マッチングアプリ市場調査 利用ユーザー数では「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強に

マッチングアプリ市場調査 利用ユーザー数では「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強に

近年、出会いの手段として一般的になった「マッチングアプリ」。株式会社ネオマーケティングの調査によると若者の5人に1人が「マッチングアプリ」を利用していると言われています。 さらにアプリをきっかけにお付き合いをする人、結婚をする人も急増しているようです。今回は急激に普及している「マッチングアプリ」について、「eMark+」を使って調査・分析しました。


マッチングアプリランキング第1位はPairs(ペアーズ)

「マッチングアプリ」とは、オンライン上で恋愛や結婚など、同じ目的をもつ者同士を繋げるアプリのこと。今回は、2020年5月のアプリランキングの『出会い』カテゴリ上位5つに絞って、ユーザー数や属性などを見てみたいと思います。アプリ利用者数のランキングの結果は以下の通り。

【第1位】Pairs-恋活・婚活・出会い探しマッチングアプリ-登録無料

【第2位】世界最大級のライフスタイルアプリTinder (ティンダー)

【第3位】出会いは with(ウィズ) - 婚活・恋活・マッチングアプリ 無料

【第4位】Omiai-恋活・婚活・出会い探しマッチングアプリ-登録無料

【第5位】タップル誕生 tapple - マッチングアプリ 恋活 婚活アプリ 趣味で出会いを繋げる(登録無料)

アプリランキング

2020年5月度アプリランキング

※「Tinder (ティンダー)」のみ『ライフスタイル』カテゴリ
集計期間:2020年5月

ちなみに、「マッチングアプリ」を含む検索をしているユーザーは増えてきており、特に2020年以降は、さらに検索数を伸ばしており需要が高くなっていることがうかがえました。

「マッチングアプリ」を含む検索ユーザー数推移

「マッチングアプリ」を含む検索ユーザー数推移

デバイス:スマートフォン
集計期間:2018年6月~2020年5月

Tinder (ティンダー)の利用ユーザー数は前年比1.2倍に増加

では、各アプリの利用ユーザー数推移を見てみましょう。トップは「Pairs(ペアーズ)」となっており、年間を通しても常に首位をキープしていました。2020年に入ってからは100万人超えとなっており“国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス”と謳っていることもあり、人気があることがうかがえました。

2位は「Tinder (ティンダー)」。1年前と比較すると約1.2倍にまで増えており、着実に利用ユーザー数を伸ばしていることがわかります。

3位以降は「with(ウィズ)」、「tapple(タップル誕生)」、「Omiai(オミアイ)」となっており、直近の利用ユーザー数においては拮抗していました。上位2アプリについては、3位以下を倍近く離す結果となりました。

直近のユーザー数では、「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder (ティンダー)」が2強となっているようです。

アプリ利用ユーザー数推移

アプリ利用ユーザー数推移

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

tapple(タップル誕生)、omiai(オミアイ)の男性比率が増加

続いて、各アプリの属性を見てみましょう。性別では、全体的に男性割合の方が高く、どのアプリも半数以上となっていました。

「Tinder (ティンダー)」に関しては、男性割合が圧倒的に多く8割を超えていることがわかりました。「tapple(タップル誕生)」も男性比率が高く7割弱となっていました。

アプリ利用者ユーザー属性:性別

アプリ利用者ユーザー属性:性別

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

また、「tapple(タップル誕生)」と「Omiai(オミアイ)」は男性比率が徐々に増えていることがわかりました。

「マッチングアプリ」は基本的には男性から料金をもらう仕組みとなっており有料会員にならないと女性に出会えないのですが、「tapple(タップル誕生)」は“男性でも無料で女性と出会えるところまで行くことが可能”なようで、これが男性比率増加の要因かもしれません。

「tapple(タップル誕生)」ユーザー属性推移:性別

「tapple(タップル誕生)」ユーザー属性推移:性別

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

「omiai(オミアイ)」ユーザー属性推移:性別

「omiai(オミアイ)」ユーザー属性推移:性別

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

年代別では20代が最も多くどのアプリも半数を超えていました。「Pairs(ペアーズ)」と「Omiai(オミアイ)」は他のアプリと比較して30代が多いようです。

アプリ利用者ユーザー属性:年代別

アプリ利用者ユーザー属性:年代別

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

職業別では『会社勤務』が5割以上となっていましたが、「Tinder (ティンダー)」、「with(ウィズ)」、「tapple(タップル)」は『学生』が2割弱と目立ちました。

「マッチングアプリ」は婚活以外の恋活にも有効なのと、学生同士でつながれる機能などもあるようで学生にも利用者が多いようです。

アプリ利用者ユーザー属性:職業別

アプリ利用者ユーザー属性:職業別

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

半数以上のユーザーは本命のアプリに絞って利用

続いて、先ほどの5つのアプリを対象に、アプリ利用者の併用率を見てみると、7割弱が併用せず1つのアプリのみを利用していることがわかりました。

次に多かったは2つのアプリを利用している人で2割となっていました。半数以上のユーザーは複数のアプリを併用せず、本命のアプリに絞って利用しているようです。

併用サイト数

併用サイト数

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年12月~2020年5月

また、年代別で見てみると、年代が上がるにつれ併用率が下がっていくこともわかりました。20代は2サービス以上の利用が38.5%、30代は33.1%、40代は28.0%、50代は23.8%、60代に至っては2割を切っており17.8%に留まっていました。

高年齢層はよりサービスを絞って相手を探していることがうかがえました。

併用サイト数:年代別

併用サイト数:年代別

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年12月~2020年5月

一方で、約3割のユーザーはアプリを併用していることになります。では、どのアプリがよく併用されているかを見てみましょう。

▼Pairs(ペアーズ)
43.5%が併用なしで、他のアプリは同じ割合で利用されているようです。

▼Tinder (ティンダー)
53.4%が併用なしで、他のアプリと比較して最も併用者が少ない結果となりました。よく併用されているアプリは「Pairs(ペアーズ)」となっていました。

▼with(ウィズ)
36.6%が併用なしで、「Pairs(ペアーズ)」との併用が最も多かったです。

▼tapple(タップル誕生)
29.5%が併用なしで最も併用者が多いアプリとなりました。一緒に利用されているアプリは「Pairs(ペアーズ)」でした。

▼Omiai(オミアイ)
34.0%が併用なしで、「Pairs(ペアーズ)」との併用が最も高く48.7%となっていました。

「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder (ティンダー)」は約半数が併用していない一方で、「with(ウィズ)」、「tapple(タップル誕生)」、「Omiai(オミアイ)」は併用率が高く、ユーザーの獲得競争が激しい状況となっているようです。

また、どのアプリも「Pairs(ペアーズ)」との併用が高いことがわかりました。

各アプリの併用状況

各アプリの併用状況

デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年12月~2020年5月

まとめ

今回は「マッチングアプリ」について調査しました。利用ユーザー数が最も多く、他のアプリと併用されているアプリは「Pairsペアーズ)」となりました。また、併用されることが多くなく本命使いされているアプリは「Tinder(ティンダー)」でした。

今後もマッチングアプリの市場規模は拡大することが予想されていますが、ユーザーをいかに囲い込めるかが重要と言えそうです。

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2018年6月~2020年5月のネット行動ログデータを分析しました。
※アプリのユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリのカテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得。メール、Google Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmailなどプリインストールアプリは対象外とする。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 アプリ分析

関連する投稿


新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナでお酒の購買行動はどう変わったか?大手ECサイト「カクヤス」のデータから考察

新型コロナウイルスの流行に伴い、お酒の個人消費が増えていると見られています。実際にどれほど進んでいるのでしょうか。本記事では市場分析サービス「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を用いて、お酒の大手ECサイト「カクヤス」の利用状況を調査し、消費マインド変化の考察を試みます。


コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は? |2020年5月のアクティブ率・デモグラ調査最新版

コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は? |2020年5月のアクティブ率・デモグラ調査最新版

コロナ禍での「外出自粛」「巣ごもり」「おうち時間」といった生活の中、時間を持て余した人、リモートワークによって通勤時間が減りスマートフォンを扱う時間が減った人など、SNSに費やす時間は一体どう変わったのでしょうか。「eMark+」を用いて、4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)のユーザー数の変化とアプリのアクティブ率、2020年5月時点最新のアプリユーザーのデモグラフィックについて調査しました。


保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

保険難民が増加? withコロナ時代突入により変わり始める保険の選び方

一昔前、保険は自宅や職場に訪れる各保険会社の営業担当者から加入するのが一般的でした。しかし、現在ではそういった光景は減りつつあり、代りにさまざまな会社の保険を扱う来店型の保険ショップや、Web 上の保険比較サイトが増加しています。また、ネットで手続きを行うダイレクト型保険も浸透し、より手軽に保険へ加入できるようになりました。そんな中、新型コロナウイルスの蔓延により、人との接触をできる限り減らす新しい生活様式での日常がスタートしました。withコロナの生活は人々の保険の選び方にどのような影響を与えているのか、eMark+を用いて分析してみました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年4月~2020年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年4月~2020年5月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年5月のアプリインストール数1位は、様々なオンライン行政サービスで、マイナンバーカードを利用するためのアプリ「マイナポータルAP」でした。新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、ひとり10万円の特別定額給付金のオンライン申請ができるアプリとして注目を集めたようです。


経済圏確立へキャリアが向かう道|EC編(2) ペイとの親和性は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|EC編(2) ペイとの親和性は?

EC編第1回は、コロナ禍の影響を中心に通信キャリアEC事業の近況を概観しました。第2回は各社のビジネスモデル、そしてキャッシュレス決済とのシナジーを分析してみます。キャリア系ECといっても、楽天、Zホールディングス(ZHD)、NTTドコモ(ドコモ)、KDDI(au)のビジネスモデルは少しずつ異なります。ECから通信へ事業を拡張する楽天、ポータル等ウェブメディアから第3の通信キャリアとしてポジションを固めてきたZHD、固定通信からモバイルへ、そしてECへと事業を広げてきたドコモとau。4社の競合は2018年以降のキャッシュレス決済をターニングポイントに、さらなる変革を迫られてきました。


最新の投稿


今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

デジタルツールの普及により、質・量ともに豊富なデータを収集できるようになった昨今。これらのデータをマーケティングに活かす「データマーケティング」が広がっています。多くの企業がデータマーケティングに取り組んでいる理由は、データの収集・分析により目的達成のプロセスの可視化や課題を発見しやすいメリットがあるからです。そこで今回は、データマーケティングをスムーズに始めるために必要な基礎知識から事例をまとめて紹介します。


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

DX組織づくりに困っている方に向けた3stepガイド。「そもそもDXとは何か?具体的にはどういうことなのか基本を理解したい」「DXの成功事例を知りたい」「データに強い組織はどのように作っていけばいいのか」そんな悩みに応えたブック型記事になっています。Step順に見ていけばDX組織づくりの基礎知識も身につき、自社で組織づくりを進める際の土台になるはずです。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら