「大曲」や「広島空港」が人気?国内旅行好きユーザーの関心キーワードを調査

「大曲」や「広島空港」が人気?国内旅行好きユーザーの関心キーワードを調査

「国内旅行好き」の人が興味を持っているのは何でしょうか。今回は「国内旅行好き」ユーザーのインサイトについて調べるため、株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「国内旅行に興味がある」と答えたモニターのインターネット行動ログから、彼らが関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しました(※行動ログの集計期間は2018年10月〜2019年3月の半年間)。 一体どんな調査結果が出たのでしょうか。早速見ていきましょう。


関心ワード1位は「大曲」、2位は「広島空港」

まず、国内旅行好きユーザーの関心キーワードを特徴値が大きい順でランキングにしました。次の図をご覧ください。

※特徴値とは、「国内旅行に興味がある」と答えたユーザーを全体ユーザーと比べたときに、興味度合いを示す値です。

国内旅行好きのユーザーが関心を寄せているワード1位は「大曲(おおまがり)」でした。四季を通じて花火大会が開催され、夏には「全国花火競技大会」、通称「大曲の花火」が開かれることで有名な場所です。

また2位には「広島空港」、3位には阪急交通社の国内海外ツアー商品のブランド「トラピックス」がランクイン。

阪急交通社の「大曲の花火」特集サイト。旅行代理店各社もこうした大曲特集を組んでいる。

4位のSPG(スターウッドプリファードゲスト)とは、「スターウッドホテル&リゾート」の会員制ポイントプログラムのことです。SPGはマイルへの交換率が非常に高く、飛行機に乗らずともマイルを貯めることができるのが魅力。こうした「陸マイラー」と呼ばれる人の人気を集めているようでした。

また、5位の「A380」はエアバス社の作る旅客機のこと。総2階建て・4発エンジンが備え付けられた世界最大の機体でしたが、同社は今年2月に生産中止を発表していました。これが国内旅行好きの関心を引いたようです。

地酒が好きな人は松茸も好き

次に、これらのワード間の関係性を示す「ワードネットワーク」を見てみましょう。

この図では、検索行動やコンテンツの分析結果から判明した「関連性の近い」ワード同士が結ばれています。

例えば、関心ワードランキング3位だった「トラピックス」は「ふっこう割」と近い関係性にあります。「ふっこう割」は被災地を支援するための国の補助金制度で、これを活用したツアーを各旅行会社が用意していました。このためワード同士の関係性が近いのでしょう。

このワードネットワークからはほかにも様々な示唆がありそうです。

例えばSPGとAMEXが近いのは、SPGがアメリカン・エキスプレスと提携したカード、通称「SPGアメックス」に関係していると想像されます。「SPGアメックス」をSPG対象のホテルで利用するとポイント還元率が高いなど、マイルを貯めたいユーザーのためのサービスを提供しているのがその理由でしょう。

またトップ10以外のワードでは、「地酒」と「松茸」が近い位置にあることも面白いです。
これが意味するのは、「地酒が好きなユーザーは松茸も好きな人が多い」ということでしょうか。確かにうなずけるような気もします。

「SPG」は男性、「鬼怒川」は若めのユーザーが興味あり

次は、それぞれのワードに関心を持つ人を性別・年代で分類してみましょう。

この図では縦軸に平均年齢を、横軸に平均性別を取り、ワードごとにプロットしました。上にプロットされるほど、そのワードに興味を持つ人の年齢が高く、左にプロットされるほど男性割合が多いことになります。では、図を見ていきましょう。

まず特徴的なのは「トラピックス」の位置です。ずば抜けて上の方にプロットされており、平均年齢が高いことがうかがえます。ツアーを活用するのはやはり、年代が上のユーザーが多いのでしょう。

また緑色のプロットである、SPGやAMEXなど「陸マイラー」関連ワードや、「A380」や「JETSTAR」といった飛行機に関するワードは、図の左側に多く位置しています。このことは、主に男性がこれらのワードに興味を持っていることを示しています。

「国内旅行好き」が関心を示すスポット(赤色の点)の中で、もっとも平均年齢が若かったのは「鬼怒川」でした。鬼怒川は比較的若い層にも人気の観光スポットであると言えるのではないでしょうか。
とはいえ、そのプロット位置は平均年齢が48〜49歳のあたりとなっており、国内旅行好きユーザーの割合はそもそも年齢が高めの人が多いといえるでしょう。

SEOの狙い目ワードは「アドベンチャーワールド」

最後に、ワードの競合性をマッピングしました。

この図は縦軸にGoogle検索ボリューム、横軸に競合性を取っています(データはGoogleのキーワードプランナーから取得)。上にプロットされるほどボリュームが多く、右にプロットされるほど検索ワードのリスティング広告での競合性が高いことを意味します。

ここで「検索ボリュームは多いが競合性が低いワード」、つまりグラフの左上あたりにプロットされたワードのSEO対策をすれば、コンテンツの検索順位向上に寄与する可能性が高いことになるわけです。
では実際に図を見てみましょう。

これらのワードの中でもっともSEO対策に効き目がありそうなのは「アドベンチャーワールド」だと思われます。競合性も5〜7%あたり、検索ボリュームも多い位置にプロットされていました。

和歌山県 南紀白浜にある動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパーク「アドベンチャーワールド」

パンダといえば東京の上野動物園の「シャンシャン」が話題になりましたが、「アドベンチャーワールド」でもパンダの家族を見ることができます。こうした背景から、「アドベンチャーワールド」は密かに人気となっている観光スポットなのではないでしょうか。

また、その他の狙い目ワードとしては「館山」や「奥多摩」、「大曲」なども挙げられるでしょう。

まとめ

今回は「国内旅行好き」ユーザーの関心キーワードを調べました。

「国内旅行好き」ユーザーが、2018年10月〜2019年3月の期間にもっとも興味を持っていたワードは「大曲」でした。そのユーザー層としては比較的に高年齢層が多く、リスティング広告としては「アドベンチャーワールド」といったワードが効果を発揮する可能性が示唆されました。

本調査結果を今後のマーケティング施策に役立ててみてください。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2018年10月〜2019年3月の検索流入データ
※アンケートはインターネットを利用し興味関心項目をアンケートで聴取
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、デジタルマーケティングのテーマを中心とするフリーランスの編集ライターに。

関連する投稿


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案に欠かせない「市場調査」。アンケートなど市場調査の方法から、調査結果をもとにしたレポートの書き方、実際の市場調査報告書までまとめました。


2019年観光関連サイト閲覧者数ランキング ーじゃらんnet、楽天トラベルが2強。都道府県別公式サイトでは大阪府と三重県が上位に

2019年観光関連サイト閲覧者数ランキング ーじゃらんnet、楽天トラベルが2強。都道府県別公式サイトでは大阪府と三重県が上位に

公益社団法人日本観光振興協会(本部:東京都港区、会長:山西 健一郎)は、ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)と協同で、2019年の観光関連Webサイトの年間閲覧者数を調査しました。


コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない「文脈ターゲティング」とは?【アドテック東京2019レポート】

コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない「文脈ターゲティング」とは?【アドテック東京2019レポート】

アドテック東京2019のセッションで、「嫌われない広告とは何か」をテーマにセッションが行われました。クレディセゾンの栗田さんをモデレーターに迎え、ライオンの内田さん、RoomClipの川本さん、ヴァリューズの齋藤さんの3社が対談。事例をもとに、コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない、文脈に合わせた広告手法が語られました。


クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

料理に関する価値観のアンケート調査を行い、「料理好きルーキーさん」など5つのクラスタに分類。ネットの利用時間帯やよく見るサイト・アプリ、逆にあまり見ないサイト・アプリなどを分析し、クラスタごとにユーザーのWeb行動特徴と獲得施策のアプローチ例をまとめました。(ページ数|33p)


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら