【TVドラマランキング】話題のコミックが原作の「あなたがしてくれなくても」「王様に捧ぐ薬指」の視聴実態など

【TVドラマランキング】話題のコミックが原作の「あなたがしてくれなくても」「王様に捧ぐ薬指」の視聴実態など

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2023年4月~6月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


こんにちは、マナミナ編集部です。早速、話題になったドラマの傾向を調査していきましょう。

なお、こちらの調査は全国のモニター会員(15歳以上の男女)へ、2023年4月~6月に放送されたテレビドラマ(以下前期ドラマ)と、2023年7月から放送予定のテレビドラマ(以下今期ドラマ)の、認知度と視聴意向について実施したアンケートの結果をもとに、各ランキングを作成しています。

熟年層男性に話題の「ラストマン―全盲の捜査官―」「風間公親ー教場0ー」「特捜9 season6」

初めに、前期ドラマの認知度と視聴実態を見てみましょう。

表1 前期ドラマの認知度と視聴実態 サンプル数は21,965

表1 前期ドラマの認知度と視聴実態
サンプル数は21,965

TBS系日曜劇場の刑事ドラマ「ラストマン―全盲の捜査官―」は、タイトルの認知度が4位でしたが全話視聴するユーザーが1番多かったことが分かりました。フジテレビ系スペシャルドラマ「教場」の連続ドラマ「風間公親ー教場0ー」は前回のテレビドラマ分析で放送前から話題だったこともあり、全話視聴したユーザーが多く一定数のファンの存在がうかがえる結果になりました。大人気コミックが原作の「あなたがしてくれなくても」は、タイトルの認知度が2番目に高く全話視聴したユーザーも比較的多かったことが分かりました。

2014年~2017年まで小学館の「プチコミック」に連載されていたマンガが原作の恋愛ドラマ「王様に捧ぐ薬指」と、2022年10月~2023年2月まで日刊ゲンダイで連載されていた推理小説が原作の「合理的にあり得ない~探偵・上水涼子の解明~」は、タイトル認知度は5位以下でしたが全話視聴するユーザーが比較的多かったことが見えてきました。

続いて、ドラマタイトルを認知しているユーザーの属性を調べてみます。

表2 タイトルを知っているドラマ×ユーザー属性 年代別 サンプル数は21,965  左から、タイトルを知っているユーザー割合が高かった作品順

表2 タイトルを知っているドラマ×ユーザー属性 年代別
サンプル数は21,965
左から、タイトルを知っているユーザー割合が高かった作品順

上の表は各年代のうち、それぞれの作品を認知している人がどれくらいいるか、その割合を示したものです。

「風間公親ー教場0ー」「あなたがしてくれなくても」「ラストマン―全盲の捜査官―」や刑事ドラマシリーズの「特捜9 season6」は、50代以上のタイトル認知率が他の年代に比べて高いことが分かりました。一方で、恋愛ドラマの「王様に捧ぐ薬指」は若年層の認知率が高く、年代ごとにドラマの好みが顕著になったと言えそうです。

次に認知度・視聴実態の高いドラマのうち、満足度の高いドラマを調べてみましょう。

人気ドラマは独自性あふれるストーリーや出演者の魅力が影響する

表3 前期ドラマの中で最も満足した作品 サンプル数は11,407

表3 前期ドラマの中で最も満足した作品
サンプル数は11,407

表1 で全話視聴するユーザーが多かった「ラストマン―全盲の捜査官―」「風間公親ー教場0ー」「王様に捧ぐ薬指」「あなたがしてくれなくても」に加え、「特捜9 season6」も、他のドラマに比べて満足度が高かったことが分かりました。

各ドラマを満足したと答えたユーザーを年代別に見てみましょう。

表4 最も満足したドラマ(制年代別) サンプル数は11,407

表4 最も満足したドラマ(制年代別)
サンプル数は11,407

1位の「ラストマン―全盲の捜査官―」は他の年代に比べて50代以上の男性、3位の「あなたがしてくれなくても」は40代女性、4位の「王様に捧ぐ薬指」は10代~20代の女性の満足度が高いことが分かりました。

性別による特徴としては「ラストマン―全盲の捜査官―」や「風間公親ー教場0ー」などの刑事ドラマは、男性の満足度が高く、「あなたがしてくれなくても」や「王様に捧ぐ薬指」などの恋愛ドラマは女性の満足度が高いことが明らかになりました。

ではドラマのどんな点に満足しているのでしょうか。その理由を探ってみます。

表5 最も満足したドラマ(1位~5位)の満足理由 サンプル数は10,280

表5 最も満足したドラマ(1位~5位)の満足理由
サンプル数は10,280

「ラストマン―全盲の捜査官―」は、出演者の個性や演技力に加え、今までにないストーリーだったことが満足度を高める要素になっていることが分かりました。今まで数多くの刑事ドラマを見てきた熟年層男性が、全話視聴する理由として納得感ある結果でした。

「あなたがしてくれなくても」は、共感できるストーリーを評価するユーザーが多く、「王様に捧ぐ薬指」は出演者の魅力と胸キュンするストーリーが若年層女性の心を掴んでいたことが見えて来ました。

表4の満足度の高いドラマは、実際どのように視聴されているのでしょうか、視聴方法を調査します。

表6 最も満足したドラマ(1位~5位)の中で最も多い話数視聴した方法 サンプル数は10,280

表6 最も満足したドラマ(1位~5位)の中で最も多い話数視聴した方法
サンプル数は10,280

全体的にテレビ放送でのリアルタイム視聴が多い一方「あなたがしてくれなくても」は、配信サービスの見逃し配信(無料)で視聴するユーザーが他のドラマに比べて多いことが分かりました。詳しく調べてみると無料動画配信サービスTverの5月のお気に入り登録1位になっていたことが分かりました。テレビで家族と共に見るというよりも、隙間時間に1人でゆっくり見ているユーザーが多かったことが考えられます。

最後に、今期ドラマの認知度と視聴意向を見てみましょう。

今期ドラマも小説やマンガが原作のドラマに期待値高まる

表7 今期ドラマの認知度と視聴意向 サンプル数は21,965

表7 今期ドラマの認知度と視聴意向
サンプル数は21,965

タイトル認知度・視聴意向・期待値共に最も高かったのは、2015年からテレビ朝日系で継続的に放送されている刑事ドラマシリーズ「刑事7人 Season9」でした。タイトル認知度2位の「ばらかもん」と3位の「こっち向いてよ向井くん」は、原作のマンガの認知度が影響していることが想定されます。

日本テレビ系「土曜ドラマ」枠で放送される「最高の教師1年後、私は生徒に■された」は、2019年1月期に放送された話題のドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」を手掛けたプロデューサーと監督の脚本作品ということもあり、視聴意向や期待値が高まっている可能性がありそうです。

視聴意向2位の「ハヤブサ消防団」は、池井戸潤氏によるミステリー小説が原作になっており原作の認知度の高さに加え、ドラマ化に興味を持つユーザーが多いことが考えられます。

今期も小説やマンガが原作になっているドラマの認知度・期待値が高まっており、次回の調査にどのような影響があるのか、引き続き考察をまじえ各ドラマの視聴実態をお伝えしていきたいと思っています。

【データ集計定義】
調査対象者:株式会社ヴァリューズのモニター 全国の15歳以上の男女
調査対象ドラマ:フジテレビ・テレビ朝日・TBS・日本テレビの4局で、21時開始枠または22時開始枠に放送された/される予定のドラマ
調査期間2023/6/22(木)~2023/6/26(月)
調査デバイス:スマートフォンおよびPC
回収サンプル数:21,965ss
ウェイトバック集計:当調査では性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っている。掲載している数値はすべてウェイトバック後の結果となっている。

この記事のライター

制作会社でUIUXデザイン・施策立案を経験後ヴァリューズにジョインし、セミナーのサポートやTVドラマランキングの執筆などを担当しています。

関連する投稿


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

YouTube, YouTube Shorts, & TikTok usage: TikTok is about 40%! “Learning” for YouTube & “Trends” for TikTok

Compared to YouTube, which has a high usage rate, what is the usage rate of short-form videos, like YouTube Shorts and TikTok? What are their most popular videos, their position in daily life, how are they used? Which leads to purchasing a product? Based on the survey data, we investigated the usage of each medium.


【調査リリース】YouTube・YouTubeショート・TikTok利用実態 TikTokの利用率は約4割 YouTubeは学び、TikTokはトレンドがキーワード

【調査リリース】YouTube・YouTubeショート・TikTok利用実態 TikTokの利用率は約4割 YouTubeは学び、TikTokはトレンドがキーワード

高い利用率を誇るYouTubeに対し、YouTubeショートやTikTokといった短尺動画の利用率はどれだけの追い上げを見せているのでしょうか。それぞれでよく見られている動画や、生活の中での媒体の位置づけ、使い方や使い分けとは?商品の購買に一番繋がりやすいのはどの媒体?アンケートデータから、各媒体の利用実態を調査しました。


Z世代のYouTube・YouTubeショート・TikTokの利用実態をX・Y世代と比較!利用率や使い分け、広告の効果は?<前編>

Z世代のYouTube・YouTubeショート・TikTokの利用実態をX・Y世代と比較!利用率や使い分け、広告の効果は?<前編>

Z世代は、学生時代から動画を楽しむことが当たり前な世代。短尺動画もいち早く取り入れているイメージが強いのではないでしょうか。今回は、Z世代が動画のSNS媒体をどのように使いこなしているのかを、X・Y世代と比較しながら深掘り分析。それぞれでよく見られている動画や、媒体の生活の中での位置づけ、使い方や使い分け、商品の購買に一番繋がりやすい媒体はどれかなど、各媒体の利用実態、および購買意識を徹底調査しました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ