不動産購入・買い替え時の重視点と閲覧サイトを調査

不動産購入・買い替え時の重視点と閲覧サイトを調査

消費税増税、東京五輪はどのくらい意識されている?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、不動産の購入・買い替え意向のある消費者について詳しく調査・分析しました。
2019年10月に消費税が10%となることが決定し、2020年の東京五輪に向けて地価の変動も予想される昨今ですが、消費者は不動産購入に関して、どのような点を重視し、どのように情報を収集しているのでしょうか。

分析概要

住宅購入・検討状況については、全国のVALUESモニターを対象として、2018年7月17日~7月30日にアンケート調査を実施、その回答者19,227人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPCの行動ログを対象としています。
※サイト分類のカテゴリはヴァリューズが独自に定義しています。

考察サマリ

不動産購入検討者の7割強が消費税増税を、4割弱が東京オリンピックを意識。

まず、不動産購入検討者に対して、不動産購入にあたり消費税増税を意識しているかを調査しました。「とても意識している」が43.8%、「やや意識している」が30.1%、あわせて73.9%が消費税増税を意識していると答えました。

また、不動産購入にあたり2020年に開催される東京オリンピックを意識しているかを調査したところ、「とても意識している」が21.9%、「やや意識している」が16.5%、あわせて38.4%のユーザーがオリンピックを意識していると答えました【図1】。

不動産購入検討者は7割強が消費税増税を、4割弱が東京オリンピックを意識しており、2019年秋に予定されている消費税増税を特に意識している傾向が強いようです。

検討者はイメージを膨らませる情報、購入者は決め手に近い情報に接触。

次に、現在不動産購入を検討しているユーザー(以下、検討者と記載)とすでに不動産を購入したユーザー(以下、購入者と記載)にわけ、不動産購入に関する情報収集をした媒体について調査しました【図2】。

検討者が情報収集をしている媒体の1位は「モデルルーム・モデルハウスなどの実際の物件」、2位「不動産会社・ハウスメーカーの公式サイト」、3位「物件検索情報サイト」でした。

一方、購入者が検討時に情報収集をした媒体の1位は「モデルルーム・モデルハウスなどの実際の物件」、2位「物件検索情報サイト」、3位「不動産会社の営業職員、不動産販売店の窓口」でした。

検討者と購入者間における媒体利用率の違いが大きい順に見ると、検討者の利用率が高い媒体の1位は「ダイレクトメールなどの郵便物」、2位「不動産会社・ハウスメーカーの公式サイト」、3位「友人・知人からのクチコミ」、4位「新聞記事・新聞広告」、5位「新聞折込チラシ」でした【図3】。

一方、購入者の利用率が高かった媒体の1位は「不動産会社の営業職員、不動産販売店の窓口」、2位「その他」3位「専門サイトなどの記事」、同率4位で「物件検索情報サイト」「電車内や駅の交通広告」でした。

両者を比較すると、検討者はダイレクトメールやハウスメーカーの公式サイトなどでイメージを膨らませる情報を見ているのに対し、購入者は営業職員や窓口、専門サイトなどでの情報収集に進んでおり、決め手に近い情報に接触していたことがわかります。

購入者は検討者と比べ、「立地」や「治安」などの、家の機能にとどまらない生活に密着した項目を重視している。

続いて、不動産購入時における重視ポイントについて調査しました【図4】。

検討者、購入者共に1位は「価格」、2位「立地」、3位「配置(間取り)」、4位「日当たり」、5位「広さ」という結果でした。

購入者は検討者と比べ、「立地」や「治安」などの、家の機能にとどまらない生活に密着した項目を重視している。

続いて、不動産購入時における重視ポイントについて調査しました【図4】。

検討者、購入者共に1位は「価格」、2位「立地」、3位「配置(間取り)」、4位「日当たり」、5位「広さ」という結果でした。

検討者と購入者の重視ポイントの違いが大きい順に見てみると、検討者が重視する傾向が強いポイントの1位は「断熱性、気密性、遮音性」、2位「アフターサービス・アフターサポート」、3位「耐震性、耐火性」でした。購入まで至っていない検討者は、より家の機能性を重視する傾向が見て取れます。また、4位に「地価」がランクインしていることからオリンピックを意識していることとの関連性も見受けられます。

一方、購入者が重視する傾向が強かったポイントの1位は「立地」、2位「価格」3位「築年数」でした。実際に購入するにあたって、家の機能だけにとどまらず、「立地」や「治安」などの、生活に密着した項目をしっかりと確認している様子が見てとれます【図5】。

男性は「断熱性・気密性・遮音性」、女性は「治安」「築年数」「価格」を重視する傾向。

不動産購入検討時の重視点の中でも、性別によって重視するポイントが大きく異なるものを詳しく見てみました【図6】。

男性が重視する傾向が強いのは「断熱性・気密性・遮音性」、女性が重視する傾向が高いのは「治安」「築年数」「価格」ということがわかりました。
全体的に女性の方が重視する比率が高い項目が多く、不動産については女性の方が多くの項目を気にする様子がうかがえます。

不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”ユーザーは不動産関連サイトを、”いつか購入したい”ユーザーは結婚・出産・子育て関連サイトをよく見ている。

続いて、アンケートで不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”と回答したユーザーと、不動産を”いつか購入したい”と回答したユーザーにわけ、見ているサイトのランキングを作成しました。【図7】

不動産を”現在もしくは1年以内に購入することを検討している”ユーザーを対象としたランキングでは、上位の殆どを不動産関連サイトが占めており、どういう物件を購入するか、設備をどうするかなどの具体的な検討が進んでいる様子が見受けられます。また、マンション購入検討者のためのクチコミ・掲示板サイト「マンションコミュニティ」が1位にランクインしていることから、不動産購入を検討している人は、クチコミをかなり重視していることが見て取れます。

一方、不動産を”いつか購入したい”ユーザーは、結婚・出産・子育て関連のサイトを見ていることがわかりました。結婚したばかり、子供ができたばかり等ライフステージの変化を迎えたことが、不動産購入を検討するきっかけになっていると考えられます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング『お金クラスター調査結果』レポート

消費全般に関するインサイト把握や資産運用商品の購入・資産運用実態の把握に役立てて頂くため、お金の使い方や資産形成に関する価値観をもとに消費者をクラスタリング分析した、『お金クラスター調査結果』レポートをリリースしました。(ページ数|27p)<br>※調査レポートは無料でダウンロードできます


ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

年々規模が拡大する「ふるさと納税」。好きな自治体を応援したり、近年では被災地を支援する目的などで利用者が急増し、自治体のサイトやポータルサイトなど申し込みサイトも盛り上がりを見せています。 そこで今回は「ふるさと納税サイト」10社を徹底調査。ユーザー数の季節変動やユーザー属性比較、人気サイトランキングなどから、ふるさと納税人気の実態にせまります。 <br> ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』を使用しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年8月~2020年9月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年8月~2020年9月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年9月のアプリインストール数1位は、総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」でした。


「Web検索データに基づく タイの消費者金融・ローン市場における 消費者動向調査」レポート

「Web検索データに基づく タイの消費者金融・ローン市場における 消費者動向調査」レポート

「ローン(สินเชื่อ)」「カードローン( สินเชื่อ บัตร )」「借金( สินเชื่อ บัตร )」検索者をGoogle社の提供する検索キーワード可視化ツール『Google Trends』『Google Keyword Planner』を使って分析し、タイの人々の消費者金融やローンに関する関心を調査しました。(ページ数|8p)


withコロナに対応するオンライン学習サイト〜プログラミングのTECH CAMPの集客施策を基に分析

withコロナに対応するオンライン学習サイト〜プログラミングのTECH CAMPの集客施策を基に分析

新型コロナの影響が長期化していますが、おうち時間をスキルアップに活用しようという動き、特にサービス業への大打撃を受けて、より将来性のある職種への転職を目指す動きが強まっています。今回は、オンライン学習サイトのユーザー数上位であるDMM英会話、TECH CAMP、Udemyの集客動向を比較した上で、ITエンジニア養成スクールTECH CAMPに注目し、コロナ禍におけるニーズの変化と集客戦略について考察していきます。


最新の投稿


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ライバル企業も徹底分析!誰でも手軽に始められる『Dockpit(ドックピット)』の競合分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「競合分析」に着目し、Webサイトの競合分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

中国でもミニマリストが増加。その理由とは|中国トレンド調査

「ミニマリスト」とは最小限(ミニマル)の物で暮らす人を意味しますが、アートトレンドの一つとして、必要不可欠な要素も含め全てを剥ぎ取る「ミニマリストデザイン」と呼ばれるものが存在します。禅と簡素さに満ちた日本のデザインやホワイトインテリアが有名な北欧がその代表例として挙げられます。中国でも、日本と北欧からの影響を受け、シンプルなデザインに憧れ、「モノを手放そう」というミニマリスト志向を持つ人が増えてきています。ここでは、衣食住の観点から中国の「ミニマリスト」について考察していきたいと思います。


急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

急上昇ワードに“鬼滅の刃 映画”“IPHONE12”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/11~2020/10/17)

2020年10月11日~10月17日週の検索急上昇ワードでは、10月16日に公開され初日から観客動員数91万人と大ヒットで注目を集める「鬼滅の刃 映画」や、Appleが10月16日に予約を開始した「iPhone12」などの検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング