体利用率の違いが大きい順に見ると、検討者の利用率が高い媒体の1位は「ダイレクトメールなどの郵便物」、2位「不動産会社・ハウスメーカーの公式サイト」、3位「友人・知人からのクチコミ」、4位「新聞記事・新聞広告」、5位「新聞折込チラシ」でした【図3】。

一方、購入者の利用率が高かった媒体の1位は「不動産会社の営業職員、不動産販売店の窓口」、2位「その他」3位「専門サイトなどの記事」、同率4位で「物件検索情報サイト」「電車内や駅の交通広告」でした。

両者を比較すると、検討者はダイレクトメールやハウスメーカーの公式サイトなどでイメージを膨らませる情報を見ているのに対し、購入者は営業職員や窓口、専門サイトなどでの情報収集に進んでおり、決め手に近い情報に接触していたことがわかります。

購入者は検討者と比べ、「立地」や「治安」などの、家の機能にとどまらない生活に密着した項目を重視している。

続いて、不動産購入時における重視ポイントについて調査しました【図4】。

検討者、購入者共に1位は「価格」、2位「立地」、3位「配置(間取り)」、4位「日当たり」、5位「広さ」という結果でした。

購入者は検討者と比べ、「立地」や「治安」などの、家の機能にとどまらない生活に密着した項目を重視している。

続いて、不動産購入時における重視ポイントについて調査しました【図4】。

検討者、購入者共に1位は「価格」、2位「立地」、3位「配置(間取り)」、4位「日当たり」、5位「広さ」という結果でした。

検討者と購入者の重視ポイントの違いが大きい順に見てみると、検討者が重視する傾向が強いポイントの1位は「断熱性、気密性、遮音性」、2位「アフターサービス・アフターサポート」、3位「耐震性、耐火性」でした。購入まで至っていない検討者は、より家の機能性を重視する傾向が見て取れます。また、4位に「地価」がランクインしていることからオリンピックを意識していることとの関連性も見受けられます。

一方、購入者が重視する傾向が強かったポイントの1位は「立地」、2位「価格」3位「築年数」でした。実際に購入するにあたって、家の機能だけにとどまらず、「立地」や「治安」などの、生活に密着した項目をしっかりと確認している様子が見てとれます【図5】。

男性は「断熱性・気密性・遮音性」、女性は「治安」「築年数」「価格」を重視する傾向。

不動産購入検討時の重視点の中でも、性別によって重視するポイントが大きく異なるものを詳しく見てみました【図6】。

男性が重視する傾向が強いのは「断熱性・気密性・遮音性」、女性が重視する傾向が高いのは「治安」「築年数」「価格」ということがわかりました。
全体的に女性の方が重視する比率が高い項目が多く、不動産については女性の方が多くの項目を気にする様子がうかがえます。

不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”ユーザーは不動産関連サイトを、”いつか購入したい”ユーザーは結婚・出産・子育て関連サイトをよく見ている。

続いて、アンケートで不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”と回答したユーザーと、不動産を”いつか購入したい”と回答したユーザーにわけ、見ているサイトのランキングを作成しました。【図7】

不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”ユーザーを対象としたランキングでは、上位の殆どを不動産関連サイトが占めており、どういう物件を購入するか、設備をどうするかなどの具体的な検討が進んでいる様子が見受けられます。また、マンション購入検討者のためのクチコミ・掲示板サイト「マンションコミュニティ」が1位にランクインしていることから、不動産購入を検討している人は、クチコミをかなり重視していることが見て取れます。

一方、不動産を”いつか購入したい”ユーザーは、結婚・出産・子育て関連のサイトを見ていることがわかりました。結婚したばかり、子供ができたばかり等ライフステージの変化を迎えたことが、不動産購入を検討するきっかけになっていると考えられます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


女性の美容意識の差異を分類し可視化。5つの「女性美容クラスター」を発表

女性の美容意識の差異を分類し可視化。5つの「女性美容クラスター」を発表

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の女性9,024人を対象に、美容商材の購入や美容・身だしなみに関する価値観のアンケート調査を実施しました。さらに、アンケート回答やWeb行動ログをもととして、美容意識の差異を複数のグループに分類する因子クラスター分析をおこない、「女性美容クラスター」として公開しました。


マナミナ独自の市場調査事例9選

マナミナ独自の市場調査事例9選

消費者ニーズの多様性、市場の成熟化が進んでいる昨今、市場調査の重要性は日に日に増しています。マナミナでは独自の市場調査を行い、様々な業界の調査記事を数多く掲載しています。今回は市場調査に関連する記事や事例を、主にこれから市場調査を始めたいという方に向けてまとめました。


最新の投稿


増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

増えるリノべ需要。withコロナで変化する住まいのニーズを調査

withコロナでリモートワークやオンライン授業が普及する中、住まいのリノベーションに注目が集まっています。仕事や勉強スペースのために壁や間仕切りを設けたり、廊下をなくしてリビングを広げたりなど、引っ越すのではなく、今の住まいの見直しを検討する人が増えているようです。今回はリノベーションの需要の変化とそのニーズについて探ります。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング