radiko、2年間でユーザー数倍増の軌跡

radiko、2年間でユーザー数倍増の軌跡

NHK効果で50代ユーザーを獲得


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、アクセスログに基づき、IPサイマルラジオサービス「radiko」の利用動向を分析しました。
2010年のリリース以来着実に対象放送局を増やし、2018年5月現在で民放102局のうち92局をカバーする一方、2019年3月末までの期間限定ながらNHKラジオ第1・第2・FMの3局も聴けるようになったradiko。スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズで利用できる機能「スキル」のランキングでは2017年12月~2018年2月の3ヶ月とも1位に選ばれました。 進化を続けるradikoは、どんなユーザーを取り込んでいるのでしょうか。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2016年5月から2018年4月のネットユーザーの行動を分析しました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタ(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリカテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得
※サイトカテゴリはヴァリューズが独自に定義

考察サマリ

eMark+のアプリランキングでradikoアプリユーザー数を確認したところ、2年前の200万人弱から約450万人へ、倍以上に増加していることがわかります。特に直近では、NHKラジオ第1・NHKラジオ第2・NHK-FMの実験的配信が関東広域及び福岡県、宮城県、広島県、愛媛県の5エリアで始まった2017年10月、同実験的配信地域が全国対象に拡大された2018年4月に著しい増加が認められます。
2010年10月の「タイムフリー聴取」と「シェアラジオ」実験開始、2017年3月の「radikoプレミアム」対象局拡充時に大幅なユーザー増を記録してきたradikoですが、NHK効果でさらに伸長が後押しされたといえそうです。

50代以上が増加を牽引、20代ユーザーを上回る

eMark+のアプリランキングで直近3ヶ月と前年同期のユーザー数変化を属性別に確認したところ、50代以上のシニア層の伸びが顕著でした。特に50代は対前年同期比で約1.5倍と急増し、20代ユーザーを抜き去って全体の2割を占めるまでに拡大しています。

ニュースとスポーツ好きが支持

eMark+Target Focusで、直近1ヶ月にradikoアプリユーザーがスマートフォンで使ったサイトを見てみると、「Yahoo! ニュース」や「日本放送協会(NHK)」といったニュース系サイトはモニター全体よりもradikoユーザーの利用が多い傾向です。「日刊スポーツ」「スポニチアネックス」も上位に入り、スポーツ好きともいえそうです。

アプリでは「Twitter」「Instagram」や「Yahoo!」のリーチ率が一般ユーザーより高くなっています。「AbemaTV」や「スポナビ プロ野球速報」も上位で、音声で情報をキャッチしつつも、画像や動画にも一般ユーザーより関心が高い、高アンテナ層といえるかもしれません。「Amazon Shopping」も一般ユーザーより1割程度リーチ率が高く、スマートフォンで情報収集もお買いものも済ませる傾向です。

「オールナイトニッポン」「NHKラジオ」の指名検索が多い。 男性は「番組表」、女性は「ラジオ体操」の検索も。

ユーザーはラジオに関してどんな検索をしているのでしょうか。eMark+ Keyword Finderの指定キーワードランキングで、「ラジオ」を含むタイトルのページに流入した際のキーワードを属性別に確認しました。
グラフ全体を見ると、「ラジオ」関連検索は男性側に寄っており、ラジオへの関心は女性よりも男性が高いことが見て取れます。特に「TBSラジオ」は男性の検索割合が多いようです。「オールナイトニッポン」や「NHKラジオ」も指名での検索ボリュームが大きいです。他方、特定局の指名検索でないキーワードでは、男性は「番組表」、女性は「ラジオ体操」の検索が多くなっています。
「結婚式」や「婚姻届」など、結婚関連のキーワードから流入したサイトを見ると、NIWAKAの運営するメディア「結婚スタイルマガジン」のQ&Aコーナー「結婚ラジオ」でした。こちらのサイトはラジオ番組の公式サイトではなく、結婚関連の情報発信のためのメディアに「結婚ラジオ」という名前がつけられているようです。

図表5 「ラジオ」関連検索キーワードの属性別マップ(円の大きさはユーザー数)

関連記事

音声コンテンツ市場を調査。radiko利用者は700万人超、Voicyは若者に人気

https://manamina.valuesccg.com/articles/551

注目が集まる音声コンテンツサービス「radiko」「audible」「Voicy」の違いとは? ユーザー数とデモグラフィック属性を調べ、サービスの特徴を考察しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査

関連する投稿


キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

政府主導のポイント還元事業を機に、急速に普及したキャッシュレスアプリ。数百億規模のキャッシュバックキャンペーンで一躍注目を浴びたPayPayをはじめ、d払いやauペイ、楽天Pay、LINEPayが肩を並べています。導入負担の少なさから、加盟店も続々と拡大。最近では、新型コロナ感染予防策としてキャッシュレス決済を利用する人も増えています。本稿では、そんなキャッシュレスアプリに着目。主要アプリのユーザー数推移や、地域・年代別の利用傾向を調査しました。


「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

新型コロナ禍以降、主に都市部から地方への移住に関心を持つ人が増えているようです。もともと多くの地方自治体が移住者の誘致に積極的だったところ、長引くwithコロナ生活の中でテレワークがすっかり浸透したことが重なり、ユーザーの「移住」に関する検索行動も増えています。今回は「移住」に関連する検索キーワードに着目し、検索トレンドや検索ユーザーの属性などについて調査・分析します。


コロナ後の化粧品業界で集客に成功しているサイトはどこ?『デジタル上での化粧品業界の変化』レポート

コロナ後の化粧品業界で集客に成功しているサイトはどこ?『デジタル上での化粧品業界の変化』レポート

マスクが必須アイテムとなって約1年。さまざまなメディアでマスクメイクが取り上げられるようになり、化粧品の選び方や使われ方にも変化が訪れています。コロナ禍において人々の化粧品に関するニーズはどのように変化しているのか、約250万人の消費者Web行動データを活用したマーケティングリサーチツール「Dockpit」を用いて分析します。(ページ数|29p)


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年10月~2020年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年10月~2020年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年11月のアプリインストール数1位は、さまざまなジャンルの予約・順番待ち受付ができるアプリ「EPARKアプリ」でした。


Web広告出稿量が多い消費財の業界はどこ?各ジャンルの購買行動の違いやEC化率との関係を探る

Web広告出稿量が多い消費財の業界はどこ?各ジャンルの購買行動の違いやEC化率との関係を探る

電通の調査によれば、2019年の「インターネット広告費」は全体で2兆円を超え、媒体別でテレビメディア広告の規模を初めて抜いたと言われています。そこで今回は、拡大を続けるWeb広告市場において出稿量が多い業界はどこなのかを調査・分析。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使い、「日用品」「化粧品」「ファッション」「食品」「飲料」の5つの通販ジャンルにおける、集客構造の違いとその背景を探っていきます。


最新の投稿


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

Web行動ログ分析サービス「eMark+」を提供してきたヴァリューズは、2020年10月、新たに「マーケターのためのリサーチエンジン」<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>をリリースしました。その商品開発は非常にスピーディーに行われたそう。背景には企画サイドとエンジニアサイドががっしりとタッグを組んだ、製販一体のあり方がありました。Dockpit誕生までのあらすじを、企画サイドのリーダーの岩村さん、開発リーダーの山本さんのお二人に取材しました。


GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)はGoogleがWebサイトの担当者向けに提供している、Google検索結果表示における自社サイトのパフォーマンスを確認できるツールです。Googleアナリティクスはサイト流入後のアクセス解析ツールになりますが、Google サーチコンソールを設定すると、検索トラフィックや掲載順位の測定などサイト流入前のデータが解析できます。今回はサイトの不具合の発見やSEO改善のヒントとなる解析ツール「Googleサーチコンソール」とGoogleアナリティクスの連携手順を紹介します。


『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

新型コロナウイルスの流行を機に、これまで以上に健康に気を配るようになったという人も多いかと思います。健康維持にはさまざまな方法がありますが、年齢や性別・悩みなどによる傾向の違いはあるのでしょうか。因子分析とクラスター分析を用い、一般消費者の健康に関するインサイトを分析します。(ページ数|28p)


Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

Tableauへのデータ接続はどうやるの?BI初学者がTableauを1から学びます!【第3回】

来年から株式会社ヴァリューズに入社予定の船田くんがTableauを1から学んでいきます。講師はTableauの公式パートナーであるヴァリューズで、Tableauセミナーも行っている若林さん。第3回はTableauへのデータ接続と簡単なグラフの作成について学びます。Tableauを使って、社内データの活用などを考えている方、ぜひ船田くんと一緒に勉強していきましょう。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング