クラウドファンディングの利用者層を比較調査。「Makuake」「CAMPFIRE」の2強変わらず。

クラウドファンディングの利用者層を比較調査。「Makuake」「CAMPFIRE」の2強変わらず。

近年、市場が拡大し資金調達の手段としてさらに身近なツールとなりつつあるクラウドファンディング。約1年半前にヴァリューズでも購入型サイトに着目した分析を行いましたが、その後どのような変化があったのでしょうか。利用者数やユーザーの年齢層などを、サイト分析ツールの「eMark+」を用いて調査しました。


依然として圧倒的なユーザー数を誇る「Makuake」と「CAMPFIRE」

2018年7月に行った調査の際、2017年6月~2018年5月までの1年間のサイト訪問者数が多かった下記5つのサイトについて、再び調査を行いました。

Makuake: https://www.makuake.com/

CAMPFIRE: https://camp-fire.jp/

READYFOR: https://readyfor.jp/

GREEN FUNDING: https://greenfunding.jp/

MotionGallery: https://motion-gallery.net/

まず、2019年1月~12月の1年間におけるユーザー数の推移を調べてみると、引き続き「Makuake」、「CAMPFIRE」が高い集客数を維持していることがわかりました【図1】。

【図1】2019年1月~12月のユーザー数推移
※デバイス:PC・スマートフォン

2019年12月時点では1位が「Makuake」、2位が「CAMPFIRE」となっていますが、3位の「GREEN FUNDING」とは2倍以上の差があり、3位以下を大きく引き離す結果となりました。

特に「Makuake」は2019年10月以降の3カ月でさらにユーザー数を増やしており、「CAMPFIRE」との差も広げつつあります。3位の「GREEN FUNDING」は前回の調査では「READYFOR」に続いて4位でしたが、拮抗しながらも直近のユーザー数では「READYFOR」を超える結果となりました。1年を通して順調にユーザー数を伸ばしているため、今後の更なる飛躍が期待されます。

圧倒的ユーザー数を支えるリピーター

次に、2019年12月のユーザー数に占める新規ユーザー率を調べてみました。ユーザー数が多い「Makuake」、「CAMPFIRE」、「GREEN FUNDING」の上位3つのサイトは新規ユーザー率が3割台で、リピーターに支持されていることがわかります。逆に4位・5位の「READYFOR」、「MotionGallery」は半数以上が新規ユーザーであるということがわかりました【図2】。

【図2】新規ユーザー率(2019年12月)
※デバイス:PC・スマートフォン

また、2019年8月~12月の半年間における「Makuake」「CAMPFIRE」の流入元について調査してみると “お気に入り/履歴”からの流入が「Makuake」は約6%、「CAMPFIRE」は約10%となっていることがわかりました【図3】。

【図3】流入元構成比(2019年8月~12月)
※デバイス:PC

上記の割合は他3つのサイトに比べると多い割合となっており、さらに各サイトの“お気に入り/履歴”からの流入セッション数の推移を比べてみると、以下の通り大きな差がでました【図4】。

「Makuake」、「CAMPFIRE」の2サイトについてはリピーターからの支持が高いことを裏付ける結果となりました。

【図4】流入元(お気に入り/履歴)
※デバイス:PC
※セッション数で集計

加えて、1人あたりページビュー数や平均滞在時間をみてみると、「Makuake」、「CAMPFIRE」は共に1人あたりのページビュー数が多く、滞在時間も長いことがわかります【図5】【図6】。これらの結果から、「Makuake」、「CAMPFIRE」は既存ユーザーの関心を持続させ、サイト内でさまざまなページを閲覧させることに成功していることがわかります。

【図5】1人あたりページビュー数(2019年12月)
※デバイス:PC・スマートフォン

【図6】平均滞在時間(2019年12月)
※デバイス:PC・スマートフォン

検索ワード1位は「MAKUAKE」

さらに、2019年8月~12月の各サイトの流入元について詳しく分析してみました。

まず、“一般広告”からのサイト流入では「Makuake」が他サイトを大きく引き離す結果となりました 【図7】。広告の内訳は、Criteoリターゲティング広告やYahoo! ディスプレイアドネットワークでの集客率が高くなっていました。

【図7】流入元(一般広告)
※デバイス:PC
※セッション数で集計

加えて、“リスティング広告”からの流入においても「Makuake」がトップとなり、広告媒体をうまく活用し安定してユーザーを確保していることが伺えます【図8】。

【図8】流入元(リスティング広告)
※デバイス:PC
※セッション数で集計

また、“外部サイト”からの流入については引き続きFacebookやTwitterなどのSNSが大きな割合を占めていました。2019年8月時点では「CAMPFIRE」が他サイトよりも高い水準となっていましたが、半年間で「Makuake」と入れ替わる形となっています【図9】。

【図9】流入元(外部サイト)
※デバイス:PC
※セッション数で集計

最後に“自然検索”でも数値を伸ばしているのは「Makuake」でした。

検索キーワードでは「クラウドファンディング」を抑え、「MAKUAKE」が1位。さらにトップ10の中には「Makuake」に関連するワードが4つもランクインするなど存在感を示す結果となりました【図10】【図11】。

【図10】流入元(自然検索)
※デバイス:PC
※セッション数で集計

【図11】自然検索キーワードランキング(2019年8月~12月)
※デバイス:PC

男性からの支持の高い「GREEN FUNDING」、薄型/小型に注目集まる

最後に、各サイトのユーザー属性について年代・性別の2つの観点から調べてみました【図12】【図13】。

【図12】属性情報(年代)
※デバイス:PC・スマートフォン

【図13】属性情報(性別)
※デバイス:PC・スマートフォン

年代についてはどのサイトも比較的若い世代の割合が高くなっていますが、「CAMPFIRE」と「MotionGallery」は20代の割合が他サイトよりも高く、より若年層からの支持が厚いことがわかります。

また、全てのサイトにおいて男性の割合の方が高くなっていますが、中でも「GREEN FUNDING」については8割を男性が占めており、男性からの支持が高いことがうかがえます。

属性情報の分析で男性からの支持を集めていることがわかった「GREEN FUNDING」に着目し、2019年8月~12月の半年間に男性ユーザーが閲覧した人気コンテンツを調べてみました【図14】。上位10項目にはさまざまな製品が並びましたが、「超小型」「薄い」「手のひらサイズ」など軽量化に関するワードが目立ちました。

【図14】「GREEN FUNDING」コンテンツランキング(男性/2019年8月~12月)
※デバイス:PC

5位にランクインした超小型トランシーバー「BONX mini」は、2020年2月18日時点で3,185人が支援を表明しています。「BONX mini」では独自のスマートフォンアプリとBluetoothイヤフォンを組み合わせ、距離無制限のグループ通話を楽しむことや、音楽視聴を可能にします。

調査の結果、現状では「Makuake」が人気・知名度ともに最も高い水準であることがわかりました。ユーザー数で拮抗する「CAMPFIRE」や、男性の支持を集める「GREEN FUNDING」など、他サイトが今後どのように「Makuake」に迫っていくのか引き続き目が離せません。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年1月~12月におけるユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はPC+スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本調査は、ネット行動ログ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を用いて調査・分析しました。

eMark+はマナミナを運営している株式会社ヴァリューズが開発・提供している、SaaS型のサイト・アプリ分析ツールです。

調べたいサイトやアプリは任意に指定できるため、気になるライバルサイト・アプリや、提案予定のクライアントの類似サイト・アプリのユーザー数などを、簡単にチェックできます。

eMark+には無料で利用できる機能もありますので、ぜひ登録して実際に体験してみてはいかがでしょうか。


eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

注目のビジネスモデル「D2C」とは?海外・国内の最新事例をご紹介

https://manamina.valuesccg.com/articles/550

D2Cとは、メーカーやブランドが店舗を介さず、自社ECサイトを通じて直販するビジネスモデルです。D2Cはアパレルや小売業界を中心に活用され、寝具マットレスの米国企業Casperのように未上場ながら評価額10億ドルを超えるユニコーン企業も現れたことから注目を集めています。D2Cの特徴や日本と海外のD2Cブランド事例をご紹介します。

マッチングアプリ市場調査 利用ユーザー数では「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強に

https://manamina.valuesccg.com/articles/900

近年、出会いの手段として一般的になった「マッチングアプリ」。<a href="https://dime.jp/genre/597454/" target="_blank">株式会社ネオマーケティングの調査</a>によると若者の5人に1人が「マッチングアプリ」を利用していると言われています。 さらにアプリをきっかけにお付き合いをする人、結婚をする人も急増しているようです。今回は急激に普及している「マッチングアプリ」について、「eMark+」を使って調査・分析しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査

関連する投稿


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

年々規模が拡大する「ふるさと納税」。好きな自治体を応援したり、近年では被災地を支援する目的などで利用者が急増し、自治体のサイトやポータルサイトなど申し込みサイトも盛り上がりを見せています。 そこで今回は「ふるさと納税サイト」10社を徹底調査。ユーザー数の季節変動やユーザー属性比較、人気サイトランキングなどから、ふるさと納税人気の実態にせまります。 <br> ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』を使用しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年8月~2020年9月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年8月~2020年9月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年9月のアプリインストール数1位は、総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」でした。


「Web検索データに基づく タイの消費者金融・ローン市場における 消費者動向調査」レポート

「Web検索データに基づく タイの消費者金融・ローン市場における 消費者動向調査」レポート

「ローン(สินเชื่อ)」「カードローン( สินเชื่อ บัตร )」「借金( สินเชื่อ บัตร )」検索者をGoogle社の提供する検索キーワード可視化ツール『Google Trends』『Google Keyword Planner』を使って分析し、タイの人々の消費者金融やローンに関する関心を調査しました。(ページ数|8p)


withコロナに対応するオンライン学習サイト〜プログラミングのTECH CAMPの集客施策を基に分析

withコロナに対応するオンライン学習サイト〜プログラミングのTECH CAMPの集客施策を基に分析

新型コロナの影響が長期化していますが、おうち時間をスキルアップに活用しようという動き、特にサービス業への大打撃を受けて、より将来性のある職種への転職を目指す動きが強まっています。今回は、オンライン学習サイトのユーザー数上位であるDMM英会話、TECH CAMP、Udemyの集客動向を比較した上で、ITエンジニア養成スクールTECH CAMPに注目し、コロナ禍におけるニーズの変化と集客戦略について考察していきます。


最新の投稿


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング